タグ:街歩き ( 5 ) タグの人気記事

慶煕大建築巡り1 文科大学

e0160774_16220554.jpg
ある日、知り合いの建築科の先生がツイッターに上げた慶煕大の建物の一枚に目が止まった。慶煕大の文科大学の建物だったが、それが建国大の人文学館にとても似ていたのだ。
以前にも紹介したこの人文学館は、後から金煕春の設計であることが分かった。それで、この慶煕大の建物も金煕春によるものなのかが気になったが、知り合いの建築の専門家も知らないとのこと。
それで、何か手がかりでも見つかるのではないかと、慶煕大を訪ねてみることにした。

妻に話すと、慶煕大は何度もいったことがあるという。見応えのある建築がたくさんあって、昔から建築を見に行く人が多いのだという。実際に訪ねてみると、古典主義、ゴシック、バロックなど、何でも揃う建築見本市的な大学だった。

e0160774_16220495.jpg
e0160774_16220586.jpg
e0160774_16220506.jpg
e0160774_16220594.jpg
e0160774_16220523.jpg

規模もそうとうなもので、確かに圧倒される。カメラを持った中国人や東南アジアの人がたくさん来ていた。ウェディング写真の撮影やコスプレの撮影に来ている人もいた。

それらの建築を見ながら、目的の文科大学を探す。その建物は正門から入って右のほうへ行ったところ、週末で人もまばらだった。
前に立って正面から眺めてみる。

e0160774_16220660.jpg

あれ? 建国大の校舎とけっこう違う…。

入り口部分を強調した直方体の塊に縦長の窓、キャノピーを支えるV寺型の柱など、大きな構造は似ているけど、細かいディテールは少しずつ違う。まあ、同じ建築家だといってもまったく同じものを建てたりはしないよな。

気になったのは内部。入り口には鍵が掛かっていて入れなかったけれど、窓から覗くと、だいぶ改装された模様。建てられた当時はどんな感じだったのかも分からない。右側にある三角形の窓が気になった。

e0160774_16235045.jpg

建国大の人文学館のロビーのような吹き抜けの空間はなくて、ちょっとつまらない印象。
それでも、建物の両サイドのデザインの違いは興味深い。向かって右側は単純に四角の窓が並んでいるだけだけれど、左側は中央の部分が少し突出していて、その突出部を支えるようにV字型の柱が二つ設置されている。四角い窓が全面にはめ込まれたこの突出部はテラスのような空間なんだろうか。気になる。

e0160774_16235049.jpg
e0160774_16264285.jpg

定礎石も見つからず、結局何の手がかりも掴めなかったけれど、直接見れただけでもよかったかな。

e0160774_16235055.jpg
e0160774_16235089.jpg

そして、この他にも興味深い建物がたくさん見つかった。つづく。

[PR]
by matchino | 2018-04-22 16:33 | 建築 | Comments(0)

阿峴洞の正教会聖堂で思いがけないクリスマス

クリスマス、どこに遊びに行こうかと考えたけれど、いいところが見つからなくて、次のマチノアルキのコースとして考えている忠正路に下見に行くことに。クリスマスに一人で路地歩きか…と思ったけれど、意外にもクリスマスらしいアルキになった。

e0160774_20225955.jpg
e0160774_20225912.jpg
e0160774_20225784.jpg
e0160774_20225725.jpg
e0160774_20225883.jpg
e0160774_20225882.jpg

コースは次のアルキの時のお楽しみということで、写真だけ。

そして阿峴洞まで来たので、以前「オープンハウス・ソウル」の時に訪ねた正教会の聖堂に行くことに。

e0160774_20225802.jpg

正教会というとピンと来ないけれど、ロシア正教会とかギリシャ正教会という名前なら聞いたことがある。それで、ここはロシア正教会なのかと思ったが、実は正教会の前に付く国名はその国のものなので、韓国では大韓正教会というらしい。
そして、外から見た立場では「キリスト教の一派」ということだが、初代教会の伝統を正しく受け継いでいる教会ということらしい。
そのためか、ロシアの教会にありそうなイコンが聖堂の内部を覆っている。調度品もとても装飾的で古風なものばかり。これだけでも、まだ見ぬ異国の地に来たような雰囲気で、感動した。

e0160774_20225960.jpg

前回にとてもいい印象だったので、再訪は嬉しかった。
聖堂に着いたのは9時過ぎ。入れるかどうか心配したが、正面の扉が開いていた。
入るやいなや、お香で少し曇った室内の空気の向こうに豪華な祭壇とイコンがたたずんでいた。礼拝の最中なのか、信徒の方たちが座っており、祭壇では儀式が行われていた。

ぼうっと見ていると、すぐに案内の女性がやってきて、「初めて来た方ですよね?」と、2冊の本を渡しながら前の方の席に案内してくれた。そこに座っていたおじいさんを指して「この方についてしてください」と言われ、「ちらっと見て帰ります」とも言えないままに席に座った。見物に来たなんて失礼だと思ったので、とりあえず最後まで礼拝を受けていくことにした。
おじいさんに「どのくらいかかりますか?」と訊くと、「1時間」と。まあ、それくらいならいいか…。

礼拝は、非常に儀式的な印象。
荘厳な雰囲気の聖堂によく合っている。祭壇で儀式を行う聖職者たちも、後ろのコーラスの人たちも、決められた文句を節をつけて唱え、信徒たちが全員で唱える「我らを憐れみたまえ」などの言葉も節をつける。それらの言葉の全てが韓国語に訳されているのも興味深い。基本的には韓国語で進められ、ロシア人の信徒たちのためにときどきロシア語が入る。儀式を執り行う一番上の人らしい方はロシア人のようだ。ちなみに、信徒席に座っているロシア人の女性たちは皆スカーフを被っており、皆びっくりするほど美しかった。

礼拝の様子を写真に撮りたかったけれど、失礼かと思って遠慮した。
後から探してみると、Youtubeに礼拝の動画があったので、リンク。



教会のイコンも、お香の香りも、儀式のための衣装も、聖句を唱える声も、窓から差し込む光も、全てが神々しく感じる時間はとてもよかったが、問題はなかなか終わらなかったこと。まだ1時間経っていないのだろうか。そのうちお腹が痛くなってきた。途中で立つのも失礼だしと思いつつ、そろそろ限界だという頃に時計を取り出してみると、すでに2時間が経とうとしている!数分前に入ってきた人もいるし、すぐに終わりそうな感じではなく、おじいさんに断って出てきた。
ふう、なんとか逃れられた…。

それにしても、おじいさんはなぜ1時間と言ったんだろうか。時間がかかるといったら帰ると思ったのだろうか。もしかしたら、いつもどのくらいの時間がかかっているか気にしたことがなかったのかもしれない。どちらにしろ、「1時間」という言葉があったから座っていられたので、よかったなと。


でも、この後、家に帰ると、知り合いから電話がかかってきた。
「今、阿峴の正教会聖堂にいるんだけど、来る?」と。
なにいいい!

その知り合いは、9時から行くつもりが12時過ぎに礼拝が終わってから行って、昼食をごちそうになっているという。
もう少しあそこで我慢していたら、間もなく終わっていたかもしれないのに...。
まあ、次にまた行ってみるかな。

[PR]
by matchino | 2017-12-28 20:35 | 建築 | Comments(0)

中林洞・ホバクマウル

e0160774_22112893.jpg

最近、中林洞(チュンニムドン)がアツい。らしい。
来週(5月20日)にはソウル駅の高架道路が歩道としてオープンするし、聖ヨセフアパートがKBSの「ドキュメンタリー3日」という番組で紹介されたりしていた。

その日の放送内容はこちらから視聴できる。(会員登録が必要)

ちょっと調べたいこともあって、中林洞へ。
ソウル駅で降りて、いつものように文化駅ソウル284の前を通る。
そうすると、道を塞ぐ大量の靴!

e0160774_22112781.jpg
e0160774_22112804.jpg

ソウル駅の高架道路のオープンに合わせたオブジェなんだろうか。
今思うと、近くに塩川橋の靴屋通りにちなんでのことかな。

その塩川橋に行ったら、解説板が立てられていた。
解説によると、塩川橋のいわれについて、「火薬を製造する焔硝庁(ヨムチョチョン)があったということで『ヨムチョチョン橋』といわれていたが、音が変わって『塩川橋(ヨムチョンギョ)』となった」とある。
以前、ネットで調べたときは、毋岳川(蔓草川)に架けられていた塩川橋という橋があったが、川が暗渠化したことで橋がなくなり、その名前を持ってきてつけたとあった。どれが本当なんだろうか。
今の塩川橋ができたのは鉄道が敷かれた後だから、なくなった以前の塩川橋は1900年以前にすでに暗渠になっていたところにあるはず。
それで地図を調べてみると、1908年の地図では、独立門のあたりから下流は暗渠になっていないので、以前の塩川橋は独立門より上流にあるはずだな。
どこにあった橋なんだか気になる…。

さて、塩川橋を渡って薬峴聖堂の前を通って聖ヨセフアパートへ。前から行きたかったカフェ「コーヒーパンアッカン」に寄ろうかと思ったけれど、残念ながら店じまい中で、次回に行くことに。

さあ、今回の目的の中林洞のタルトンネにやってきた。
以前、訪ねた時に気になっていた地域だけれど、最初に紹介した番組によると、「ホバクマウル」というらしい。
でも、ちかぢか再開発されるようで、ところどころに赤いスプレーでバツ印が付けられていた。

e0160774_22112992.jpg

路地に入っていくと、思いがけないバラのトンネル。
韓国では珍しい白バラだった。

e0160774_22112864.jpg

今まで注意してみたことはなかったけれど、つぼみにうっすらと薄紅色が指していた。
開いた花は真っ白なのに、あの紅色はどこに行ってしまうんだろう。

このブロックを回っていくとなかなか面白い。
カラフルなシートが窓に貼られた床屋。
外から見えないようになっているっていうことは、あの噂のいかがわしい床屋なんだろうか…?

e0160774_22112966.jpg

大通り側に出ると、資材を売る店。
茶房(タバン)的な看板がいい。けれど、閉店して久しいようだ。

e0160774_22112944.jpg

この並びにも撤去のバツ印が。なんとか残って欲しいけれど、難しいかな…。

[PR]
by matchino | 2017-05-14 22:15 | 街歩き | Comments(0)

徽慶洞の日本式家屋(?)

ある日の出勤途中、中央線から地下鉄1号線に乗り換える回基(フェギ)駅に到着する直前、目の端にちらっと古い家屋が見えた。
錯覚かと思ったけれど、次の日の注意して見てみると、確かに古い瓦屋根の家屋があった。
屋根の傾斜からして、日本統治時代に建てられた日本式家屋のようだ。
いつか見に行ってみたいと思っていたが、たまたま時間ができたので行ってみることにした。
e0160774_15162099.jpg
この屋根。

回基駅で降りて、線路沿いに歩いていくと踏切があった。
踏み切りでは、線路の上の施設の写真を撮っている人がいた。ちょっと変わった感じ…。私もそうか?
e0160774_15155146.jpg
踏み切りの前には空き地があって、その空き地に面しているのが目的の家。しかし、路地のほうからは2階建ての建物に隠れていてよく見えない。正面は入口が閉ざされた空き地の方に向いており、道からは直接見ることができなかった。
隣の駐車スペースからのぞいてみると、ガラクタがたくさん。人が住んでいないのかもしれない。
e0160774_15155166.jpg
とりあえず、「見えない」という結論が出たけれど、物足りないので、この徽慶洞(フィギョンドン)の辺りから線路に沿って歩いてみた。
e0160774_15155153.jpg
e0160774_15155156.jpg

再開発地域になっているらしく、布に囲まれた町。路地裏のクリストだ。
e0160774_15155201.jpg
ここもでかいアパートが林立するようになるんだろうな。

住民がまだいるところもあるようだ。
e0160774_15155298.jpg
パワーショベルとダンプカーのおもちゃで遊んでいる子供たちがいて、写真を撮りたかったけれど、おばあちゃんが一緒にいたのでやめた。

中浪川(チュンナンチョン)を渡って中和洞(チュンファドン)へ。
e0160774_15155234.jpg
e0160774_15155248.jpg
線路の脇にある建物。何の会社なんだろうか?
e0160774_15155138.jpg
e0160774_15191621.jpg
線路の下にはタイルで描かれた花。
e0160774_15155210.jpg
このあたりも古い家がちらほらと。
住宅の様式の歴史なんかも勉強してみたいな。
e0160774_15191632.jpg
というわけで、中浪駅で歩きは終了して帰宅。
再開発されてしまう前にこのあたりをもう少し歩いてみよう。

[PR]
by matchino | 2016-01-21 20:42 | 建築 | Comments(2)

雪の降る日は近代建築散歩に ~「ディルクシャ」と「洪蘭坡家屋」~

私の職場は社稷洞にある。朝鮮時代、国の豊作を祈った祭壇である「社稷壇」があるところで、街歩きをするにも持ってこいの場所。それで、集中力がなくなってくるとときどき散歩に出たりする。
散歩のコースとしてよく行くのが、「ディルクシャ」と「洪蘭坡(ホン・ナンパ)家屋」。ある日、雪が降って午前中から積もりだしたので、雪をかぶった「ディルクシャ」と「洪蘭坡家屋」を写真に撮ろうと昼休みに出かけてみた。

e0160774_15000961.jpg
まずはディルクシャへ。ディルクシャは、3・1運動を初めて世界に知らせたアルバート・テイラーというアメリカの事業家兼ジャーナリストが彼の妻と住んでいた家。ディルクシャというのは「喜びの心の宮殿」を意味するヒンディー語で、インドにある「ディルクシャ宮殿」から名前をとったという。
美しいレンガ造りの家だが、主人がこの家を出た後、戦争などで避難してきた人たちが不法占拠したまま放置されている状態だ。ソウル市が文化財に指定しようとしたものの、現在住んでいる人たちの移住問題で霧散している状態だという。

最近、韓国近代史についての本を読んでいるが、どうせならこのディルクシャについての本も読んでみようと思い、テイラー氏の夫人であるメアリー・リンレイ・テイラー女史の自伝「琥珀のネックレス」を読んでみた。(韓国語の翻訳本は「ホバク・モッコリ」なのだが、「ホバクといったらカボチャ? ハロウィンか?」と思ったけど、琥珀だったという…笑)

e0160774_15000909.jpg
テイラー夫人はイギリスの裕福な家で生まれた演劇俳優で、巡回公演先の日本でテイラー氏と出会い、インドで結婚式を挙げ、テイラー氏が金鉱を営んでいた韓国で生活した。日本統治時代の韓国の様子がこの本に描かれているが、韓国でも日本でもない観点からの記述が新鮮だった。また、日本統治時代に韓国で西洋の人たちがどのような生活をしていたのか、当事者が語っているため、とても興味深い。
あまりにも多くの出来事が起こっていて、代表的なエピソードを紹介するのも難しいが、興味があればぜひ読んでみることをお勧めしたい。

次は、ディルクシャから歩いて3分もかからないところにある「洪蘭坡家屋」へ。「故郷の春」、「鳳仙花」などの歌を作曲した作曲家の洪蘭坡氏が晩年まで住んでいた家で、1930年代にドイツ人が建てたドイツ式の煉瓦造りの建物。
e0160774_15000918.jpg
展示館になっているが、今まで何度も訪れていながらも、中に入ったことがなかった。平日の昼しか開いていないので、時間が合わなかったのだ。でも、この日は入り口が開いていて、中からピアノの音が聞こえる。
入り口で入ろうかどうしようかと迷っていると、案内のおじさんがドアを開けて中に入るように言ってくれた。
中は洪蘭坡氏の生涯を紹介する展示館となっていた。洪蘭坡氏の出版した本や楽譜などが展示されていて、パネルで説明している。さきほどのおじさんが「今日、最初のお客様です。説明しましょうか?」といって、洪蘭坡氏の生涯を簡単に説明してくれた。
e0160774_15000993.jpg
e0160774_15000952.jpg
洪蘭坡氏は幼い頃から音楽の才能に恵まれ、父の反対を押し切って、東京へ音楽の勉強に行く。20代で彼の代表作である「鳳仙花」や「故郷の春」を作曲したという。日本でもカルテットを結成したり、教壇に立つなど活発に活動していたが、日本で独立運動をしたということで、日本の警察に捕らえられ、拷問まで受けることになる。拷問の末、洪蘭坡氏は親日的な歌をつくることを強制されてしまう。その後、帰国してこの家に住んでいたが、日本で受けたひどい拷問の後遺症によって43歳の若さでこの世を去る。
「鳳仙花」や「故郷の春」は教科書にも載っていて、韓国人だったら誰でも知っている愛唱歌だが、洪蘭坡氏が親日的な活動をしたということで、現在はそれらの歌が教科書に載っていないのだという。
熱く語るおじさんの説明のBGMのようにして、もう一人の方が洪蘭坡氏の作曲した曲をピアノで弾いてくれていた。この空間で、洪蘭坡氏の生涯の話を聞きながら、洪蘭坡氏の曲に浸る時間。悲しくも美しい時間だった。
おじさんによると、ピアノを弾いてる白髪の女性はなんと洪蘭坡氏のお孫さんなんだという。写真を撮らせていただくと、「光栄です」と謙遜された。
e0160774_15000948.jpg
おじさんはもう少し解説したかったようだったが、昼休みの時間に出てきたので、また来ることを約束して出てきた。
落ち着いたいい空間だったので、また来てみたい。今度もまた、昼休みだな…。

[PR]
by matchino | 2016-01-17 18:04 | 建築 | Comments(0)