タグ:博物館 ( 7 ) タグの人気記事

韓国建築模型の博物館「奇興聲ミュージアム」 02

計画通り無事に到着した奇興聲(キ・フンソン)ミュージアム。娘がまずは庭が気に入ったらしい。さっそく庭でかくれんぼを始めた。

e0160774_12394678.jpg

野外にはそれほど作品はなく、自由の女神と馬くらい。でも南漢江が見えて景色はいい。

ひとしきり遊んでから、いよいよ展示室へ。
ミュージアムは地上2階、地下1階で、2階と地下1階が展示室、1階がカフェになっている。
まずは地下1階から。地下1階は伝統建築の展示室。景福宮や東大門、南大門、月池など、有名な史跡のほか、多いのは、今は無くなってしまった建築の模型。

e0160774_12394693.jpg

メインの巨大な模型は、焼失した皇龍寺9層木塔。ほかにも弥勒寺9層木塔などがあった。

e0160774_12394776.jpg

確かに模型をつくる意味を考えると、なくなった建築物というのはあるだろうな。それから、巨大な建築物は全体を把握できるというのが模型の利点だろう。
大きく掲げられた写真があり、それはロッテワールド民俗博物館だという。昔、「ロッテワールドに遊びに行ってわざわざ民俗博物館なんか行くかな」と思ったが、行ってみるとすばらしいつくりに驚いた記憶がある。ここは奇興聲会長にとっても代表作だという。今度行った時に見てみよう。

それにしてもすべてがすばらしい出来。実際の部材一つひとつを同じように組んでつくられているようだ。案内の方に訊いてみると、木の部分は松の一種(聞き取れなかった)を、他の部材はFRPで作っているという。

e0160774_12394680.jpg

ひと通り見終わって、2階へ。
2階は近現代建築の展示室。
ソウル駅や63ビル、仁川空港などのおなじみの建築。

e0160774_12420085.jpg
e0160774_12420079.jpg

それから、金寿根氏設計の空間社屋、京東教会、そしてヒルトップバー。

e0160774_12394777.jpg
e0160774_12394781.jpg
e0160774_12394710.jpg

そして今は解体されてなくなった朝鮮総督府。

e0160774_12420055.jpg

今は行けなくなっている平壌のタワー。平壌の街も再現されていた。

e0160774_12394735.jpg
e0160774_12420089.jpg

そして全部木でつくられた徳寿宮石造殿。ペディメントの部分の彫刻がきれいに再現されている。

e0160774_12420046.jpg

建築に関する新しい側面をみつけた一日だった。

e0160774_12415964.jpg

帰りのバスの時間まで少し余裕があったので、1階のカフェでくつろぐ。
ここにもエッフェル塔やいろいろな模型が展示してあって楽しい。

e0160774_12420080.jpg

座っていると、白髪のおじいさんが何人かの人たちと一緒に入ってきた。
行く前にドキュメンタリーで見た奇興聲会長の顔と重ねてみると、会長さんらしかった。
どうしよう、話しかけようか…と思ったけれど、そのまま帰ってきてしまった。
挨拶だけでもしてきたらよかったかな…。
まあ、博物館の向かいにはソウルから移転してきた模型製作所があったので、ここを訪ねるたびにお会いできるかもしれない。
このあたりはいろいろなギャラリーがあるので、再訪もありえるかな、と。

[PR]
by matchino | 2018-01-13 12:45 | 建築 | Comments(0)

韓国建築模型の博物館「奇興聲ミュージアム」 01

一つのことに興味を持つと、そこからいろいろなものがつながってくる。
今回行ってきた博物館もその一つだった。

ことの始まりは、去年のソウル国際建築映画祭。その映画祭の開幕作品は、「アパート生態系」という作品だった。ソウルの古いアパートを巡りながら、アパートをめぐるソウル市民のさまざまな生き方について描いた作品だった。とても興味深い作品で、たくさんの人に見てもらいたいものだった。
その中で気になったのが、最初から最後まで出てくるソウル市立大学の孫禎睦(ソン・ジョンモク)教授。勉強好きのおじいさんという風貌だったが、後から調べてみると、ソウル市の都市計画において重要な役割を務めてきただけでなく、韓国の多くの自治体の歴史を編纂するなど、近現代の韓国の歴史について多くの研究をされてきた方だということが分かった。

そしてこの方の著書であり、この映画の中でも何度も出てきた本があった。「ソウル都市計画物語」という全6巻にわたる本。図書館で何回か目にしながら気になっていたが、「いつかは読もう」と後回しにしていた本だった。でも、これは読まねばと思わされ、さっそく読み始めた。

で、読んでみると、とても面白い!
え、そんなことがあったのか!というようなエピソードが目白押しで、誰かに話さずにはいられないような話に満ちているのだ。

そして、この本の汝矣島の開発に関する部分を読んでいて、さらに気になったことがあった。
汝矣島の開発をするにおいて模型をつくったというのだが、その作業を行った奇興聲(キ・フンソン)会長という方だった。
韓国の建築模型といったらこの人、という有名な方で、国家的なプロジェクトのための模型作りはほとんどこの方の会社で手がけてきたらしい。最近でいえば、平昌冬季オリンピックのための会場一帯の模型作りも手がけ、オリンピック誘致に貢献した。
そして、奇興聲会長の今まで手がけてきた建築模型を展示する「奇興聲ミュージアム」が楊平郡にオープンしたという。
これは行ってみなければ!

しかし、自家用車がなければ行くのは簡単ではなさそうだ。
楊平駅までは電車があるけれど、そこから30分ほどバスに乗っていかなければならない。そのバスも何時に来るかよく分からない状態。近くにある「Dr. パクギャラリー」は、以前行こうと思いならもバスが来なくて諦めたところだった。
それでも、なんとか博物館まで行くバスの時刻表を探し、行ってみることにした。

京義中央線の楊平駅から近い楊平市場の停留場から4-9番のバスに乗る。14時40分。これを逃したら今度来るのは夕方だ。(実は他のバスもあるので1時間に1本くらいの間隔であることが分かった)
南漢江沿いの道を30分くらい走って、「チョンス2里ソンド病院(전수2리.송도병원)」という停留所で降りると、すぐ前に茶色の外観の建物が見えた。
やった! 着いた!

e0160774_20525674.jpg

前置きが長くなってしまったので、次回につづく!


奇興聲ミュージアム



[PR]
by matchino | 2018-01-10 21:09 | 建築 | Comments(0)

漢陽都城案内センターとなった日本家屋

e0160774_21051851.jpg

11月、ソウル市長の公館として使われていた日本家屋が漢陽都城案内センターとして生まれ変わった。知り合いが何人か行ってきて、よかった!という話が上がっていたので、行ってみることにした。

4号線の漢城大入口駅で降りて、大学路方面に向かう。恵化門に上がって、都城の上を歩き、途切れたところで降りると、守衛の詰所っぽい建物が見えたので行ってみると、やはりそこが漢陽都城案内センターだった。
庭の階段を上がると、切妻屋根の東西方向に長い家があった。
e0160774_21051724.jpg
昔の日本家屋らしい雰囲気は外からではよく分からない。壁も真っ白にきれいに塗られていた。
入る前に、庭が気になったので、庭を回ってみた。家の脇に芝生が植わった広い庭があって、赤い実を付けた木がある。遠くには北漢山も見えて眺めのよい空間。実はここは都城の上だということが分かった。
e0160774_21051704.jpg
ドアを開けて中に入ると正面に案内デスクがあり、右側には漢陽都城に関する展示があった。
e0160774_21051924.jpg
気になったのは、真ん中にある大きなジオラマ。横のモニターの説明に対応して、ジオラマに説明が投影されるようになっていた。どこかと思ったら、恵化洞の一帯だった。説明の内容は興味深いし、ジオラマに投影される図解は分りやすそうなんだけど、同時に見られないので結局分からない。音声で説明してくれたらいいのに…。
e0160774_21052071.jpg

展示室の横は屋根の下でありながら地面が見えていて、都城がどのように積まれているのか説明してあった。その横には部屋の名残があった。ところどころに説明のパネルがあるため、展示の一部であることが分かる。そして壁の一部は開いたままになっている。その向こうには北漢山。
e0160774_21052081.jpg

スリッパに履き替えて上がる2階には、この家についての展示がなされていた。
e0160774_21071030.jpg
1941年に建てられたこの家は、朝鮮映画製作株式会社の社長である田中三郎氏の私邸だった。この付近は日本人が多く住んでいた地域だという。解放後は韓国人の企業家の私邸として使われた。1959年から79年までは大法院(最高裁判所)の所有になって、裁判官の公館として使われた。その後はソウル市に所有権が移り、2013年までソウル市長の公館として使われた。現市長のパク・ウォンスン氏もここを使用したという。
そして建築家のチェ・ウク氏によって漢陽都城案内センターとしてリノベーションされた。その時の原則は、なるべく最初に建てられた時の姿を残すこと。展示のための壁などは別途につけられたが、柱なども同時のものをそのまま削って使っている。天井は取り払われて、木造のトラスが見える。
e0160774_21070994.jpg
部屋の南側は、ちょっと変わった障子が設えてあった。古いものと新しくつくったものがはっきりと分かりながらも、それらが違和感なく調和している。リノベーションした建築家の実力だな。こういった事例がもっと紹介されて、多くの自治体で適用されて欲しいなと思う。
e0160774_21071126.jpg

2階の大きな展示室の反対側には小さな展示室があって、ここで暮らしたソウル市長たちのゆかりの品々と、ソウル市長たちのこの公館に関するインタビュー映像が流れていた。呉世勲元市長の「スプーンほどの大きなゴキブリが出て、娘たちが騒いだ」という話が印象的だった。

1階には降りてくると、階段の左にある小さなカフェで妻と娘がココアを飲んでいた。私もコーヒーを注文したら、なかなかかわいいマグで出てきた。
e0160774_21071178.jpg
カフェの窓から庭が眺められる。庭が広く、高台にあるため、とても気持ちがいい。「こんな家にいつ住めるようになるかなあ」と妻がため息をついた。
e0160774_21071245.jpg
e0160774_21071236.jpg

展示内容が充実しているので、時間をとって訪ねたい空間。もちろん、軽い気持ちでその空間を満喫していってもいいのでは。
オススメ。

[PR]
by matchino | 2016-12-11 21:11 | 建築 | Comments(0)

ソウルの新名所、尹東柱文学館

ずっと行ってみたかった所がある。鐘路区清雲洞にある尹東柱文学館だ。去年の秋に「the Traveler」という旅行雑誌に紹介されていて、ぜひ訪ねてみたいと思っていた。
尹東柱は韓国で最も人気のある「序詩」という詩を残した詩人で、日本でも人気が高い。日帝時代に詩によって民族の痛みを韓国語で謳い、日本留学中に投獄され、福岡で獄死した。
個人的には尹東柱の詩は「序詩」くらいしか読んだことがなく、それほど思い入れはなかったが、建築に興味を持って、子供と一緒に訪ねてみた。

ここは昔の水道の加圧場で、役割を終えて取り壊されるところを展示館として使おうという提案がなされ、尹東柱詩人の文学館となったもの。
光化門駅からバスに乗って、北岳山を登って行く。「紫霞門・尹東柱詩人の丘」という停留所でバスを降りると、道の向かいに文学館があった。
e0160774_22214240.jpg


小さな展示館だと聞いていたが、本当に小さい。中に入ると展示室は一つしかなく、詩を書いたノートや写真、そして詩人の家の庭にあった井戸が展示されていた。
展示物をじっくりと見ていると、子供たちに案内のおじさんが「スライドを見るかい?」と聞いている。それで一緒にスライドを見ることにした。
黒い鉄のドアを開けると、白い壁に囲まれた小さな中庭だった。もとは水のタンクとして使われていたところで、改修当時は崩れかけた天井があったというが、天井を取り払って中庭に改造した。
e0160774_22214347.jpg


壁にはタンクとした使っていた当時の汚れとはしごの跡がそのまま残っている。上を見上げると、四角く切り取られた冬空と、木が一株。一幅の絵のようだ。
e0160774_22214416.jpg


尹東柱の「自画像」という詩があるが、そこに出てくる井戸のような空間をイメージしてつくったという。それで、この空間は「開かれた井戸」と呼ばれている。

そして、もう一つの重々しい黒い鉄の門を開けると、暗い部屋があった。もう一つのタンクを改造した部屋で、映像の上映室となっていた。こちらは「閉じられた井戸」と呼ばれる部屋。
ひんやりとした冷気が漂い、粗末な木の椅子が並んでいる。案内のおじさんが、「福岡の監獄をイメージした部屋です」と説明してくれた。隣の部屋と同じような梯子の跡がある部分には、天井に窓があって光が漏れている。どんな照明よりもこの部屋にふさわしい、天然の照明だ。この部屋もまた、壁にはやはり、タンクとして使われていた当時の汚れが残っていた。
e0160774_22214438.jpg


尹東柱の一生に関する10分ほどの映像が上映される。上映開始と同時に明かり取りの窓がゆっくりと閉まった。部屋の雰囲気といい、エコーがかかった自然の音響といい、これほどにここの趣旨にふさわしい演出はないのではないか。

韓国の独立のために韓国語で詩を書き続け、祖国の解放のために日本に渡り、解放直前の1945年2月に獄死したという事実は、重々しいものを残しながらも、大義のために自分を捨てるという行為を果たして自分ができるのだろうかという問いを残した。「自分を捨てる」という表現は違うのかもしれない。彼が生きる道というのは、どのような境遇に逢ったとしても祖国のために詩を書くということだったのだから。

この文学館のリモデリングを担当したのは46歳の女性建築家、イ・ソジンさん。この建築は、大韓民国公共建築賞の国務総理賞を受賞した。話題になっている二つのタンクは土の中に埋まっていて、初めはその存在さえ知られていなかったという。設計を終えた時、このタンクが偶然に発見され、設計を一からやり直した。このタンクがなかったらこれほどの話題になる建築とはならなかったのではないだろうか。また、それは担当の区の職員が工期の延長を許さなかったらできなかったことだ。

文学館から出ると、脇には小高い丘に登る階段がある。「尹東柱詩人の丘」と名付けけられた散策路だ。登って行くと先ほどの「開かれた井戸」を上から眺められる。
e0160774_22214839.jpg


また、北岳山やソウルの街並みを眺められる。尹東柱詩人がここを散策しながら何を考えていたのだろうかと思いを巡らせてみる。
e0160774_2221451.jpg

e0160774_22214665.jpg

e0160774_22214731.jpg

e0160774_22214757.jpg


詩人と建築家と、そして鐘路区の担当職員が、時代を越えてコラボレーションをして創り出した幸せな空間だ。今度はぜひ、妻を連れて来たい。

尹東柱文学館について詳しく書かれたブログ。私よりずっとうまい文章だし、感動的なストーリーなので、韓国語ができる人はぜひ読んでみて欲しい。
http://blog.hani.co.kr/bonbon/45048

アクセス:地下鉄5号線光化門駅2番出口を出てすぐの停留所で7212番か1020番バスに乗り、「紫霞門・尹東柱詩人の丘(자하문, 윤동주 시인의 언덕)」下車。
入場料:無料
休館日:月曜日、公休日
開館時間:10時〜18時(11〜3月は17時)まで
[PR]
by matchino | 2013-01-20 22:09 | 建築 | Comments(1)

ウズベキスタンの「青」

アシアナ航空の機内誌に、国立中央博物館での展示が紹介されていた。
ウズベキスタンの古代文化展、最初は気にかけなかったが、展示物の写真の一つが気になった。彩色された彫刻の青色が心を引いたのだ。
どうせ無料だからと、見に行って来た。
で、目当ての「青」は一つしかなかった。
e0160774_9554399.jpg

ラピスラズリを使った顔料の青だという。やっぱりあの深〜い青は石か。
自分の本当に好きな色って青なのかももしれない、と思った。
e0160774_956840.jpg

あと、何の絵画なのかは分からないが、独特な色使いが気に入った。
それともう一つ、彫刻が美しかった。日本や韓国の寺でよく見る仏像とは違い、ほりの深い顔立ちだ。仏教美術が始まったのがガンダーラなのだから、仏像の元祖は彫りの深い顔立ちなのだろうけれど、ちょっと意外な感じがする。
いつも美術館ばっかり行っているけど、たまには博物館もいいなあ。
[PR]
by matchino | 2010-09-19 09:56 | 展覧会 | Comments(0)

金塘寺の掛仏

知り合いに会いに行ったついでに、龍山区にある国立中央博物館に行ってきた。
先日、日本からのお客さんを連れて仁寺洞に行って来たときに見た骨董に見せられて、今まであまり関心のなかった博物館に関心が向き始めたのだ。
大きな博物館の中の、「美術館」スペースを見てきた。
書芸、風景画、仏画などが展示されていたが、その中でよかったのが、仏画だった。赤と緑で彩られた仏画は、今までに感じたことのない美しさを見せてくれた。
そして、驚いたのが、企画展示として展示されていた、金塘寺の掛仏
高さ8.3mの仏画が、博物館の特設スペースに掛けられていた。
e0160774_2104155.jpg

こんなに大きな仏画が韓国にあったとは知らなかった。
タイに行ったときに見た、寺院の壁画を思い出した。
体に比べて頭が大きく描かれているが、ダヴィデ像のような視角的な考慮がなされたためだろうか?あるいは、わざと頭が大きく描かれたのかもしれない。
ここ、国立中央博物館は、大きな企画展示以外は無料で入館できる。また行ってみよう。
[PR]
by matchino | 2010-06-13 21:01 | 展覧会 | Comments(0)

江華島・月うさぎ宇宙センター

韓国の光福節の8/15、仁川市江華島にある「月うさぎ宇宙センター」に行ってきた。
朝のニュースで出てきたためか、たくさんの家族連れが詰めかけていた。
2007年に開館した、子供のための宇宙関連の博物館。
飛行機からロケット、スペースシャトルなどの模型がたくさんあって、男の子には楽しめる博物館だった。
e0160774_211168.jpg

e0160774_2115726.jpg

宇宙飛行士の訓練のための機械みたいなものに乗れたりするが、ほかの乗り物は子供だましもいいところだった。
でも、やはり飛行機の模型や宇宙開発に関する展示物があると、子供に語りたくなるのがお父さんの心というもの。息子はまだ小さくて話が通じないので、娘をつかまえて熱く語りはじめるけれど、関心はないようす。うぅむ。
展示物を全部見てから展望台に上ってみた。夜になると望遠鏡で夜空を観察するのはここなのだろうか。自然の多い江華島の眺めは最高だ。庭もきれいに整えられている。
e0160774_2125894.jpg

この展望台、最初に見たときに、どこかで見たような形だと思っていたが、ザハ・ハディドのデザインしたインスブルックのスキージャンプ台に似ているかなあ…と。
e0160774_2133042.jpg

さて、この博物館、「銀河流水プール」と名付けられたプールがある。そこで水遊びをした。さらに、広い敷地の中の林には動く恐竜の模型が20体ほどもあったりする。
まあ、子供にとっても、連れていく親にとっても「お得感」のある演出だったりはするのだが、なんか、発想が貧困だ。まあ、田舎の博物館にそれを要求するのは酷か。
[PR]
by matchino | 2009-08-17 21:04 | 旅行 | Comments(2)