釜山旅行01 旧・百済病院

年末年始は釜山で過ごした。
出張では何度か行ったことがあったけれど、家族で行ったのは初めて。自分一人で行くんだったら、ピンポイントで行きたいところを選んでおいて、その周りをふらつけばいいのだけれど、家族で行くのでいろいろと気を遣った。
まさに「外国人観光客」的なコースを選んだが、家族は喜んでいたようで、よかったよかった。
それでも、めったに行けない釜山なので、お父さんの趣味もとろろどころに散りばめる。
それで、私の趣味を中心として行ってきたところをご紹介。

コースを計画するのに参考にしたのが、「釜山原都心ストーリーツアー」という冊子。私の好みのコースが何通りあり、住民が案内してくれるツアーもやっているらしい。年末年始はそのツアーをやっていないということで、今回は参加できなかったが、地図を見ながら歩いてみた。
今回のコースとして選んだのは、「イバグ道」というコース。「イバグ」というのは釜山の方言で「イヤギ」、すなわち「話」とか「物語」という意味で、物語がある道という意味のコース名らしい。前から気になっていた旧・百済病院があるコースなのと、168階段という子供たちが喜びそうなスポットも入っていたので選んだ。結果、私もよかったし、子供たちも楽しめたので、行って正解だった。

まずは釜山駅から旧・百済病院を探す。大通りから少し入ったところにあり、すぐに見つかった。

e0160774_20534816.jpg

百済病院は、1927年に建てられた釜山で初の個人経営による近代式総合病院だった。
1933年に蓬莱閣という中華料理店になり、1942年には日本軍の将校の宿所として使われたという。
それにしても、病院として使われた期間がとても短いなと思ったら、韓国古建築散歩にその経緯について詳細があった。りうめいさん、いつもながらのすばらしい調査力!

e0160774_20534842.jpg

解放後は釜山治安司令部として使われ、1950年には中華民国の臨時大使館として使われた。
その後、個人に払い下げられ、1953年から新世界礼式場として使われたが、1972に火災により全焼。修理されて一般の商店として使われるようになったという。
そして現在はブラウンハンズという家具ブランドが経営するコーヒー専門店になっている。

正面から見ると左右で別々のマスになっているようで、入り口の右側のブロックが少し斜めになっている。

e0160774_20545244.jpg

中に入ると台形のエントランスホール。正面の窓は受付のための窓だったんだろうか。そして数段の階段を上って中へ。

e0160774_20545288.jpg

カフェの壁は皆レンガがむき出しになっていて、ところどころに塗った壁が残っている。何度も改装されて塗り重ねられていたものをすべて取り払ったのだろうか。一昔前だったらありえなかったけど、普通に見られるようになったのが嬉しい。

天井は木造!

e0160774_20545145.jpg

床も昔のものがそのまま使われている。

e0160774_20545108.jpg

壁には絵がかけられていて、これもコンセプトを持って選ばれたもののようで、センスが感じられる。
テーブルと椅子はスチール製のレトロなデザイン。中には派手な色のテーブルもあるけれど、それも妙にマッチしている。こういう感覚、すばらしい!

e0160774_20534900.jpg

とりあえずコーヒーを注文。私と妻はアメリカーノ、子供たちはチョコラテ。
注文すると、店員が「ポイントカードをつくりますか?」と。次にまた来るように、ということでつくってもらうことにした。
店員は「それじゃ、ここにスタンプを押してください」と目の前のスタンプを示した。
木の枠の中に名刺大のカードがあり、1から10までのスタンプが並んでいる。1のスタンプを押すと、真ん中にテーブルの絵が。2は、その隣に木が、そして3はテーブルの前に女の子が現れた。10まで全部押すと絵が完成するというわけだ。これはまた来たくなる!

e0160774_20534850.jpg

で、肝心のコーヒーだが、ちょっと酸味が効いていて、私の好みではないな…。コーヒーの味はそんなに分かる方ではないので、気になる人はお試しを。

e0160774_20545216.jpg

あらゆる点で手を抜いていないどころか、更なる工夫が込められている空間。これは人気が出るわけだ! ここは再訪決定!

さて、これから168階段へ。
続きは次回!

[PR]
# by matchino | 2018-01-07 14:53 | 建築 | Comments(0)

阿峴洞の正教会聖堂で思いがけないクリスマス

クリスマス、どこに遊びに行こうかと考えたけれど、いいところが見つからなくて、次のマチノアルキのコースとして考えている忠正路に下見に行くことに。クリスマスに一人で路地歩きか…と思ったけれど、意外にもクリスマスらしいアルキになった。

e0160774_20225955.jpg
e0160774_20225912.jpg
e0160774_20225784.jpg
e0160774_20225725.jpg
e0160774_20225883.jpg
e0160774_20225882.jpg

コースは次のアルキの時のお楽しみということで、写真だけ。

そして阿峴洞まで来たので、以前「オープンハウス・ソウル」の時に訪ねた正教会の聖堂に行くことに。

e0160774_20225802.jpg

正教会というとピンと来ないけれど、ロシア正教会とかギリシャ正教会という名前なら聞いたことがある。それで、ここはロシア正教会なのかと思ったが、実は正教会の前に付く国名はその国のものなので、韓国では大韓正教会というらしい。
そして、外から見た立場では「キリスト教の一派」ということだが、初代教会の伝統を正しく受け継いでいる教会ということらしい。
そのためか、ロシアの教会にありそうなイコンが聖堂の内部を覆っている。調度品もとても装飾的で古風なものばかり。これだけでも、まだ見ぬ異国の地に来たような雰囲気で、感動した。

e0160774_20225960.jpg

前回にとてもいい印象だったので、再訪は嬉しかった。
聖堂に着いたのは9時過ぎ。入れるかどうか心配したが、正面の扉が開いていた。
入るやいなや、お香で少し曇った室内の空気の向こうに豪華な祭壇とイコンがたたずんでいた。礼拝の最中なのか、信徒の方たちが座っており、祭壇では儀式が行われていた。

ぼうっと見ていると、すぐに案内の女性がやってきて、「初めて来た方ですよね?」と、2冊の本を渡しながら前の方の席に案内してくれた。そこに座っていたおじいさんを指して「この方についてしてください」と言われ、「ちらっと見て帰ります」とも言えないままに席に座った。見物に来たなんて失礼だと思ったので、とりあえず最後まで礼拝を受けていくことにした。
おじいさんに「どのくらいかかりますか?」と訊くと、「1時間」と。まあ、それくらいならいいか…。

礼拝は、非常に儀式的な印象。
荘厳な雰囲気の聖堂によく合っている。祭壇で儀式を行う聖職者たちも、後ろのコーラスの人たちも、決められた文句を節をつけて唱え、信徒たちが全員で唱える「我らを憐れみたまえ」などの言葉も節をつける。それらの言葉の全てが韓国語に訳されているのも興味深い。基本的には韓国語で進められ、ロシア人の信徒たちのためにときどきロシア語が入る。儀式を執り行う一番上の人らしい方はロシア人のようだ。ちなみに、信徒席に座っているロシア人の女性たちは皆スカーフを被っており、皆びっくりするほど美しかった。

礼拝の様子を写真に撮りたかったけれど、失礼かと思って遠慮した。
後から探してみると、Youtubeに礼拝の動画があったので、リンク。



教会のイコンも、お香の香りも、儀式のための衣装も、聖句を唱える声も、窓から差し込む光も、全てが神々しく感じる時間はとてもよかったが、問題はなかなか終わらなかったこと。まだ1時間経っていないのだろうか。そのうちお腹が痛くなってきた。途中で立つのも失礼だしと思いつつ、そろそろ限界だという頃に時計を取り出してみると、すでに2時間が経とうとしている!数分前に入ってきた人もいるし、すぐに終わりそうな感じではなく、おじいさんに断って出てきた。
ふう、なんとか逃れられた…。

それにしても、おじいさんはなぜ1時間と言ったんだろうか。時間がかかるといったら帰ると思ったのだろうか。もしかしたら、いつもどのくらいの時間がかかっているか気にしたことがなかったのかもしれない。どちらにしろ、「1時間」という言葉があったから座っていられたので、よかったなと。


でも、この後、家に帰ると、知り合いから電話がかかってきた。
「今、阿峴の正教会聖堂にいるんだけど、来る?」と。
なにいいい!

その知り合いは、9時から行くつもりが12時過ぎに礼拝が終わってから行って、昼食をごちそうになっているという。
もう少しあそこで我慢していたら、間もなく終わっていたかもしれないのに...。
まあ、次にまた行ってみるかな。

[PR]
# by matchino | 2017-12-28 20:35 | 建築 | Comments(0)

傷心の奨忠洞 その2 105チョコレート+コーヒー

大好きな洋館が消えてしまった傷心を抱えながら京東教会のほうに戻っていく。
教会の裏手には文化住宅がいくつか残っており、その一つがカフェになっているという話を聞いてやってきたのだ。

けっこう経っていそうな石垣に囲まれた家。1956年に建てられたらしい。韓国戦争の終戦間もない頃か。
広い門の上には「105 Chocolate + Coffee」と店の名前が出ている。

e0160774_21584651.jpg

門のすぐ前は駐車場で、すでに2台の車が入っていた。
その左手には広い庭!

e0160774_21574228.jpg

テーブルがたくさん置いてあって、春や秋には外でくつろぐのもいいかもしれない。
そしてその向こうには大きな石造りの家!切妻がいくつか組み合わさった屋根で、お金持ちが住んでいました、という雰囲気。

e0160774_21412165.jpg
e0160774_21412258.jpg

玄関の前の階段も時代を感じさせる。

e0160774_21412187.jpg
e0160774_21412214.jpg

玄関に入るとすぐに注文するコーナー。娘用にはオレンジエード、私には「105コーヒー」3000ウォン。チョコレートの専門店でおいしいらしい。上の子たちを連れてくるほうがよかったな。(ついてこないケド)

さて、コーヒーより重要なのが、2階の部屋。住宅として使っていたものを家具などもそのまま使っているといううわさを聞いていたのだ。
人がいて写真を撮れなかったけれど、階段を上ると大きな円形の窓があって、板張りの部屋。ここが門の正面にくる場所だな。ベランダの手すりが重厚なデザイン。

e0160774_21411909.jpg

その隣には二つの部屋。一つの部屋は古めかしいソファのセット。元から使っていたものをそのまま使っているのだろうか。座り心地は悪そうだけど、レトロ感たっぷりでいい。犬のぬいぐるみも古そう。

e0160774_21412079.jpg

もう一つの部屋には楽な椅子が置いてあり、居心地がよくて眠くなるほど。窓の外には隣の文化住宅が見えていい感じ。

e0160774_21412137.jpg

なんだけど、窓際の席はおばさま三人組が陣取っていて、仕方なく壁側でくつろいだ。

e0160774_21411943.jpg
e0160774_21412051.jpg
ちょっとくつろぎすぎじゃね?


娘が東大門を見にいこうというので、外に出た。さっきは暑かったけれど、夕方になって少し涼しくなっていたので、庭でブランコに乗る。いろんな木が植えられており、リンゴの木もあって、小さな実をつけていた。

e0160774_21412278.jpg

娘の相手をしていてコーヒーもまともに味わえなかったけれど、コーヒーもケーキもおいしいということだったので、今度はゆっくり行ってこよう。一緒に行きたい人、募集!

[PR]
# by matchino | 2017-08-14 22:05 | 建築 | Comments(0)

傷心の奨忠洞 その1

e0160774_17434430.jpg

知り合いの先生が奨忠洞を歩いているのに刺激されて、娘を連れて奨忠洞へ。
一昨年、京東教会とウェルカムシティなどを見に来てから気に入って何回か訪ねていたところだった。
マチノアルキのプレイベントでも歩き、マチノアルキの次回の場所としても考えていたので、その下見も兼ねた踏査だった。

東大門歴史文化公園駅から奨忠洞に向かって歩く。
まずは京東教会。夏だから蔦に覆われていると思ったら蔦がすっかり払われていた。

e0160774_17434379.jpg

補修も兼ねてのことだろうか。蔦が根を下ろしていた花壇には新しい蔦の若葉が育っていた。

e0160774_17434403.jpg

奨忠壇の前の十字路まで出て、太極堂の前を右に折れる。そのすぐ裏は、ドーマーが三つ並んだ古い洋館があった場所だ。数ヶ月前に解体されてしまい、とても残念だった。

e0160774_17541488.jpg

e0160774_17572120.jpg
これが2年前の姿


その洋館がなくなったことで、その裏にある2階建文化住宅がよく見える。ここには4軒の文化住宅があって、少しずつ形は違うものの、似たような要素を持った家だ。

e0160774_17541404.jpg

空き家のようにみえるが、夕方に訪れた時に路地には灯りが灯っており、一つの家屋の窓から灯りがもれていたので、少なくとも1軒は今も住んでいるのだと思っていた。しかし、実はパラダイスホテルの所有となっているということで、倉庫として使われているのかもしれない。


ここからさらに道に沿って登っていくと、もう一つの謎の洋館がある。庭付きのけっこう大きな家で、外観だけでも普通の家でないことを感じさせる家だ。

いや、「だった」のだ。

今回、とてもショックだったのが、この家が消えていたこと。ウェルカムシティを過ぎると路地から、石垣の上にあの家の姿が見えたのに、今日訪ねてみると、石垣の上には白い仮の塀が立てられ、その上には青い空が見えたのだ。思わず目を疑った。
正面に回ってみると、やはりそこにあの家屋の姿はなかった。敷地に入る門の方へと回ってみると、門柱の一番下の段だけが残されており、後は消え失せてしまっていた。

e0160774_17541595.jpg
e0160774_17541591.jpg
e0160774_17541518.jpg

敷地全体に雑草が茂っているのをみると、解体してから数ヶ月は経っているのではないだろうか。もしかしたら、先ほどの洋館と共に解体されたのかもしれない。

e0160774_17585953.jpg
これが2年前の姿。すでにフェンスはあった。


e0160774_17590005.jpg
2年前の姿。サンルームとかアーチの窓がいい。


e0160774_17590086.jpg
2年前の姿。緩やかにカーブする屋根。


e0160774_17590089.jpg
レンガ造りの塀もなくなっていた。


放心状態になりながら、知り合いの先生が上げていたカフェに向かう。これがよくって私の傷心をわずかながら癒してくれた。そのカフェについては更新を待て!

[PR]
# by matchino | 2017-08-13 18:12 | 建築 | Comments(0)

〈堤川の建築巡り 3〉清風文化財団地

e0160774_20190983.jpg

堤川で訪問したメインは清風文化財団地。忠州ダムの建設によって湖に沈む運命となった文化財を移築した公園だ。
今回の旅は経費削減のためにできるだけ公共交通機関を使おうと思っていた。
それで、バスで行く方法を調べたけれど、ネイバーのマップにはバスの時間に関する情報がなかった。
いろいろと悩んだ末に、堤川市の観光案内コールセンターに電話してみることに。
すると、どこに停留所があって、何時に来るのかまで詳しく教えてくれた。
やっぱり韓国の地方を訪ねるには観光案内に訊くのが一番だな。

堤川のバスターミナルから近い停留所で路線バスに乗る。田舎のバスだから乗客は多くないだろうと高をくくっていたら、たくさんの人がすでに乗っていた。ほとんどがおじいちゃんおばあちゃんで、若い人たちも何人か。どこに行くんだろうか。
バスは街中を抜け、山の中に入っていく。間もなく湖が見えてきた。忠州湖だ。
湖のほどりにはリゾートや清風ランドというアミューズメント施設もあって、若い人たちは皆そのあたりで降りた。
地図アプリでは1時間以上かかると出ていたけれど、40分くらいで到着。

e0160774_20190665.jpg

清風文化財団地で娘を撮る!


それにしても、暑い。
暑さのためか、観光客もちらほら。
着いたのが1時半くらいで、帰りのバスの時間をチェックすると、4時25分。3時間かあ。この炎天下の中をここで3時間つぶさないといけないのか!

とりあえず、公園内に入ると、韓屋が何軒か建っていた。
別に有名な人の家というわけでもない、ただの古い家。

e0160774_20190619.jpg
e0160774_20190966.jpg
これは農機具の一つなんだが、ガマガエルみたいで面白いので撮ってきた。

たいへんなところに来てしまったと思ったが、ここで一つの楽しみを発見。娘を撮ればいいのだ。
この日はおばあちゃんに買ってもらった帽子をかぶってきて、ちょっとおめかし。
韓屋の縁側に座る娘の姿がすごく絵になる!(←親バカ)

e0160774_20190893.jpg

もう少し歩いて、暑さでくらくらし始めた頃、「寒碧楼」という大きな建物が現れた。

e0160774_20191077.jpg

靴を脱いで上がれるということで、さっそく上がりこんで板の間に座り込んだ。
いやあ、こんなに涼しいとは思わなかった。
けっこう涼しい風は吹いてくるし、湖は見える。最高だ!

e0160774_20223436.jpg

写真を撮ろうすると逃げ回る娘。

e0160774_20223461.jpg
e0160774_20223684.jpg

しばらく涼んで辺りを見渡すと東屋の乗った「望月城山」という小さな峰が見えた。とりあえず全部見ないでは帰れないと、登ってみることに。休憩所もあるということで、エアコンのきいた所で休めるかとほのかな期待をかけてみた。
しかし、休憩所に行ってみると、店の主人がポンチャクをかけ始めた。まあ、ここ自体がアジョシアジュマコンテンツなんだろう。
さらに休憩所も室内でなくて、外にパラソルとイスが並んでいるだけ。まったく涼めない。そこで買ったアイスと生ぬるいシッケも各3000ウォンとバカ高。ほとんど「休憩」できずに退散した。

「望月城山」の頂上は涼しいか!


さあ、いよいよ望月城山に登る。この暑い中を。
それでも途中に咲いているサルスベリの花が気分を紛らせてくれる。

e0160774_20223645.jpg

やっとのことで頂上に到着。

e0160774_20223779.jpg
これまで登ってきた道のりを撮る。

涼しい東屋で休もうと思ったが、ここは靴を脱いで上がるようになっておらず、立っているしかない。頂上といってもまったく涼しくない!
まあ、眺めはいいのでパノラマ写真を撮って降りることにした。

e0160774_20223737.jpg

ちなみにこの望遠鏡は無料。といっても望遠鏡で見るようなものはあまりなかった。

さきほどの寒碧楼まで降りてきたら4時前。なんだかんだいってけっこう時間がつぶせたな。
バスの停留所で待ちながら、観光案内板を見ると、清風文化財団地の秋の写真があった。紅葉ですごく美しい。ここは秋に来るべきところだったんだ! 売店のおばちゃんも「秋になると観光バスでいっぱいだよ」と。まあ…人が少ないときにゆっくりできたということで…。
バスが時間通り来るかとひやひやしていたが、1分遅れで到着。よかったー。

ということで、今回の堤川旅行は終了。次はあるかどうか分からないけれど、見逃した近代建築もあるので、秋に来るかな。
あ、最後に一つ。堤川バスターミナルの向かいにあったスンデククの店は激マズだったので注意すべし!

[PR]
# by matchino | 2017-08-10 20:40 | 建築 | Comments(0)