人気ブログランキング |

〈釜山旅行〉漁港とアートの出会い「カンカンイの道」を歩く

e0160774_22535490.jpg
釜山の新しい魅力を伝えるツアー、今回回ったもう一つのストーリーツアーは、「影島の橋を渡ってカンカンイの道を歩く」コース。「カンカンイ」というのは、船を整備する時にサビを叩いて落とす作業のこと。サビを叩く「カンカン」という音から来ているという。船が並ぶ港の風景が好きなので、それだけでワクワクする。名前もとってもいい。

このコースはまず影島(ヨンド)の跳ね橋から始まる。1934年にかけられた橋は、韓国で最初の開閉型の橋で、開通した当時はもちろん、今でもたくさんの人たちが橋が上がる姿を見に訪れる観光名所だ。
この日は時間の都合で行かなかったので、年末に訪れた時の写真を。
e0160774_22485232.jpg
個人的にはこういう「ザ・観光地」的なところは好きじゃないのだけれど、実際に見てみると、巨大な橋が上下する姿は圧巻! 思わず興奮してしまった。橋のたもとにある古い倉庫(?)もいい感じ。
e0160774_22485206.jpg
影島に渡った影島警察署の前には、影島の歴史を伝える写真のコラージュが。
e0160774_22415031.jpg

いよいよ大通りからそれて、船がたくさん停泊する岸壁へ。
e0160774_22415040.jpg
e0160774_22415016.jpg
うーん、やっぱりかっこいい…。
それにしても、こういう風景が観光地として受け入れられる時代になったということが感慨深いな。

e0160774_22415008.jpg
こういう船舶関係の資材が積まれている姿も絵になる。

e0160774_22415089.jpg
この写真をFBに上げた時、「梨かと思った」とか「ゆず」とか「かりん」とかいろんな見えるものがあって面白かった。

こんな町にアートの風を吹き込んでいるのが、「カンカンイ芸術村」のプロジェクト。街の風景にさりげなく作品を溶け込ませている。
e0160774_22415176.jpg
そのプロジェクトの案内所。さまざまな広報誌の配布やこの街を巡るツアーの受付などをしている。歩きでのツアーもあれば、船で巡るツアーもあるらしい。これは参加してみたい!

案内所の脇には「シンギハン船舶体験館」がある。使わなくなった漁船に実際に乗り込んで中を見学できるようにしたもの。船にはさまざまなアート作品が設置されていた。
e0160774_22415198.jpg
e0160774_22451178.jpg
船から出るいろんな音を増幅する作品とか

e0160774_22451124.jpg
舵を回すとモニターの影島大橋が閉じたり開いたりする作品とか
観光客が気軽に楽しめる作品のなのがいい。

舟を出て、もう少し歩いてみる。
e0160774_22451280.jpg
平日は船を修理する小さな工場の音でにぎやかだというが、日曜日で静か。平日のにぎやかな港の姿も見てみたいな。でも、仕事をしている人たちの邪魔にならないように気をつけて!

e0160774_22451240.jpg
ここは釜山で初めてエンジンがついた木船を造った田中造船所があった場所なんだという。

面白いのは、いろんなところに作品が隠されていること。
e0160774_22451234.jpg
e0160774_22471270.jpg
電柱にはこの港町を題材にしたコミックが描かれていた。釜山の方言を使いながら「この町で働きたい」宣言をする若者たちの姿が描かれていた。
いろいろな変化は加わっていながらも、港町の雰囲気は失わずに、さりげなく作品を溶け込ませているのがいいな。
また来て歩いてみたい町だぞ。
e0160774_22415077.jpg
e0160774_22451255.jpg



# by matchino | 2018-11-29 22:58 | 釜山 | Comments(0)

〈釜山旅行〉ヒンヨウルマウルで出会った絶景と古アパート

今年の年末年始に行ってきた釜山。まだ行き足りないところがたくさんあって、次はいつ行けるかとその日を心待ちにしていた。ところが思いがけず、釜山市からファムツアーのオファー!そしてなんと、釜山市が推している「ストーリーツアー」を中心に回るという。なんとすばらしい!
回ったところはいろいろだけれど、ストーリーツアーを中心に書いてみようかと。

ヒンヨウル文化マウル

釜山の入り江に浮かぶ島・影島(ヨンド)の海岸沿いの崖に形成された小さな村。
「ヒンヨウル」というのは「白い泡」なのか、「白い瀬」なのか、説明ではよく分からなかったが、蓬莱山(ポンネサン)から海に下る急流が白い雪のようだということで付けられた名前なんだとか。それだけ急な崖につくられた村ということなんだろう。

e0160774_19000405.jpg
e0160774_19000212.jpg

朝鮮戦争の時に釜山に逃れてきた人たちが家を建てて住んだところとのこと。そのため、無秩序に家が重なるように建てられていて、その間に細い路地がくねくねと続いている。

e0160774_19000351.jpg
e0160774_19524645.jpg
e0160774_19524787.jpg

住みにくそうではあるけれど、そこから見える海の絶景はすばらしい!
最近ではこのオーシャンビューのために地価が上がっているとのこと。

e0160774_19000429.jpg
e0160774_19000355.jpg
対岸の港町を景色もいいし、なんといっても湾に何隻もの船が停泊している姿がいい。

e0160774_19000470.jpg
e0160774_19524683.jpg
e0160774_19000276.jpg



e0160774_19000398.jpg
屋根の上に乗ったタンクとか、軒下に干してあるヘチマとか、

e0160774_19000494.jpg
路地に立つ水道とか、何気ないものが風景になる町。


そして、思わず息を呑んだのがこれ!

瀛仙(ヨンソン)アパート。

e0160774_19000358.jpg
調べてみると、1969年に建てられたアパート。ソウルに商街アパートが多く建てられたのが1960年代後半から1970年代前半。その時は単独で建てられたものがほとんどであることを考えると、ここが団地型というのも興味深い。

e0160774_19524726.jpg

この間、ソウルの弘済洞でみつけた弘済アパートに似ているな。穴の空いたブロックが使われている部分はもともとベランダだったところだろう。
とても気になったので検索してみると、多くの部屋が空き家になっていて、写真を撮りに行っている人も多いらしい。階段室にも穴の空いたブロックが使われており、そこから漏れる光が美しい。
次はぜひ中に入ってみたいな…。再開発地域に入っているので、なくなってしまう前に…。


# by matchino | 2018-11-25 19:55 | 釜山 | Comments(0)

〈秋の原州旅行〉原州駅の給水塔

e0160774_23145708.jpg
原州近代建築旅行の続き。

神林駅からムグンファ号で原州駅へ。
原州駅には日本統治時代に建てられた給水塔があり、前から見に行きたいと思っていた。
汽車を降りてホームを歩いていくと、線路2本ほど向こうに白い給水塔が立っていた。

e0160774_23145670.jpg
e0160774_23145679.jpg
e0160774_23145665.jpg

ひとしきり写真を撮って駅舎の方へ行くと、観光案内所があったので、近くで見ることはできないかと訊いてみた。観光案内所にいた案内士のおじいさんが外に出てきて、自ら案内してくださった。
駅から出て右手に少し行くと、駐車場のような駅の敷地への入り口があった。
その正面に給水塔が立っていた。長い間、ここに立っていた威厳を感じさせる。

e0160774_23145774.jpg
e0160774_23145770.jpg
e0160774_23173624.jpg
e0160774_23173698.jpg
e0160774_23173779.jpg

歩きながら案内士の方が説明してくれた。
この給水塔が建てられたのは1942年ごろ。中央線の開通と共に建てられた。当時は蒸気機関車だったので、石炭と共に水を補給する必要があったのだ。
「安東から走ってきた機関車が、ここで一息入れながら水を飲んだんですよ」と解説士のおじいさん。
そういえば安東駅にも給水塔が残っていたな。

e0160774_23291462.jpg
私は安東駅の給水塔は近くに行けなかったが、韓国古建築散歩のりうめいさんは駅長さんに案内してもらったらしい。
安東駅の給水塔は、列車の清掃などに今でも現役で使用しているとのこと。原州の給水塔は役目を終えて久しい。文化財に指定されているため、観光資源として残されて行くだろうけれど。

給水塔の他にもこのプラットフォームの屋根が古そう。いろいろなブログなどを見てみると、給水塔を見にいった人は皆この屋根のことも書いていた。これも残してくれたらいいなあ。

e0160774_23145610.jpg
e0160774_23173785.jpg


あと、りうめいさんがもう一つ気にしていたのが「キジ駅長」。「クォンビン」という名のキジが飼われていて、名誉駅長となっているらしい。原州駅が移転するので、彼はどうなってしまうのだろうといっていたのだ。
それでオリを見にいってみると、キジの姿はなかった。
解説士のおじいさんに訊いてみると、列車の音に対するストレスがたいへんだったらしく、飼うのもたいへんなので他に移したんだとか。

e0160774_23145752.jpg

案内を終えて駅に戻る案内士のおじいさんの後ろ姿に、もうすぐその役目を終える原州駅の姿が重なる。案内士のおじいさん、ありがとう。そして原州駅、お疲れ様!

e0160774_23173709.jpg

# by matchino | 2018-10-10 23:32 | 江原道 | Comments(0)

〈秋の原州旅行〉龍召幕聖堂

e0160774_06415401.jpg
原州の龍召幕聖堂は、中央線・神林駅から歩いて10分ほどのところにあった。
車がビュンビュンと通り過ぎる田舎の国道を右に折れ、田舎道を少し歩くと、聖堂の尖塔が見えた。ガイドブックで見た印象の通り、そうとう細長い尖塔らしい。

聖堂に向かう道にはところどころに紫陽花のような白い花が咲いていた。もう少し前に来たらもっと美しい姿を見られたかもしれない。

e0160774_06393362.jpg

花を撮っていると、すぐ隣で妻の嬉しそうな声が聞こえた。「こんな早く見つかるなんて!」。四つ葉のクローバーを探していたらしい。妻が四つ葉のクローバーを見つける時は、四つ葉のクローバーがにっこりと微笑みかけてくるのが見えるんだという。

e0160774_06393380.jpg

カトリックの聖堂が好きで、巡礼でもするかのように訪ねているけれど、その精誠が実ったのだろうか? 別にカトリックの信者ではないけれど。

聖堂の前に立っている大きな木を回って正面の階段から見上げる。

e0160774_06393330.jpg
鐘楼と三廊式の身廊、そしてその奥に祭壇がある典型的なカトリックの聖堂だが、やはり鐘楼が細長い。設計者がどんな人なのか気になる。

この教会が創設されたのは1898年のこと。1866年に起きた興宣大院君によるカトリック教徒の虐殺事件「丙寅迫害」を逃れた信徒たちによって建てられた。最初は韓屋で礼拝を行なっていたが、1915年に現在のレンガ造りの聖堂が建てられた。

e0160774_06393431.jpg
e0160774_06393461.jpg
e0160774_06415357.jpg

ここに聖堂を建てる時にも不思議なエピソードが伝わっている。白い髭を生やした白髪の老人が現れて、「ここは30年後に鉄馬が通ることになるから場所を移しなさい」と助言し、その助言に従って最初に計画した場所から離れた現在の場所に聖堂を建てたという。
そして30年後、その老人の予言通り、元に計画していた場所は鉄道が通ることになった。信徒たちはその不思議な老人が聖ヨセフではないかといっているとのこと。
それにしても、なぜ聖ヨセフなんだろう? 大工だったということで、教会の守護神的な位置なのかな?

e0160774_06393456.jpg
聖堂の周りには大きな木が何本もあり、とても気持ちがいい空間になっている。時間がなくて長居はできなかったが、しばらくここで遊んでいてもいい感じ。

聖堂の左側に回ると、さまざまな施設がありり、階段の上にはいい感じのレンガ造りの建物。司祭館と修道院の建物らしく、階段の途中に「上がらないでください」とあった。建物を見たかったけれど、礼儀は守らないとね。

e0160774_06415475.jpg
もう一つ気になったのが、聖堂の後ろに見える鐘塔。

e0160774_06393481.jpg
こういう鉄塔の上に鐘だけある粗末な鐘塔が好きなので、近くまで行ってみた。
聖堂の後ろに伸びる田舎道をたどっていくと、道の脇に聖書に関するイラストが描かれていた。白いラインで描かれた線画がかわいいし、はげた感じがまたいい。

e0160774_06415453.jpg
鐘塔へ登る横道を登ると、なんと、先程の司祭館。写真を一枚だけ撮って静かにその場を後にした。

e0160774_06415418.jpg
残念だったのは、日曜日の礼拝中で中に入れなかったこと。それでも入り口から見た祭壇のステンドグラスは遠目に見ても美しかった。

e0160774_06415341.jpg
さて、神林駅周辺で許された時間は2時間。原州行きの電車に乗らないと、いつ来るのかもわからないバスで1時間半かけて原州市内まで出ないといけないので、このあたりでは唯一の食堂で簡単に昼食を済ませてから神林駅へ。次は原州駅。

# by matchino | 2018-09-26 06:47 | 江原道 | Comments(0)

〈秋の原州旅行〉田舎の神林駅に降り立つ

e0160774_23073871.jpg

秋になったら行きたいと思っていたところ、原州。
今年の春に訪ねたが、いろいろと行きそこねた所が多かったので、また来ないとと思っていたのだ。折しも原州駅を通る鉄道路線の変更に伴って、原州駅が廃駅になるということで、9月に入るや否や、行ってみることにした。
今回の訪問先は、龍召幕聖堂と韓紙テーマパーク。ついでに原州駅も行こうと思っていたので、鉄道で行くことに。思いがけず、龍召幕聖堂が鉄道の駅に近いところにあることが分かったので、まずは鉄道で神林駅へ向かった。

清凉駅でチケットを買って、江陵行きのムグンファ号に乗り込んだ。神林駅に停車するのは一日4本のみ。レアな場所に行く感じが興奮を高める。

e0160774_23055546.jpg

座席は狭めの一般席だったが、ほかの車両に行ってみると、食堂車らしい車両があって、がらがら! 窓の方を向いた席もあって、客席よりはるかにいい。最初からこっちに来ててもよかったな…。

e0160774_23055595.jpg

1時間40分で神林駅に到着した。
神林駅は、簡易駅ではないものの、田舎の何にもない駅で、ホームもとても簡素なもの。

e0160774_23055597.jpg
e0160774_23055598.jpg

ゆるーい踏切だけがある線路を渡って小さな駅舎へ出る。踏切がカンカン鳴り出す前は、線路で遊んでいても何も怒られたりはしなかった。

e0160774_23055668.jpg
e0160774_23055675.jpg
e0160774_23055603.jpg

駅の前には、蔦に覆われた倉庫。

e0160774_23073910.jpg

そして近くには古びた商店。店の前に唐辛子を干していて、なんとものどか。
自販機と公衆電話はいつごろから使っていないんだろうか。

e0160774_23073983.jpg
e0160774_23073916.jpg

駅の周辺には、山と川と田んぼ、そして樹木の畑。「木が必要な方はご連絡を」という看板。これは初めて見た!

e0160774_23073989.jpg
e0160774_23073948.jpg

さて、駅から歩いて龍召幕聖堂へ向かう。続きは次回に!

# by matchino | 2018-09-16 23:11 | 江原道 | Comments(0)