朝鮮総督府の残骸を見に天安へ

e0160774_23380633.jpg
ある日、韓国に関係して長い日本人の知り合いが言った。
「解体される前の朝鮮総督府の建物を見たことがある」。

うおー、それは羨ましい!
…と思ったけれど、よくよく思い出してみると、1991年に初めて韓国旅行に来たときに、当時国立中央博物館として使われていた、元・朝鮮総督府の建物を訪ねていたことを思い出した。
ほとんど記憶にないけれど、とても天井の高い展示空間を憶えている。

今は解体されて、朝鮮総督府の建物は跡形もなくなってしまった…と思っていたが、実はその部材がけっこうたくさん残されていることを知った。
近場では、ソウル歴史博物館の庭にある。
そして、忠清南道天安にある独立記念館には、ドームの上の塔をはじめ、たくさんの部材が展示されているという。
これは行かねば!

というわけで、家族旅行を兼ねて行ってみることにした。
地下鉄1号線に乗ってソウルから2時間、天安駅に到着する。更に天安駅前から市内バスに揺られること30分。やっと独立記念館の駐車場に到着した。
妻は高校生の時に学校で訪問し、個人的に友達と来たこともあるという。

こういう記念館にはありがちなモニュメンタルな空間。
入り口から一直線に伸びる道には塔が立ち、太極旗の林の向こうには伝統建築のスタイルの巨大な建物があった。
e0160774_23383585.jpeg
e0160774_23383528.jpeg
銅像がバカでかい。
e0160774_23383615.jpeg
その裏には展示室があり、韓国の起源から、日本による統治、光復までの歴史を綴る展示があった。予想通り、日本人にとってはいたたまれない展示…。

そして最後の展示を子どもたちが見ている隙を見て、見たかった朝鮮総督府の残骸を見に。

ここはメインの観覧ラインから外れたところにあった。日没前で人もほとんどいない。

案内板にはどの部材がどこに使われていたかを示されていた。
e0160774_23412775.jpg
でも、説明がある部材だけでなく、もっとたくさんの部材があった。

数段の階段を登ると…。
e0160774_23412727.jpg
圧巻!
ドームの上に載せられていた塔を中心に、円形にたくさんの部材が並べられていた!
e0160774_23412764.jpg
「日本帝国主義の没落」という意味を込めたということをどこかで聞いたことがあるが、廃墟となったローマの神殿を思わせる。
説明によると、「部材を粗末に扱う形で展示して、日が沈む方向に配置、塔を地下5mに配置した」とある。
なるほど、そういう意味を聞いたらそう思えなくもないが、それよりは、この空間の、荒涼としていながらも美しい、そんな姿に感動を覚えた。
見る人によっては「こんなにされてしまって!」と残念がるかもしれない。あるブログの記述によると、日本政府からは移築するから解体を待ってほしいという依頼があったが、それを無視して解体したというので、そういう面から見たら「残念」に思う人もいるだろう。

でも、私としては部材を残してくれただけでありがたかったし、それをこんなにかっこよく残してくれたことに感謝したかった。
本当に、個人的には片道3時間かけて行く価値はあると思う。
e0160774_23412806.jpg
e0160774_23412817.jpg
e0160774_23432654.jpg
e0160774_23365501.jpg
e0160774_23365446.jpg
e0160774_23441896.jpg
e0160774_23365451.jpg
本当は、この総督府の残骸を見て来たことを、SNSに上げる時にどきどきしたのは確かだ。特に韓国の知り合いたちがどういう反応するか分からなかったので、韓国語では「かっこいい」という感想を書かなかった。
でも、私の写真を見て韓国の知り合いは「いいね!」とか「超いいね!」を残した。
少なくとも私の周りにはあの残骸を見に行くことを「ダークツーリズム」と捉えている人は少なかったのではないだろうか。
とてもオキラクな考えかもしれないけれど。

気になった人はぜひ訪ねてみてほしい。
天安駅から独立記念館までは、400番か383番バスに乗り、「独立記念館駐車場」下車。

# by matchino | 2019-02-13 21:23 | 忠清南道・大田 | Comments(0)

水原・水原駅の給水塔

e0160774_22420447.jpg

水原建築散歩、最後の目的地は水原駅の給水塔。
なのだが、その前に行ってみたいところがあった。前回、バスで水原駅を訪ねた時にバスの窓から見えた教会。バスで水原駅に到着する直前に見えたのだった。
水原駅周辺の、赤い光が男たちを誘う町の向かいにその教会はあった。

e0160774_22394291.jpg
e0160774_22394201.jpg

ずらりと並ぶ縦長の窓には擬似ステンドグラス。中から見たらどのように見えるだろうか。
知り合いはこの教会の写真を見て「ケーキみたい」と表現したが、私は違うものを想像した。「ゾウの歯みたいだな…」ちょっと気持ち悪いけど、昔から感覚が不思議なのでしかたがない。

1972年に建てられ、閔建築のイム・ジョンスンという人が設計したらしい。
ソウル農大の学生と鮮京織物の職員などが多かったと資料にはあった。
鮮京織物って何だと思ったら、今のSKグループらしい。
鮮京織物の漢字を調べる中で、韓国の「鮮満綢緞」と日本の「京都織物」の合弁会社だということが分かったが、韓国側のネットではなかなか詳しい情報が出てこない。日本語のWikiにはしっかり書いてあるのに…。
2004年の京畿道の近代文化遺産の調査資料によると、元・鮮京織物の敷地に昔の建物が残っていたらしいが、もうなくなってるのかな…。


そしていよいよ給水塔へ。

e0160774_22394228.jpg

韓国の古い駅に行くと給水塔が残っているところが多く、私も今まで安東、原州、慶州駅の給水塔を見に行ったが、水原駅の給水塔が珍しいのは二つの違うタイプの給水塔があること。赤レンガの寸胴の給水塔と、コンクリート造のスマートな給水塔の二つだ。
共に1931年に建てられたもの。
この二つの違いは何かと調べてみたら、赤レンガのものは狹軌線の汽車に使うものということ。鉄道のことはよく分からない…。

e0160774_22394290.jpg
e0160774_22394340.jpg
e0160774_22420468.jpg
e0160774_22420464.jpg
e0160774_22394309.jpg
e0160774_22420364.jpg
e0160774_22420458.jpg

いくつもの給水塔を見てきて、だいたいが同じ形をしているので、ちょっと飽きてきたなーと思ったけれど、実際に目の前にするとやっぱり見にきてよかったと思う。
産業遺産ってなんでこんなにいいんだろうな。

# by matchino | 2019-01-17 22:43 | 京畿道 | Comments(0)

水原・西屯洞聖堂とソウル農大

農村振興庁からソウル農大まで行く途中に見てみたかったのが、西屯洞(ソドゥンドン)聖堂。
聖堂建築って不思議な形をしているものがときどきあるが、これも変わっていてとても気になっていた。

地図でだいたいの位置を確かめながら歩いていくと、特徴のある鐘塔が見えた。
道が入り組んでいて、ストレートに行くことはできなかったけれど、なんとか到着した。
高台に建てられて、高さ18mの塔があるため、竣工した1969年にはそうとう目立ったのではないだろうか。

塔も特徴的だけれど、礼拝堂自体も変わった形をしている。
赤レンガの壁の上に採光用の窓があり、韓国式の瓦屋根が乗っているが、三角形の窓が組み合わさっていてかっこいい。屋根を支える柱の上部も韓屋の栱包(コンポ)を思わせる形になっている。
写真を撮ると、レンガの壁に電柱の影が落ちて絵になる。

e0160774_17362204.jpg

礼拝堂の裏に回ると四角い鐘塔が現れた。
こちらも栱包の上に瓦屋根。

e0160774_17362223.jpg
e0160774_17362237.jpg

意外だったのが、塔が入口になっていること。塔から礼拝堂に入るようになっていた。
礼拝堂の扉が開いていたので入ってみたが、なんと、今は礼拝堂としては使われていないようだ。
天井も塞がれていて、採光用の窓も見えない。2階に上る階段もなかった。

e0160774_17362273.jpg
e0160774_17385317.jpg


あの窓はなんだろうかと思い、後から検索してみると、昔の写真が上がっていた。

e0160774_17463887.jpg
e0160774_17463766.jpg

(写真と図面はこちらのサイトからキャプチャー)

昔は窓から光が入ったし、屋根の構造まで見えるようになっていたのだ。
これを塞いでしまったのはとても残念。
でも、この写真を上げているサイトの説明によると、光が入りすぎて散漫だったとのこと。
その他にも、聖堂としていろいろな不便な部分があったという。
そういったことを考えると、現在は使われていない建物が今でも残されているということ自体が貴重なことといえるだろう。


聖堂を後にして、元・ソウル農大へと向かう。

聖堂の前にあった集合住宅。
「宮殿」と書いたフォントがかっこいい。
宮殿ってすごい名前だなと思っていたら、下に小さな窓があって、宮殿っぽい装飾が。笑

e0160774_17362161.jpg


途中にあった家。どんな人が住んでいたんたろう。

e0160774_17385442.jpg


ソウル農大については前に書いたので、こちらを。

今は「京畿想像キャンパス」というプログラムで使われているが、大学だった頃の建物がリノベされている。
でも残念だったのはこの建物。
そうとう古いらしくて、蔦が絡まる姿がとても絵になっていたのに、蔦が全部はらわれてしまっていた。

e0160774_17385449.jpg


もう一つ気になったのは、金煕春(キム・ヒチュン)が設計した講堂。
以前ここを訪ねたのはこの講堂を見るためだったのだが、リノベ工事中だった。それがどうなったのか気になっていたのだ。
で、工事はそうとう進んでいるようだったけれど、ナニコレ!なんだか前に見たいい雰囲気がまったくなくなっている!
ああ、ここに来る理由が一つなくなったな…。でも、オープンしたらどうなるのか気になるのでまた来ることになるだろうな。

e0160774_17385463.jpg

水原建築散歩、まだ続く!

# by matchino | 2019-01-13 17:56 | 京畿道 | Comments(0)

水原・農村振興庁の建築がかっこいい

e0160774_22422483.jpg

水原にこんなに通うことになるとは思ってもみなかった。
去年だけで5回行っていて、そのたびに建築探訪が1ヶ所は入った。
で、今回訪ねたのは元・農村振興庁の建物。以前訪問したソウル農大の近くに建てられた庁舎だ。
知り合いの建築研究家がSNSに上げているのを見て、これは見に行かねばと思ったのだった。

地下鉄1号線に乗って、水原駅の一つ前の華西(ファソ)駅で降りる。東側はアパート群、西側は西湖(ソホ)に面した西湖公園が広がっている。
この一帯に農業関係の研究機関が置かれたのは朝鮮時代の正祖の時代に遡る。後になって日本統治時代にも朝鮮総督府は近代農業を伝授するための勧業模範場を設置し、解放後はソウル大学の農科大学(学部)とその背後団地として農村振興庁が設置された。
政府が主導した事業であったため、当時名のしれた建築家たちが庁舎の設計を手掛けた。

農村振興庁は全州に多くの機関が移ったが、当時の建物がいくつか残っている。
駅から出てまず見えるのは農民会館。1971年竣工。

e0160774_22430601.jpg

2階までの水平方向に長い建物の上に10階建が載っている形。
窓の形がいいなあ。

e0160774_22430661.jpg

この建物でぜひ見たかったのが、裏にある非常階段。
機能重視の素朴な形でありながら、何かのオブジェのようなのが螺旋階段の不思議なところ。
思わずいろんな角度から撮りまくってしまった。

e0160774_22430737.jpg
e0160774_22430708.jpg


西湖を眺めながら次の目的地へ。
たくさんの水鳥が生息していて、ときどきびっくりするほどの音を立てて飛び立っていた。
西湖は桜の名所でもあるらしいので、春になったらまた来るかな。

e0160774_22430765.jpg

広いグラウンドがあって、その脇にあるのが1961年竣工の農村振興庁本館。
金正秀(キム・ジョンス)の設計。金正秀の作品といえば、私の中では延世大の学生会館。

e0160774_22430704.jpg
e0160774_22430718.jpg

グラウンド側は建物の裏側なのだけれど、水平方向に長い窓が印象的だが、横に長い窓が並ぶ中で縦長の窓がリズムを作っている。

e0160774_22455107.jpg

側面に回ってくると、おお、さらに横長の窓! ル・コルビュジエが提唱した「近代建築の5原則」の「横長の窓」を忠実に行なっているわけだ。

e0160774_22492306.jpg

正面に回ってきてさらに驚いた。
長い建物の端から端まで中央の入り口を除いてずっと窓が途切れることなく続いている!

e0160774_09285849.jpg


そして、中央の入り口の前にある、キャノピーというべきだろうか、T字型の雨よけ!
飛行機の翼を思わせる軽やかなデザインがかっこいい。

e0160774_22481143.jpg
e0160774_22492375.jpg

柱も逆三角形で、アシンメトリーで、とてもスタイリッシュ。

それにしても長い建物だ。
正面の側は1階が地平面よりも下になっているため、2階分しか見えず、さらに横長なのが強調されている。

e0160774_22492336.jpg

夢中で写真を撮っていると、中から人が出てきた。
さっきから写真を撮る撮っているようですけど…」
「ああ、建築がとても美しくて」
「建築に関心があるんですね。どこかの記者かと思ったんですよ」
その人は、ここが昔は農村振興庁だったけれど、今はほかの多くの機関が入っていることを教えてくれた。


本館の隣にあるのは図書館。
1970年に竣工で、金熈春(キム・ヒチュン)の設計。
こちらも中央の入口の両側でまったくデザインが違うアシンメトリーな設計。

e0160774_22445988.jpg
e0160774_22450044.jpg

ディテールも多様で楽しい。
ぐるりと周りを回ってみたが、一つとして同じ面がない。

e0160774_22450087.jpg
e0160774_22450005.jpg

このH字型の突起はなんだろう? 気になる。

e0160774_22472792.jpg
e0160774_22472894.jpg
e0160774_22481044.jpg

今は使われておらず、さっき会った職員の話によると撤去されるのではないかということ。なんとか残ってほしいなあ。

農村振興庁を出て、ソウル農大がどうなっているのか気になったので行ってみることに。
ところが、ソウル農大に行く前に見ておきたいものがあった。
それは何か? 次回のお楽しみ!

# by matchino | 2019-01-07 22:54 | 京畿道 | Comments(0)

ソウル歴史博物館の展示「ディルクシャと琥珀のネックレス」

e0160774_21492916.jpg
私がもっとも愛する博物館、それはソウル歴史博物館。
昔は博物館なんてほとんど関心なかったけれど、ソウルで街歩きをするようになってから、ソウル歴史博物館がどれほど面白い博物館かということを知った。
常設展もいいけれど、毎回二つずつ開かれている企画展がすばらしく、一つの展示を2〜3回は訪ねて解説の一つひとつを読んでいる。
展示を見ながら、学芸員になったらよかったと、今更ながら人生を後悔したりもする。

で、いつも興味深い企画展示なのだけれど、今回の展示は特に紹介したくて書いてみることにした。
展示のタイトルは、「ディルクシャと琥珀のネックレス」。
以前もこのブログで紹介した洋館「ディルクシャ」に関する展示だ。
ディルクシャとは、日本統治時代の朝鮮半島で鉱山を営んでいたアメリカ人のアルバート・W・テイラーと彼の妻で元俳優のイギリス人、メアリー・L・テイラー夫婦が住んでいた家。
太平洋戦争が始まることで、1942年に彼らは国外追放となり、この家の正体は謎に包まれていたが、ある大学教授が彼らの息子であるブルース・テイラー氏から依頼されて彼が韓国で両親と共に暮らした家を探す中で、2006年、ディルクシャが彼らの家であったことが確認されたのだ。
テイラー夫妻の韓国での体験はメアリー・テイラーの自伝「琥珀のネックレス」に詳しく書かれている。

これはその自伝の原稿。
e0160774_21493066.jpg
2015年にブルース氏は亡くなったが、2016年にその娘のジェニファー・テイラー氏がディルクシャを訪問。ソウル市はこのディルクシャを復元することに決定した。そしてジェニファー氏は祖父母の遺品をソウル歴史博物館に寄贈した。
今回の展示は寄贈された1026点に及ぶ遺品と共にテイラー夫婦に関するエピソードを綴っている。

テイラー夫婦の収集していた韓国の骨董品や、
e0160774_22095636.jpg

ブルース氏が生まれた1919年に彼のベッドの下に隠されたという3・1独立宣言文、
e0160774_21493057.jpg

テイラー氏が撮影した高宗の国葬の写真など、貴重な遺品がたくさんある。
e0160774_21493013.jpg

そしてメアリー・テイラーの自伝「琥珀のネックレス」に登場する琥珀のネックレスも展示されている。
e0160774_21423010.jpg

企画展の期間は2019年の3月10日まで。
この展示とともに、ディルクシャもぜひ訪ねてみてほしい。

おまけ。
スカルを見て、パンクかゴシックかと思ったら
e0160774_22082707.jpg

セブランス連合医学専門学校の卒業アルバム。

なぜこれが展示されているかというと、当時、南大門の近くにあったセブランス病院の写真が収められているんだとか。
メアリー・テイラーがセブランス病院で息子を産んだときに高宗の国葬を目撃したとのこと。

# by matchino | 2019-01-03 22:20 | 展覧会 | Comments(0)