人気ブログランキング |

ソウルの昔の航空写真を閲覧できるサイトと操作方法を解説!

1972年から2018年までの航空写真を閲覧できるので、
気になった建物が出てくるとよく見ている。

でも、ちょっと操作が分かりづらかったりするので、
「分かんねえ」という友達のために
コツを解説したファイルをつくったことがある。
「分かりにくい」という声が他からも聞こえてきたので、
解説してみることにする。

あくまでも私がやりやすい方法なので、あしからず。


まず、サイトを開くと、
右側に現在の航空写真、左側に操作バーが現れる。
操作バーのデフォルトが住所や建物名の検索になっていて、
個人的には面倒くさいので、
航空写真をドラッグ&ホイールで見たい場所を探してから、
それぞれの年代の航空写真を検索する方法をとっている。

1. まず、航空写真をドラッグして、見たい場所を探す。
 ホイールで拡大・縮小ができる。
 この時、航空写真の範囲は大きくとっておいた方がいい。
 ズームして映し出される範囲が狭かったりすると、
 検索に引っかからなかったりするのだ。
e0160774_21254281.jpg


2. 操作バーのタブを「航空写真検索」に切り替える。
e0160774_21254256.jpg

3. 見たい年代を選択。(複数選択可能)
e0160774_21254274.jpg

4. 青い「検索」ボタンをクリックすると、
 検索された航空写真の年代とコースのリストが現れる。
e0160774_21254270.jpg

5. コースにチェックを入れると、
 その航空写真が右に、2018年の航空写真に重なって現れる。
e0160774_21254314.jpg

あとは年代を出し入れしたり、
地図をぐりぐり動かして検索するだけ!


おまけとして、最近、私が探ってみたことを一つ。
次回のマチノアルキ(参加者募集中! 詳細と参加申し込みはこちら)で訪ねる
「崇仁商街アパート」が、使用承認は1979年に受けているけれど、
実際に建てられたのはもっと前だという話があった。
それで航空写真を調べてみたところ、
1972まで遡ってもそのアパートが存在していた。
e0160774_21353489.jpg
この真中にあるのが「崇仁商街アパート」

それ以前は航空写真がないので、
実際に建てられた年代までは辿れなかったけれど。


というわけで、
昔の航空写真で眠れぬ夜を過ごしてみて欲しい!

# by matchino | 2019-06-24 21:42 | ソウル | Comments(0)

京畿道九里市の気になる建物を昔の航空写真で探してみたら…

私が住む京畿道九里市に、いくつか気になる建物がある。
駅まで歩く途中で毎日見るのだが、
いつごろ建てられた家なんだろうかと気になっていたのだ。

一つはこれ。

e0160774_11352306.jpg

けっこう大きな家だし、前面の壁にあるハトの装飾が印象的だ。

いろいろと推測してみた。
まず、ハトの装飾。何かの葉っぱをくわえているところからして、
オリーブの葉をくわえてきたというノアの方舟の話に出てきたハトだろう。
ということは、牧師が住んでいる家ではないだろうか。

で、実はうちの息子の友だちの家だということが分かった。
でも、息子に訊いてみると、友だちのお父さんは牧師ではないという。
そして、その友だちが生まれた時からその家に住んでいたという。
それでも、うちの息子が生まれたのは2006年だし、
最初に家を建てて住んでいたのは牧師で、
その後に友だちの家族が引っ越したということもあり得るし。

あと、ハトに関して推測するには、
「天父教」というキリスト教の一派のこと。
以前、康津で見た教会について書いたけれど、
この宗教はハトとオリーブの葉がシンボルになっている。
それでこれもそうかと思ったけれど、どうなんだろう?

それからもう一つ気になったのが、家の前の駐車場。
あの家の大きさからしてこの駐車場のスペースは不自然だし、
駐車場の向こうに家の門があるのはおかしい。
おそらく最初は広い庭があったけれど、財政的に苦しくなって売ったのではないだろうか。


もう一つの気になる家はこれ。

e0160774_11352295.jpg

うちのアパートのすぐ前にある古びた家。
セメント瓦が乗っていて、L字型の改良韓屋っぽい。
面白いのは、同じ様式の双子のような2軒の家が背中合わせになって建っていること。
実は、ここから2ブロックほど離れたところにも、
とても似た様式の家が建っている。

ということは、ここ一帯に同じ形に建てられたこの家が
ずらりと並んでいたんではないだろうか。


ソウルには使用承認を受けた年代が分かる地図が見られるサイトとか
航空写真が閲覧できるサイトがあることを知っていた。
「京畿道にもないかなあ。ないだろうなあ」と思いながら
ダメもとで検索してみると、なんと航空写真が閲覧できるサイトがあった!


こ れ は す ご い !

さっそく気になるあたりを探してみた。
すると、1977年と1980年の航空写真がみつかった!
1977年の航空写真を見ると…

e0160774_11424496.jpg

あったあった!
気になっていた家が両方ともある!

e0160774_11425908.jpg

小さな韓屋の方は、やはり周りに同じような形の家が建てられている。
でも、この家だけ方向が違うな。なぜなんだろう。
この団地のところどころが削られているところからすると、
団地自体が形成されてからある程度経っているのかも知れない。

それからハトの家も1977年の写真にあった!
そして駐車場のある位置も、これは庭じゃないかな。

それにしても航空写真は1977年までで、
それ以前は1947年の何もない時のものしかなかったので、
この二つの建物がいつ建てられたのかは分からない。
気になるなあ。

それからこの韓屋の住宅街がいつ頃から変わっていくのか、
そしてすぐ脇を流れる川がいつごろ暗渠になるのか、
いろいろ調べてみたいことはある。
もう少し航空写真を追ってみようかな。

# by matchino | 2019-06-23 11:51 | 京畿道 | Comments(0)

富平の完璧な風景

富井教授の案内による街歩きはこの後も続いたが、
りうめいさんは富平に残って他のところを回るという。
そちらの方が面白そうなので、ついていってみることにした。
で、この選択は大正解だった!

訪ねたのは元・米軍基地から富平駅まで敷かれた線路。
現在は韓国軍の土地となっているが、ほとんど使用していないという。
線路もまったく使用していないようだった。
詳細はこちら

アパート群の向こうに見えてきた線路。

e0160774_22014730.jpg
荒れ果てた線路と、
その向こうに見える軍用地と、
遠くに見えるアパート!
なんという完璧な風景!

線路に沿って南へ下るとすぐに
軍用地で門が閉まっていた。

e0160774_22014749.jpg

軍用地を迂回してしばらく歩くと、軍用地に向かう道があり、
その向こうに煙突が!
煙突に向かって歩いてみた。

e0160774_22014756.jpg

その果てに見えた風景。
バンカーとアパート。

e0160774_22055500.jpg
e0160774_22014788.jpg
赤レンガ倉庫と煙突。

e0160774_22014893.jpg

ああ、なんて完璧な風景!
富平に来てこんな風景に出会うとは思ってもみなかった!

e0160774_22014872.jpg

さらに軍用地を迂回して、富平駅に向かう。
すると、さきほどの線路と道路が交差する地点にぶつかった。
線路は使われていないようだが、
踏切のような施設はそのまま残されていた。

e0160774_22014877.jpg
e0160774_22014878.jpg

この日はこれで帰ったけれど、
富平駅の近くにも昔の住宅地跡があるという。
また行ってみないとだな。

# by matchino | 2019-06-20 22:09 | 仁川 | Comments(0)

富平区山谷洞のアパートの屋上で

富井教授の案内による朝鮮住宅営団の住宅探訪、
文來洞に続いては仁川市・富川区の山谷洞を訪ねた。
こちらは750世帯の韓屋を建てた。

e0160774_21045622.jpg
現在は多くの家屋が改築され、新しく建て直したりしているところも多い。
それでも、文來洞がほとんど工務店などの店舗になっているのに比べ、
山谷洞は人が住んでいるところも多い。
おそらく、文來洞は日本式家屋でいるのに対し、
山谷洞は韓屋で、現地の人に合った家屋形態であるためだろう。

ここでもこの街を上から眺めるために隣のアパートの屋上に上った。

e0160774_21050468.jpg
e0160774_21050430.jpg

ああ、やっぱりアパートの屋上、いいなあ。

e0160774_21051079.jpg


屋上といって思い出すのがチョン・セランの短編
「屋上で会いましょう」。
屋上で非現実的なことに出会う小説だが、
屋上だから起こりうることだったのかも知れない。

あ、あの日、この本を持っていってたのに、
屋上でこの本を撮ればよかった!

# by matchino | 2019-06-14 21:15 | 仁川 | Comments(0)

文來洞の「南星マンション」の屋上に上ってみた

地下鉄1号線で仁川に向かう途中のこと。
新道林駅付近で「南星」という字が目に飛び込んできた、
板状のアパートの屋上の突出部分に書かれたアパート名の「南星」だった。
アパートの形といい、古びれ方といい、私の好みだ。

e0160774_22334851.jpg

いつか見に行ってみたいと思っていたところ、偶然に訪ねる機会が訪れた。
漢陽大学の冨井教授の案内で、日本統治時代に形成された住宅街を見に行くプログラムに参加したときのことだった。
文來洞の住宅地を訪ねたとき、住宅地を上から眺めてみようということで、あるアパートの屋上に上がった。
それが「南星マンション」だったというわけ。

文來洞の住宅街もよかったけれど、個人的には南星マンションのほうがうれしかった。

e0160774_22334971.jpg
ああ、この板状の感じ!

塀に囲まれた団地となっていて、「屋上に上りたいんですが」と守衛さんに許可を得て入る。

e0160774_22334959.jpg


15階建てなので、エレベーターで屋上へ。ちょっと狭い。
2階まで上がったところで「がおん!」と音と共にエレベーターが停止してしまった。

ど、どうしよう! 閉じ込められた…!

と思っていたところ、エレベーターに張り紙が。
「頻繁に止まりますが、あわてずに警備室へご連絡を」
そうとう古そうだもんなあと同行者と話しているうちに再びエレベーターは動き出した。

無事に15階に到着し、階段で屋上へ。

e0160774_22334919.jpg

おお、この見晴らしのよさ!
そして、屋上の機械室(?)!
こちらには施工社の「ライフ住宅」のロゴ。

e0160774_22334944.jpg


これも正面から撮って来ればよかったなあ。
電車から見えた「南星」の字は向こうの四角に書かれていたようだ。
見に行けばよかった…。

そして大きな通風孔。これはダストシュートのものだろうか。
かっこいい…。

e0160774_22334930.jpg


屋上からは文來洞の住宅街が見渡せた。
敷地の形がよく分かる。

e0160774_22334926.jpg


階段を降りながら、このアパートの年代を推測しあった。
「古びれ方からすると、70年代ですかねえ?」
「いや、団地型のアパートは70年代の後半からだから、80年代じゃないかなあ?」

後から調べてみると、1983年だった。
再開発の話は出ていないんだろうか。もう少しがんばってほしいな。

# by matchino | 2019-06-13 22:36 | ソウル | Comments(0)