<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

藤の花が香る幸せな空間、牛耳洞・天道教彰義修道院

e0160774_21400097.jpg
ソウルの慶運洞に天道教の中央大教堂があるが、牛耳洞にも天道教の教育機関である「鳳凰閣」があるという。中村輿資平が設計した中央大教堂に似た様式の西洋建築があるということで、連休の最終日に行ってみることにした。
去年、尹克栄家屋を訪ねた時に乗った牛耳新設線の終点の北漢山牛耳で降りて、10分ほど歩いた所にあった。道詵寺(トソンサ)や北漢山に行く人たちで賑わう道をしばらく歩くと、天道教の第3代教主である孫秉煕氏の墓地の標識があり、まもなく鳳凰閣の看板が現れた。門柱には「天道教彰義修道院」とある。

e0160774_21364826.jpg

門を通ると木々の間に煉瓦造りの建物が見えた。

e0160774_21364868.jpg

これが慶運洞の中央大教堂の隣から移築したという建物。大教堂と同じく1921年に中村輿資平の設計によって建てられた。大教堂と比べるとおとなしいが、二つの建物が調和していたことを思わせる。

e0160774_21364825.jpg
e0160774_21400056.jpg
e0160774_21400054.jpg
e0160774_21364976.jpg

様式は「ウイーン分離派」といわれる「ゼツェッション」。といっても、ゼツェッションの特徴というのはよく分からない。でも、「ムジゲトク建築」で知られる建築家のファン・ドゥジン氏によるとゼツェッションというのはこれといった様式的な特徴は少ないとのこと。以前の社会や理念からの「分離」という思想がより先立っていたということなんだろうか。
ここで天道教や、彼らが主導したという東学農民運動、3・1独立運動などについての説明を聞けるということだったけれど、残念ながら門は閉まっていた。側面のドアから中をのぞくと教室のような空間があった。右側には、韓国のこどもの日を提唱したことで知られる方定煥(パン・ジョンファン)氏の肖像画がかかっていた。方定煥氏は天道教が運営する普成専門学校の出身で天道教少年会をつくり、巡回講演を行ったという。

e0160774_21364927.jpg

建物の裏の方へ回っていくと、一段高い基壇があってマダン(前庭)があり、韓屋が建っていた。これがここの中心の建物である「鳳凰閣」。青い字で書かれた扁額の字はとても自由な印象を受ける。

e0160774_21364979.jpg
板の間には集会の様子が描かれた絵と、第3代教主である孫秉煕氏の写真。後から調べてみると、この集会は3・1独立運動の33人の民族代表の姿なんだという。独立宣言をした3月1日に先立って、ここ鳳凰閣で2月28日に事前集会を行ったという。そんなに意味がある場所だったとは…。

e0160774_21364971.jpg
そして、なんといってもこの庭が気持ちのよい空間だった。周りにはツツジや牡丹などが植えられていて、一角には藤の棚がつくられている。ちょうど藤の花が満開を少し過ぎた頃で、地面いっぱいに藤の花が落ちている。そして藤の花の香りが辺りに満ちているのだ。藤の花がこんなに香るなんて!

e0160774_21365044.jpg
e0160774_21365004.jpg
e0160774_21395827.jpg
e0160774_21395836.jpg
e0160774_21395900.jpg
私たちの家族の他には管理しているおばさんくらいしかいない。静かで美しく、和やかな、そして幸せな空間。こんなところが知られていないのはもったいない。いや、知られない方がいいかもしれない。

e0160774_21395865.jpg
e0160774_21364932.jpg

さきほど案内板があったが、近くに孫秉煕氏の墓地があるということで探してみると、敷地の傍に、外に出る小さな門があって、山の上へと遊歩道が続いている。墓地に続く道っぽかったので登ってみると、やはりそうだった。

e0160774_21395977.jpg
e0160774_21395980.jpg
立派なお墓だと思って後ろを振り返って、思わず「おお」という声が出た。ここで祭祀を行うんだろうか、小高い丘の麓まできれいに芝生が敷かれていて、向こうの山までよく見渡せる。いい墓だなあ。

e0160774_21395995.jpg
お墓の前で手を合わせると、どこからか白い犬がやってきて周りをうろついていた。ここを守っているのかな? お墓の上にはタンポポの綿毛が揺れ、ちょうちょが飛んで、とってものどか。

この後、どうせここまで来たのだからと、道詵寺まで登ってみたけれど、個人的には天道教の修道院のほうがよかったな。韓国の近代史に興味がある人はおすすめ。

[PR]
by matchino | 2018-05-18 21:46 | 建築 | Comments(0)

水原・ソウル農大の講堂、そして廃墟

e0160774_21025321.jpg

建国大学の人文学館の建物がすごく気に入ったので、建築家を調べてみると、金煕春(キム・ヒチュン)という建築家が設計したことが分かった。そして彼の他の作品を調べると、水原にあるソウル農大(ソウル大学の農業学部)の講堂があるという。すでに廃校になって、その講堂も廃墟になっているらしい。一人で行ける時間ができて行ってみることにした。
水原駅の前からバスに乗って「湖西中学校」の停留所で降りるとすぐ前に大学キャンパスの入口があった。守衛に制止されないかとドキドキしたが、難なく入れた。
中央の道路の両脇に緑地があって、そのところどころに校舎が建っている。目的の講堂は敷地内に入ってすぐのところにあった。が、フェンスが立てられて工事をしている。

e0160774_21095705.jpg

つながった2棟のうち、左側の棟は近づけたが、右側の建物は近くに行くこともできなかった。右側のほうが見たかったのに…。

e0160774_21121546.jpg
e0160774_21121599.jpg

それでも左側の建物も、水平方向に長い直方体がかっこいい。

e0160774_21095275.jpg
e0160774_21105954.jpg
e0160774_21105995.jpg
e0160774_21105939.jpg
e0160774_21110059.jpg

ズームがきくカメラがあったらよかったな。
この建物、これからどうなってしまうのか、撤去されるのか、再利用されるのか気になって、他の棟にいた人に訊いてみたが、知らないとのこと。なんとか残してほしいなあ。

この他の建物も気になって回ってみた。
50年代に建てられた、蔦の絡まる建物があった。

e0160774_21110009.jpg
e0160774_21110137.jpg
e0160774_21110055.jpg
e0160774_21134251.jpg

さらに奥に歩いていくと、散歩に来たらしいおじさんおばさんたちの姿。京畿想像キャンパスという公園兼文化施設になっているようだ。
林の中には散策路もあって、こんな作品があったりする。

e0160774_21134298.jpg

子供たちが走り回れる広場もあって、とても気持ちのよい空間だ。子供たちを連れて来たらよかった。

ある建物は「青年1981」という名前になっていて、青少年を対象にしたさまざまなプログラムを行なっているようだ。デザインや音楽、3Dプリンティング、写真、自転車の塗装などものづくりの体験ができるらしい。大人も参加できるらしいので、参加してみようかな。平日の夜に連続でやるプログラムもあり、参加できないのが惜しい。

e0160774_21134388.jpg

公園となっている側からもう一度入口に近い方にやってきた。面白い建物がないかとさらに横道に逸れてみると、あったあった!

e0160774_21134375.jpg
e0160774_21134429.jpg

何かの研究のための建物なんだろうか、一階建ての横長の建物。
いい感じの古び具合だ。水平と垂直だけで構成されていながらとても私好みの造形。窓のルーバーの造形はぞくっとするほど!

e0160774_21152544.jpg
e0160774_21152571.jpg

庭は背の低い草に覆われていて、小さな花が風に揺れている。私の一番好きな風景。

e0160774_21134469.jpg
e0160774_21152581.jpg
e0160774_21152572.jpg

その近くには焼却場らしい煙突。こんなに好きな要素が揃っている場所なんてなかなかない。

e0160774_21152515.jpg

ここで気の置けない人たちと一緒にピクニックでもしたいなあと思っていたら、「林の中のパーティー」というイベントのポスターが! 以前見に行ったことがある「水原演劇祝祭」が今年はここに会場を移して「林の中のパーティー」というテーマで開催されるという。5月25〜27日。うーん、行ってみるか…。

[PR]
by matchino | 2018-05-09 21:23 | 建築 | Comments(0)

慶煕大建築巡り2 音楽大学・学生会館ほか

慶煕大の建築巡りのつづき。
文科大学の他にも興味深い建物はたくさんあった。

e0160774_21154307.jpg

まずは音楽大学とその隣の学生会館の建物。

e0160774_21154454.jpg

王冠の形をした音楽大学! 「クラウン館」と名付けられている。ある人はミルククラウンみたいだと表現していた。

e0160774_21154416.jpg

それでも王冠の形だけではなく、ひさしの形や花のガクを思わせる造形など、興味深い部分がたくさん。弧を描く窓も格子状になっていて私の好み。裏に回ると円形の冷却塔。兄弟みたいだ。

e0160774_21154472.jpg


その隣の学生会館も王冠に負けず劣らず不思議な造形だ。上に行くほど細くなるように見えながらも、そう見えるのは角の突起によるもののようだ。屋上にメッシュを思わせる装飾があったり、全体的に彫刻的な雰囲気を感じさせる。

e0160774_21154437.jpg


正門から向かって左側に少し上がると出てくる建物も不思議な形。

e0160774_21182541.jpg
e0160774_21182527.jpg
e0160774_21182549.jpg

国際教育院というから、語学堂なんかがあるんだろうか。
ここで韓国語を勉強してもよかったかな?w


あと、不思議だったのがネオルネサンス館と名付けられた建物。
何がネオルネサンスなのかはよく分からない。

e0160774_21154564.jpg

で、正面から見るとあんまり特徴を感じないけれど、
裏に回ってみると、グラウンドの観客席(?)との調和がなんか寂れた東欧の町を思わせる感じ。(行ったこととはないケドw)

e0160774_21154579.jpg
e0160774_21154572.jpg

ついでに焼却炉の煙突らしいのが立っていて、それもいい感じ。

e0160774_21230754.jpg


それにしても、この大学、登山道のような散策路があって、とても気持ちがよい。
桜の木が多いようだったので、もう少し早く来ていればすばらしい眺めだっただろう。
来年また来よう。

[PR]
by matchino | 2018-05-02 21:24 | 建築 | Comments(0)