カテゴリ:旅行( 18 )

金海空港から大邱美術館へ行く!

大邱に取材に行く用事ができたので、大邱美術館での草間彌生展を見てきた。
でも、大邱から金海空港に人を送らないといけなかったので、金海空港からまた大邱まで行こうか行くまいかと迷った。が、どうせここまで来たんだから、と半分意地になって行くことにした。

さて、金海空港から大邱美術館までの道のりは事前に調べておいた。
まず、高速バスで東大邱駅に行き、地下鉄で大公園駅へ。
そこからは美術館の無料シャトルバスが運行している。
今回は金海空港から大邱美術館までの道のりを紹介しよう。


金海空港 → 東大邱駅


まずは金海空港の到着ロビー(1階)で高速バスのチケットを買う。
外に向かって右の方、3番ゲートの辺りに東大邱までのバスのチケットカウンターがある。
愛想の悪いお姉ちゃんに「トンテグカジヨ(東大邱まで)」というと、むすっとしながらチケットをくれる。(- -;)
8000ウォン。時間を聞くと、1時間20分ほどで到着するという。
カウンターの横にはXバナーが立っていて、出発時刻が書いてある。
建物を出るとバス乗り場がずらっと並んでいる。東大邱行きのバスの停留所はやはり外に向かって一番右の端の1番乗車場。
指定席だけれど、人が少ない場合はチケットの確認してから他の席に移ってもとがめられることはない。

最初は少し道が混んだりもしていたが、やがて快適に走り出した。
窓の外には洛東河が流れ、晴れた空の下、山の風景が美しい。
e0160774_13282795.jpg

ふとFBを確認すると大邱ツアー友達のひゃんりさんも大分市立美術館での草間彌生展を見ているところだという。不思議ー。

さて、少し渋滞したせいか、1時間30分ほどで東大邱に到着した。
東大邱駅の前に到着するのかと思ったら、小さな駐車場に入った。ここから駅まで探して歩かなければならないと思うと少し心配になったが、Daumの地図アプリで確認すると、歩いてすぐの所に駅があることが分かった。
e0160774_1329144.jpg
左の駐車場に到着。ここから右の方へ行くと、右の角にバスターミナル、その向かいに地下鉄東大邱駅がある。

バスを降りたところの近くにバスターミナルがあり、その道の向かいに公園があって、地下鉄東大邱駅の目印であるガラスのピラミッドがある。
そこから公園内を右の方へ歩いていくと、KTXの東大邱駅が現れる。
e0160774_13293259.jpg
左に東大邱駅のピラミッドが見える。この脇を過ぎて右の方へ行くと、KTXの東大邱駅がある。

とりあえず帰りのチケットを予約して、スーツケースをコインロッカーに預けた。中型ので2000ウォン。指紋認識によってロックするもので、ちゃんと保管できるか心配だったけれど、なんとか保管に成功。


東大邱 → 地下鉄2号線「大公園」駅


さて、身が軽くなったら再び地下鉄の駅に向かう。さっきのガラスのピラミッドの下が地下鉄の駅に下りるエスカレーターだ。
東大邱駅は1号線で、美術館のシャトルバスが出ている大公園駅に行くには半月堂駅で乗り換えが必要だ。大邱の地下鉄は1、2号線しかないので、まあ、地下鉄の乗る方向さえ間違えなければ問題なく到着するだろう。乗り換える線も一つなので迷う心配もない。
大邱市の地下鉄は一律1200ウォン。自動券売機で大人何枚と選択してお金を入れると、丸いプラスチックの「トークン」というチケットが出てくる。
改札を入る時はトークンをセンサーに当て、出る時は改札の機械の穴に投入して回収する。


地下鉄「大公園」駅 → 大邱美術館


さあ、いよいよ大公園駅に到着。ここからは美術館の無料シャトルバスがある。美術館のサイトには大公園駅の2番出口だとインフォメーションがあったが、駅の中にあるシャトルバスの案内板は5番出口を指しており、5番出口前に停留所があった。
e0160774_13312644.jpg
緑の表示が大公園駅5番出口。左の方のこげ茶色の標識がシャトルバスの停留所。

やがて「草間バス(草間彌生の写真がでかでかとプリントされているので、私が勝手にそう呼んでいる)」がやって来た。
バスに乗って待っていると、時間ぴったりに出発した。前回乗った時はもう少し時間がかかったように感じたが、実際に測ってみると、20分もしないで到着した。

KTXの時間があるので、帰りのシャトルバスの時間をチェックしておく。
でも、実際は帰りに出てくると草間バスじゃないバスが停まっていて、早めに出発した。週末で人が多かったので、隣の結婚式場のバスも手伝って増発したのかもしれない。

というわけで、東大邱駅からは1時間弱で無事到着した。
待望の草間彌生展は次回に。乞うご期待!
by matchino | 2013-10-26 13:43 | 旅行 | Comments(2)

韓国の「おさつスナック」

カルビーの「おさつスナック」。
韓国でもカルビーのブランドで出ている。
その名も「おさつスナック」。
って、一緒じゃん!
ハングルで「おさつ」ってでっかく書いてあるのだ。
それはいいとして、そのおさつスナックのパッケージを久しぶりに見て、びっくりした。
閉じてあるところが、横だ!
e0160774_1534316.jpg

つまり袋の四辺の短辺側を閉じるのではなく、長辺側を閉じているわけだ。
ほほお、なかなか考えたな!と思った。
スナック菓子の袋を開けるとき、私がいた頃の日本では袋を閉じてある所の両側をつまんで引っ張って開けていた。今はどうしてるのか知らんけど。
でも、韓国では閉じているところを縦に裂いて開けることが多い。上のようなやり方ではなかなか開かないのだ。
でも、この開け方の問題は、開けた口がへろへろして中のスナックがぼろぼろと落ちてしまいやすいこと。開けたその場所にそのまま置いて食べないと不便でしょうがない。
そこで考えたんだろう。閉じ方を変えればいいのだ!
私はものすごく感心したんだけど、本当のところの理由はなんだろう?合ってんのかな?
by matchino | 2011-11-19 15:36 | 旅行 | Comments(2)

ロッテワールドで

久しぶりに子どもたちを連れてロッテワールドに行ってきた。
まあ、いつも変わらないロッテワールドなんだけど、子どもたちも変わらずに喜ぶから不思議ーな感じがする。
そろそろ疲れたから帰るか…と思っていたとき、娘が「『ファラオの怒り』に乗りたい」と言い出した。エジプトの探検隊をモチーフにした乗り物だけれど、私も一度も乗ったことがなかったので、1時間待って乗ることにした。
40分くらい外で並んでから、やっと中に入った。…と思ったら、待つための長ーい廊下があった。展示物も多く、よくつくられているので、「ここで待ったら面白かったんじゃん!」という空間。
そして、乗り物に乗ってみると、期待はずれ。10年前につくられた他のアトラクションとほとんど変わらない。ストーリー性もなく、メリハリもなく、疲れた中で1時間並んだのはなんだったんだという感じ。
それはまあ、いいとして、おそらく待ち時間までも楽しませるためにつくられたはずの空間がなぜ活用されていないのだろうかと不思議だった。
で、妻に話すと「そこで待たせると落書きだらけになるからだろう」とのこと。
確かに、思い出してみると、人が待つ空間は、隙間もないほど落書きに覆われていた。妻の言うように、あの待つための空間で人を待たせたら、雰囲気をぶちこわす落書きでいっぱいになってしまうだろうなあ。せっかくのよくつくられたあの空間をさっさと通過させることにしたロッテワールド側の考えは、落書き対策のための苦肉の策だったのだ。
何が問題なんだろうか。モラルの問題はもちろんあるだろう。しかし、この空間を美しく思える心があれば、落書きする気持ちにはなれないんじゃないだろうか。それから、これをつくった人の気持ちになったらこんなことはできないだろう。
どうせだったら中高生の課外授業で、ロッテワールドの落書き消しとかさせたらどうだろう。たいへんなことが分かったら、落書きなんかしなくなると思うんだけど。
by matchino | 2011-07-13 22:37 | 旅行 | Comments(0)

春川のタッカルビ

皆さん、あけましておめでとうございます!
今年も韓国アート散歩をよろしくお願いします。
e0160774_2053559.jpg


元旦は、最近開通した春川までの電鉄に乗って春川に行ってきた。
行くところのないおじいちゃんおばあちゃんで満員の電車に揺られて1時間。春川駅に到着した。
で、何にもないところだった! 予想はしていたんだけど。
それで、近くの観光地を探してみると、昭陽江(ソヤンガン)のダムがあるという。昭陽江ダム行のバスを待っていたが、バスも満員で乗れなかった。
タクシーを捕まえて、とりあえずダムに向かうが、「見るべきものはないですよ」という運転手の言葉に、途中の食堂で降ろしてもらった。
春川といえば、タッカルビ。タクシーの運転手が紹介してくれた、麦飯石で焼くタッカルビの店に入った。
炭火の上に網を敷き、その上に麦飯石を敷いてタッカルビを焼く。
e0160774_20514567.jpg

味の違いは分からないけれど、雰囲気はいい。網を替えなくてもいいから店の人にとってもいいのかも。
見るものも何にもなかったけれど、おいしかったからいいか。
で、帰りは違う道を通って、昭陽江の脇を通る。夕日に染まる「昭陽江処女」の銅像を見て、ちょっと来た甲斐があったかな、と。
by matchino | 2011-01-03 20:55 | 旅行 | Comments(0)

ブラジルが近くなってきた

今年の10月、日本に社員旅行に行ったとき、「来年はどこに行きたいか」なんて話になった。その時、真っ先に私が言った。「ブラジル!!」
半分冗談だったのだけれど、だんだんブラジルが近づいてきた気がする。
先月は我が社の専務が、商工会の斡旋でブラジルに市場開拓に行ってきた。
そして、数日前、同僚の友達がブラジルに行ってきたといっておみやげにくれたというチョコレートをもらった。
e0160774_20134025.jpg


というわけで、来年は行くぞ、ブラジル!
by matchino | 2010-12-30 20:14 | 旅行 | Comments(0)

モスクワの南方にあるマチノ

職場でのブラウザをChromeからChrome Plusに替えてみた。
ついでに何となく、Googleで「matchino」と検索してみた。
すると、このブログと他のブログへの書き込み内容の他に、地図が検索された。
自分の名前でメールが送られてくるような新手のスパムかと思ったが、アクセスしてみると、見知らぬ地のどこかにある「マチノ」という村だった。「Малино」と書いてあるけれど、親切にカタカナ表記までしてある。
地図を縮小してみると、モスクワから南に50kmほど離れたところにある小さな村だった。周りは畑なんだろうか。池が二つある。
ここに住む人たちはどんな生活をしているんだろう。行ってみたい気がするけれど、行く機会があるだろうか。
by matchino | 2010-11-09 22:40 | 旅行 | Comments(0)

大阪建築巡り1

先週行ってきた大阪・京都旅行。記録係を任命されて870枚の写真を撮ってきた。
そのおかげで、3日目の自由時間には思う存分、そのカメラを持って写真を撮りまくってきた。
大阪の名建築を前もって調べていったが、調べておいた建築物はほとんど回り、足首と手首が痛くなるくらい回りまくって、撮りまくった。
で、その中の一部を紹介しよう。

まず、大同生命大阪本社ビル。
e0160774_19445083.jpg

ここは調べていかなかったけれど偶然出会った建築。ヴォーリズが設計。ゴシック建築のヴォールトを半分に切ったように見える。

次に、すぐ隣の三井住友銀行大阪本店。
e0160774_19404970.jpg

イオニア式の柱が美しい。写真を撮っていると、警備員の方が3つの門があるということを教えてくれた。建築を取りに来る人たちの代表的スポットなんだろう。

次は、大阪倶楽部。
e0160774_19415160.jpg

e0160774_19421512.jpg

細部まで美しい意匠が施され、トーテムポールの形などはずっと見ていたくなるような衝動に駆られる。ここも何人か、写真を撮りに来ていた。
by matchino | 2010-10-16 19:45 | 旅行 | Comments(2)

大阪旅行! となったら建築巡りだ!

明日から社員旅行で3日間、大阪、京都に行くことになった。
初日は大阪、新世界に行って、怖いところを見て来るという。怖いところっていうのがなかなか想像が付かないが、無事に帰ってこられることを祈る。
二日目は京都で古都を堪能。
三日目は自由、ということで、私は大阪の建築巡りを予定している。
こういうサイトとかこういうサイトを頼りにしながら歩いてみようと思う。
by matchino | 2010-10-08 21:39 | 旅行 | Comments(2)

心をくすぐる巨大建築

去年の12月以来、久しぶりに帰国。っていっても故郷には帰れず、出張で東京へ。
ビッグサイトの展示に取引先の人たちを案内しに来た。
でも、明日には帰ってしまうとんぼがえりなーのだー。
で、初めてゆりかもめってやつに乗った。
東京って、やっぱりいいなあ。なにがいいって、心をくすぐる巨大建築がたくさんある。
釜山の大きな橋を渡ったときにも、こういう感動はなかったし。

ところで、今回、思ったこと。
1番目、日本人って、やっぱり南方系の色が濃いなあ、と。
2番目、日本には巴があり、韓国には太極がある。互いに似てるけど、日本ではあんまり太極は使わないし、韓国では巴は使わない。不思議だ。
by matchino | 2010-09-16 23:28 | 旅行 | Comments(0)

ソウルで日本のカラオケが恋しくなったら…

知り合いから久しぶりに電話が来て、新村にある日本のカラオケに行こうという。
韓国のノレバンにも日本の歌はたくさんあるので、それほど期待はしていなかったが、行ってみると、なんと、日本の通信カラオケの本があるではないか!
この本の厚さ、アーティスト名での検索、韓国のノレバンにはないのだ。
こんな歌まで入っているのか!という驚き。
the Stone Rosesが何でこんなにも多いんだろう?歌う人が多いのかなあ?それで、『I am the Resurrection』を歌う。後から調べてみると、シングルがこんなに多かったんだ。
e0160774_21573027.jpg

誰かが『トランジスタラジオ』を歌った。そうだ、RCを歌わねば!『わかってもらえるさ』もある!『いいことばかりはありゃしない』もある!
金ほしさのためだけで働くのも何なので、『わかってもらえるさ』を歌う。
そして、最後はやはり『雨上がりの夜空に』!
というわけで、ソウルに来て日本のカラオケが恋しくなったら、新村のブルーノレバンに行くべし。
e0160774_21582999.jpg

by matchino | 2010-05-22 22:00 | 旅行 | Comments(2)