カテゴリ:建築( 18 )

講演「北韓の都市と建築」に驚愕!

北朝鮮の建築ってどんなんだろう。
数年前にベネチアビエンナーレ建築展の帰国展示で見たことがあるが、北における建築の流れについては考えたこともなかった。
そんな中で、「北韓の都市と建築」についての講演があるということで、さっそく参加してきた。

講義の開始時間には間に合わず、今回聴いたのは第2講「社会主義建築と金正恩の建築、その間」。
講演を担当するのは、なんと脱北者。「前・朝鮮労働党財政経理部39号室大成総局」という肩書きだった。朝鮮労働党の出身者ということで、北関係のニュースに出てくるような人を想像したが、30歳前後の韓国の普通の会社員を思わせる若い雰囲気で驚いた。会場からも驚きの声が上がっていた。

講義は北朝鮮の代表的な建築物の写真を見せながら説明を加える形で進められたのだが、印象に残った内容を書くと

・北の建築は100年後を考えて計画される。
・多くの建築物の名称に「人民」という言葉が入るが、人民のことを考えて建てたものはなく、最高指導者の気に入るものしか建てられない。

そして、彼が終始主張していたのは、「南の建築家たちは、統一されたら北でどんな建築を建てようかと思っているかもしれないが、北の人たちが望む建築を設計してほしい」ということだった。
彼の話によると、北の建築は、北の人民がその建物の形を見たらすぐに何の建物か分かる形をしているのだという。
たとえば、アイスリンクは毛糸の帽子の形だったり、学校は両手を広げて子供たちを迎える人の形だったり、科学館は原子の形をしていたり。
それに比べて南の建築は何の建物か分からないというのだ。南が北に建てた競技場もあるけれど、「美しくないので不評」なんだという。

後で質疑応答の時間に、建築家のファン・ドゥジン氏が、南でもかつてそのような試みがなされたことを説明し、それがあまりにも短絡的すぎると指摘した。それでも、ファン建築家は、それを北の民の率直な意見として受け止める必要についても強調していた。

講義を聞いていて思ったのは、南の人と北の人では建築に対する考え方がまったく違うということだった。
そして、それ以上に強烈に印象に残ったのは、その北出身の人の主張の強さ。「今のような南側のアプローチは間違っていますよ」といわんばかりだ。「最後に一言」といわれて「議論ばかりしている時ではありません。行動を起こすことが大事です」と訴え出す始末。そして、話をする目的意識がはっきりしているのを感じられる。頭もよさそうだし、訓練されているようにも感じる。これにはほんとうに驚いた。

このように主張が強いのは、彼自身の性格なのか、北の人たちがみんなそうなのか、いろんな修羅場を経験してきて切迫感を持っているのか、それは私には分からない。
それでも確かなことは、統一に向けての歯車が動き出した今、このような人々が隣人となることを想定して準備をしなければならないということだ。

うーむ、単なる建築に対する関心から来たのに、こんなに考えるようになるとは思ってもいなかった。
このような場を持とうと考え、実現した関係者の方々に敬意を表したい。

これから12月まで6回にわたって講演が行われるという。また行かねば。

by matchino | 2018-07-25 22:48 | 建築 | Comments(0)

キリンクリムの「韓国現代建築の今日」

e0160774_22070749.jpg

「現代建築の断面」という韓国・国立現代美術館のプログラムがあるらしい。そこで映像制作社「キリンクリム」の「韓国現代建築の今日」という映像が上映されるということでさっそく娘を連れて行ってきた。

「キリンクリム」は、チョン・ダウンさん、キム・ジョンシンさん夫婦の建築映像制作ユニットで、私は彼らが撮った伊丹潤の建築映像に感動して憶えていた。

伊丹潤の映像のトレーラーがYouTubeに公開されていた。


その後、このブログでも何度か紹介したランスキー先生こと金蘭基氏のイベントで偶然にも「キリンクリム」のキム・ジョンシンさんに出会い、その後も何度かお会いしている。
時には私が主催している街歩きイベント「マチノアルキ」の出発の場所にたまたま居合わせて、一緒に歩いたこともあったりと、不思議な縁を感じさせる。

さて、今回上映する映像は、韓国の今を代表する8人の建築家の作品を一つひとつ選んで、建築家自身によるコンセプトの紹介と、評論家による解説がなされる中で、建築の美しい映像が流れるもの。
建築自体の美しさもさることながら、それを切り取る映像が、言葉を失うほどに美しい。一つひとつの建築をぜひ訪問してみたい。

映像の一部がYouTubeにあった。

映像を見終わった後は、「キリンクリム」の二人と建築家たちのトークの時間。
実は一番前の席には、この映像に出てきた建築家と評論家たちが勢ぞろいしていたのだ。私も何度かお会いした劉成龍教授が来ているのは分かったけれど、まさかこの建築家たちがほとんど参加しているとは思ってもみなかったので驚いた。

e0160774_22070195.jpg

トークの最初にチョン・ダウンさんは「勇気の問題だった」と語った。これだけの建築家の映像を撮ることに対して「応じてくれるだろうか」という心配はあったけれど、勇気を持ってお願いしてみると応じてくれたというのだ。もちろん、実力と実績があったから可能だったことは確かだが、「勇気」という言葉にとても感銘を受けた。
チョン監督には2回お会いしたことがあるが、いつも彼女の情熱に感心する。そして建築に対する愛情を感じるひと時だった。
「建築家の方たちが愛情を込めて建てたこの建築をいかに撮るか」という話をしていたが、建築家の愛情と映像作家の愛情が一つになって生まれた作品だと思う。
また、今回の映像を観て、チョン監督の「建築が空間と時間の芸術であるため、それを表現するのには写真より映像がふさわしい」という言葉に強く共感した。私は今までは建築を写真でしか撮ったことがないけれど、今度は動画で撮ってみよう。

現在、キリンクリムは伊丹潤のドキュメンタリーをより長編の作品にする作業をしているという。どこで上映されるようになるかはまだ分からないけれど、より多くの人たちの目に触れるようになればいいと思う。

by matchino | 2016-12-08 22:20 | 建築 | Comments(0)

ZIENアートスペースで陶器作りに挑戦!

e0160774_09100835.jpg

前々から行ってみたかったところがある。去年のはじめ、ナム・ジュン・パイク・アートセンターに行ってきた直後に知ったところで、アートセンターの目の前にあったということで、その時に行かなかったことを後悔していたところだ。
どこかというと、ZIENアートスペースというところで、陶磁器の展示や販売をしており、一般の人が利用できる工房もあるところだ。
なんといっても、このブログで何回か紹介している建築家・趙成龍氏が設計したということで、機会があればぜひ行きたいと思っていたのだ。
前回、ルースチャペルの時に紹介したク・ボンジュン記者も絶賛していたし。
場所は京畿道龍仁市。エバーランドがあることで知られているが、同じ京畿道とはいえ、バスで1時間半ほどかかるため、子供を連れて行かないと家族のひんしゅくを買ってしまう。
でも、子供を対象にした陶器作りの体験も行っているので、それを口実に連れて行くつもりだった。
調べてみたら、未年にちなんで未年の人には50%割引という羊作りのイベントがあった。ちょうどうちの次女が未年なので、長女と次女を連れて行ってきた。
e0160774_09071273.jpg
さて、Daumの地図アプリで調べてみると、バスで1時間半、地下鉄で2時間強ということで、バスで行ってみたが、バスの停留所に着いてから目的地までの道はそうとうひどい。人が歩くような道ではなかった。
韓国の地方に行くときにはやはり自家用車で行かないとそうとう苦労する。海外からの個人旅行者は苦労するかもしれない。
それでも行く価値はあるので、行ってみたいという人は、最後にそれでも行きやすい方法を書いておいたので参照してほしい。

今まで何度かZIENアートスペースについて調べて写真を見ていたが、思ったよりも規模が小さかった。私の知り合いも同じ感想を持ったようだ。
e0160774_09071338.jpg
丘を登る道路の右側に、くぼんだ敷地がつくられており、そこに4棟の建物が建っている。
e0160774_09071312.jpg
一つの建物に入るのに、階によって入り口の方向が違っているため、全体の構造が把握しにくいのが面白い。敷地に入る入り口もいくつもあって、全体が公園のような印象を受ける。
e0160774_09071387.jpg
すぐ前には道路があるにもかかわらず、くぼ地になっているのと周りに木が植えてあることで、山の中の公園に来たような感覚だ。
e0160774_09071395.jpg
e0160774_09071373.jpg
e0160774_09071357.jpg
e0160774_09071232.jpg
e0160774_09071269.jpg
ところどころに陶器で作った人形や家が置かれ、ベンチも置いてあるので、暖かい時に来たらけっこうくつろげる空間になるのではないだろうか。
e0160774_09071250.jpg
工房に行ってみると、すでに数組の家族が羊を作っていた。3時の体験時間に合わせて来たが、3時は人が予約した人が多いということで、5時に予約した。
近くのロッテマートなどで時間をつぶしてから(本当はナム・ジュン・パイク・アートセンターに入りたかったのだが、子供たちが「お腹すいた」とうるさいので断念。ちゃんと飯食って来いよ!)5時に再訪。

さて、羊を作るのかと思ったら、ろくろを使ってつくるものだったら何でもいいという。それで、長女は皿を、次女はコップを作ることにした。
完成予想図をスケッチしたら、いよいよろくろの前に座る。
e0160774_09100799.jpg
e0160774_09100756.jpg
スタッフが手伝ってくれて、というかほとんどやってくれて、子供たちはそのサブでやってる感じだ。
もっとも口で教えてもらったって作品はできっこないのだからそうするしかないのだけれど、スタッフがうまーく誘導してくれるので、自分の手でしっかりと土を触りながらもちゃんとした形ができていく。さすがだー。
e0160774_09100720.jpg
形ができたら鉛筆で絵を彫ったり、はんこを押したりして飾りをつける。「どうしようかなー」とか悩んでいたのでそれほど模様はつけられなかった。

一つ作品ができたら「自由時間」ということで、今度は一人でろくろを回した。
e0160774_09100755.jpg
長女はなかなかうまい。なんとか器の形を作り出した。形がいびつなのもいい味出してるなーと。
e0160774_09100790.jpg
次女は難しかったらしく、ほとんど形にならずに終わってしまった。
スタッフに訊いてみると、ろくろに土を置いて中心をつかむだけでも1ヶ月くらいの練習が必要なんだとか。

さて、1時間ほどで終わったろくろ体験の感想は?
二人とも「面白かった!」と大満足。特に長女は私が絶賛したこともあったのか「陶芸の勉強をしようかな…」と。高い費用を払って体験させた甲斐があった。

外に出るとすっかり暗くなっていた。夜になるとまた違った雰囲気を見せている。
e0160774_09143572.jpg
ベンチの真ん中には焚き火を始めていた。アルバイトの学生たちが火の番をしているだけで、あとは私たちくらいしかいなかった。
e0160774_09100707.jpg
焚き火を始めて間もないため炭が少なく、それほど暖かくなかったが、いい雰囲気を出している。
もう少し暖かくなったら夜までくつろげるいい場所だと思う。

来た時はバスのために苦労したので、帰りは地下鉄で行くことにした。
ZIENから歩いて器興(キフン)駅までは20分くらい。地下鉄盆唐線で1時間ほどで往十里駅まで行けるので、時間はかかってもこちらのほうが便利だろう。

지도 크게 보기
2015.1.15 | 地図を拡大 © NAVER Corp.

by matchino | 2015-01-17 09:29 | 建築 | Comments(0)

金蘭基氏の講演「近代の路地風景 〜 路地は都市の毛細血管である」

最近Facebookの友達になった「韓国古建築散歩」のりうめいさんが紹介してくださった金蘭基(キム・ランギ)氏の講義があるということでさっそく申し込んだ。
まず、金蘭基氏について紹介すると、路地の文化を研究し、路地の保存を訴えている方だ。といっても今回の講演を聴くまではどんな方なのかもよく知らなかった。

講演の方は、「デザイン評論家、チェ・ボムと行く文化探訪」のパート3「近代漫談」とシリーズの中での「近代の路地風景 〜 路地は都市の毛細血管である」という題名で行われた。

講演が行われたのは旧ソウル駅舎の2階で、この建物は今は「文化駅ソウル284」という名前で美術館として使われている。
e0160774_224709.jpg


時間になる前に、金氏が話を始めた。
まず、「皆さんの意見を聞きたい」といって、この建物をどうしたらいいと思うかと訊く。この建物は日本人によって建てられたものとして、取り壊そうという意見もある中、文化的スペースとして使おうということで美術館になっているが、金氏の意見は思ってもみない使い方だった。
列車の駅として、再び使おうというのだ。もちろん、乗客数などを考えると不便ではあるが、その不便さも克服できるくらいの余裕が欲しいということだった。
また、趣のある建築を駅舎として使うことによって、現在ソウル駅の中にあるロッテマートのような商業施設は出て行かざるを得なくなるのではないかということだった。
現実味のない発想だといってしまうとそうかもしれないが、考え方の方向性ははっきりしているし、この後の話を聞いていても非常に一貫性があっていい。
e0160774_22481099.jpg


さて、乗っけから少し過激な発言で始まったこの日の講演は、デザイン評論家のチェ・ボム氏が仕切り直して始まった。
まず、第1部は金氏の路地踏査に関する話で、第2部はチェ氏との対談という順序で進められた。

正直なところ、第1部では昔の姿をそのまま残そうという、そういう考え方なのかと思った。確かに昔の姿が残っている路地は残したいと思うが、既に変わってしまった街の、昔の姿がどうだったかということを研究したからといって何の意味があるのかという疑問がある。
しかし、第2部の対談は路地に対する金氏の考えがよく分かり、とても共感できた。
チェ氏が投げかける金氏に対する質問と、それに対する回答と、またそれに対するコメントの一つひとつが共感できる内容だった。
e0160774_22474452.jpg


金氏の主張は次のようなものだ。
道には二つあって、道路と路地がある。道路は前へ前へと進んで行くことを強要される道だ。現代社会は道路のような社会だといえる。前へ前へと進む競争社会で、立ち止まったら後ろからクラクションを鳴らされる、止まることが許されない社会だ。
それに対し、路地はそこにとどまる道だ。そこで遊ぶこともでき、休むこともでき、近所の人たちとの交流が行われるところだ。
人は家を含めた路地で生活し、路地の外の社会に出て、また路地へと帰ってくる。

最近、路地がなくなってしまっているが、既になくなってしまった所は仕方がないとしても、今ある路地を保存しようというのが金氏の主張だ。そして、失われたコミュニティーの機能を回復しようというのだ。

しかし、それに対する反論もあった。
昔の路地というと、汚い、不便だ、犯罪の巣窟だ、といったイメージがあり、実際にそういう例があることは確かだ。
それに対して金氏が代案として出すのが日本の路地の姿だ。
韓国の路地を「コルモク」というが、金氏は「日本ではコルモクのことを『路地』といいます。その他にも『〜坂』といういい方もあります」と話しながら、日本の路地を見てきたときのことを話した。
日本の路地はとてもきれいで、住民が掃除をしながらお互いに助け合って、その路地を住みやすく、美しく保っている姿を見たというのだ。
だから、韓国の路地の良さをそのまま残しながら、より住みやすい姿をつくっていく必要があるのではないかということだった。

また、路地に対する批判としてこのような意見も出た。
特に急な坂が多い路地は老人にとって不便で、大きな事故につながりかねないというのだ。
しかし、金氏は「それはそれでいいのではないか」というのだ。
昔はどこでも不便だったのだし、路地を残すことによる利点を考えると、それは重要なことではないというのだ。
安全とか便利ということは至上のことであるかのように語られて、それに反対する人は悪者のように思われるような現代社会の中で、より本質を見極めている方なのだと思う。話を聞いていてとても気持ちがよかった。

建築家だった金氏は、コルビジェやミースなど、西洋の建築家を信奉しながら一生懸命勉強していたが、それとは打って変わって、「建築」ではなく、「道」の方に関心が傾き始めた。チェ氏の言葉を借りれば、「ポジ」の部分から「ネガ」の部分に関心が行くようになったのだという。
私も今まで路地を歩いてきたけれど、金氏がどんな視点で路地を見るのかが気になる。
講演の中で金氏は「路地のよさは実際に歩いてみないと分からない」と語った。
それで、今週の末に金氏が主催する街歩きイベント「一緒に歩こう! 燃える漢陽都城」に参加することにした。
天気予報は雨。どんな街歩きになるのか楽しみだ…。
by matchino | 2013-11-05 22:51 | 建築 | Comments(0)

ウォーカーヒルのヒルトップバー

もう先月の話だが、ソウルのウォーカーヒル・ホテルに花見に行ってきた。まだ一度も泊まったことはないけれど、昔はよく遊びに行っていたホテルで、久しぶりの訪問だ。
峨嵯山を縫うように道が作られており、その道に沿ってホテルの建物がある。桜の咲く時期には屋台が立ったりして、宿泊客だけでなく市民も訪れる花見の名所でもある。家族全員で桜を眺めながら山道を巡り歩いた。

で、私にはもう一つの目的があった。「娘と旅立つ建築旅行」の本で紹介されていた、「ヒル・トップ・バー」を見に行くのだ。ダウムの地図ではどこにあるのかはよく分からなかったが、道をたどっていくとあるらしいことが分かった。

Wホテルを過ぎ、本館を過ぎて、さらに登っていくと、韓国動乱の時に韓国を救ったマッカーサー将軍の名をとった「ダグラスハウス」がある。前に見た時は青かったような気がするんだけど、紫に塗り替えられていた。東南アジアに来たような感覚で楽しい。
e0160774_1333982.jpg

後で、ウォーカーヒルが50周年を迎えて、建設当時の写真展などの行事が行われていたということを知った。そのために塗り替えたのかもしれない。

そしてさらに進んでいくと、あったあった!小さな山の上に逆三角形の「ヒル・トップ・バー」が乗っかっている。その下ではワインとビールのバイキングイベントが行われていて、それに後ろ髪を引かれながらさらに坂道を登る。

登りながら子供たちにクイズを出した。「この建物は何を型どったものでしょうか?」。「山!」とか「木」とかいろんな答えがどんどん出てきたが、そのうちに次女がいいことを言い出した。
「ウォーカー!」
「お、なかなかするどい! そう、このホテルはウォーカーという韓国で戦死したアメリカの将軍の名前に因んで付けられました。それではウォーカーの何の形でしょうか?」
「帽子!」
「靴!」
…といろいろな答えが出てきたが、正解は出てこない。それでヒントは文字だというと、妻が「W」と当ててしまった。

という訳で長々と引っ張ってしまったが、Wの字を形どった逆三角形の建物なのだ。タスキをかけたような梁も2本入っていて、本当にWだ。
e0160774_13333374.jpg

設計は、先ほどのダグラスハウスと同じく、韓国を代表する建築家のキム・スグン氏。建設当時、逆三角形の建物を建てた例はなく、斜めの木枠をつくってそこにコンクリートを打ち込んで作ったというが、出来上がってから木枠を外す時、工事夫たちは崩れるのではないかと怖がって作業ができなかった。それで、キム・スグン氏自ら中に入って木枠の撤去作業をさせた。壁は崩れることなく、無事に韓国初の逆三角形の建物が完成した。
e0160774_13335115.jpg

当時はジャズバーだったが、今はピザ・ヒルという名前のビザハウスになっている。この日もたくさんの人が詰めかけて予約待ちが何人もいる状態だった。それでその脇で売っていたアイスクリームを食べた。500mlくらいのカップが1万3千ウォン。たけえ…。

山腹を周りながら、昔、妻と二人で訪ねた寺に行ってみた。永華寺という寺で、釈迦の誕生日に向けて提灯が準備されていた。
で、そこから最寄りの地下鉄の駅まで歩いて…、いやあ疲れた。7ヵ月の娘を抱いて半日歩き回るなんて、もうそれが無謀な歳になってしまった …。
by matchino | 2013-05-14 21:51 | 建築 | Comments(0)

再び訪ねる名建築「夢の床」

せっかく建築の本を買ったのに、土日に仕事があったりするわ、祭日は雨が降るわで、その建築をなかなか見に行けてない。
そんな中で、家族とオリニ大公園に行く機会ができた。
たまたまデジイチを持っていたので、この時とばかりに以前紹介した「夢の床」を見に行った。
娘に「ついてくるか」と訊いたらついてきた。
写真を撮りながら、娘にこの建築の持つ歴史について語ったら、珍しくよく聞いていた。
「娘と共に旅立つ建築旅行」の本の著者のようだと思った。
というわけで、今回撮った写真。
e0160774_2131503.jpg
e0160774_21312027.jpg
e0160774_21302611.jpg
e0160774_21422571.jpg
e0160774_2129382.jpg
e0160774_2132767.jpg

絵になるー。けど、写真の実力がないー。
by matchino | 2012-08-21 21:43 | 建築 | Comments(5)

忘れられた美しい空間「夢の床」その1

ソウルの「オリニ(子供)大公演」で、ついに見ることができた「夢の床」。
紹介したいことがいろいろあって忘れていたけれど、前回の続き。

e0160774_22105123.jpg

右の方に回っていくと中庭のような空間があった。
ベンチとテーブルが置かれているが、「廃墟」というイメージはぬぐえない。
家族連れでいっぱいの外側とは正反対に、二組の人たちがゆっくりと話をしていた。

e0160774_22112016.jpg

芝生は荒れ、向こうにある池の水も汚れている。

e0160774_22114350.jpg

中に入ってみても廃墟のような雰囲気ではあるが、建築自体の空間は美しい。
春の夕日が差し、レンガの色が暖かい。

e0160774_22121125.jpg

縦の線が並ぶ中に斜めに上る階段。
ストイックな直線が美しい。

e0160774_22123590.jpg

クラブハウスとして使われていたときは何の空間だったのだろうか。
細い鉄骨が空間を切り取る。

e0160774_22122332.jpg

階段を上りきったところにハングルの子音「ㅎ」が実る木が描かれていた。

e0160774_2213228.jpg

さびた鉄骨とコンクリートが美しい四角い空間を作り出している。
満開の木蓮の花がさらに美しく見える。

e0160774_2213729.jpg

何のための空間だったのだろうか。
中に入っているものがなくなったことで、構造がよく見えるが、
本来の使われ方をしているときはどのように見えていたのだろうか。

次回に続く。
by matchino | 2012-06-03 22:15 | 建築 | Comments(2)

Josep Maria Jujol

久しぶりにコエックスに行って、バンディ&ルニスという大型書店に寄った。
また展示会ブースのデザインを依頼されそうなので、店舗デザインの本をあさる。
その中で目に留まったのが、Josep Maria Jujolという建築家の写真集。ガウディの建築に似ていると思ったが、調べてみると、ガウディと一緒に仕事をした人らしい。独特な形と色彩感覚が素晴らしい。
天井がカメラの絞りのように重なって、その真ん中にイエス像があるなんて、こんな美しさ、あり得るのか!
やっぱり、スペインは一度は行くべきだなあ。
by matchino | 2011-07-12 20:59 | 建築 | Comments(0)

サントスピリト教会

日本出張の夜、一人で本屋に行った。
建築の雑誌を見ていると、ある建築物の写真に目が留まった。サントスピリト教会、イタリアにある教会だ。ブルネレスキの設計で、独特なファサードを持っている。
で、なぜこの建築が気になったかというと、大学の時、この教会を模して課題の建築模型をつくったからだ。
この課題に入る前に建築写真のスライドをたくさん見せられた。半分うたた寝しながら見ていたのだが、この建築のファサードだけが強烈に残った。
それで、このファサードを持つ建築物のスケッチを描いた。そのスケッチを見た、建築家で担当講師の板屋さんが「君は建築が好きなんだねえ」と言った。その言葉を今でも忘れない。もしかしたらその時に、自分は建築が好きだということを知ったのかもしれない。
でも、建築の美しさに気づかせてくれたこのサントスピリト教会に、その時以来、写真にも出会えなかった。その建築に再会できたのだ。
自分の好み、特に芸術に関しては、ほとんど大学生のころに完成しているのかもしれないと、ふと思った。
by matchino | 2011-04-28 20:53 | 建築 | Comments(1)

自由学園明日館

出張で時間ができたので、自由学園明日館を訪ねた。観覧時間を過ぎていたが、外からなら見えるのではと思い、とりあえず行ってみた。池袋から歩いてすぐの閑静な住宅街の中にあった。
e0160774_21141696.jpg

ここを訪ねたのは20年ぶりだ。前回の訪問は大学の授業で、画家である藪野健先生に連れられて行ったのだが、その時と比べて受ける雰囲気が全く違った。とても小ぢんまりした印象を受けた。
敷地内には入れなかったので惜しかったが、外からみているだけでもその美しさに感動する。さらに、庭に植えられた桜が満開で、なんともいえない素晴らしい光景だ。ライトは草原に建てる建築物をイメージして設計したということだったが、この建物と庭によってそのような雰囲気がすでにつくられていた。
e0160774_2115231.jpg

そこでしばらく見ていると、学生らしい一団がやってきた。カメラを持った外国人や、おじさん、おばさんの一団もやってきた。いつでもたくさんの人がやって来るスポットなのだろう。後で分かったのだが、学生たちは空間デザイン学校の入学式で来ていたらしい。こんないいところで入学式ができるなんてうらやましい。
この建物、一度は取り壊しの危機に追い込まれたこともあったが、保存されることとなり、国の重要文化財になっているという。日本の宝として残してくれた人々に感謝。
この次に来るときには、ぜひ中にも入ってみたいものだ。それがいつになるかは分からないが、また来たくなる場所となった。
by matchino | 2011-04-17 21:16 | 建築 | Comments(0)