カテゴリ:建築( 94 )

〈康津旅行〉切妻屋根の極楽宝殿が美しい無為寺

e0160774_22160211.jpg

康津旅行、街歩きの次に書きたいことといえば、無為寺。
寺誌によると、西暦617年に創建され、それから何度も寺の名前が変わった末に現在の「無為寺」になったのだという。
617年は新羅の眞平王39年と寺誌には書かれているというが、ここはその時代には百済の地。なぜ新羅の年号が書いてあっただろう?

さて、無為寺は「国宝13号がある」という情報だけで訪問した。
時間も限られている中、国宝13号を探してみた。

e0160774_22111677.jpg
一柱門、四天王門を通過して、普済閣の下をくぐる。

e0160774_22111650.jpg
e0160774_22111799.jpg

他の門は普通にくぐるけれど、普済閣の下は階段を登りながらくぐる形になっていて、ここを通り抜けながらだんだんと見えてくる正面の殿閣と、通り抜けた途端に開ける視野が、感動的な視覚的な装置となっている。

そうして目の前に現れたのは、相当古そうな極楽宝殿。

e0160774_22111721.jpg

韓国の多くの寺が丹青を何度も塗り直してきれいになっていたりするけれど、ここは丹青がはげるままにしてあり、古さをひときわ感じさせる。

e0160774_22160291.jpg
e0160774_22160363.jpg

ひと目でこれが国宝ではないかと感じさせたが、解説士に確認すると、これが国宝13号の極楽宝殿だということだった。
切妻屋根なので、以前訪ねた修徳寺と同じ高麗時代のものかと思ったら、朝鮮時代の世宗の時に建てられたものだという。
以前読んだ韓屋に関する本には、切妻屋根が最も古い屋根のタイプだとあったので、時代が関係するのだと思ったのだ。
でも、写真をFBに上げたところ、知り合いのおじいさんが「百済風の屋根」だというコメントをくださった。なるほど、百済なのか。時代的には朝鮮時代だけれど、もと百済の土地だったため、その伝統が残っていたのかもしれないな。

e0160774_22111725.jpg
中を簡単に見てから、極楽宝殿の脇に回ってみた。

e0160774_22111789.jpg

壁土の色なんだろうか、鮮やかな黄色!

e0160774_22142305.jpg
e0160774_22111838.jpg

そして、壁に露出している柱や栱包が美しい。八作屋根(入母屋)だったらあり得ない光景に、しばらく見とれた。

国宝のほかにも宝物があって、隣の展示館にあるということだったけれど、時間がなくて見られず。
後でこれを書いていて分かったのが、韓国で文化財に関する本といったらこれ、という本「私の文化遺産踏査記」で最初に紹介されたのが康津で、ここ無為寺も紹介されているらしい。ここの部分だけでも読んできたらよかったな。

e0160774_22111895.jpg

[PR]
by matchino | 2018-07-18 22:19 | 建築 | Comments(0)

〈康津旅行〉康津邑の市街を歩く

e0160774_16052384.jpg

康津、全羅南道で私が初めて足を踏み入れる場所となった。
ソウルからバスで5時間ほどかかる康津を訪ねるには物足りない1泊2日という日程で訪れたが、思いもよらない楽しく興味深い旅となった。
しばらく康津についての投稿をするが、書きたいところから書くのをご了承願いたい。

康津旅行でもっとも楽しかったのは駕牛島のトレッキングとクルージングだが、もっとも書きたくてうずうずしているのは、康津市内の街歩き。
田舎街ならではの風情と、なんといっても日本統治時代の痕跡が残っているのがとても興味深い。

康津の地理を簡単に説明すると、康津湾を中心に鋭角の山形を形成しており、湾の真ん中に駕牛島があるため、Aの字に似ているということで「Aへの招待」というキャッチフレーズがあったりする。
今回歩いた康津の市街はAのてっぺんあたりにある。

歩いたきっかけは、康津をすでに5回も訪れているという「韓国古建築散歩」のりうめいさん。彼女が私に「マチノさんにぜひ見せたいものがある」といって案内してくれたのだ。

その一番目は「天父教」の教会。プロテスタントから派生した一派だったが、今ではプロテスタントと断絶を宣言して完全な別の宗教となっているという。
この教会の特徴の一つが、十字架を掲げず、ハトの像を掲げていること。ソウル駅の近くにもこの教会の建物があるが、四角い塔の上に、月桂樹を思わせる輪とハトが乗っている。そしてそのスタイルがどこにいってもあるようで、浦項でも見たことがある。
それがここ、康津にもあるというのだ。

康津郡庁を少し東に行ったところから目印の四角いマスとハトが見えた。あれだ!

e0160774_16052391.jpg
ソウルとは違って、塔がすっかり蔦に覆われており、ハトがなければ天父教のものとは分からない。門は固く閉ざされており、使われていないような雰囲気だった。
e0160774_16052315.jpg

この教会自体、かっこいいから好きなんだが、蔦が絡まって廃墟となった感じもいい。

りうめいさんによると、まだまだ見るべきものはあるという。
その一つ、古い倉庫。

e0160774_16052386.jpg
キャノピーを支える部分が丸くなっていてオシャレだな。
いつ頃のものか気になる。

この並びにもう一つあったのが、この立派な鬼瓦の家。

e0160774_16052427.jpg
この後ろの方にある瓦屋根もこの家の続きだろう。けっこうな規模だ。
おそらく日本統治時代に建てられたこの家、どんな人が住んでいたんだろう。

鬼瓦の家の後ろは幹線道路。といっても一車線ずつしかない。
道の両側に商店が並んでいるが、その商店の屋根を見ていくと、統治時代に建てられたものと思わせるものがたくさん。

e0160774_16052446.jpg
というより、この並び、ほとんどが日本式の商店建築で、看板をつけて店の中を改装しただけだ。
多くの商店が平屋だけれど、ところどころにある二階建ての二階は当時の姿を残している。
二階はおそらく倉庫として使っているんだろうけれど、中がどうなっているのか見てみたいな。

e0160774_16052421.jpg

おそらくこの道が昔のメインストリートだったんだろう。ずっと続くこの通りは昔もほとんど変わりがないだろうなと思う。

もう一度、郡庁の方向へ。
先ほどの幹線道路と直角に交わって北に伸びる道の突き当たりには警察署。その隣が郡庁。
道の左側には郵便局。おそらく統治時代に置かれたこの三つの機関の場所は変わっていないだろう。
郵便局の向かいには、広い敷地に二階建の日本家屋っぽい家。ここは郡庁や警察署の幹部が住んでいた家かもしれない。

もしかしたら、この康津の市街は日本統治時代に区画整理されたのかも知れない。
幹線道路沿いが日本家屋が並んでいることからして、その可能性は高い。
山を背景にした郡庁、警察署を中心に格子状の街が造られたわけだ。
そうすると、山の中腹に神社があったかもしれない。郡庁の後ろかなと思って調べてみた。
なかなか出てこなかったが、あるブログに康津農高(全南生命科学高校)の辺りに神社があったということで、その跡を探しにいったが見つからなかった、という内容を見つけた。キム・ジョンレ作家の小説「アリラン」にその記述があるという。
もう少し調べてみると、キム・ジョンレ作家の作品ではあるけれど、小説「漢江」にある記述だということが分かった。両方とも有名な作品だから間違えたのだろうか。

とにかく、神社は郡庁の後ろではなく、郡庁から東に行った、中心街のはずれにあったのだろうということが分かった。

e0160774_16074988.jpg
でも、後から得た情報によると、郡庁の後ろには「忠魂塔」があったとのこと。やはり私の予想は間違っていなかったのだ!
忠魂塔が何なのかよく分からないけど。
と考えると神社についてもよく知らないな。勉強してみよう。

当時の街がどのような様子だったのか、もう少し歩いて探ってみたいな。遠いからなかなか行けないけれど、機会が来ることを願いたい。


[PR]
by matchino | 2018-07-15 16:14 | 建築 | Comments(0)

扶余のある給水塔

目の端に黒い影が見えた。

なにっ、この高さと大きさ、もしや給水塔!

e0160774_22165691.jpg

街路樹の後ろに隠れた影を確認すると、やはり給水塔だった。
一瞬目に入った影を見落とさないとは、我ながらなかなか腕を上げたものだ。

e0160774_22170083.jpg

扶余に取材に行った時、米の倉庫をリノベしたカフェ「G430」を出て帰ろうとした時のことだ。ターミナルの方向とは逆方向だったので、この給水塔を見つけたのは天の計らいか。

e0160774_22170814.jpg

大韓住宅公社が建てた扶余東南住公アパートにある給水塔。団地の一角の集会所らしい建物の裏に建っていた。
白い十字形の柱の上に円筒型のタンクが乗っており、円筒の外装はレンガ。コンクリートだけでない給水塔を見たのは初めてかな。
アパートは1986年に竣工したということなので、給水塔もその時のものだろう。

e0160774_22171111.jpg

いいな、扶余。地味ーに面白いものがたくさんある。
それにしても、最近、鉄道の駅にある給水塔は近代遺産として注目を浴びているのに、同じ給水塔なのに見向きをされないのはなぜだろう。比較的新しいからかな…? 30年じゃだめか…?

[PR]
by matchino | 2018-07-13 22:20 | 建築 | Comments(0)

龍山の新ランドマーク、アモーレパシフィック新社屋

e0160774_22563807.jpg
どこかで見た形だなあと思っていた。
龍山駅の前にできたアモーレパシフィックの新本社ビル。
で、何に似ていると思ったのかは後で。

去年の秋に三角地でマチノアルキをした時、丘の上にある教会から龍山駅方面を眺めた時に、白いルーバーが全体を覆う新しい建物を見つけた。それがアモーレパシフィックの本社ビルだった。遠くから見ただけでもそのかっこよさに惹かれたが、近代建築も見るべきものが多いのに、わざわざ見に行くつもりはなかったのだ。
ところが、かっこいい建築映像を撮る「キリンクリム」のキム・ジョンシンさんが誘ってくれて、そのビルで行われている建築展を見に行くことに。

e0160774_22564000.jpg

新龍山駅の2番出口から出ようとすると、地下からアモーレパシフィックのビルへ通路がつながっていた。
中に入ると、カフェやレストランが立ち並んでいる!ただの社屋かと思ったら、こんなにオープンな空間だったとは!

エスカレーターで1階へ。
3階まで吹き抜けの広いロビー。

e0160774_22563942.jpg

天井を見上げると、格子状になった窓から空が見える。そしてその窓がゆらゆらと。

e0160774_22564094.jpg

後で聞いたところによると、この上の中央に浅い池があるんだとか。ゆらゆら効果を出すために人意的に波を水面を揺らしているかもしれないな。

正面ゲート(といっても大通りに面しているというだけで、四方のゲートが同格かもしれないけれど)のすぐ隣に、アモーレパシフィックの建築展が行われている。

e0160774_22563899.jpg
デビッド・チッパーフィールドの設計によるこの本社ビルと、龍仁にある工場、烏山にある研究所のビルに関する展示で、それぞれの建築の写真や映像、建築家に対するインタビューなどで構成されている。その映像の全てを担当したのがキリンクリムだということ。あいかわらず建築と造景のよさを引き立てる映像はすばらしい。
展示は年末まで行われるということだったので、建築も合わせて一見の価値あり。

建築に関する展示はここだけだけれど、こことは別に美術館があるという。
なんでもサムソン美術館Leeumを超える美術館となる予定だという。
って、どんな作品が見られるんだろう。
ちらっと調べてみたら、入場料12000ウォン…。
むむむ…高いな…まあ、最近はこのくらいだけど。

e0160774_22563926.jpg
その他にも劇場があったり、いろいろな文化系のイベントが行われるらしい。この龍山の一等地にこれだけの空間を一般市民のための空間として提供するというのはさすがだな。
動線やピクトグラムによる独特な現在位置表示など、いろいろと気を遣っているところは多いというが、社員にとっては不便なところが多いとかいう話もあった。

e0160774_23001423.jpg
会社側としてもこの本社ビルを自慢したいらしく、建築ツアーも行われているらしいが、招待された知人の話によると一般人を対象にしたツアーは行われていないとのこと。残念。いつかやってくれることを期待しよう。

とりあえず入れる3階まで簡単に回ってみて思ったのは、動画で撮ったらかっこよさそうだなあということ。
次は動画に挑戦してみるかな。

e0160774_22563939.jpg

そうそう、冒頭に話した「何かに似ている」ということだけれど、「あ、これだな」と思ったのが、スターウォーズに出てくる「デス・スター」。
幾何学的な造形といい、巨大なスケール感といい、真ん中のくぼみといい、まさに「四角くなったデス・スター」。
…と思ったのだが、どうだろう…。んなことない…?

e0160774_22564043.jpg
夜もきれい…。

[PR]
by matchino | 2018-07-03 23:13 | 建築 | Comments(0)

感激の訪問! 駐韓アメリカ大使官邸


実のところ、それほど訪ねる価値があるとは思っていなかった。
駐韓アメリカ大使官邸の話だ。
でも、行って本当によかった。こんな貴重な機会が与えられるなんて!

アメリカ大使官邸があるのは、朝鮮時代末期に西欧諸国の公使館や領事館が多く建てられた地域である貞洞。
1882年に米韓修好条約が締結された後に公使館が設置された場所で、大使館は移転したが、大使官邸としてこの場所を使っている。
普段は高い塀に遮られ、警備員が常駐しているため、門の写真さえ撮ることができない場所だが、その鉄の門が開いた!

名簿のチェックをした後、どうしたらいいのかなとうろうろしていると、向こうから体格のよいアメリカ人が歩いてきた。なんとマーク・ナッパー代理大使!自ら案内してくださるなんて!
英語ができないのでどぎまぎしていると、流暢な日本語で挨拶。日本語も韓国語もベラベラなのだとか。とてもフレンドリーで、一気に好感がわいた。

門から入ってすぐのところにある旧・公使館の韓屋の脇を抜けて、その裏にある大使官邸のメインの建物であるハビブハウスへ。
韓屋様式ではありながら、相当な規模に驚いた。天井が高いだけでなく、奥行きもけっこうあって、家というよりは宮の建物のような印象を受けた。

e0160774_20213463.jpg

ハビブハウスが建てられたのは1974年のこと。それまでは、かつてこの土地を所有していた閔氏の家門の韓屋を何度も修理、改修して使っていたが、これ以上は修理が難しい状況になったため、建て直したのだ。
朝鮮時代末期、韓国に最初に建てられた西欧諸国の公使館や領事館は、アメリカ以外の国は西洋式の公館を建てたが、アメリカだけは韓屋をそのまま使ったのだ。そして、大使官邸を建て直すとき、当時のハビブ大使はアメリカ国務省の反対を押して韓屋スタイルの大使官邸を建てた。当時はハビブハウスという名称ではなかったが、後にグレッグ大使の働きかけによって「ハビブハウス」と呼ばれるようになったという。

e0160774_20213400.jpg
官邸の前の芝生広場で記念撮影をした後、いよいよハビブハウスの中へ。
ハビブハウスの平面はロの字型になっており、手前はレセプションホール、奥は大使の居住空間となっている。

e0160774_20213656.jpg

まず、レセプションホールの気持ちのよい空間。正面中央の煙突にはレンガでつくった装飾がある。これは「寧」の字で、もとの大使官邸の壁にあったものをそのまま復元したものだという。そういう昔のものを大事にする姿勢がいいな。
それにしても広い空間だ。建築に関する解説をしていただこうと呼んだ大学講師の先生によると、コンクリートで建てているために、中間に柱もなくこの広さが可能だというのだ。

e0160774_20213506.jpg
「韓屋の最高の職人の技術とアメリカの最新の建築技術が出会った建築」とハビブハウスについての話を聞いていたが、構造的には最新の建築技術、そして意匠的には韓屋を再現したということなのだろう。

e0160774_20213505.jpg
SNSに大使官邸の写真を上げると、ある韓国の建築家は、ハビブハウスを訪問したときに大きなインスピレーションを受けたというコメントを残してくれた。

その内容は、
  1. 韓屋は、手を伸ばせば両方の壁に届くような人間的なスケールの建築である必要はない。
  2. 韓屋の形式の中に現代の内容を入れることができる。
  3. 重要なのは韓屋の価値であって、韓屋それ自体ではない。
  4. 韓国人が韓屋をどう扱っていくべきか悩んでいる間にアメリカ人に先を越された。T T
とのことだった。

確かに、この官邸は「韓屋の表層だけを真似た」建築ではない。これはまさに韓屋であり、韓屋の美しさを感じる建物だ。
本当に美しく、ここちよい空間だった。

e0160774_20213554.jpg
韓国戦争の最中、北の軍にソウルが占領された後、仁川上陸作戦によってソウルを奪還したが、その時にアメリカ公使館を取り戻したときの記念すべき写真。

e0160774_20213593.jpg
大統領のためのベッドルーム。


e0160774_20213556.jpg
貴賓のためのベッドルーム。広くはないが、ベッドといい、部屋を囲む窓といい、ここで一晩でいいから泊まってみたいという素晴らしい空間。


もう一つ、もともと公使館の建物として使われ、現在は迎賓館として使われている韓屋を見学した。
こちらは19世紀に建てられたもので、これまで何度も改築をしてきたものだ。やはりアメリカ人の生活には不便なものだったわけだ。それでも天井の高さなどはそのまま維持されている。

e0160774_20294723.jpg
e0160774_20294775.jpg
私たちがあちらこちらの部屋を見ているうちに、建築の先生は木材を一つひとつ見ていた。
「2004年に大々的な解体・修復作業を行ったと聞いたので、昔の木材がないかと見ていたんですが、ぜんぶ新しいものですね」と先生。
もともとの形式そのままに新しく建て直したというわけだ。

e0160774_20294858.jpg
その他にも、昔の写真と比較してみると、部屋自体を拡張していたり、縁側のような外に面した空間にガラス窓をつけて内部空間にしたり、軒を支える柱がなくなっていたりと、これまで行われた改修の内容が分かって面白い。そして、昔は柱を支えていた基台の石が残っているのも確認できた。

e0160774_20294860.jpg

私たちに与えられた時間は1時間。訪ねる前は「1時間も持つだろうか」と思ったが、あまりの心地よさに、官邸から出るのが惜しいほどだった。
何よりも、招待してくださった代理大使と、この訪問を実現してくださった皆さんに感謝したい。


おまけ
一緒に訪問した方たちが、それぞれのメディアに書いた訪問記




[PR]
by matchino | 2018-07-01 20:40 | 建築 | Comments(0)

藤の花が香る幸せな空間、牛耳洞・天道教彰義修道院

e0160774_21400097.jpg
ソウルの慶運洞に天道教の中央大教堂があるが、牛耳洞にも天道教の教育機関である「鳳凰閣」があるという。中村輿資平が設計した中央大教堂に似た様式の西洋建築があるということで、連休の最終日に行ってみることにした。
去年、尹克栄家屋を訪ねた時に乗った牛耳新設線の終点の北漢山牛耳で降りて、10分ほど歩いた所にあった。道詵寺(トソンサ)や北漢山に行く人たちで賑わう道をしばらく歩くと、天道教の第3代教主である孫秉煕氏の墓地の標識があり、まもなく鳳凰閣の看板が現れた。門柱には「天道教彰義修道院」とある。

e0160774_21364826.jpg

門を通ると木々の間に煉瓦造りの建物が見えた。

e0160774_21364868.jpg

これが慶運洞の中央大教堂の隣から移築したという建物。大教堂と同じく1921年に中村輿資平の設計によって建てられた。大教堂と比べるとおとなしいが、二つの建物が調和していたことを思わせる。

e0160774_21364825.jpg
e0160774_21400056.jpg
e0160774_21400054.jpg
e0160774_21364976.jpg

様式は「ウイーン分離派」といわれる「ゼツェッション」。といっても、ゼツェッションの特徴というのはよく分からない。でも、「ムジゲトク建築」で知られる建築家のファン・ドゥジン氏によるとゼツェッションというのはこれといった様式的な特徴は少ないとのこと。以前の社会や理念からの「分離」という思想がより先立っていたということなんだろうか。
ここで天道教や、彼らが主導したという東学農民運動、3・1独立運動などについての説明を聞けるということだったけれど、残念ながら門は閉まっていた。側面のドアから中をのぞくと教室のような空間があった。右側には、韓国のこどもの日を提唱したことで知られる方定煥(パン・ジョンファン)氏の肖像画がかかっていた。方定煥氏は天道教が運営する普成専門学校の出身で天道教少年会をつくり、巡回講演を行ったという。

e0160774_21364927.jpg

建物の裏の方へ回っていくと、一段高い基壇があってマダン(前庭)があり、韓屋が建っていた。これがここの中心の建物である「鳳凰閣」。青い字で書かれた扁額の字はとても自由な印象を受ける。

e0160774_21364979.jpg
板の間には集会の様子が描かれた絵と、第3代教主である孫秉煕氏の写真。後から調べてみると、この集会は3・1独立運動の33人の民族代表の姿なんだという。独立宣言をした3月1日に先立って、ここ鳳凰閣で2月28日に事前集会を行ったという。そんなに意味がある場所だったとは…。

e0160774_21364971.jpg
そして、なんといってもこの庭が気持ちのよい空間だった。周りにはツツジや牡丹などが植えられていて、一角には藤の棚がつくられている。ちょうど藤の花が満開を少し過ぎた頃で、地面いっぱいに藤の花が落ちている。そして藤の花の香りが辺りに満ちているのだ。藤の花がこんなに香るなんて!

e0160774_21365044.jpg
e0160774_21365004.jpg
e0160774_21395827.jpg
e0160774_21395836.jpg
e0160774_21395900.jpg
私たちの家族の他には管理しているおばさんくらいしかいない。静かで美しく、和やかな、そして幸せな空間。こんなところが知られていないのはもったいない。いや、知られない方がいいかもしれない。

e0160774_21395865.jpg
e0160774_21364932.jpg

さきほど案内板があったが、近くに孫秉煕氏の墓地があるということで探してみると、敷地の傍に、外に出る小さな門があって、山の上へと遊歩道が続いている。墓地に続く道っぽかったので登ってみると、やはりそうだった。

e0160774_21395977.jpg
e0160774_21395980.jpg
立派なお墓だと思って後ろを振り返って、思わず「おお」という声が出た。ここで祭祀を行うんだろうか、小高い丘の麓まできれいに芝生が敷かれていて、向こうの山までよく見渡せる。いい墓だなあ。

e0160774_21395995.jpg
お墓の前で手を合わせると、どこからか白い犬がやってきて周りをうろついていた。ここを守っているのかな? お墓の上にはタンポポの綿毛が揺れ、ちょうちょが飛んで、とってものどか。

この後、どうせここまで来たのだからと、道詵寺まで登ってみたけれど、個人的には天道教の修道院のほうがよかったな。韓国の近代史に興味がある人はおすすめ。

[PR]
by matchino | 2018-05-18 21:46 | 建築 | Comments(0)

水原・ソウル農大の講堂、そして廃墟

e0160774_21025321.jpg

建国大学の人文学館の建物がすごく気に入ったので、建築家を調べてみると、金煕春(キム・ヒチュン)という建築家が設計したことが分かった。そして彼の他の作品を調べると、水原にあるソウル農大(ソウル大学の農業学部)の講堂があるという。すでに廃校になって、その講堂も廃墟になっているらしい。一人で行ける時間ができて行ってみることにした。
水原駅の前からバスに乗って「湖西中学校」の停留所で降りるとすぐ前に大学キャンパスの入口があった。守衛に制止されないかとドキドキしたが、難なく入れた。
中央の道路の両脇に緑地があって、そのところどころに校舎が建っている。目的の講堂は敷地内に入ってすぐのところにあった。が、フェンスが立てられて工事をしている。

e0160774_21095705.jpg

つながった2棟のうち、左側の棟は近づけたが、右側の建物は近くに行くこともできなかった。右側のほうが見たかったのに…。

e0160774_21121546.jpg
e0160774_21121599.jpg

それでも左側の建物も、水平方向に長い直方体がかっこいい。

e0160774_21095275.jpg
e0160774_21105954.jpg
e0160774_21105995.jpg
e0160774_21105939.jpg
e0160774_21110059.jpg

ズームがきくカメラがあったらよかったな。
この建物、これからどうなってしまうのか、撤去されるのか、再利用されるのか気になって、他の棟にいた人に訊いてみたが、知らないとのこと。なんとか残してほしいなあ。

この他の建物も気になって回ってみた。
50年代に建てられた、蔦の絡まる建物があった。

e0160774_21110009.jpg
e0160774_21110137.jpg
e0160774_21110055.jpg
e0160774_21134251.jpg

さらに奥に歩いていくと、散歩に来たらしいおじさんおばさんたちの姿。京畿想像キャンパスという公園兼文化施設になっているようだ。
林の中には散策路もあって、こんな作品があったりする。

e0160774_21134298.jpg

子供たちが走り回れる広場もあって、とても気持ちのよい空間だ。子供たちを連れて来たらよかった。

ある建物は「青年1981」という名前になっていて、青少年を対象にしたさまざまなプログラムを行なっているようだ。デザインや音楽、3Dプリンティング、写真、自転車の塗装などものづくりの体験ができるらしい。大人も参加できるらしいので、参加してみようかな。平日の夜に連続でやるプログラムもあり、参加できないのが惜しい。

e0160774_21134388.jpg

公園となっている側からもう一度入口に近い方にやってきた。面白い建物がないかとさらに横道に逸れてみると、あったあった!

e0160774_21134375.jpg
e0160774_21134429.jpg

何かの研究のための建物なんだろうか、一階建ての横長の建物。
いい感じの古び具合だ。水平と垂直だけで構成されていながらとても私好みの造形。窓のルーバーの造形はぞくっとするほど!

e0160774_21152544.jpg
e0160774_21152571.jpg

庭は背の低い草に覆われていて、小さな花が風に揺れている。私の一番好きな風景。

e0160774_21134469.jpg
e0160774_21152581.jpg
e0160774_21152572.jpg

その近くには焼却場らしい煙突。こんなに好きな要素が揃っている場所なんてなかなかない。

e0160774_21152515.jpg

ここで気の置けない人たちと一緒にピクニックでもしたいなあと思っていたら、「林の中のパーティー」というイベントのポスターが! 以前見に行ったことがある「水原演劇祝祭」が今年はここに会場を移して「林の中のパーティー」というテーマで開催されるという。5月25〜27日。うーん、行ってみるか…。

[PR]
by matchino | 2018-05-09 21:23 | 建築 | Comments(0)

慶煕大建築巡り2 音楽大学・学生会館ほか

慶煕大の建築巡りのつづき。
文科大学の他にも興味深い建物はたくさんあった。

e0160774_21154307.jpg

まずは音楽大学とその隣の学生会館の建物。

e0160774_21154454.jpg

王冠の形をした音楽大学! 「クラウン館」と名付けられている。ある人はミルククラウンみたいだと表現していた。

e0160774_21154416.jpg

それでも王冠の形だけではなく、ひさしの形や花のガクを思わせる造形など、興味深い部分がたくさん。弧を描く窓も格子状になっていて私の好み。裏に回ると円形の冷却塔。兄弟みたいだ。

e0160774_21154472.jpg


その隣の学生会館も王冠に負けず劣らず不思議な造形だ。上に行くほど細くなるように見えながらも、そう見えるのは角の突起によるもののようだ。屋上にメッシュを思わせる装飾があったり、全体的に彫刻的な雰囲気を感じさせる。

e0160774_21154437.jpg


正門から向かって左側に少し上がると出てくる建物も不思議な形。

e0160774_21182541.jpg
e0160774_21182527.jpg
e0160774_21182549.jpg

国際教育院というから、語学堂なんかがあるんだろうか。
ここで韓国語を勉強してもよかったかな?w


あと、不思議だったのがネオルネサンス館と名付けられた建物。
何がネオルネサンスなのかはよく分からない。

e0160774_21154564.jpg

で、正面から見るとあんまり特徴を感じないけれど、
裏に回ってみると、グラウンドの観客席(?)との調和がなんか寂れた東欧の町を思わせる感じ。(行ったこととはないケドw)

e0160774_21154579.jpg
e0160774_21154572.jpg

ついでに焼却炉の煙突らしいのが立っていて、それもいい感じ。

e0160774_21230754.jpg


それにしても、この大学、登山道のような散策路があって、とても気持ちがよい。
桜の木が多いようだったので、もう少し早く来ていればすばらしい眺めだっただろう。
来年また来よう。

[PR]
by matchino | 2018-05-02 21:24 | 建築 | Comments(0)

慶煕大建築巡り1 文科大学

e0160774_16220554.jpg
ある日、知り合いの建築科の先生がツイッターに上げた慶煕大の建物の一枚に目が止まった。慶煕大の文科大学の建物だったが、それが建国大の人文学館にとても似ていたのだ。
以前にも紹介したこの人文学館は、後から金煕春の設計であることが分かった。それで、この慶煕大の建物も金煕春によるものなのかが気になったが、知り合いの建築の専門家も知らないとのこと。
それで、何か手がかりでも見つかるのではないかと、慶煕大を訪ねてみることにした。

妻に話すと、慶煕大は何度もいったことがあるという。見応えのある建築がたくさんあって、昔から建築を見に行く人が多いのだという。実際に訪ねてみると、古典主義、ゴシック、バロックなど、何でも揃う建築見本市的な大学だった。

e0160774_16220495.jpg
e0160774_16220586.jpg
e0160774_16220506.jpg
e0160774_16220594.jpg
e0160774_16220523.jpg

規模もそうとうなもので、確かに圧倒される。カメラを持った中国人や東南アジアの人がたくさん来ていた。ウェディング写真の撮影やコスプレの撮影に来ている人もいた。

それらの建築を見ながら、目的の文科大学を探す。その建物は正門から入って右のほうへ行ったところ、週末で人もまばらだった。
前に立って正面から眺めてみる。

e0160774_16220660.jpg

あれ? 建国大の校舎とけっこう違う…。

入り口部分を強調した直方体の塊に縦長の窓、キャノピーを支えるV寺型の柱など、大きな構造は似ているけど、細かいディテールは少しずつ違う。まあ、同じ建築家だといってもまったく同じものを建てたりはしないよな。

気になったのは内部。入り口には鍵が掛かっていて入れなかったけれど、窓から覗くと、だいぶ改装された模様。建てられた当時はどんな感じだったのかも分からない。右側にある三角形の窓が気になった。

e0160774_16235045.jpg

建国大の人文学館のロビーのような吹き抜けの空間はなくて、ちょっとつまらない印象。
それでも、建物の両サイドのデザインの違いは興味深い。向かって右側は単純に四角の窓が並んでいるだけだけれど、左側は中央の部分が少し突出していて、その突出部を支えるようにV字型の柱が二つ設置されている。四角い窓が全面にはめ込まれたこの突出部はテラスのような空間なんだろうか。気になる。

e0160774_16235049.jpg
e0160774_16264285.jpg

定礎石も見つからず、結局何の手がかりも掴めなかったけれど、直接見れただけでもよかったかな。

e0160774_16235055.jpg
e0160774_16235089.jpg

そして、この他にも興味深い建物がたくさん見つかった。つづく。

[PR]
by matchino | 2018-04-22 16:33 | 建築 | Comments(0)

童謡「半月」の作者、尹克栄の家を訪ねる

ソウル市から毎日送られてくるニュースレターがある。その中で一つ気になった記事があった。尹克栄(ユン・クギョン)氏が晩年を過ごした家屋が記念館になっていると。「日本式家屋」ということで興味を持ったのだが、有名な童謡作家ということで調べてみると、代表曲は「半月」、「ソルラル」、「魚獲り」など。
「あれ、半月ってどんな歌だっけ?」と思ったが、「ぷ〜るんは〜ぬるう〜な〜す〜」だ。うちの子供たちがよく歌っている、韓国で最も有名な童謡の一つだ。
「ソルラル」も「か〜っちかっち〜そるら〜るん」のおなじみの歌。題名を錯覚している人が多いな。

さて、去年新しく開通した地下鉄「牛耳新設線」に乗って「419民主墓地」駅へ。そこから歩いて10分ほど。

e0160774_21393413.jpg

切妻屋根が真ん中で少しずれた形になっている平屋の家屋で、外壁は石が貼られている。1960年代に建てられた日本式家屋だという説明。玄関があって、廊下で各部屋に通じるという構造が日本家屋の様式ということだった。

玄関を入ると、奥から「オソオセヨ(いらっしゃいませ)」という声がして、案内の女性が出てきた。自由に観覧してもいいけれど、案内をしてくれるというので、お願いした。
2〜3言会話しただけで、私が日本人だということが分かってしまった。(発音がまだまだだな…)記念館として開館してから3年間で訪ねた日本人は私で3組目だという。日本からわざわざ訪ねてきた老夫婦が初めだったと話してくれた。

e0160774_21393551.jpg

尹克栄さんが生まれたのは鍾路区だったが、今その家はなく、その後、韓国戦争の時に釜山に避難して戻ってきてからは、この水踰洞に住んだという。何度か家を転々とした後、この家を買って住み、ここで亡くなった。
その後も息子さんが住んでいたが、2013年にソウル市が買い取って記念館として使用している。

e0160774_21393522.jpg

作曲家として多くの童謡を残したが、「半月」や「ソルラル」などの作品は作詞と作曲の両方をしているんだという。

e0160774_21393515.jpg

「ソルラル」の額。これは尹氏が最初につくった童謡で、韓国で最初の創作童謡。それまでは「童謡」といわれる歌はなかったが、「ソルラル」から童謡というジャンルが始まった。

e0160774_21393511.jpg
「半月」の額。尹氏はこのように童謡を絵とともに額にして、多く残していたという。

尹氏は若い時から音楽の才能を認められ、日本人の先生の勧めによって東京に留学した。しかし、関東大震災の時に「井戸に毒を入れた」などの根も葉もない疑いがかけられて多くの韓国人が殺された時、尹氏も命からがら韓国に逃げ帰ったという。
帰国して1年後、もう一つの悲しみが彼を訪れた。早くに嫁いだ彼の姉が亡くなったというのだ。悲しみにくれていたある日、空を見上げると昼間の白い半月が空に浮かんでいた。彼はそれを見て、大海に浮かぶ小舟のようだと思い、姉を亡くした悲しみと亡国の民の悲しみを込めた歌をつくった。


「半月」

青空わたる  小舟には
桂木とウサギ ひとりずつ
帆柱も立てず 竿もなく
よくも行けるよ 西の国へ

天の川越えて 雲の国へ
雲の国過ぎたら どこへ行く
遠くでキラキラ 照らしてる
明星の灯台だ 舵をとれ

日本語の歌詞はこちらから

悲しみを歌いながらもそれだけで終わりたくないと、最後に希望を託した歌詞を付け加えたという。

とても落ち着く家で、胸にじいんと来る話が聞けたいい日だった。

e0160774_21393542.jpg

[PR]
by matchino | 2018-01-29 21:43 | 建築 | Comments(0)