<< 〈秋の原州旅行〉田舎の神林駅に... 8月中の限定公開! 旧・朝鮮銀... >>

毋岳峠の向こうにある世界と鞍山マンション

e0160774_12424661.jpg

あの山の向こうには何があるんだろう。
峠というのはそういう思いを抱かせるものなんだろうか。
ここ数年の私にとって、そんな峠は、独立門から鞍山と仁王山の間を通る毋岳チェ(峠)だった。
会社から近いので、独立門は何度も訪ねていたが、今まで毋岳峠は越えたことがなく、いつかは越えたいと思っていたのだ。
その機会がやってきたのは、建築家ファン・ドゥジン先生の著書「最も都市的な生き方」を読んで、三つの古いアパートが毋岳峠の向こうにあることを知った日のことだった。

地下鉄3号線の独立門駅で降りて、毋岳峠に向かう。道路の中央にあるバスの停留所から毋岳峠を撮影。

e0160774_21535642.jpg

隣にあったビルも気になる。

e0160774_21535603.jpg

峠を越える前に、道路の向かいにあったビル。

e0160774_21535740.jpg
崖に面して建てられているんだろうか。右側に付いている家とは最上階は繋がっているように見える。もしかして裏にも出入り口が?

とうとう毋岳峠を超えた! 道の向かいに「毋岳峠」の碑が見える。

e0160774_21535774.jpg

道路の向かい側にある山は鞍山。だが、少し高い位置からでないと鞍山の姿がまともに見えないくらい、アパートなどのビルが建ち並んでいる。

e0160774_21535794.jpg

しばらく歩くと毋岳チェ駅に到着。
もうそろそろ鞍山マンションが見えてくるぞと思っていると、突然目の前に現れたのが、再開発地域。引き寄せられるように足を向けると、平屋の古い家が並んでいる向こうに鞍山マンションがたたずんでいた!

e0160774_21535760.jpg

鞍山マンションは、大通りから一本脇に入った狭い路地に面している。マンションの向かって右側から近づくと、マンションの脇に銭湯の煙突があるのが分かった。

e0160774_21535746.jpg
e0160774_21535844.jpg

屋上には「沐浴湯(銭湯)」とある。なんと、1970年代に建てられたアパートに銭湯があるとは!
でも、ファン先生の本によると、建てられた当時は住宅としての機能のみだったという。それが、後のなって1階が商店などに用途変更がなされたという。その時に銭湯もつくられたのでは、ということだった。でも銭湯の煙突も後から設置されたのか? これはもう少し研究する余地がありそうだぞ。

e0160774_12382180.jpg
銭湯の中はどんなんだろう。入ってみたいな。営業しているのかどうか分からないけど。


マンションの角には、「注入口」と書いたプレート。その横には上を向いたパイプ。ここに「注入」するんだろうけれど、何を注入するんだろう?

e0160774_12382008.jpg
e0160774_12382015.jpg


正面を横切って角まで来ると、隣にはもう一つのアパート群があった。壁には「仁王」の文字。これが仁王アパートか。これも1968年に竣工した有名な古アパートだという。それにしても並び方がすごい。言葉で表現しにくいが、立て続けに現れるアパートに驚きを禁じ得なかった。

e0160774_12382109.jpg
e0160774_12382174.jpg

さて、鞍山マンションの角を曲がると、鞍山マンションの入り口が見えた。中には警備室が見え、警備員のおじさんの姿。中に入るのは憚られたので入らなかったが、「最も都市的な生き方」によると台形の中庭があり、そして、屋上には菜園があるという。ぜひ見てみたいな…。

鞍山マンションと仁王アパートの間を過ぎると、またもう一つのアパート団地。今度は「仁王宮アパート」。「宮」という名前は、ほかのアパートとの差別化を図るための当時流行りの方法だけれど、看板周りのごちゃごちゃした感じが夜の店のような雰囲気を感じさせる。

e0160774_12382158.jpg

いやあ、ほんとにこんな所があるとは想像だにしなかった! この三つのアパート団地の織りなす空間感! まさにワンダーランドに足を踏み入れてしまったかのようだ。
毋岳峠の向こうから漂ってくる妖気はこれだったのか!

アパート群を抜けると、正面に見えた邸宅。西洋の切妻屋根の家にあこがれて建てた、いわゆる「フランス住宅」だけれど、正面がガラス張りになっていたり、ちょっと変わった雰囲気。そしてあの煙突に付いている円錐形は何だろう。まさにマッドサイエンティストの研究所のような!

e0160774_12382151.jpg
e0160774_12382256.jpg

仁王アパートの表側に回ってきた。
と思ったら、大粒の雨がひと雫! 久しぶりの夕立が来そうだ。

e0160774_12382209.jpg

最後に撮ったその向かいの風景。

e0160774_12424639.jpg
大通り沿いの商街ビルと、その後ろの階段式のアパート、そして背後には建設中の高層アパート。これがこの町の持つ怪しさを語っているかのようだ。これはまだ序の口よ、と。

夕立は、新参者に対するこの町の警戒心の現れか、あるいは怪しさを際立たせるための小粋な演出か。どちらにしろ、近いうちにもう一度訪れることになるだろう。

[PR]
by matchino | 2018-08-19 12:46 | 建築 | Comments(0)
<< 〈秋の原州旅行〉田舎の神林駅に... 8月中の限定公開! 旧・朝鮮銀... >>