<< 8月中の限定公開! 旧・朝鮮銀... 京義中央線の終点、文山駅を訪ね... >>

京義中央線の終点、文山駅を訪ねる その2

e0160774_22400548.jpg
京義中央線の終点を訪ねる文山行きの続き。

文山駅の周りに何があるのか、五日市が立つという情報だけを手に駅を降り立った。

e0160774_22400637.jpg
駅前の通りから、人が歩いて来る方向へ向かう。軍の部隊が近くにあるのか迷彩服のお兄さんとよくすれ違った。駅前の通りにも階級章やら軍関係の店が多い。

少し行くと音楽が聞こえてきた。五日市の方向は合っていたらしい。
それにしても、期待したよりも面白そうな町だ。といっても特別な何かがあるわけではなく、私が好きな古ぼけた建物があるだけなんだが。

まず最初に目に入ったのは、チョンド・ファミリーコアというショッピングセンターの上に建てられたチョンド・ファミリーマンション。

e0160774_22362580.jpg
e0160774_22400686.jpg

上と下でデザインがはっきりと分かれているのもいい。名前や形式からして清凉里駅前にある現代コアと同じコンセプトなんだろうか。

テントが並ぶ市場まで来ると、他の建物群が目に入った。古ぼけ方から見て1970〜80年代だろうか。あれを撮らずしては帰れぬということで、妻に「後で電話する」と言い残してアパートを撮りに走った。

e0160774_22362636.jpg
e0160774_22362681.jpg
e0160774_22362649.jpg
e0160774_22362611.jpg

五日市のテントが並ぶ通り沿いにアパート団地があった。7棟のアパートが2列に並んでいるが、古ぼけ加減がほんとうにいい。アパートの側面には、韓国住宅公社のマーク。文山住公アパートで、後で調べたところによると、1980年築。


その隣にも古いアパート。こちらは1、2階が店舗となっているもので、側面に「文山複合商街アパート」と書かれていた。1990年築。


e0160774_22400547.jpg
このブログで最近よく言及する建築家のファン・ドゥジン氏によると、単独型の商街アパートは1980年には絶滅したということなので、1970年代に多く建てられた「商街アパート」とは違う概念なんだろうか?
これも古ぼけ方がすばらしくいい。

e0160774_22400534.jpg
裏にはむき出しになった電気関係の施設。大丈夫なんだろうかという心配よりは、「絵になるなあ」という思いが先立ってしまう。

e0160774_22400652.jpg


さらにその隣にはもっと大規模な住商複合施設。2階建の中央市場の上に大規模なアパートが載っている。
人通りの多い場所にあるため、住商複合になるのは当然なのだけれど、韓国の住宅の歴史と合わせて整理してみたいな。

e0160774_22400592.jpg

ここから少し行ったところには繁華街があった。そして繁華街の路地に入り込むと夜専用の街。

e0160774_22362600.jpg

さらに入ると古い住宅街に出たが、再開発地域になっているらしく、すでに空き家になっているところが多く見られ、街の雰囲気も閑散としている。それでもまだ残っている人は多いようで、再開発反対の旗もかかっていた。

e0160774_22362614.jpg
文山、まったく下調べもなく歩いてみたけれど、いろんなものが見えて面白い街歩きだった。もっと調べて行ったら見えてくるものがさらに増えてくるんだろうけれど、妻の話によると五日市が期待したほどでなかったらしく、再訪はないかも知れない。もしかしたら、非武装地帯に行くとかいいだすかも知れないけど。そういう唐突さが楽しいのだ。

[PR]
by matchino | 2018-08-04 22:46 | 建築 | Comments(0)
<< 8月中の限定公開! 旧・朝鮮銀... 京義中央線の終点、文山駅を訪ね... >>