<< 水原・ソウル農大の講堂、そして廃墟 慶煕大建築巡り1 文科大学 >>

慶煕大建築巡り2 音楽大学・学生会館ほか

慶煕大の建築巡りのつづき。
文科大学の他にも興味深い建物はたくさんあった。

e0160774_21154307.jpg

まずは音楽大学とその隣の学生会館の建物。

e0160774_21154454.jpg

王冠の形をした音楽大学! 「クラウン館」と名付けられている。ある人はミルククラウンみたいだと表現していた。

e0160774_21154416.jpg

それでも王冠の形だけではなく、ひさしの形や花のガクを思わせる造形など、興味深い部分がたくさん。弧を描く窓も格子状になっていて私の好み。裏に回ると円形の冷却塔。兄弟みたいだ。

e0160774_21154472.jpg


その隣の学生会館も王冠に負けず劣らず不思議な造形だ。上に行くほど細くなるように見えながらも、そう見えるのは角の突起によるもののようだ。屋上にメッシュを思わせる装飾があったり、全体的に彫刻的な雰囲気を感じさせる。

e0160774_21154437.jpg


正門から向かって左側に少し上がると出てくる建物も不思議な形。

e0160774_21182541.jpg
e0160774_21182527.jpg
e0160774_21182549.jpg

国際教育院というから、語学堂なんかがあるんだろうか。
ここで韓国語を勉強してもよかったかな?w


あと、不思議だったのがネオルネサンス館と名付けられた建物。
何がネオルネサンスなのかはよく分からない。

e0160774_21154564.jpg

で、正面から見るとあんまり特徴を感じないけれど、
裏に回ってみると、グラウンドの観客席(?)との調和がなんか寂れた東欧の町を思わせる感じ。(行ったこととはないケドw)

e0160774_21154579.jpg
e0160774_21154572.jpg

ついでに焼却炉の煙突らしいのが立っていて、それもいい感じ。

e0160774_21230754.jpg


それにしても、この大学、登山道のような散策路があって、とても気持ちがよい。
桜の木が多いようだったので、もう少し早く来ていればすばらしい眺めだっただろう。
来年また来よう。

[PR]
by matchino | 2018-05-02 21:24 | 建築 | Comments(0)
<< 水原・ソウル農大の講堂、そして廃墟 慶煕大建築巡り1 文科大学 >>