<< 童謡「半月」の作者、尹克栄の家... 韓国建築模型の博物館「奇興聲ミ... >>

韓国建築模型の博物館「奇興聲ミュージアム」 02

計画通り無事に到着した奇興聲(キ・フンソン)ミュージアム。娘がまずは庭が気に入ったらしい。さっそく庭でかくれんぼを始めた。

e0160774_12394678.jpg

野外にはそれほど作品はなく、自由の女神と馬くらい。でも南漢江が見えて景色はいい。

ひとしきり遊んでから、いよいよ展示室へ。
ミュージアムは地上2階、地下1階で、2階と地下1階が展示室、1階がカフェになっている。
まずは地下1階から。地下1階は伝統建築の展示室。景福宮や東大門、南大門、月池など、有名な史跡のほか、多いのは、今は無くなってしまった建築の模型。

e0160774_12394693.jpg

メインの巨大な模型は、焼失した皇龍寺9層木塔。ほかにも弥勒寺9層木塔などがあった。

e0160774_12394776.jpg

確かに模型をつくる意味を考えると、なくなった建築物というのはあるだろうな。それから、巨大な建築物は全体を把握できるというのが模型の利点だろう。
大きく掲げられた写真があり、それはロッテワールド民俗博物館だという。昔、「ロッテワールドに遊びに行ってわざわざ民俗博物館なんか行くかな」と思ったが、行ってみるとすばらしいつくりに驚いた記憶がある。ここは奇興聲会長にとっても代表作だという。今度行った時に見てみよう。

それにしてもすべてがすばらしい出来。実際の部材一つひとつを同じように組んでつくられているようだ。案内の方に訊いてみると、木の部分は松の一種(聞き取れなかった)を、他の部材はFRPで作っているという。

e0160774_12394680.jpg

ひと通り見終わって、2階へ。
2階は近現代建築の展示室。
ソウル駅や63ビル、仁川空港などのおなじみの建築。

e0160774_12420085.jpg
e0160774_12420079.jpg

それから、金寿根氏設計の空間社屋、京東教会、そしてヒルトップバー。

e0160774_12394777.jpg
e0160774_12394781.jpg
e0160774_12394710.jpg

そして今は解体されてなくなった朝鮮総督府。

e0160774_12420055.jpg

今は行けなくなっている平壌のタワー。平壌の街も再現されていた。

e0160774_12394735.jpg
e0160774_12420089.jpg

そして全部木でつくられた徳寿宮石造殿。ペディメントの部分の彫刻がきれいに再現されている。

e0160774_12420046.jpg

建築に関する新しい側面をみつけた一日だった。

e0160774_12415964.jpg

帰りのバスの時間まで少し余裕があったので、1階のカフェでくつろぐ。
ここにもエッフェル塔やいろいろな模型が展示してあって楽しい。

e0160774_12420080.jpg

座っていると、白髪のおじいさんが何人かの人たちと一緒に入ってきた。
行く前にドキュメンタリーで見た奇興聲会長の顔と重ねてみると、会長さんらしかった。
どうしよう、話しかけようか…と思ったけれど、そのまま帰ってきてしまった。
挨拶だけでもしてきたらよかったかな…。
まあ、博物館の向かいにはソウルから移転してきた模型製作所があったので、ここを訪ねるたびにお会いできるかもしれない。
このあたりはいろいろなギャラリーがあるので、再訪もありえるかな、と。

[PR]
by matchino | 2018-01-13 12:45 | 建築 | Comments(0)
<< 童謡「半月」の作者、尹克栄の家... 韓国建築模型の博物館「奇興聲ミ... >>