タグ:韓国 ( 270 ) タグの人気記事

コリア・デザイン・ウィーク2009

コリア・デザイン・ウィーク2009」の展示を見てきた。
旧ソウル駅舎を博物館とし、韓国のデザイナーの作品が多数展示されている。
実際に活動中のデザイナー、新人デザイナー、デザイナーを志す大学生が、自分のブースを持って作品を発表しており、美大の芸術祭を見ているようだった。
デザインという枠組みはあるけれど、インスタレーション的な作品も多かったが、それは旧ソウル駅舎という空間のためということもあると思う。

日帝治下で日本人によって設計されたソウル駅舎は、植民統治の象徴でもあり、取り壊すべきとの世論もあったというが、美しい歴史的建物であるということで、残されている。
現在は新しいソウル駅舎が建てられ、使われていなかったため、その周りは浮浪者のたまり場になっていたりもし、内部もそうとう汚くなっている。
しかし、今回の展示はそういった汚さを逆手に取って、すばらしい展示室に生まれ変わっていた。天井ははがれている所があり、壁も汚い。でも、豪華なシャンデリアが下がり、天井の模様も美しい。歴史的な建造物の美しさと廃墟の退廃的な美しさが不思議な調和を成し、その展示場で新しいデザインの展示が行われているという、さらなる不思議な調和感!
e0160774_22454776.jpg
e0160774_22545498.jpg

一つひとつでも作品だが、全体で一つのインスタレーションであるような、そんな展示だった。個人的にはそのシチュエーションが一番面白かったりする。

e0160774_22552871.jpg
この二つが、私が一番気に入った部屋。
右は、ごてごてのシャンデリアの下がった部屋の壁一面に椅子の絵が。
左は、服で包んだソファ。照明が気に入った。

当初は5/10までの予定だったが、好評のため、期間が延長されて、17日までだという。
[PR]
by matchino | 2009-05-12 22:59 | 展覧会 | Comments(0)

アート・ソンジェ・センター

景福宮の近くにある「アート・ソンジェ・センター」に行ってきた。
『マリ・クレール・メゾン』に紹介されていて、気に入ったからだ。
インテリアの展示なのか、インスタレーションなのか、よく分からなかったが、とりあえず、行ってみた。

地下鉄3号線安国駅から歩いて10分ほどの所。仁寺洞から続く道沿いにあり、街の雰囲気もよく、たくさんの人が行き交う所だった。
地上3階で、地下1階は映画館になっている。
1階は、喫茶店を兼ねたアートショップ。美術系の書籍がたくさんおいてあり、美術書は自由に閲覧できるようになっていた。
赤い天井と黄色い壁、原色的なインテリアで、不思議な空間を作り出している。タイで泊まったデザインホテルを思い出す。
e0160774_19472387.jpg

e0160774_1948989.jpg


2、3階は展示室。
二人の作家のインスタレーションが展示されていた。
e0160774_1949787.jpg

2階はけっこう広い空間で、『来日(韓国語で明日という意味)』という作品が展示されていた。
これは、図書館のためのプロジェクトで、木材と段ボールで仮想図書館がつくられている。そして、ここに本を寄贈すると観覧料が無料になる。実際、図書館をつくるプロジェクトがあり、観覧料と寄贈された本が使われるらしい。
e0160774_19495777.jpg

3階は、『住居練習』という題のインスタレーション。
韓国の住居現状をよく表すのが「アパート」(日本でいうマンション)。そのモデルハウスを違う形で表現した作品。
今まで韓国人作家のインスタレーションをほとんど見たことがなかったので、けっこう面白かった。
美術館に行くとすぐに「帰ろう」という娘も、今日は面白かったようだ。
これだけのスペースがあるからには、インスタレーションの展示は多いのではないだろうか。期待しよう。

e0160774_19513126.jpg

おまけ。帰り道にあったアクセサリーショップの前で。
[PR]
by matchino | 2009-04-26 19:50 | 展覧会 | Comments(0)

Susanne Janssen

e0160774_21421371.jpg子供たちと本屋に行くと、絵本を見る。
何か面白い絵本がないかと。
で、今日の収穫。
「赤ずきんとオオカミ」(韓国題)という絵本。
Susanne Janssen という、ドイツの作家らしい。
文章は読んでいないが、絵が、衝撃的。
ばかでかい頭、不気味といえなくもない顔。不思議な配色。不思議な構図…。
でも、絵としてはすばらしい。個人的には、欲しくなる。
で、絵本なのだから、すごい。
これを見た子供たちは何を思うのだろう。
そして、これを買う親って、どんな人なんだろう。
日本語訳はまだ出ていないらしいが、韓国語版を出版した人って、どんな人なんだろう。
会ってみたいなあ。
[PR]
by matchino | 2009-04-19 21:44 | 絵本 | Comments(0)

ヨルダン料理店「ペトラ」

職場の同僚と共に梨泰院へ。
梨泰院はソウルの外国人街。世界の様々な国の料理店が楽しめる、韓国で数少ない場所だ。
今までベルギー料理、フランス料理、インド料理などを回ってきたが、その中で一番満足させてくれたのが、ヨルダン料理だった。
それで、今日は二度目の訪問。
「ペトラ」という、地下鉄6号線、緑莎坪駅から歩いて1分の所にある店だ。
前回は、店内に入るやいなや香料の香りに魂を抜かれてしまったのだが、今回は風邪の治りかけで鼻がきかず、トランスできずにちょっと残念。

前回出てきた料理を忘れてしまったので、一人1万ウォンくらいで見繕ってくれと頼むと、前回と同じような料理が出てきた。
e0160774_2173912.jpg

ミートボールを揚げたもの(写真右)と一緒に、野菜やホンムス(写真左)という大豆のペースト、ヨーグルト、チリソース(写真手前)などをナンで包んで食べる。
e0160774_2182683.jpg

他に、鶏肉を焼いたものや、ラム肉のカレー(写真中)などが出てきた。
脂っこい肉と、酸っぱい味、辛い味が調和して、やはり旨い。
人によって、気に入った料理は様々だったが、一番の料理は、やわらかいラム肉のカレーで全会一致した。

そして、最後には紅茶がサービス。
そのまま飲んでもおいしいが、角砂糖をなめながら飲むと不思議なほどにそのおいしさが引き立つこの紅茶。
だが、残念ながら、今日は角砂糖が出なかった。

他では味わえない独特の味と、独特の香り、そして食べきれないほどの量!
今日も大満足だった。
[PR]
by matchino | 2009-04-18 21:08 | Comments(0)

坡州英語村とヘイリー・アートバレー

遅くなったけど、旧正月のお出かけについて。
旧正月の2日は京畿道坡州市へ。坡州市は面白いスポットがたくさんある。
最近、高速道路が新しくできて、行く時間もそうとう短縮された。

で、今回、最初に行ったのは英語村
子供たちの英語学習のための英語体験村で、イギリス風の町並みがつくられている。
…という。
って、実はこの日は旧正月のお休み。
ちゃんと調べていけよって?
調べたんだけど、見間違えたのだ…。

それで、入れる所だけ。
ひろーいサッカー場があって、人工芝の上で寝ころぶ。
e0160774_21434623.jpg


英語村から出て、どこかに行こうと思ったけれど、問題が起こった。
近くにトイレがない!
それですぐ隣にあるヘイリー・アートバレーへ。
ヘイリーとは、芸術家たちが集まってつくった芸術村。アトリエやギャラリーがたくさん集まっている。
で、とりあえず、一番近いところにあるカフェに入った。
An's Quilt Cafeという、名前のとおり、キルトの作品や材料がたくさん展示してあるカフェ。
e0160774_21444724.jpg

写真撮影禁止と書いてあったけれど、知らないふりをして撮っていたら何も言われなかった。(^_^;)
e0160774_21453720.jpg

キルトはもちろん、モビールとか、バリ製の竹の根でつくったアヒル(写真中)、トード・ボーンチェのカーテンとガーランドなど、センスのいいものばかりだった。
音楽も、私の好きな曲を、知らない歌手(たぶん韓国人)が歌っているものだったが、けっこう気に入った。

そして、自家製のワッフル(おいしい!)。コーヒーとセットで13000ウォン也。
ポットについだアールグレーもおいしかった。
e0160774_21463576.jpg


私たちの家族だけだったら長居していたところだけれど、妻の家族は居心地が悪そうで、1時間もしないで店を出た。
3年ぶりのヘイリーをもう少し回りたかったけれど、私たちの思い通りには行かず、近くの温泉へ。まあ、疲れがとれたからいいかな、と。
[PR]
by matchino | 2009-02-14 21:49 | Comments(4)

これは何でしょう…?

前々回に書いた、狎鴎亭のフランス料理店の帰り、
もう夜10時を回っていたが、その周辺を散策。
店の隣の建物は…
さて、これは何でしょう。
e0160774_19335063.jpg

エルメス。
e0160774_19343321.jpg

建物全体が金色に光っているように見える。
よく見ると、ガラスの外壁にオレンジのストライプが印刷されており、
その中に黄色いランプが無数につり下がっている!
これが建物の3面全体を覆っているのだから、圧巻!
昼間はどんな感じに見えるのだろう。

ここの地下にはブックカフェもあるという。
今度は早い時間に来よう。
[PR]
by matchino | 2009-01-30 19:35 | Comments(1)

フランス料理店「La'ssiette」

狎鴎亭にあるフランス料理店「La'ssiette」に行ってきた。
この日集まったのは、
e0160774_16182182.jpg

朴牧師様(左)と奥様の網尾さん(右)、長女のチャインちゃん。

e0160774_16191513.jpg

うちの妻(左)と
寺の住職の娘で、東大の大学院出、そして韓国で主婦をやっている佐賀さん。(右)
今日のお店を紹介してくれたのは、佐賀さん。
妹の友人の友人がここのオーナーだということ。

e0160774_16212276.jpg

明洞でデザイン関係(?)の会社を経営している新谷さん。(左)
(写真、ぜんぜん撮れませんでした! すみません!)
そして、私。(右)

で、何の集まりかっていうと、アラスカフィッシングツアーの同窓会。
…に私たち夫婦も加えてもらったということ。

e0160774_16225015.jpg

この店、とてもこぢんまりとしているけれど、インテリアのセンスがとてもよかった。

e0160774_1624208.jpg

入り口のドアもきれいだし。(左)
オーナーが一つひとつ、買い集めたものたちだという。
BGMもボサノバ中心で、それも私好み。

今回、注文した料理はほとんどがパスタ。
「フランス料理なんですよね?」と訊くと、フランスとイタリアのフュージョンなんだという。
で、味のほうはといえば、

e0160774_16313660.jpg

まず、サラダ。(左)キノコとソースがよく調和して、おいしい!
アピタイザー(右)

e0160774_16335391.jpg

私が一番気に入ったのがこのトマトシチューのシーフード・スパゲティー。(左)
見た目は韓国風だけれど、味は違って、トマトの風味がよく生かされておいしかった。
この店で一番人気のカニのスパゲティー。(右の手前)
あまりにおいしくて、写真を撮るのを忘れてしまった。

e0160774_16394924.jpg

デザートは、いろいろと頼んだけれど、話題になったのが、ロイヤルミルクティー。味はもちろんのこと、この茶器が目を引いた。上品なセットで、日本から取り寄せたとのこと。

e0160774_16403691.jpg

そして、オーナーがデザートのセットをサービスしてくれた。
焼きプリンとチョコレートムースとピーチタルト。おいしかったし、このカップもきれいだなあ。

久しぶりに会って、たくさん話して、楽しいひとときを過ごした。
またおいしいところ、紹介してください!
[PR]
by matchino | 2009-01-24 16:47 | Comments(7)

高句麗テジャンガン・マウル

韓流ドラマの撮影場について書くことになるとは思っていなかったが、書くことになってしまった。
私が住んでいるのは京畿道九里市。『太王四神記』などのロケ地となった、テジャンガン・マウルがある。近くにいながら行ったことがなかったので、家族で行ってみることとなった。
九里市は高句麗の遺跡や遺物が発見されたところで、「テジャンガンマウル」高句麗時代の鍛冶屋(テジャンガン)の村(マウル)を再現したというもの。
当時の様子を彷彿とさせるような町並みがつくられている。しかし、遺跡が発見されたといって、当時の建物が残っているわけではない。それでも、新しくデザインされたのであろう建物などがよくできていた。
それほど規模が大きくないのが残念だが、気軽に見学に行くにはいいところではないだろうか。
e0160774_1949432.jpg
e0160774_19494185.jpg
e0160774_19501547.jpg

[PR]
by matchino | 2008-12-21 19:51 | Comments(4)

新しい感覚の家族写真を撮る「Venture」

10月にソウル・デザイン・オリンピアードに行ってきて、気になった展示がある。
企業の展示がある中で、すごくセンスのいい写真がかかったブースだった。
Ventureという写真館のものだった。
パンフレットだけもらってきたが、後でみてみるとなかなかおもしろそうだ。

http://www.thisisventure.co.kr/

イギリスの会社で、海外進出はソウルが2番目だという。
従来の紋切り型の家族写真ではなく、独特のセンスで新感覚の家族写真を撮るというものだ。
その家族とのミーティングをして仲良くなり、撮影の時は跳んだりはねたり、ボールやギターなど、様々な小道具を動員して、躍動感あふれる写真を撮ってくれる。
そして、その家族だけの感動的な試写会を持ち、その中で気に入った一枚を額に入れる、というもの。
通りがけに記憶にある価格は36万ウォンだったか。
そして、1時間の撮影と7×5サイズの写真1枚の体験パックは75000ウォンだという。
高いといえば高いけれど、試しにやってみる価値はあるかなあ、と。

誰かに頼んで撮ってもらうことも考えたけれど、センスと技術と場所が必要!
ハードルがいくつもあるのだ。
誰か、うちの家族で腕試しをしてみません?
[PR]
by matchino | 2008-11-14 23:25 | Comments(1)

第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレ

久しぶりにソウル市立美術館に行ってきた。
徳寿宮の脇の石塀の道も葉が散り始めていて、なかなかいい雰囲気。
美術館では11/5まで、第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレの展示がされていた。
e0160774_201785.jpg

今回のテーマは「TURN AND WIDEN(転換と拡張)」。
世界から、なかなかおもしろいメディアート作品がたくさん寄せられていた。

e0160774_202184.jpg

こういうかっこいいオブジェとか。

e0160774_2025388.jpg

こういうインスタレーション。

e0160774_2031398.jpg

これは、カーテンにたくさんの蝶が映されており、赤いボールでカーテンを触ると、それに蝶が寄ってくるというインスタレーション。

e0160774_2033790.jpg

『ネイキッド・ランチ』を思い出させるようなタイプライター。
キーを打つと、文字が虫になって、紙の上を走り回る。

ほかにも気に入った作品、驚いた作品がたくさんあった。
無料なのもあり、インタラクティブなおもしろい作品ということもあってか、たくさんの人が来ていた。

ソウル市立美術館
http://seoulmoa.seoul.go.kr/main.html
[PR]
by matchino | 2008-11-13 20:06 | Comments(6)