タグ:建築 ( 117 ) タグの人気記事

大阪建築巡り2

次は中之島の建築たち。
まずはダイビル。
e0160774_1416628.jpg

でも調べていったダイビルとは違った。今年から建て直すという話だったが、どれがこのダイビルなんだろうか?調べていったダイビルと同じ彫刻があった。

中之島郵便局。
e0160774_14163423.jpg


日本に発つ前の日、母に電話して、建築巡りをすることをいうと、中之島図書館は行ったらいいと教えてくれた。それで、だいたいの位置を確認していったのだが、そちらに行ってみると見えてきたのがこの建築。
e0160774_14173533.jpg

e0160774_14171113.jpg

e0160774_1418250.jpg

これには本当に圧倒された。一つひとつの彫刻が美しく、感嘆のため息が何度も出てくる。
これが図書館かと思っていたら、大阪市中央公会堂だった。

そして、これが中之島図書館。
e0160774_14182466.jpg

おじさんおばさんの観光客が何人か見に来ていた。公会堂を見た後だとインパクトが弱い。
[PR]
by matchino | 2010-10-17 14:19 | 建築 | Comments(0)

大阪建築巡り1

先週行ってきた大阪・京都旅行。記録係を任命されて870枚の写真を撮ってきた。
そのおかげで、3日目の自由時間には思う存分、そのカメラを持って写真を撮りまくってきた。
大阪の名建築を前もって調べていったが、調べておいた建築物はほとんど回り、足首と手首が痛くなるくらい回りまくって、撮りまくった。
で、その中の一部を紹介しよう。

まず、大同生命大阪本社ビル。
e0160774_19445083.jpg

ここは調べていかなかったけれど偶然出会った建築。ヴォーリズが設計。ゴシック建築のヴォールトを半分に切ったように見える。

次に、すぐ隣の三井住友銀行大阪本店。
e0160774_19404970.jpg

イオニア式の柱が美しい。写真を撮っていると、警備員の方が3つの門があるということを教えてくれた。建築を取りに来る人たちの代表的スポットなんだろう。

次は、大阪倶楽部。
e0160774_19415160.jpg

e0160774_19421512.jpg

細部まで美しい意匠が施され、トーテムポールの形などはずっと見ていたくなるような衝動に駆られる。ここも何人か、写真を撮りに来ていた。
[PR]
by matchino | 2010-10-16 19:45 | 旅行 | Comments(2)

大阪旅行! となったら建築巡りだ!

明日から社員旅行で3日間、大阪、京都に行くことになった。
初日は大阪、新世界に行って、怖いところを見て来るという。怖いところっていうのがなかなか想像が付かないが、無事に帰ってこられることを祈る。
二日目は京都で古都を堪能。
三日目は自由、ということで、私は大阪の建築巡りを予定している。
こういうサイトとかこういうサイトを頼りにしながら歩いてみようと思う。
[PR]
by matchino | 2010-10-08 21:39 | 旅行 | Comments(2)

心をくすぐる巨大建築

去年の12月以来、久しぶりに帰国。っていっても故郷には帰れず、出張で東京へ。
ビッグサイトの展示に取引先の人たちを案内しに来た。
でも、明日には帰ってしまうとんぼがえりなーのだー。
で、初めてゆりかもめってやつに乗った。
東京って、やっぱりいいなあ。なにがいいって、心をくすぐる巨大建築がたくさんある。
釜山の大きな橋を渡ったときにも、こういう感動はなかったし。

ところで、今回、思ったこと。
1番目、日本人って、やっぱり南方系の色が濃いなあ、と。
2番目、日本には巴があり、韓国には太極がある。互いに似てるけど、日本ではあんまり太極は使わないし、韓国では巴は使わない。不思議だ。
[PR]
by matchino | 2010-09-16 23:28 | 未分類 | Comments(0)

北村建築ツアー2

北村建築ツアー、次の見学地は、韓国最初の西洋画家であり、最初の日本留学生だった高羲東氏の家屋。
日本の住宅と韓国の伝統的な家屋である韓屋、両方の良い面を合わせた家だったという。備えつけの収納空間があり(多分、押入れのことだ)、窓は大きなガラス窓で、中庭には池があったという。この家の隣の建物を建てる時に、ロの字型の家の3面が壊されてしまい、その影は見ることができないが、ある会社が買い取って再建中だという。
e0160774_13123571.jpg

韓国の近代史について語る時は、日本帝国主義時代の傷跡に触れることが多い。しかし、このような形で日本との良い面での接点が見られるのは嬉しいことだ。
再建された姿を早く見たいものだ。

北村建築ツアーの最初は、昌徳宮の塀に沿って歩いた。そして次に、この塀の中から水が流れ出している所を案内してくれた。
ソウルの真ん中にこんなに涼しげな小川があるのかと驚くほどだった。塀から出たらすぐに地下に入ってしまうが、水際まで降りられるようになっている。
e0160774_13142362.jpg
e0160774_13144861.jpg

数十年前は生活用水として使われていたのだろう。飲むのはやめた方がいいと言われたが、洗濯やお風呂くらいだったら充分に使えるようなきれいな水だった。
[PR]
by matchino | 2010-08-28 13:16 | イベント | Comments(0)

北村建築ツアー1

「ソウル文化の夜」の建築ツアーは、暑い中で20人ほどの参加者が安国駅に集まった。
まず、5人くらいの「ソウル文化の夜」のTシャツを来たスタッフが引率して、最初の見学場所の仏教美術館に行った。
今回歩いた北村地区は、慶福宮と昌徳宮に挟まれた、昔の雰囲気が残る場所。美術館に行く道でも興味をそそる建築物がたくさん見つかった。
仏教美術館はその名のとおり、仏画などを展示している美術館。美術館の職員が数点の展示物を説明してくれたが、普通は誰だか分からない仏たちの名前、役割などを教えてくれた。その中で2階にあった水月観音図は、国の重要文化財ともあって、本当に美しかった。
外に出て、今日、案内してくれる先生を紹介した。コミュニケーションデザイン研究所所長のリュ・ジェホンさんと、もう一人、歴史の研究家の方。名前は忘れてしまったけれど、この研究家の方が一生懸命説明してくれた。この地域に愛情を持っている様子がうかがえる。
まだ始まったばかりだけれど、また続きは次に…。
[PR]
by matchino | 2010-08-23 23:11 | 旅行 | Comments(0)

北村建築ツアー、当選!

今週土曜日に行われる「ソウル文化の夜」、北村の建築ツアーの参加を申し込んでいたが、当選! 韓国人の3文字の名前が並ぶ中で、一人、日本人のながったらしい名前が入っていた。
この申し込みは、参加したい理由を書いて、人数が多かった場合は抽選となる。
で、審査員の心をくすぐる内容(でも、全部事実)を書いて、「絶対、当選だ!」とは思っていたけれど、本当に当選すると嬉しい。
でも、他のツアーを見てみると、当選者の人数が少ない。もしかして、「もれなく当選」状態だったのかも!?
まあ、これは訊いてみればあきらかになることだ。
というわけで、建築ツアー、このブログでも報告するので、乞うご期待!
[PR]
by matchino | 2010-08-18 21:18 | イベント | Comments(2)