タグ:写真 ( 14 ) タグの人気記事

ジョーダン・マターの写真展「Dancer among us」

見たかった写真展、ジョーダン・マターの「Dancer among us」をみてきた。
e0160774_21551394.jpg

浮遊写真、ジャンプ写真などいろいろな名前で呼ばれている写真だが、彼が対象にしたのは一般の人たちではなく、プロのダンサーたち。
さまざまな日常の風景の中で、ダンサーたちがドラマチックな跳躍を見せている写真たちだ。
彼の写真を初めて見る人は、合成じゃないかとか、ワイヤーで吊っているんじゃないだろうかとか思うが、実はそんな演出は一切ない。信じられないけれど、実際そうなのだそうだ。
それがただ跳んでいるだけでなく、ストーリーを持ってその役を演じているため、ミュージカルを見ているような感覚だ。しかし、その周りの風景や通行人はその場に居合わせた人だったりするので、現実と虚構が同居しているような不思議な感覚さえ覚える。

…というか、まあ、そんな固いことはいいけど、楽しいよね!
という感じだ。
そして、見ているこっちまで一緒に楽しくなってくる。

写真を見ると、出演者も写真家も皆楽しんでいる様子がよく見える。
写真の横に撮影したときのちょっとしたエピソードが書かれているが、その場で写真家と出演者とスタッフが意見を出し合って、その場で即興で面白い場面を作っていくのだそうだ。
テーマを考えて、ダンサーを選定して撮影することもあるけれど、テーマを提示してSNSなどでダンサーを募集して撮影したりすることもあるという。
つまり、ダンサーたちも自ら楽しんで参加しているということ。
それは画面からも、彼らの表情からも伝わってくる。

彼のFacebookでは作品のほとんどを見ることができ、新作もすぐに上がるのだという。さっそく「いいね!」をしておいた。


さて、この写真展が行われているのは、安国駅のすぐ前にあるサビナ美術館
展示は9月22日までで、観覧料は8000ウォン。
[PR]
by matchino | 2013-09-14 22:42 | 展覧会 | Comments(0)

カール・ラガーフェルドの写真展「Work in progress」

大林美術館で開かれている、カール・ラガーフェルドの写真展に行ってきた。フェンディやシャネルのデザイナーで、写真家としても有名だ。
私はもともとそれほどファッションに関心があるとはいえないが、いつも興味深い展示を見せてくれるこの美術館の企画ということで、「行かねば」と思わされた。

写真家として様々な手法を試みている作家で、例えばこの連作は、オノ・ヨーコが踊っている姿をiPadで撮った動画をプリントしたもの。
e0160774_21442611.jpg

この作品は展示開始の2週間前にできたものだという。

他の作品では、フォトショップを使って色調を反転させた写真に手で色付けをして、服の質感を際立たせたり、ポラロイドカメラで撮った写真を他の紙に写し、それにアイシャドウで彩色したり、今回の展示の題名である「Work in progress」のごとく、進化を続けていた。
また、蔵書が30万冊に上り、美術史や文学からインスピレーションを受けて作られた作品も多かった。制作の前にはいつも個人図書館に閉じこもってコンセプトワークから始めるという。

今回、気に入ったのは、ニューヨーク・ファサードという作品。ニューヨークの建物を背景に撮った写真で、建物が美しく、モデルも美しかった。この撮影が終わってから建物をもう一度撮り直したという作品がこれ。
e0160774_21452518.jpg


もう一つ気に入ったのは、駅でよく見かける証明写真の機械を買い取って撮った作品。
e0160774_21464752.jpg

1階のロビーには実際にこの機械が置かれており、壁には写真が大きく引き伸ばされて貼られていた。
e0160774_21475321.jpg


美術館の4階では彼の撮った短編映画が上映されていた。ファッションが主となった映像ってあまりみたことがないけれど、すごく美しい。こういう映画だったらいくらでも見たい。

この美術館についてはこのブログでも何回か紹介しているが、毎回興味深い展示をしている。デザインと写真が中心だか、企画が興味深く、展示も面白いので、今までそれほど関心を持っていなかった分野にも目を開いてくれている。キュレーターの力でもあるんだろうなあ。行く度に観覧客の数も増えているようだ。
次の展示はプロダクトデザイナーの展示だという。今度も楽しみだ。
[PR]
by matchino | 2012-02-19 21:51 | 展覧会 | Comments(2)

Juergen Teller 写真展「Touch Me」

芸術としてヌードなどの性的表現をすることに対し、反発感があった。道徳的でないという側面もあるけれど、それだけで人目を引くことができるし、反抗的なイメージを簡単に与えられるため、安易な方法のような感じがしていたのだ。
しかし、Juergen Tellerの作品を見て、そのような偏見が少し解けてきた。
大林美術館で行なわれているJuergen Tellerの写真展に、やっと行ってきた。子供たちを連れていくわけにいかないと思っていたところ、週末に一人の時間ができたのだ。
ドイツ出身のファッション写真家である彼が直接キュレーションをしたという今回の展示は、写真と写真の間に関係を持たせ、写真作品を使ったインスタレーションのようだった。
そういうことを含め、写真芸術って何だろうかということをいろいろと考えさせてくれる展示だった。
写真のモデルの中で知らない人も多かったけれど、その中で私が知っている人たちの写真を撮ってきた。

e0160774_22155694.jpg

ソフィア・コッポラ。手前の足はJuergen Tellerのものなんだとか。

e0160774_22163362.jpg

ビョークと彼女の息子。似てる。
彼女って、なんでいつまでも子供みたいなんだろ?

e0160774_2217412.jpg

デビッド・ホックニー。こういう刺し方のチューリップって、やっぱりホックニーだなあ。

e0160774_2218831.jpg

これはJuergen Tellerと彼の妻の写真。夫婦で撮った写真もいくつ展示されていて、自分の性器を登場させている写真もあるが、夫婦の愛と子供を象徴しているのだという。作家としてはそのような意図があるにもかかわらず、社会的な通年が歪んで見せているという部分があるということを感じた。もちろん、彼がそのような部分まで考えて写真を撮っていることは確かだけれど。

e0160774_22184087.jpg

この写真は、いいちこのポスターを思い出して撮った。モデルの姿がパッと見では見当たらず、ちょっと探したら見えたという、そういうシチュエーションが、いいちこのポスターに似ていると思った。

ファッション写真って、なんでこんなに魅力的なのかなあ。モデルとファッションデザイナーと写真家という3人の芸術家の個性がぶつかりあって作り上げられるものだからだろうか、とか思った。

で、冒頭で書いた偏見が砕かれたのは、彼がなぜ性的表現を用いたのかということが分かったから。でも、写真を見るのにそのような意味付けをすること自体、硬いなあって思う。もっと自由になりたい。
[PR]
by matchino | 2011-07-16 22:21 | 展覧会 | Comments(6)

大阪建築巡り8

まだまだ続く建築巡り。

大阪ガスビルディング
e0160774_2155642.jpg


芝川ビル
e0160774_2161934.jpg

ガイドには「マヤ・インカ風アールデコ建築」とあったが、まさにそういう装飾たち!
e0160774_216381.jpg

中に入ってみたが、いい雰囲気だ。
e0160774_2172338.jpg

e0160774_2174331.jpg

階段もいい作り。
e0160774_2181033.jpg

1階の古い眼鏡屋。やはりこういう店がよく似合う。
e0160774_2182864.jpg

[PR]
by matchino | 2010-11-30 21:09 | 建築 | Comments(6)

Thomas Struthの個展

大林美術館を見てから景福宮を通ってギャラリー現代へ。Thomas Struthの個展を見てきた。
トーマス・シュトゥルースはドイツの写真家で、給水塔の写真のシリーズなどで有名なベッヒャー夫妻に師事したという。大型のカメラで風景を切り取る。
今回は、2007~2010年、韓国で撮影した写真の展示だった。
e0160774_21535465.jpg

アパートの建設現場や埠頭などがモチーフとなっており、正方形に近いフレームで迫力のある写真だった。
アパートの建設現場は見慣れた一風景という感じを受けたが、埠頭での大型貨物船や巨大建造物はすごい迫力で迫ってくる。
写真については本当に不勉強で、こういう写真はどんなカメラで撮るんだろうか、気になってしょうがない。すごく広角なのに横の方が全くひずんでいない。
一度こういう写真を撮ってみたい。
[PR]
by matchino | 2010-11-21 21:54 | 展覧会 | Comments(0)

iPhoneカメラで息子を撮影

前回の日本出張の時、本屋に行ってみると、iPhoneで撮影した写真の写真集が何冊かあった。トイカメラのように一つのジャンルができているのだろうか。
それに少し触発されて、iPhoneで写真を撮っている。
息子を撮った写真で、気に入ったものをご紹介。
iPhone標準のカメラではなく、PUDDING CAMERAというアプリを使用した。
e0160774_13171498.jpg
e0160774_1318249.jpg
e0160774_13254810.jpg
e0160774_1326446.jpg
e0160774_13261996.jpg
e0160774_13263240.jpg
e0160774_13264541.jpg
e0160774_1327173.jpg

「今回のモデルはボクでした」
[PR]
by matchino | 2010-10-31 13:27 | 写真 | Comments(0)

「はやぶさ」と『Terra』

遅ればせながら、「はやぶさ」の話。
「はやぶさ」の帰還をUstreamで見守った数日後、「はやぶさ」が最後に撮影した地球の写真を見た。
e0160774_21215523.jpg

「はやぶさ」による地球撮影に関する感動的な話を聞き、感無量でその写真を見ていたが、ふと口をついて出てきたのが、Caetano Velosoの『Terra』だった。
この曲を知った頃、地球に対する愛情を歌った感動的なこの歌の歌詞を読み、宇宙から撮った地球の写真を見ながら何度もこの曲を聴いた。
歌詞の一部を紹介しよう。


Terra (地球)

牢獄の独房に繋がれていた時
僕は生まれて初めて見た
お前の写真を
お前の全身が写っている
でも裸じゃなかった
雲に覆われていたからね
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
あの青みを帯びた星の中に
褐色の娘を想像する者はいまい
映画にも似た眩暈の中
可愛いおまえに よろしくと
伝えてもらおう
僕はいとおしさにとらわれた詩人
そしておまえはパライーバ
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう
地球という少女に 僕は恋している
おまえのエレメントは土
海からは陸が見えると言う
足にとっての陸は堅実さ
手にとっての陸は優しさ
他の星々は おまえの道案内と
なるだろう
地球 地球よ
おまえがどれほど遠い存在であれ
どれほど過ち多き旅人であれ
おまえを忘れることは決してないだろう


なんだか、地球に生まれてきたことの幸せを感じるような、そんなひととき。
[PR]
by matchino | 2010-06-25 21:22 | 音楽 | Comments(0)

ミニチュア写真

最近、インストールしたiPhoneアプリ、Vint Shift。
本城直季ふうの、というか、ミニチュアふうの写真が撮れるアプリ。
さっそく会社の屋上から撮ってみた。
でも、そんな感じに見えるような見えないような…。
それで、検索してみて、「つくりかた」を見てみた。
すると、「シャープをかけて」、「彩度を高く」と。
やってみたら、さっきよりはそんな感じがしてきた…かな。
e0160774_233272.jpg

[PR]
by matchino | 2010-05-14 23:32 | 写真 | Comments(4)

キッチュの王様、遊園地

…のつもりだったけれど、色がうまく出ないなあ。
というわけで、メリーゴーランドの写真はボツ。気に入らない。
でも、今日はiPhoneのカメラのよさを感じた。
気軽に撮れること、保存をわざわざしなくてもいいこと、設定に気を遣わなくてもいいこと。
さて、今日の作品。
e0160774_2026528.jpg
e0160774_20271127.jpg
e0160774_20272899.jpg
e0160774_20274657.jpg
e0160774_20281767.jpg
e0160774_20284845.jpg

[PR]
by matchino | 2010-03-28 20:29 | 写真 | Comments(0)

東九陵 with iPhone

京畿道九里市にある、昔の王の墓、東九陵に家族と行ってきた。
春になってきたし、春っぽい景色が見られることを期待して。
で、今回のカメラは、iPhoneのカメラ。
今まではうまく使えなくて、構図も露出もぜんぜん調節できなかったが、画面をタップすると、真ん中の四角が動いて、フォーカスや露出も合わせられるということを知った。それで、一度使ってみようと思ったのだ。
e0160774_1942041.jpg

e0160774_209070.jpg
e0160774_2092327.jpg
e0160774_20103252.jpg
e0160774_20105616.jpg
e0160774_20135038.jpg
e0160774_20112385.jpg
e0160774_20113941.jpg

どうだろう?
コントラストが大きすぎてしまうのは、レンズのせいだろうか? あるいは光のせいだろうか? 研究してみないと。
[PR]
by matchino | 2010-03-21 20:27 | 写真 | Comments(0)