タグ:デザイン ( 36 ) タグの人気記事

浅川巧さんの墓地を訪ねる

e0160774_17423236.jpg

次女が「アッパ、峨嵯(アチャ)山に行こう」といいだした。お、来たぞ来たぞ!
実は、峨嵯山からつながる忘憂(マンウ)山に前から見に行きたいところがあったのだ。
それは、日本統治時代に韓国を訪れ、韓国の民芸を愛し、日本に紹介した浅川巧さんの墓地。
それで、忘憂山に行くことに。娘よ、すまない。

私が住んでいる九里市から、ソウルへ抜ける忘憂里峠を越える道があるが、途中で左に入っていくと共同墓地がある。忘憂山から峨嵯山にかけてずっと共同墓地になっているのだ。
韓国のお墓は日本のお墓と違って、公園のようなのどかさがある。墓地の間に作られた散策路には、色とりどりの登山服を着た人たちがたくさん歩きに来ている。春になってサンシュユやレンギョウも咲き始めていた。

位置をネットで調べていこうと思ったが、詳しく出ているものが見つからなかったので、とりあえず行ってみたのだが、お墓の数があまりにも多すぎて、現場で娘に検索させてみた。
すると、あるブログにトンナクチョン薬水場の近くだと書いてあった。でも、ネットの地図には薬水場が出ていない。散策路の入り口にある地図には表示されていたが、どのくらいの距離なのかも見当がつかなかった。
まあ、道は一本なので、たどり着くだろうと歩き始めた。

中1の次女と3歳の末っ子を連れてきたので、末っ子のペースに合わせて歩いていくが、なかなか見えてくる兆しも見えない。たどり着けるのか不安になってきて、下の子をおぶって歩くことにした。
娘が私の背中でうとうとし始めたようだ。次女もペースが遅れだした。
うーん、いつになった着くんだろう…?

家を出てからもう2時間が経とうとしていた。次女も遅れているので、ちょうど道の脇にあったベンチに腰を下ろした。
次女が来るのを待って、「どうする?たいへんだったら帰ろうか?」と訊いてみると、「ここで帰ったら後悔する気がする」と。なかなか根性があっていいぞ。

で、もう一度歩き始めると、なんと50mも行かないところに薬水場があった。
さっきのブログにあった地図を見てみると、まさにここだ!
娘がいなかったら目の前であきらめて帰ってしまっていた!

e0160774_17423233.jpg
暖かい日差しが当たるいい場所に浅川巧さんの墓はあった。
隣の碑には、「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に生きた日本人、ここ韓国の土となる」とあった。
じーんと来るなあ。。。
e0160774_17423326.jpg

碑の裏側には略歴が刻まれていた。
朝鮮総督府の山林課に勤めていたとあった。それで「山と民芸を愛し」なんだな。
そして植木日の行事の準備中に殉職したとある。
40歳。私よりも若い!
そんなに若くして亡くなってしまったんだ。
e0160774_17423259.jpg

以前、韓国の民芸を愛し、日本に紹介した柳宗悦さんの本を読んだことがあるが、浅川さんの本も読んでみないとだな。
私は韓国の土になるのかどうかはまだ分からないけれど、韓国で生きた日本人として、何か残せるだろうか。

e0160774_17423366.jpg

行ってみたいという人たちのために、行き方を書こうと思ったけれど、ソウルナビに紹介されていたので。
それにしても養源駅から歩かせるかー。まあ、へたにバスに乗るよりはいいかも。
だいたいの位置が分かるように、その場で地図を撮っておいた。
青い三角の位置が浅川さんのお墓。
e0160774_17423206.jpg

[PR]
by matchino | 2016-04-04 20:37 | 旅行 | Comments(0)

レクチャー「看板に見る近代ソウル風景」

文化駅ソウル284(旧ソウル駅舎)で連続で行われている近代文化の講座。
前回は看板研究家のクァク・ミョンヒ氏を招いて「看板に見る近代ソウル風景」というテーマで講義、討論が行われた。


韓国の看板の歴史についての講義と、これからの看板の行方について熱い討論が行われた。

韓国で看板が本格的に使われだしたのは、日本植民地時代で、「看板(간판)」という言葉も日本から来た言葉なんだという。

講義をしてくれたクァク氏は、日本での滞在経験も長く、今はニューヨークで活動しているというが、現代韓国の雑多で画一的な看板文化を批判しながら、アメリカや日本のようにデザイン的にも視認性にもよく考えられた看板をかける文化をつくらなければならないと主張していた。


韓国の近代史の中で看板は2回の受難期を経ている。1回目が解放直後の日本の看板の廃止、そして2回目がハングル使用の奨励による漢字の看板の廃止の時期だ。

このような政策によって中国の文化大革命にも似た受難を経ることで、よい看板が一掃されてしまったのだという。

しかし、周りからの迫害に屈することなく古い看板を守り抜いた人もいるという。そのような人たちによって文化は守られていくのだろう。


もう一つ、初めて聞いた話は、韓国には看板に関する法律(条例かな?)があって、ハングルを必ず入れなければならないのだという。

英語で書かれた看板の端に小さくハングルで表記されているのは、読めない人に対する配慮でもなんでもなかったんだ!

これは「ハングルを守るためにはハングルを使うようにしないと!」と主張する人たちによる偽善的な政策なんだそうだ。

こういう人たちは文化を守るのではなく、かえって壊してしまうのだという、クァク氏の主張にとても共感した。


韓国の近代を語る時に日本を抜いて語ることはできない。もちろん、現在と未来においても日本との関係なしには語れない。
その中で日本人として耳の痛い話がたくさんあるのは確かだ。

でも、今回の講義は日本の看板に対する研究の深さや、看板のデザインの優秀さなど、日本人としての自尊心を高めてくれるものだった。

韓国での昔の写真を紹介しながら、洋品店のレトロっぽいフォントを「こういう漢字のフォントデザインはこの頃の韓国にはありえなかった」とか、仁丹の看板を見せながら「美しいデザインだ」といったり、それに対して参加者たちも異論を唱える人はいなかった。


講義の最後に紹介されていた柳宗理の言葉がとても共感したので紹介しよう。

「健全なモノは健全な社会に宿る」

これを少し意訳して「よいデザインは安定した社会によってつくられる」と紹介していた。

韓国は今まで経済的にも政治的にも安定していなかったし、今でも安定しているとは言い難い状態にある。そして、経済だけでなはく、人の心がまだ安定していない状態だ。

しかし、国民の生活が安定してきた今、そしてクァク氏のような人たちが出てきた今、看板の文化はこれからどんどん変わっていくのではないかという希望を感じさせる時間となった。


看板の話を聞いて、実際に韓国の看板がどうなっているのか、もう一度見てみようと思っていたら、ソウル駅前のソウルスクエアビルに巨大な広告がかかっていた。…と思ったら、事務所の電気だ。
e0160774_23513471.jpg


後でニュースを検索してみると、LGが使っている階で行っている「残業しないで早く帰りましょう」という「ハッピートゥギャザー・タイム・キャンペーン」の一環としてやっているらしい。
でも、写真を見ると字の部分以外でも消えてないところがけっこうあるなあ。徹底されてないじゃん!
[PR]
by matchino | 2013-11-27 23:46 | Comments(0)

隠れたソウルの名所の地図をつくる「アマチュア・ソウル」

あんまり新聞を見ない方だけれど、たまたま開いたら気になる記事があった。

ソウルの有名な観光地やショッピング、グルメの名所ではなく、自分たちの気に入った知られざる「名所」の地図を作っているデザイナーユニット「Amateur Seoul」の話だ。

この地図、4号まで出ていて、その中にはこの前歩いた西大門の辺りの地図もあった。

サイトを見てみると、なんか面白そうだ。ウェブで地図を販売しているということだったが、次の日に通義洞の複合文化スペースであるポアン旅館でのフリーマーケットに出店して地図も販売するという。さっそく出かけてみた。


地下鉄3号線の景福宮駅から少し北に歩いたところにポアン旅館はあった。
e0160774_2075680.jpg


建物の前で何かを売っていて、小さなお祭りのような雰囲気。
中に入ると旅館の部屋が展示の空間になっている。廃墟をそのままにしており、夜に入ったら不気味だろうなと思う。
e0160774_2075752.jpg



その一つが「アマチュア・ソウル」の部屋だった。
壁に地図を貼っており、コンクリートがむき出しの床にも雑貨っぽいものとか写真なんかが並べられていた。
e0160774_2072556.jpg
e0160774_2074594.jpg
e0160774_2075856.jpg



そこにいた二人がこの地図を作ったデザイナーたちだった。「新聞を見て来た」といって、いろいろと話を聞いた。
e0160774_2075411.jpg


地図を買いたかったけれど、用意していなかったらしく、ウェブで注文してほしいとのこと。
話をしていると、何か作ってくれるという。何かと思ったら、アマチュア・ソウルのツアーの時の旗だった。
e0160774_2074834.jpg

三角形の紙の旗に、彼女たちがソウルを歩きながら集めたデザインを刻んだはんこを押すのだが、「面白いのでやってみますか?」という。
それでやってみると、はんこにもいろいろなデザインがあって面白い。はんこを押して切り取り、竹串に貼り付けると完成。
簡単で、自分で作る楽しみもある。なかなかのセンスだなあ。
e0160774_2075057.jpg


はんこの横にあったリーフレットみたいのが気になったので、手にとってみると、それが地図だった。「あ、これは一つしかないからね」といって元に戻したら、「差し上げますよ」と。えー!これはラッキー。
ついでにこの地図が西ソウルで、会社の近くの地図なので、会社の帰りにでも回れる所だ。ありがたい。
e0160774_2075165.jpg

e0160774_2075379.jpg


次号の予定を聞いてみると、12月に第5号を発行する予定とのこと。そしてそれに合わせてツアーもするというので楽しみだ。
また名所の場所が表示してあるだけでなく、「モデルコース」も表示されているので、これを辿りながら「あ、ここにあった」とオリエンテーリングのように探していくのも楽しいかもしれない。

彼らが作った他の地図の中で鐘路区益善洞という地域があった。聞いたことのない地名だったのだが、旧ソウル駅舎での金蘭基氏の路地の講演の中で益善洞の話が出てきた。
益善洞は北村や西村のように韓屋がたくさん残っている地域なのだそうだ。職場の近くにこんなにたくさん面白い場所があったなんて!

まさに私が「ソウルのアマチュア」だったわけだ。でも、プロになるよりいつまでもアマチュアで新しいものを発見できた方が楽しいかな、と。
益善洞、いつ歩きに行こうかなー。
[PR]
by matchino | 2013-11-07 08:29 | 旅行 | Comments(0)

漢江の人工島でFENDIのファッションショー

FENDIのファッションショーが漢江のフローティング・アイランドで開かれた。
なんでもこの会場は、新しいソウルの名所となるような場所なんだという。
韓国のセレブリティが招待され、一般の人で中に入れるのは招待券を持った100人だけ。全世界に中継され、会場の脇のメディアアートギャラリーでも中継が見られるとのこと。紹介の写真がきれいだったので、イベント好きの心がうずいて、行ってみた。
e0160774_2241360.jpg


このイベント、毛皮のファッションショーのため、動物愛護団体の反対で一度は中止の危機に追いやられたが、フェンディ側の強い要求によりソウル市が再び開催を決定したといういわく付きだ。
会場に行ってみると、入り口の両側を動物愛護団体がデモをしていた。韓国でこんなに動物愛護団体がいるなんて知らなかった。でもえげつない映像を流して反対デモとかやめてほしい。

さて、華やかなファッションショーは始まったが、私が座った下々の者の席は、大型スクリーンが置かれた野外。セレブリティの人たちとはすさまじいまでの差をつけられてしまったのだった。それでも最後まで観賞してきた。
終わってから、二つの会場を結ぶ橋で韓国伝統の太鼓が披露されていた。中ではパーティーが開かれているのたろう。
外から見ただけだから分からないが、前回行われたという中国の万里の長城と比べたら、ロケーションからしても劣るよなあ。景福宮とかのほうがよかったんじゃないのか?
[PR]
by matchino | 2011-06-02 22:42 | イベント | Comments(2)

サントスピリト教会

日本出張の夜、一人で本屋に行った。
建築の雑誌を見ていると、ある建築物の写真に目が留まった。サントスピリト教会、イタリアにある教会だ。ブルネレスキの設計で、独特なファサードを持っている。
で、なぜこの建築が気になったかというと、大学の時、この教会を模して課題の建築模型をつくったからだ。
この課題に入る前に建築写真のスライドをたくさん見せられた。半分うたた寝しながら見ていたのだが、この建築のファサードだけが強烈に残った。
それで、このファサードを持つ建築物のスケッチを描いた。そのスケッチを見た、建築家で担当講師の板屋さんが「君は建築が好きなんだねえ」と言った。その言葉を今でも忘れない。もしかしたらその時に、自分は建築が好きだということを知ったのかもしれない。
でも、建築の美しさに気づかせてくれたこのサントスピリト教会に、その時以来、写真にも出会えなかった。その建築に再会できたのだ。
自分の好み、特に芸術に関しては、ほとんど大学生のころに完成しているのかもしれないと、ふと思った。
[PR]
by matchino | 2011-04-28 20:53 | 建築 | Comments(1)

自由学園明日館

出張で時間ができたので、自由学園明日館を訪ねた。観覧時間を過ぎていたが、外からなら見えるのではと思い、とりあえず行ってみた。池袋から歩いてすぐの閑静な住宅街の中にあった。
e0160774_21141696.jpg

ここを訪ねたのは20年ぶりだ。前回の訪問は大学の授業で、画家である藪野健先生に連れられて行ったのだが、その時と比べて受ける雰囲気が全く違った。とても小ぢんまりした印象を受けた。
敷地内には入れなかったので惜しかったが、外からみているだけでもその美しさに感動する。さらに、庭に植えられた桜が満開で、なんともいえない素晴らしい光景だ。ライトは草原に建てる建築物をイメージして設計したということだったが、この建物と庭によってそのような雰囲気がすでにつくられていた。
e0160774_2115231.jpg

そこでしばらく見ていると、学生らしい一団がやってきた。カメラを持った外国人や、おじさん、おばさんの一団もやってきた。いつでもたくさんの人がやって来るスポットなのだろう。後で分かったのだが、学生たちは空間デザイン学校の入学式で来ていたらしい。こんないいところで入学式ができるなんてうらやましい。
この建物、一度は取り壊しの危機に追い込まれたこともあったが、保存されることとなり、国の重要文化財になっているという。日本の宝として残してくれた人々に感謝。
この次に来るときには、ぜひ中にも入ってみたいものだ。それがいつになるかは分からないが、また来たくなる場所となった。
[PR]
by matchino | 2011-04-17 21:16 | 建築 | Comments(0)

ライティングフェア2011

大地震のあった日、出張で、東京ビッグサイトで開かれた「ライティングフェア2011」を見学してきた。
LEDの市場調査のために行ったのだが、個人的な目的としては、ブースのデザインを見てくること。特に、東芝のブースではLEDを使ったインスタレーションがあるということで、期待して行った。
展示会の最終日にもかかわらず、多くの人が来ており、LEDに対する関心の大きさを感じさせられた。
気になった製品は、切子硝子を照明に使った「kirikolight」。高いけど欲しくなる美しいプロダクトだった。
ブースのデザインで気に入ったのは、DAIKO。LED照明を使った部屋の一部が再現されており、ライトの使い方のTipsが壁に手書きのようなタッチで書かれている。ライトの専門家であるというイメージ、そしてデザイン性のよさを十分に見せているすばらしいブースだった。
e0160774_21251949.jpg
e0160774_2125210.jpg


期待していた東芝のブースは、そのよさ(?)がよく分からなかった。

で、地震の方はといえば、展示場で遭い、被害は受けなかったが、電車が止まってしまい、足止めを食らった。近くのビルで床に座って事態の好転を待ったが、状況は変わらないため、結局、浜松町駅の近くのホテルまで2時間掛けて歩いて帰った。
次の朝、無事に韓国に帰ってきたが、そのころになって初めて事態の深刻さが分かってきた。知り合いの中で大きな被害にあった人はいなかったが、これほど胸の痛い惨事があるだろうか。早くこの痛みを乗り越えて、日本がさらに強く、美しく、幸せな国として生まれ変わることを心から祈りたい。
[PR]
by matchino | 2011-03-26 21:26 | デザイン | Comments(0)

『Less and More ディーター・ラムスのデザイン10箇条』展

大林美術館で開かれている『Less and More ディーター・ラムスのデザイン10箇条』展を見てきた。
ディーター・ラムスは、ドイツのインダストリアルデザイナーで、ブラウン社で多くのすばらしいデザインを残している。
日本での展覧会の話を聞いて、ぜひ見てみたいと思っていたのだが、展示期間が過ぎる1ヵ月前になってやっと実現した。
で、やはり見にいってよかった!
何度も写真では彼のデザインを見ていたが、実際に見てみると感じ方が違う。
使い勝手は実際に使ってみないと分からないけれど、そうとう研究されていることは確かだ。
そして何よりも美しい! デザインにおいて機能性と美の調和はよく語られているが、これほどその二者が調和しているデザインはないのではないかと思わせるようなプロダクトだった。

e0160774_22131661.jpg
e0160774_2213563.jpg

ポータブルテレビ。ブラウン管のため、後ろは飛び出ているが、飛び出した形がかわいくて気に入った。

e0160774_22142231.jpg

オーディオセットのツマミの色がとてもいい。見やすく、美しくつくられていた。

e0160774_22163774.jpg

私が一番好きなプロダクト。一時はポスターにして貼ろうかと思っていたけれど、最近はこれをペーパークラフトにして立体ポスターとして飾ってやろうかと企んでいる。

それにしても、ブラウン社といえば、シェーバーのメーカーという認識が強いけれど、こんなにすばらしいオーディオシステムなどを製造していたとは知らなかった。

今回、大林美術館のVIP会員になってきた。1年間、すべての展示を無料で見られ、ジャズコンサートも2回無料で、コーヒーも2杯無料になるという。いつも興味深い展示を見せてくれる大林美術館だから、もっと早く買っておけばよかったなあ。
[PR]
by matchino | 2011-03-05 22:17 | 展覧会 | Comments(0)

手書きの日替わり広告

e0160774_21264519.jpg
数日前、明洞駅に掲げられた広告。
チケットの割引の情報サイトの広告らしいが、キャラクターの口の中が日替わりで、手書きで更新されている。
「今日、ティーモンでは3月4日(金)ハンスキン、オンライン商品券が半額になる!」といった感じだ。
この会社のスタッフが毎朝、ソウルの主要駅を回りながら更新しているんだろうなあ。一度TVのCMも見たことがあるが、分かりやすい広告でよかった。広告がうまいなあ。
[PR]
by matchino | 2011-03-04 21:29 | デザイン | Comments(0)

初めての展示会ブースのデザイン

ウクライナでの展示会に出展することになり、ブースのデザインを任された。
今まで展示会のための印刷物やポスターの制作などはしていたが、全体のデザインをするのは初めてだ。準備期間は2週間。
同僚が一つの案を出してくれて、それで進めていくのかと思ったら、担当者は「いくつかの案を出してもらって、その中から選びたい」という。
時間がなかったので、出退勤途中にもアイデアを出し、釜山出張の移動中にもアイデアスケッチを書いた。そして、なんとか担当者の決裁も下りて、担当者のウクライナへ出発前までに準備ができた。私は現地に行けなかったのだけれど…。
8m×2.5mの壁全体を覆う巨大な壁紙をつくってしまったので、ちゃんと貼ってもらえるか心配もあったけれど、展示会を終わって写真を見ると、きれいに設置されていた。
e0160774_21165946.jpg

e0160774_21172613.jpg

真ん中の白い部分は商品のスライドを映写。(下)

壁紙は、「よくできていたから適当に貼ってしまうのはもったいないと思い、現地で専門家に貼ってもらった」とのこと。心遣いがありがたかった。
現地に行ってきた専務は、「ブースのデザインは、お金を掛けないブースの中では一番よかった」と絶賛してくれた。ひいき目に見てるのかとも思ったが、ブースの写真を撮っている人が何人もいたとのこと。本当か!
今回の仕事は、制作自体も楽しかったし、こういう仕事をもっとしたいよなー。
[PR]
by matchino | 2011-02-16 21:19 | デザイン | Comments(4)