新しい感覚の家族写真を撮る「Venture」

10月にソウル・デザイン・オリンピアードに行ってきて、気になった展示がある。
企業の展示がある中で、すごくセンスのいい写真がかかったブースだった。
Ventureという写真館のものだった。
パンフレットだけもらってきたが、後でみてみるとなかなかおもしろそうだ。

http://www.thisisventure.co.kr/

イギリスの会社で、海外進出はソウルが2番目だという。
従来の紋切り型の家族写真ではなく、独特のセンスで新感覚の家族写真を撮るというものだ。
その家族とのミーティングをして仲良くなり、撮影の時は跳んだりはねたり、ボールやギターなど、様々な小道具を動員して、躍動感あふれる写真を撮ってくれる。
そして、その家族だけの感動的な試写会を持ち、その中で気に入った一枚を額に入れる、というもの。
通りがけに記憶にある価格は36万ウォンだったか。
そして、1時間の撮影と7×5サイズの写真1枚の体験パックは75000ウォンだという。
高いといえば高いけれど、試しにやってみる価値はあるかなあ、と。

誰かに頼んで撮ってもらうことも考えたけれど、センスと技術と場所が必要!
ハードルがいくつもあるのだ。
誰か、うちの家族で腕試しをしてみません?
[PR]
# by matchino | 2008-11-14 23:25 | Comments(1)

第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレ

久しぶりにソウル市立美術館に行ってきた。
徳寿宮の脇の石塀の道も葉が散り始めていて、なかなかいい雰囲気。
美術館では11/5まで、第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレの展示がされていた。
e0160774_201785.jpg

今回のテーマは「TURN AND WIDEN(転換と拡張)」。
世界から、なかなかおもしろいメディアート作品がたくさん寄せられていた。

e0160774_202184.jpg

こういうかっこいいオブジェとか。

e0160774_2025388.jpg

こういうインスタレーション。

e0160774_2031398.jpg

これは、カーテンにたくさんの蝶が映されており、赤いボールでカーテンを触ると、それに蝶が寄ってくるというインスタレーション。

e0160774_2033790.jpg

『ネイキッド・ランチ』を思い出させるようなタイプライター。
キーを打つと、文字が虫になって、紙の上を走り回る。

ほかにも気に入った作品、驚いた作品がたくさんあった。
無料なのもあり、インタラクティブなおもしろい作品ということもあってか、たくさんの人が来ていた。

ソウル市立美術館
http://seoulmoa.seoul.go.kr/main.html
[PR]
# by matchino | 2008-11-13 20:06 | Comments(6)