<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中林洞・ホバクマウル

e0160774_22112893.jpg

最近、中林洞(チュンニムドン)がアツい。らしい。
来週(5月20日)にはソウル駅の高架道路が歩道としてオープンするし、聖ヨセフアパートがKBSの「ドキュメンタリー3日」という番組で紹介されたりしていた。

その日の放送内容はこちらから視聴できる。(会員登録が必要)

ちょっと調べたいこともあって、中林洞へ。
ソウル駅で降りて、いつものように文化駅ソウル284の前を通る。
そうすると、道を塞ぐ大量の靴!

e0160774_22112781.jpg
e0160774_22112804.jpg

ソウル駅の高架道路のオープンに合わせたオブジェなんだろうか。
今思うと、近くに塩川橋の靴屋通りにちなんでのことかな。

その塩川橋に行ったら、解説板が立てられていた。
解説によると、塩川橋のいわれについて、「火薬を製造する焔硝庁(ヨムチョチョン)があったということで『ヨムチョチョン橋』といわれていたが、音が変わって『塩川橋(ヨムチョンギョ)』となった」とある。
以前、ネットで調べたときは、毋岳川(蔓草川)に架けられていた塩川橋という橋があったが、川が暗渠化したことで橋がなくなり、その名前を持ってきてつけたとあった。どれが本当なんだろうか。
今の塩川橋ができたのは鉄道が敷かれた後だから、なくなった以前の塩川橋は1900年以前にすでに暗渠になっていたところにあるはず。
それで地図を調べてみると、1908年の地図では、独立門のあたりから下流は暗渠になっていないので、以前の塩川橋は独立門より上流にあるはずだな。
どこにあった橋なんだか気になる…。

さて、塩川橋を渡って薬峴聖堂の前を通って聖ヨセフアパートへ。前から行きたかったカフェ「コーヒーパンアッカン」に寄ろうかと思ったけれど、残念ながら店じまい中で、次回に行くことに。

さあ、今回の目的の中林洞のタルトンネにやってきた。
以前、訪ねた時に気になっていた地域だけれど、最初に紹介した番組によると、「ホバクマウル」というらしい。
でも、ちかぢか再開発されるようで、ところどころに赤いスプレーでバツ印が付けられていた。

e0160774_22112992.jpg

路地に入っていくと、思いがけないバラのトンネル。
韓国では珍しい白バラだった。

e0160774_22112864.jpg

今まで注意してみたことはなかったけれど、つぼみにうっすらと薄紅色が指していた。
開いた花は真っ白なのに、あの紅色はどこに行ってしまうんだろう。

このブロックを回っていくとなかなか面白い。
カラフルなシートが窓に貼られた床屋。
外から見えないようになっているっていうことは、あの噂のいかがわしい床屋なんだろうか…?

e0160774_22112966.jpg

大通り側に出ると、資材を売る店。
茶房(タバン)的な看板がいい。けれど、閉店して久しいようだ。

e0160774_22112944.jpg

この並びにも撤去のバツ印が。なんとか残って欲しいけれど、難しいかな…。

[PR]
by matchino | 2017-05-14 22:15 | 街歩き | Comments(0)

益山・旧益沃水利組合事務所(現・益山文化財団)

e0160774_19381886.jpg

公州に行った前日、百済文化のもう一つの遺跡地、益山を訪ねた。
本当は益山の旧市街を歩き回りたかったけれど、時間がなくて帰り道にちょっとだけ近代建築を見てきた。
弥勒寺址の解説士に教えてもらったのが、益山文化財団として使われている建物。

e0160774_19372259.jpg

もともとは益沃水利組合の事務所として使われていた建物で、1930年に建てられたもの。後に全北農地改良組合の庁舎として使われた。

調べてみると、この水利組合というのは農業の灌漑や水害対策のための組合だということだけれど、韓国内では日本統治時代に行われた収奪のための団体として悪名が高いようだ。灌漑のためにダムを建設したりするのだけれど、農業用水を使うことに対して水税を取って小作農を苦しめたりと問題が多かったらしく、組合に対する反対運動も起こったという。

そんな水利組合の建物だから、韓国の人たちにとっては痛みの歴史が刻まれた場所といえる。
それでも建築的には価値が認められて、2005年には登録文化財に指定されている。

e0160774_19375967.jpg
e0160774_19380056.jpg
e0160774_19380160.jpg

レンガの外装で、1階は鉄筋コンクリート造、2階はレンガ造となっている。
そして、水色に塗装された屋根は2段階の傾斜があるマンサード屋根。屋根裏は倉庫として使われたらしい。
この屋根の中を見てみたかったけれど、事務所の建物なので入れないだろうなあ。
でも、文化財庁が行なった調査報告書があり、屋根裏の写真もあった。写真を見たらもっと入りたくなってしまったけど。

その隣りにあったレンガ造りの倉庫。

e0160774_19380089.jpg

レンガ造の建物もいいけれど、その右側にあった新庁舎もなかなかいい。
1975年に建てられたらしい。

e0160774_19381898.jpg
e0160774_19440908.jpg


モダニズム的な直線とか、上の円形とか、後ろの煙突とか、萌え要素はたくさん。
もとは農地改良組合として使われていた時代の建物で、組合が場所を移してから放置されていたようだ。
そして今は芸術家のレジデンスとして使われているようだ。ここで展示も行なったらしく、痕迹が残っていた。

このあたりは益山の旧市街で、日本人もたくさん住んでいたらしい。少し歩いただけでも古びた日本家屋がところどころに見つけられる。

e0160774_19451631.jpg
e0160774_19451645.jpg
e0160774_19451758.jpg
e0160774_19451789.jpg
e0160774_19451744.jpg
e0160774_19451708.jpg

ずっとこの辺りを歩き回りたかったけれど、次回に。益山、また行くぞ。





[PR]
by matchino | 2017-05-09 20:00 | 建築 | Comments(0)

公州、錦江の鉄橋を渡れ!

e0160774_09523656.jpg

「錦江の鉄橋を渡れ」

なんだか戦争映画のタイトルみたいだが、前回、公州を訪れた時に私に課せられたミッションだった。
以前、公州へ近代建築巡りの旅に出た時に、建築の専門家たちが私に教えてくれたのだ。
しかし、冬で小さい娘を連れてだったので、そのときは果たせなかったミッションなのだ。
それを、百済歴史遺跡の取材で公州へ行ったついでに取材の前後に訪ねたというわけ。
今回の取材が公山城だったので、バスターミナルから鉄橋を渡って歩いて行くことに。

e0160774_09523425.jpg

この錦江鉄橋がつくられたのは、日本統治時代の1933年。当時、漢江以南では最も長い橋だったという。
当時、ソウルから木浦に向かう国道1号線上に架けられた橋。
1932年に忠清南道庁が公州から大田に移す代わりに架けられ、これによって公州は交通の要地となったわけだ。
工法的には当時としては最新のもので、橋梁史的にも重要な意味を持つらしい。
ワーレントラス構造の上弦材をアーチ形状にした、当時としては珍しいものだという。
朝鮮戦争の時に3分の2が破壊され、1952年に復旧した。

e0160774_09523594.jpg

昔の鉄橋なので、片道1車線しかなく、その横に自転車専用道路がついている。自転車専用といっても歩行者も通れる。
昔は車道が2車線だったが、その横に大きな橋がつくられ、交通においては重要な橋ではなくなった。
車道と自転車道の間には駐車場にあるような車止めがあるだけなので危なっかしいが、こういう危なっかしさが許されているのがかえって嬉しい。

e0160774_09523574.jpg

そしてもう一つ、映像展示館の近くをふらついていて見つけたのがこの劇場。
韓国古建築散歩のりうめいさんが見つけていて、湖西劇場と似ているようで違うらしい形なので、どこにあるのかと思っていたところだった。

e0160774_09562792.jpg
e0160774_09562729.jpg
e0160774_09562759.jpg

今回、公山城を案内してくださった文化解説士が、公州の旧都心について詳しい人だったので訊いてみると、公州劇場といって、湖西劇場と共に70〜80年代の公州を代表する劇場(映画館)なんだという。
湖西劇場の脇の絵について訊いてみると、最近行われた撮影イベントのために描いたものだという。「公山城の血闘」という映画は実際にあった映画で、そのポスターを模写したものなんだとか。

で、一つ残念だったのは、草花文学館にまた入れなかったこと。
開館時間が4時までで、20分遅かった。今度は時間を確認して早めに行かないとなのだ。

あと、まだ行けてない洋館もあるし、ルチアの庭もまた行かないとなので、公州、再訪せねば。

[PR]
by matchino | 2017-05-07 10:13 | 建築 | Comments(0)