<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ソウル駅春の散策 その2

「ソウル駅春の散策」の続き。
スタンプラリーが終わってもう一度、塩川(ヨムチョン)橋に戻って出発した。
今回のガイドは、「ソウル散策」という社団法人の方。建築を専攻して、町づくりの事業をしているらしい。

今回のコースは、塩川橋の靴屋通り − 薬峴聖堂 − 孫基禎体育公園 – 国立劇場
まず、塩川橋のたもとにある手製靴通りについて話してくれた。ここに手製靴の店ができたのは、日本統治時代のこと。ソウル駅の裏に物流倉庫があって、そこから流れてきた皮の端切れでここに靴市場ができたのが始まりだという。けれど、ネットで調べてみると、米軍のブーツを修繕することから始まったとか。何が本当なんだ…?
ソウルの手製靴通りとして有名な聖水洞は、ここが狭くなって移った人たちがつくった町だとのこと。全盛期にはここに地方から観光バスで商人たちがやってきて、靴を買っていったという。
e0160774_22311169.jpg

そして、実際に靴屋に入って話を聞いてみた。一階は店で、地下には工房があるということで見せてくださった。もう何十年も使っているだろうミシンがいい感じ。ミシンは日本製か?
e0160774_22311138.jpg
e0160774_22315770.jpg
e0160774_22311117.jpg

次に訪ねたのは薬峴(ヤッキョン)聖堂。明堂聖堂よりも早く建てられた、ソウルで最初の西洋式教会建築だったが、1992年、放火により全焼。現在のものは、以前のそのままに再現されたもの。でも、「昔のもののほうがもっと美しかった」と語る人が多いという。って、どういうこと⁉︎
e0160774_22324341.jpg
e0160774_22324455.jpg

この辺りは坂が多い。ベビーカーを押してだとたいへん…。
聖堂から少し降りて、また登ったところにあるのが孫基禎(ソン・キジョン)体育公園。1936年、ベルリンオリンピックでマラソンで金メダルをとったけれど、日本統治時代だったために日本の選手として記録が残っている孫基禎選手を記念してつくられた公園。孫基禎記念館としてレンガ造りの建物が残っており、これは孫基禎選手が通った学校の建物だったという。
e0160774_22311122.jpg
この建物の脇には大きな木が植わっているが、孫選手がオリンピックで月桂冠の代わりに受けたオークの苗を植えて大樹となったもの。
e0160774_22311106.jpg

孫基禎体育公園から丘を下り、昔は西武駅と呼ばれたソウル駅の裏側の方にやってくる。このあたりもけっこう古い家屋が残っていて、ソウル駅の表側とは大きく違いがある。再開発がなされていないのは、この辺りにキムサ(国軍機務司令部)の輸送隊があり、この周辺の建物の高さ制限がされていたためだという。キムサ輸送隊は情報を収集・分析する役割をしたために外から監視ができないようにしたと説明してくれたけれど、輸送隊が情報を管轄ってどういうと?まあ、キムサ自体が泣く子も黙る恐ろしい機関だということなので、キムサだけでも充分か?
1981年から30年間、キムサとして使われていたが、移転してからは国立劇場として使われている。キムサで使っていた建物をそのまま残して赤く塗っている。中も見学してもいいということだったが、公演中ということで入れず。
e0160774_22334766.jpg
私が気になったのは、ここが日本統治時代にどんな場所だったのかということ。訊いてみると、工場が集まった地域だったとのこと。

最後にもう一ヶ所、ケミスーパーを訪ねる予定だったけれど、スーパーの主人が手製靴通りのイベントに遊びに行ってしまったということで訪問できなかった。事前に連絡しておいたのに忘れていたようだ。なんかこういうゆるさがいい。
というわけで、約1時間の散策は終了。なかなか楽しかったし、また来てみたい所がたくさんあった。
「いつもは散策プログラムを有料でやってるんですけどねー」というガイドさん。これから本格的に散策プログラムを始めるということなので期待してみよう。


[PR]
by matchino | 2016-05-03 22:38 | 街歩き | Comments(0)