<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

美術館となった旧ベルギー領事館

e0160774_21521582.jpg
ソウルにある近代建築は圧倒的に漢江の北にあるものが多い。今でこそ漢江の南は栄えているが、昔のソウルの中心は漢江の北にあったからだ。それで、古い建築がないから、私と江南とはあまり縁がないのだが、江南を訪ねていく理由の一つが、このソウル市立美術館の南ソウル生活美術館があるから。といってもなかなか行く機会に恵まれず、今まで2回しか行ったことがないのだが。

日本人の建築家によって設計された美しいレンガ造りの建物で、元をたどると会賢洞にあった駐韓ベルギー領事館の建物だった。それが領事館の移転によって横浜貿易会社に売却された。解放後も紆余曲折があったが、文化財に指定され、再開発によって移転されながらもその姿を保ってきた。現在はウリ銀行の所有となっており、ソウル市に無償で貸し出している状態だという。

その旧ベルギー領事館の110周年を記念して、まさにこの建物で行われている展示が、「美術館となった旧ベルギー領事館」。この建物の歴史と、それにちなんだ美術作品の展示で、「ソウルの近代建築の生き字引」といわれるアン・チャンモ教授のキュレーションで行われるとのこと。さっそく訪ねてみた。

今回の展示で期待していたことがある。それはこの建築の設計者のこと。どこの本を見ても「コダマ」としか書いていない。それで、もしかしたらこの「コダマ」さんの正体が分かるかもしれないということだった。

さて、旧ベルギー領事館は、地下鉄4号線の舎堂駅で降りてすぐのところにある。普通の韓国的な街の中にとつぜん美しい洋館が現れるので、驚く人も多い。久しぶりに訪れた旧ベルギー領事館は、やはり美しかった。

e0160774_21551412.jpg
e0160774_21551424.jpg
e0160774_21521535.jpg
e0160774_21521601.jpg
重々しい扉を開けると中央に廊下があり、その両側が展示室となっている。
最初の展示室の壁には解体して再建するまでの写真が展示されており、この建物の年表があった。
e0160774_21521640.jpg
e0160774_21521602.jpg
そして、概要を紹介する文章に、設計者の名前があった!
児玉琢。
(D. Godama)とあるのは、ハングルから変換した英文表記であることは間違いない。
名前の読み方は書かれていなかったが、「たく」だろうなあ。

さらに、「日本人・児玉琢が設計したといわれているが、児玉は設計士ではなく建築技師であり、建築様式は当時のベルギー国王であったレオポルド2世が好んだ新古典主義様式で建てられたため、『レオポルド2世様式』とも呼ばれた。正確な様式名は『後期古典主義建築』である」とあった。
実際、児玉氏は技師だったようだ。
でも、これを様式だけで片付けてしまうのはちょっと乱暴じゃないかなあ。
まあ、日本人が設計したものを「美しい」とは評価しにくいため、そのような方便をつかったのではないか、というのが私の推測。まあ、この美しい建物が残ってくれればそれでいいのだけれど。

部屋の真ん中には当時の資料。ほとんどがアン教授個人の所蔵だ。すごい…
e0160774_21521685.jpg
その中で目を引いたのが、ベルギーが朝鮮と修好通商条約を締結して最初に領事館を置いた場所を示す貞洞の地図。
e0160774_21521615.jpg
最近読んだ「ソンタクホテル」、「貞洞の各国公使館」という本に、ベルギー領事館について詳しく出ていたのだが、その本に書かれていたとおり、フランス領事館の向かいに「前比利斬領事館(前ベルギー領事館)」とある。ここは、朝鮮王朝のために多大な貢献をしたフランス産まれのドイツ人、ソンタク(孫澤)婦人のために、当時の国王である高宗が下賜した洋館なのだという。
e0160774_21521676.jpg

1階は、この建物の歴史に関する展示で、2階は旧ベルギー領事館をモチーフにした美術作品を展示していた。
けっこう興味深い作品が多かったが、その中でも一番気に入ったのが、近代建築をモチーフにした作品。
旧ベルギー領事館とか江華島の聖公会温水里聖堂、徳寿宮の静観軒など、私が気に入っているソウルの近代建築ばかりをモチーフをしているのがなんだかうれしかった。
e0160774_21551484.jpg

前回来た時は、それほど建物を見る時間を取れなかったけれど、今回はちょうど連れてきた娘が寝てくれたので、建物の細部を眺めることができた。それにしても、娘が大きくなってきたので、おんぶして写真を撮るのはつらい…。
e0160774_21551406.jpg
e0160774_21551469.jpg
階段も美しい…


展示は2016年2月21日まで。地下鉄4号線舎堂駅6番出口を出てすぐ。

[PR]
by matchino | 2015-12-28 22:01 | 建築 | Comments(0)

ご当地シャトルで行く安東旅行 2 河回マウル

e0160774_19501388.jpg
韓国観光公社の「Korea ご当地シャトル」で行く安東旅行、屏山書院の次は、河回マウルへ向かった。
河回ジャントという市場の前でバスを降り、チケットを買ってからシャトルバスに乗った村に入るようになっている。

村に入る前に、安東名物の安東チムダクでお昼。数年前に安東チムダクが全国的に流行ったことがあって、その頃に数回食べたことがあるけれど、それを最後に一度も食べることのなかったチムダク。昔は辛く感じたが、今日はそうでもなく、おいしく食べられた。そして、ソースをご飯にかけて食べるととてもおいしく、ご飯が足りないくらいだった。
e0160774_19442600.jpg
食堂を出た途端に、魚を焼くいい匂い。安東のもう一つの名物であるサバを焼いていたのだ。お腹いっぱい食べた後なのに、また食べたくなってしまった。

バスに乗る前に簡単なパンフレットを見てみると、この辺りの配置が分かった。洛東江が円を描くようにぐるりと巡っており、その中に河回マウルがある。そして、河回マウルから山を越えた所に屏山書院があるというわけだ。屏山書院の向かいが断崖になっていたように、河回マウルの向かいも断崖になっており、その上は芙蓉台といって見晴らしがいい場所になっている。芙蓉台には渡し船で渡れるという。

さあ、いよいよバスに乗って出発。
地方の路線バスって、素朴でいい。
e0160774_20243105.jpg
バスは2~3分で到着。ここからが河回マウル。

河回マウルは、豊山柳氏の氏族村で、600年にわたってその子孫が住み続けているという。ここの村からは儒学者の柳成龍や領議政の柳雲龍などを排出し、俳優の柳時元(リュ・シウォン)の実家とか、由緒ある家がたくさんあるようだけれど、有名なところだけでなくても一つひとつの家屋を見ていくだけ面白い。
e0160774_19442672.jpg
韓屋の特徴は、様式は同じだけれど、立地条件などに合わせて、また個人の趣向に合わせて様々な配置や構造が出てくること。一つひとつ見ていくと、似たようでありながらも 違いがあって興味深い。
e0160774_19501383.jpg
e0160774_19501473.jpg
柳雲龍の家だった「養眞堂」

e0160774_19501461.jpg
柳成龍の家だった「忠孝堂」

e0160774_19501499.jpg
柳時元の家。
e0160774_19513895.jpg
これは、貧しいソンビたちを助けるために、お金を入れておくところ。
穴が小さめにできていて、肉体労働をするごつい手だと入らないので、勉強ばかりして手が繊細なソンビしかお金を持っていけないようになっているんだとか。

e0160774_19501397.jpg
前回、建築の本を読んだ時に、両班の家の構造について書いてあった。男たちのための建物である「舎廊チェ」と、女性たちのための「アンチェ」、その間を仕切っている「中門」、それから下人たちが使う「行廊チェ」があるというが、実際の家でどれがどれに当たるのか、説明を聞いてみたいな。もしかしたら河回マウルの建築に関する本が出ているかもしれない。調べてみようか。

写真を整理してみると、塀や壁を撮った写真が多い。
門の中に入れたらもっと韓屋を観察できたんだろうけれど、韓屋が見られないから壁を撮っていたのかもしれない。でも、壁も味のあるものが多いな。
e0160774_19442664.jpg
e0160774_19442641.jpg
e0160774_19442671.jpg
e0160774_19442607.jpg

村の真ん中にある樹齢600年といわれる巨木。
e0160774_19501304.jpg
願い事を書く紙が用意されていて、木の周りに結びつけるようになっている。
なんとも絵になるー。
e0160774_19501354.jpg
河に沿った辺りは松の林になっている。
e0160774_19513800.jpg
そして、河の向こうは断崖がそびえている。これが芙蓉台だ。
e0160774_19513992.jpg
3000ウォン払い、渡し舟に乗って対岸に渡る。
最近、河の水量が少なくなっているということだったが、そのためだろうか、あっという間に対岸に着いてしまった。
e0160774_20081433.jpg
e0160774_19513937.jpg
対岸にも幾つかの家がある。
また書院もあって、屏山書院の晩対楼にそっくりな楼があった。
e0160774_19514088.jpg
書院の脇からは芙蓉台に登る道がある。
e0160774_19514014.jpg
運動不足の私でも楽に登れるくらいの道を登ると、視界が開けた。ここが芙蓉台の頂上だ。話に聞いていたが、本当に河回マウルが見渡せる!
e0160774_19514035.jpg
韓屋の集落だけでも充分な見どころとなるのに、自然の展望台まであるなんて!安東河回マウル、侮れない!

e0160774_19514098.jpg
芙蓉台の下で。ススキに日が当たって絵になるー。


河沿いには土手があって、桜並木がある。春にも来てみたいな。
e0160774_20081450.jpg

芙蓉台まで行っきたので時間が遅くなったが、別神グッ仮面劇を見に行った。
これは民間信仰の神を楽しませるために捧げられる踊りで、内容は風刺劇のような感じだ。
両班やソンビ(儒学者)、僧侶、女性、下人、お婆さん、バカなどの様々な役があって、全員が仮面をかぶって演技をするが、それぞれが素晴らしい演技をしていた。韓国に住んでいると「こういう人いるよね」的なあるある感が面白い。
e0160774_20081410.jpg
e0160774_20081465.jpg
この人は「イネ」というちょっと足りない下僕。
この人の動きがバカっぽくてすごい!


発音のせいか、言葉の難しさのせいか、理解できない部分も多かったけれど、観客席からはけっこうな笑い声が起こっていたので、もう少し言葉が理解できたらもっと面白かったんだろうな。
e0160774_20081448.jpg
最後には出演者がみんな仮面を脱いで挨拶。
昔は女性の役もすべて男性が演じていたという。
最近は女性も入っているというが、それでもほとんどが男性が演じていた。

村をもう少し回ってみたい気持ちもあったが、寒くなってきたのでバスに乗って帰ってきた。
3時半くらいに出発して、明洞に7時半くらいには到着。

前回も書いたけれど、安東に日帰りで行ってこられるというのはとってもありがたい。
でも、この安いツアー、12月26日までだという。
申し込みを急げ!

[PR]
by matchino | 2015-12-05 20:34 | 旅行 | Comments(2)

ご当地シャトルで行く安東旅行 1 屏山書院

e0160774_17300686.jpg

韓国観光公社が主催する「Koreaご当地シャトル」の安東コースに参加した。
これは韓国観光公社が支援して、本当なら10万ウォンくらいかかるものを、期間限定で5万ウォンで行って来れるお得なツアー。
この「ご当地シャトル」、江陵と扶余と安東のコースがあるが、その中で安東を選んだのは、屏山書院の建築がすばらしいという話を聞いていて、これは見なければと思っていたから。
安東は陶山書院を訪ねたことがあるが、個人でいく場合、汽車とバスを乗り継いで、それもバスの本数が極めて少ない。だからこういうシャトルができたというのはとってもありがたい。さらに日帰りという気楽さもいいし。

安東は遠いので、朝6時50分にロッテホテルに集合。観光バスで出発した。
途中一度サービスエリアで休憩して、トータル3時間半で到着。
寝て、少し本を読んでいたらあっという間だった。

まずは屏山書院へ向かう。
洛東江の河沿いの舗装もされていない道を走っていく。絡東江の反対側は断崖になっていて、その景色もすばらしい。
e0160774_17290951.jpg
行くのは不便だけれど、ここは絶対に舗装すべきではないな。それにしても、ここを建てた人たちはどうやってこんなところを探し当てたんだろうか。そんなことを考えているうちに、書院に到着した。
憧れの屏山書院にやっと来た!という感動を感じる間もなく、バスを降りたらすぐ目の前に書院の門である複禮門があった。陶山書院に比べると小ぢんまりとしている。
e0160774_17303272.jpg
今回、屏山書院で見たかったのは、晩對楼(マンデル)。屏山書院の前に流れる洛東江と、その向こうにそびえる屏山を眺める楼閣で、7間の横に広いフレームの中に目の前の絶景を取り込む建築となっている。…という。
「という」と書いたのは、今回、この楼に上がることができなかったから。ネットで調べると、楼に上がっている写真がたくさん見つかるのに、文化財保護のために上がれないようにしたんだという。
なんとも残念! この空間に浸るのが今日の目的だったのに!
それでも晩對楼を見られたのはよかった。何か特別に上がれる日がないか、調べてみよう。
e0160774_17343570.jpg
e0160774_17321067.jpg
e0160774_17343445.jpg

晩對楼を越えると、書院の中心となる立教堂(イプキョダン)がある。ここは儒学生たちを教育していた場所。
e0160774_17321059.jpg
e0160774_17321159.jpg
e0160774_17321140.jpg
この建物には韓国独特の建築美が生かされているという。それは、対称の中に非対称をつくるということ。正面から見ると、一見、左右対称に見えるが、非対称が隠されているのだ。
真ん中に「マル」とか「テチョン」と呼ばれる板の間があって、両側にオンドルの部屋があるが、オンドル部屋の前には両方とも「退(テッ)マル」と呼ばれる縁側のような部分がある。この退マルの幅が左右で違うのだ。
こういう建築についての細かい解説を聞きながら見てみたいな。

書院には二つの機能があって、その一つは儒学生たちの教育、そしてもう一つは先賢の祭祀だ。先ほどの立教堂が教育の場で、祭祀の場が尊徳祀(チョンドクサ)。尊徳祀の三門には太極紋があり、柱の下には八卦が描かれていた。
e0160774_17321012.jpg
e0160774_17321129.jpg

書院の中心部分の東側にある下人たちの建物の庫直舎。これもやはり非対称。
e0160774_17321157.jpg
e0160774_17321196.jpg
時間の関係で、屏山書院には30分しかいられなかった。写真を撮るのに忙しかったので、今度またゆっくり時間を持って来てみたいな。
e0160774_17321082.jpg
e0160774_17343415.jpg
さあ、次は河回マウルへ。
安東旅行は次回へ続く!

[PR]
by matchino | 2015-12-02 22:48 | 旅行 | Comments(0)