<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

金海空港から大邱美術館へ行く!

大邱に取材に行く用事ができたので、大邱美術館での草間彌生展を見てきた。
でも、大邱から金海空港に人を送らないといけなかったので、金海空港からまた大邱まで行こうか行くまいかと迷った。が、どうせここまで来たんだから、と半分意地になって行くことにした。

さて、金海空港から大邱美術館までの道のりは事前に調べておいた。
まず、高速バスで東大邱駅に行き、地下鉄で大公園駅へ。
そこからは美術館の無料シャトルバスが運行している。
今回は金海空港から大邱美術館までの道のりを紹介しよう。


金海空港 → 東大邱駅


まずは金海空港の到着ロビー(1階)で高速バスのチケットを買う。
外に向かって右の方、3番ゲートの辺りに東大邱までのバスのチケットカウンターがある。
愛想の悪いお姉ちゃんに「トンテグカジヨ(東大邱まで)」というと、むすっとしながらチケットをくれる。(- -;)
8000ウォン。時間を聞くと、1時間20分ほどで到着するという。
カウンターの横にはXバナーが立っていて、出発時刻が書いてある。
建物を出るとバス乗り場がずらっと並んでいる。東大邱行きのバスの停留所はやはり外に向かって一番右の端の1番乗車場。
指定席だけれど、人が少ない場合はチケットの確認してから他の席に移ってもとがめられることはない。

最初は少し道が混んだりもしていたが、やがて快適に走り出した。
窓の外には洛東河が流れ、晴れた空の下、山の風景が美しい。
e0160774_13282795.jpg

ふとFBを確認すると大邱ツアー友達のひゃんりさんも大分市立美術館での草間彌生展を見ているところだという。不思議ー。

さて、少し渋滞したせいか、1時間30分ほどで東大邱に到着した。
東大邱駅の前に到着するのかと思ったら、小さな駐車場に入った。ここから駅まで探して歩かなければならないと思うと少し心配になったが、Daumの地図アプリで確認すると、歩いてすぐの所に駅があることが分かった。
e0160774_1329144.jpg
左の駐車場に到着。ここから右の方へ行くと、右の角にバスターミナル、その向かいに地下鉄東大邱駅がある。

バスを降りたところの近くにバスターミナルがあり、その道の向かいに公園があって、地下鉄東大邱駅の目印であるガラスのピラミッドがある。
そこから公園内を右の方へ歩いていくと、KTXの東大邱駅が現れる。
e0160774_13293259.jpg
左に東大邱駅のピラミッドが見える。この脇を過ぎて右の方へ行くと、KTXの東大邱駅がある。

とりあえず帰りのチケットを予約して、スーツケースをコインロッカーに預けた。中型ので2000ウォン。指紋認識によってロックするもので、ちゃんと保管できるか心配だったけれど、なんとか保管に成功。


東大邱 → 地下鉄2号線「大公園」駅


さて、身が軽くなったら再び地下鉄の駅に向かう。さっきのガラスのピラミッドの下が地下鉄の駅に下りるエスカレーターだ。
東大邱駅は1号線で、美術館のシャトルバスが出ている大公園駅に行くには半月堂駅で乗り換えが必要だ。大邱の地下鉄は1、2号線しかないので、まあ、地下鉄の乗る方向さえ間違えなければ問題なく到着するだろう。乗り換える線も一つなので迷う心配もない。
大邱市の地下鉄は一律1200ウォン。自動券売機で大人何枚と選択してお金を入れると、丸いプラスチックの「トークン」というチケットが出てくる。
改札を入る時はトークンをセンサーに当て、出る時は改札の機械の穴に投入して回収する。


地下鉄「大公園」駅 → 大邱美術館


さあ、いよいよ大公園駅に到着。ここからは美術館の無料シャトルバスがある。美術館のサイトには大公園駅の2番出口だとインフォメーションがあったが、駅の中にあるシャトルバスの案内板は5番出口を指しており、5番出口前に停留所があった。
e0160774_13312644.jpg
緑の表示が大公園駅5番出口。左の方のこげ茶色の標識がシャトルバスの停留所。

やがて「草間バス(草間彌生の写真がでかでかとプリントされているので、私が勝手にそう呼んでいる)」がやって来た。
バスに乗って待っていると、時間ぴったりに出発した。前回乗った時はもう少し時間がかかったように感じたが、実際に測ってみると、20分もしないで到着した。

KTXの時間があるので、帰りのシャトルバスの時間をチェックしておく。
でも、実際は帰りに出てくると草間バスじゃないバスが停まっていて、早めに出発した。週末で人が多かったので、隣の結婚式場のバスも手伝って増発したのかもしれない。

というわけで、東大邱駅からは1時間弱で無事到着した。
待望の草間彌生展は次回に。乞うご期待!
[PR]
by matchino | 2013-10-26 13:43 | 旅行 | Comments(2)

ハイソウル・フェスティバル「破片の山」

ハイソウル・フェスティバル4日目、ソウル市立美術館の前で行われたパフォーマンス、「破片の山」を見てきた。
これは美術館のレンガ造りの壁にやぐらを建てて、吊るしたロープでアートサーカスのようなパフォーマンスを行うもの。
去年のフェスティバルで同じようなパフォーマンスを見て感動したので、今年ももう一度見てみたかったのだ。

公演が始まる前から壁には、ビームプロジェクトによって、水彩画のような映像が映し出されている。
e0160774_21464040.jpg

やがて韓国人と思われる女性が二人登場してダンスを始めた。現代舞踊的なダンスだ。
両側のやぐらの上にはそれぞれ西洋人の男性と女性が現れ、吊るされた紐を伝って逆さになって降りてきた。
e0160774_214756.jpg

彼らも一緒にダンスを始めたが、体格や身体の動きが前の二人とはまったく違って美しい。それだけでも美しいのに、そこにさらに映像が重ねられて息を飲むような美しさだ。
そして、二人の西洋人は紐を伝って登り、空中でダンスを始めた。
e0160774_21473956.jpg

他の二人の力を借りて左右に振れたり、壁に足をついて立ってアクロバティックなダンスをしたりしている。
e0160774_21481315.jpg
e0160774_21483081.jpg

この壁に足をついて立って、宙返りしたりするパフォーマンスは何回も見たことがあるけれど、今回のものはずっとアクロバティックで、さらに動きが美しかった。
e0160774_21485892.jpg

また、ビームプロジェクトで投影される映像が美しい。特にこのたくさんのドットが人について動き回る映像が一番気に入った。
e0160774_21493167.jpg
e0160774_21495475.jpg


去年見たものが終始飽きさせなかったのに比べると、東洋人の二人のダンスのあたりなどはちょっと飽きさせてしまう部分もあった。
もちろん、素晴らしい公演なのだけれど、毎年すごいものを見ているのでちょっとのことでは驚かなくなってきたのかも。
でもきれいだったし、観てよかったなと。
[PR]
by matchino | 2013-10-18 21:51 | イベント | Comments(0)

ハイソウル・フェスティバルでの「搬入プロジェクト」

超多忙で上げられなかったが、ハイソウル・フェスティバル2013の話。
今年は10月2日から5日まで行われたが、10月3日は開天節でお休みなので、末っ子を抱っこして出かけた。
プログラムを見て興味を持ったのは、「搬入プロジェクト」という公演。日本の「悪魔のしるし」というチームによるものだそうだ。

ソウル市庁の前に行くと、カクカクと折れ曲がった黒いオブジェが置かれている。
e0160774_21395263.jpg

開始時間になると、このプロジェクトを企画したアーティストの危口氏が説明を始めた。
「ソウル市庁の中に設置するオブジェを間違えて外に作ってしまいました。これを皆さんで力を合わせて中に入れましょう」というのだ。
そして、市庁の入り口の模型とこのオブジェの模型を使って、搬入の方法のブリーフィングを行った。あっちを上げたりこっちを上げたり回転させたりして、なんとか搬入するのだ。
e0160774_21403092.jpg

e0160774_2141996.jpg
説明をする建築家の石川卓磨氏。

スタッフの指示に従って、現地のボランティアと見に来た市民みんなで持ち上げてプロジェクト開始。
e0160774_21423625.jpg

まず頭を入れて、ある程度入れたら回転させて、少しずつ動かしていく。言葉で説明するのは簡単だけれど、そう簡単には入らない。
e0160774_2143116.jpg

e0160774_21433061.jpg

20分くらいかかってやっとドアを通過した。参加者たちの拍手と歓声が上がる。
e0160774_21434862.jpg


でも、その時、スタッフが「オブジェを置く位置はここではないのでそこまで運びましょう。さっきと同じでは面白くないので、今度は尻尾から出してみましょう」という。

なに! 出すだと⁉︎

そう。今度は市庁の反対側の出入り口から「搬出」するというのだ。
というわけで、建物の中のさまざまな障害物を避けながら、出口の前まで運んだ。

さあ、もう一度挑戦だ、と尻尾を入れた時点で止まってしまった。なんとドアの片方が開かないというのだ。普段使わないドアのため、開かなくなってしまったらしい。
市庁の職員がなんとか開けようとするけれど、なかなか開かない。それで一度解散して30分後に集合することになった。

その休憩時間を使って、日本から来たスタッフにいろいろと聞いてみた。
このプロジェクトを始めたきっかけは、プロジェクトリーダーである危口氏の経験によるものだという。
演劇の演出家である彼は、生活のために工事現場で働いていた。そこで働く人たちが大きな資材を運び、搬入する技術に感動し、そこに面白さを発見したのだという。
それで、同じ大学の卒業生である建築家の石川卓摩氏に呼びかけてこのパフォーマンスを始めたのだという。
皆、これを仕事ではなく趣味でやっているため、このプロジェクトを海外でやるとなると、会社に頭を下げて休暇をもらって来なければならない人もいる。それでもこのプロジェクトが楽しくてやっているようだ。
このオブジェをどのように設計するのかと聞いてみると、1週間前に現地を下見してドアのサイズを測って模型を作り、建築家がオブジェの設計をするのだそうだ。それを木工技術者が現場でベニヤを組み上げるという。
今回のようなハプニングはけっこう起こるものなのかと聞いてみると、しょっちゅういろいろな形で起こるのだという。最初の頃はオブジェが壊れてしまうこともあったという。でも、すべてのハプニングを楽しんでいた。

さて、開かなかったドアの方は、実は30分後に再開しようと解散した5分後に開いていたが、人を探しに行くと皆どこかへ行ってしまっていたので、30分後に再開することになった。
e0160774_21445556.jpg

出す方は入れる時よりもてまどった。入口より狭かったのだろうか。あっちを上げ、回転させてを何度も繰り返して、なんとか出すことに成功した!
e0160774_2145215.jpg

と思ったら、「これが最後の最後です。地下に下ろしましょう」という。子供もぐずり始めたので帰ろうかと思ったけれど、最後まで付き合うことにした。
スタッフが子供たちを集めて、「君たちに重要な任務をやってもらう。階段の下におりて指示を出してくれ」と。最後まで楽しい演出をしてくれる。
e0160774_21454246.jpg

階段を降ろすのもけっこうたいへんだったが、なんとか降ろしてやっと終了。
ふう。見ている方もたいへんだ。
e0160774_2146483.jpg

e0160774_21462986.jpg

でも、やっていることはたいへんだし、うまくいかないと怒鳴ってしまいそうな状況になるのではないかと思ったけれど、まったくそのようなことはなかった。スタッフは終始笑顔で、このプロジェクトを楽しんでいる。
終始「楽しむ」というモードでリードしていたので、参加者皆が楽しめるプロジェクトになったのではないだろうか。
また、参加者同士でたいへんなことを一緒に成し遂げたということによる一体感みたいなものが生まれたんではないだろうか。
このプロジェクト、韓国では2回目で、2年前に白南準(ナムジュン・パイク)アートセンターで行ったことがあるという。
そのためだろうか、リーダーの危口氏は簡単な韓国語は知っていて、「オルンチョク(右)! 」とか、「シゲパンデバンヒャン(時計と逆回り)!」とか韓国語で指示したりもして、参加者たちの好感を買っていた。
個人的には日本と韓国両国の人が力を合わせてたいへんなことを成し遂げたというのが嬉しい。
e0160774_21483097.jpg

このオブジェを作った木工担当のスタッフと記念撮影。彼の名前を聞くのを忘れた…。
最初から最後まで笑顔が素晴らしかった。
[PR]
by matchino | 2013-10-14 21:53 | イベント | Comments(4)