<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サムスン美術館プラトーで村上隆の回顧展

e0160774_1545476.jpg

7月4日からサムスン美術館プラトーで、村上隆の回顧展が行われている。
展示に先立って村上氏自身も韓国を訪れて記者会見と一般の人を対象にしたアーティストトークイベントを行ったらしい。
記者会見の方の記事は、よく知らない人たち向けの記事だったけど、アーティストトークに参加した人たちのブログ記事は、ちょっと深めの内容もあって読み応えがあった。

村上氏については、韓国でも注目されている。「日本のアンディ・ウォーホル」と報道されており、西洋中心のアートシーンにアジアから一石を投じた人として有名だ。

西洋の美術において、村上氏の作品がどのように評価されているかということについては、村上氏自身が言及している内容も含めてさまざまなところで語られているが、韓国でどのように受け入れられているのかということはとても気になる。
西洋でアジアの文化を知らしめた英雄として認識されている部分はもちろんあるだろう。アーティストトークの記事をみると、PSYをはじめとするK-POPの西洋での人気について、村上氏自身が言及したということだが、韓国内でも同じ文脈で捉えている部分も少なからずあるだろう。

それと同時に気になるのは、同じアジアとしても、日本と韓国では文化も違い、アートシーンも違う中で、村上氏の作品がどのように受け入れられているかということだ。
日本的な概念がたくさん込められているが、そのような概念が理解されているのかということも気になる。
また、日本国内では村上氏の活動について多くの批判がなされているが、韓国では蚊帳の外であるためか、批判の声は聞いたことがない。
しかし、もし韓国国内の作家が同じような活動をしていたら批判されるだろうか、ということが気になる。
私の考えに過ぎないが、もし韓国で同じような作家が出てきたら、歓迎されるのではないかと思う。もちろん批判する人は出てくるかもしれないが、大きな声でいうことはできなくなるだろうし、社会ができなくさせるのではないかと思う。
その歓迎が作家自身にとって嬉しいものとなるかどうかは分からないが。でも、そうなれば作家はまた違った活動で社会を動かすのではないだろうか。

まあ、いろいろなことを考えていても始まらないので、まず展示を見に行ってみようか。
今まで村上氏の作品を見たことは何度もあるが、アジアで初の回顧展ということなので、まとめてたくさんの作品に触れるいい機会だ。

会期は12月8日まで。観覧料は5000ウォン。地下鉄1、2号線市庁駅8番出口から南大門方面に徒歩5分。
[PR]
by matchino | 2013-07-07 15:43 | 展覧会 | Comments(0)

娘と訪ねる国立現代美術館 その3

娘と訪ねる国立現代美術館の話の続き。

4階の展示室のチョン・ギヨン氏の「絵日記」展はまだ会期が残っていたので、ちらっとだけ見て、ビル・ビオラ展を探す。
ビル・ビオラの展示は、1階のテレビの塔の横の円形展示室にあった。

ビル・ビオラについては懐かしい思い出がある。
高校生の時、「ふくい国際ビデオビエンナーレ」に行ったことがある。名古屋から福井県まで、一人で高速バスに乗って行き、一日中ビデオアートを楽しんで、日帰りで帰ってきた。
その時、会場にあったのがビル・ビオラのインスタレーションだった。

その時の作品は、こんな感じだった。
暗くて狭い空間の壁一面に何かの映像が映し出されている。
誰かの誕生日パーティーの映像だというが、大きく引き伸ばされてスローモーションになっているため、異様で恐ろしささえ感じる作品だった。
それが印象的で今でも憶えているのだけれど、その時以来だとすると、ほぼ25年ぶりの出会いか。

今回も展示室は暗くなっていて、入口には「暗いので足元に気をつけてください」という注意書きがあった。

で、入り口に立って驚いた。暗い通路の向こうに「Bill Viola」の文字が浮かんでいる。
この円形の展示室は真ん中に円形の大きな柱が立っているが、その上にオレンジ色で文字が投影されていたのだった。
e0160774_17353936.jpg


ドラマチックな演出だと思って中に入ると、広い展示室には何もなかった。
暗闇の中を歩いていくと、柱の裏側に縦長の映像が投影されていた。
燃え上がる炎の前に真っ黒な人影が映っている。
時間がなかったのて、その場面しか見られなかったが、少し後で子供たちを連れて見にきた時も同じ映像だったので、これだけかもしれない。

後で解説文を読んでみると、「トリスタン・プロジェクト」というプロジェクトの中の作品で、オペラ「トリスタンとイゾルデ」のための作品らしい。オペラを知らないから何か分からないわけだ。
オペラを知っていても何かわからなかったかもしれないけど。
数日前、この作品の横で「トリスタンとイゾルデ」の演奏会を行ったそうだ。どうせだったら一度聴いてみたかったなあ。

解説文を読むと、私が高校生の時に見た作品と同一線上の「生と死」をテーマに作品制作をしているようだった。
この展示はまだ会期が残っているので、また見にこよう。

というわけで、たった40分の駆け足観覧だったが、こんなに書いてしまった。
子供たちはチョン・ギヨン氏のアーカイブ展を見てきて、建築模型の写真をたくさん撮ってきたようだ。

で、せっかくここまで来たのだから、ソウル大公園を回る「コッキリ列車(ゾウさん列車)」に乗せてあげると、子供たちが喜んだ。
一番前が見晴らしがいいかと思ったら、ぜんぜん前が見えないし、エンジンのすぐ後ろで暑いし、何にもいいことはない。
コッキリ列車は2両目以降に乗るべし!

さて、次に来るのは8月くらいかな。
その時は家族だけで来るのだ…。
[PR]
by matchino | 2013-07-05 20:15 | 展覧会 | Comments(0)

娘と訪ねる国立現代美術館 その2

前回に引き続き、国立現代美術館で行われていた「若い摸索」展の話。

この展示の最後にあった作品が印象的だった。
そこには「ダウンライト」という会社の製品の展示がなされているのだが、その製品は、催眠術をかける機械らしい。
e0160774_21355695.jpg

デモンストレーションがなされ、展示用のバナーがそれらしく作られている。

機械自体の形はよく作ってあるけれど、内容は昔の映画に出てきたような渦巻きが回る映像に「あなたはだんだん眠ーくなるー」的な音声がついているものだ。
でも、その横には秘密組織でなされていたような実験や研究の道具が展示されており、ダウンライトという会社についての説明があった。

この会社は昔、ドイツ政府(だったかな?)の命を受け、催眠術や洗脳について研究していた秘密組織で、その存在は明らかにされてこなかったが、ここにある資料は日本などに流出した資料を集めたものなのだという。

え、これって本当なの?

展示の説明と同じフォーマットで壁に書かれているからには、展示に対する解説なんだろう。
「…というシチュエーションを仮定して…」みたいな説明が出てくるのを期待したが、最後まで出てこなかった。

でも、なぜこれが美術の展示?と混乱してきたので、そこにいた係りの人に「ここに書いてあるのは事実なんですか?」と聞いてみた。
すると、「これは全部作家が捏造したものです」と。

すべての展示物を見た後にあった、作家に対する説明には、これがすべて作家が捏造した事実であることが書かれていた。

この会社の名前である「ダウンライト(Downliet)自体、「真っ赤な嘘」の英語「downright lie」を縮めたものなんだとか。

なあんだ。これを読まなかったら信じていたかもしれない!
「えー、そんなん嘘でしょ」と思わなかったわけではない。
でも、公共の美術館に「…である」と書かれていたら普通は信じるしかない。

最近、いろいろな陰謀説について聞くが、それと同じ類のものだ。また、その反対に、陰謀を隠すための報道も同じことだ。
私なんかは、基本的にどちらも信じてしまう方だから、すぐに「洗脳」されてしまう。「洗脳」ということ自体も、プロパガンダということはあり得たとしても、この展示にあるような方法での洗脳は嘘だという話も聞いたことがある。

後になって思い出したのだが、催眠術をかける機械を見ている時、目の前に半透明のガラス窓があり、数人の人影が行ったり来たりしていた。
催眠装置を見ている私を誰かが見ているのかと思ったら、その窓の裏には何もなかった。
はっきりとは分からないが、監視されているような感覚を与えるための映像だったのかもしれない。

さて、この「若い摸索」展企は20分ほどで駆け抜けて、他の展示を探した。
さあ、いよいよビル・ビオラ展。
次回に続く!
[PR]
by matchino | 2013-07-02 21:29 | 展覧会 | Comments(0)