<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大林美術館の分館でキルジョン商街の展示

大林美術館で主催している若手クリエイターのための空間、「クスルモア タングジャン」。訳すと「玉を集めてビリヤード場」となる。大林美術館では紹介されない若手のクリエイター10人を選定し、1年間にわたって11回の展示を行う。その6番目の展示が始まった。

今回の展示は、「キルジョン商街(サンガ)」という3人のアーティストによるもの。パク・キルジョン氏が始めた独特な木工所から始まった「キルジョン商街」では、家具を作って欲しいと依頼されると、依頼主と何度も会いながら新しい形の家具を提案して販売している。
フリップボードに時々彼らのニュースが上がっていて関心を持ったが、雑誌に紹介されるなど、秘かに話題を呼んでいる。いかにもかっこいいやり方ではなく、ロゴなんかもダサかっこいい感じで味があっていい。

その彼らが企画した今回の展示の名前は、「ネ(ネ)ピョナン セサン」。訳すと「君(ぼく)の住みよい世界」とでもなるだろうか。たぶん、「イ(この) ピョナン セサン」というアパートのブランド名のパロディだ。このアパートは大林グループのブランドで、大林美術館を意識した粋なネーミングだ。
韓国の誰もが望む居住空間は、アパートを中心としたステレオタイプな形に傾倒しているが、それに対して庶民の住宅は不便な構造の家で、そこを2年くらいの周期で引越しを繰り返しながら生活している。そんな状況の中で「庶民的な」生活をしている「ぼく(あるいは、君)」にとって住みよい家の姿を模索するのが今回の展示だ。

中央線の漢南駅で降り、10分くらい歩いたところにギャラリーはあった。雑居ビルの1階の、元はビリヤード場だったところだ。
e0160774_2138962.jpg

e0160774_21385153.jpg

クスルモア タングジャンという名前は前からのものだったようだ。青、赤、緑の円が並ぶビリヤード場特有の看板がそのまま残っている。中にもビリヤードのキューが残されていた。
e0160774_21381768.jpg

少し暗くした空間で、所々にある作品の電球が光っている。美術作品の展示というよりは、彼らがデザインした家具で居住空間を作り上げたという感じだ。
e0160774_21383194.jpg

e0160774_21382915.jpg

一目見ただけでは何のことのないただの雑貨だが、その前で立ち止まって見てみると、ウィットに富んだ作品たちだ。
e0160774_21383312.jpg

e0160774_21383718.jpg

e0160774_21384021.jpg

昔、タイに行った時に泊まったホテル「リフレクションズ・ルーム」を思い出させた。彼らにデザイナーズホテルをデザインさせたら面白そうだ。
e0160774_21384168.jpg

e0160774_21384357.jpg

e0160774_21384437.jpg

e0160774_21384695.jpg

一緒に行った次女はこの鉛筆立てが気に入ったらしく、買いたがっていた。
e0160774_21384852.jpg

後でFBの彼らのページにその旨をコメントすると、「ご注文くだされば作りますよ」との答えが帰ってきた。漢南洞にある彼らの工房を今度訪ねてみようか。
e0160774_21384998.jpg

娘がペンを指して「タングジャンだ」という。何かと思ったら、タングジャンのシンボルの円と同じ色のペンだった、という証拠写真↑

小さなギャラリーのため、交通が不便なところを訪ねたのにすぐに見終わってしまうのが残念だが、観客との相互作用的なプログラムも行っているようなので、それも合わせると、わざわざ訪問するに値するギャラリーではないだろうか。
[PR]
by matchino | 2013-05-29 21:20 | Comments(0)

Rolling! 台湾現代美術展

美術館に行ったらブログに載せる記事をほとんどその日のうちに書くのだけれど、完成しないまま月日が過ぎ去ってしまったりする。今回もそうなのだが、まだ開催中の展示だからいいだろう。

というわけで、ソウル市立美術館で行われている「Rolling! 台湾現代美術展」を見てきた。
東洋画の伝統を土台として、西洋の美術やポップアートなどの様々な手法を取り入れている状況は日本や韓国とまったく変わるところがないが、やはり台湾の作家としてのアイデンティティを模索する面においては独自的なアプローチが見られ、興味深かった。

今回気に入った作品が幾つかあった。
まず、袁広鳴という作家の作品。3枚の大きなスクリーンを使ったビデオ作品だ。川と作家の家とその隣の廃墟の映像で、カメラがまっすぐに後ろに下がっていく。
3台のカメラを並べ、前後に設置したレールかワイヤーの下をカメラが移動しているのだろう。家の外から部屋の中まで滑らかにカメラが動き、どうやって撮ったのだろうかと不思議になる映像だ。
カメラが3台ある分、視界が広くなって、肉眼でその場面を見ているような錯覚を引き起こす。
作家はこの作品で、記憶について考察したというが、うぅむ、抽象的で難しい。
で、何が気に入ったかというと、台湾の南国的風景(といってもリゾート的なそういう風景ではなくて、台湾の住宅地の日常的な風景)と、作家の家のかっこいいインテリア、そして撮影の技法だ。
360度スクリーンとか、同じような試みはされているが、対象が日常的なことと、より肉眼での視界に近づけたことによって、より臨場感が増す映像となっているのではないだろうか。

他の気に入った作品は、姚瑞中という作家の作品で、金色に彩られた仏像などの写真が壁一面に並べられ、そこにやはり金色の恐竜の模型の型が首を突っ込んでいる。
e0160774_20334443.jpg

e0160774_20335222.jpg

偶像崇拝や拝金主義などの問題について批判している作品だと解説されていたが、一つの造形として興味深いものだった。


e0160774_20335469.jpg

この作品は、墨による東洋画の技法の新しい形を模索した作品。大胆な構図と旧来の水墨画にはないマチエールが加えられており、水墨画としての雰囲気は残しながら、古臭くささを感じさせない魅力的な作品となっている。

もう一つ、水墨画をモチーフにしながらより立体的なものを作り出している作品があったが、写真を撮り忘れた。水墨画の巻物をアクリルのケースに入れて、それをさらに幾つも壁面に配置している。巻物は中身がずらされて、中の方の絵(?)の端の部分が見えている。その巻物の絵もモノトーンで、アクリルケースの配置もミニマルアート的な要素が強いけれど、それが組み合わされて多様な表情を見せている。これも東洋画の新しい形を標榜する作品といってよいだろう。

今回の展示は1階だけを使った比較的小規模の展示ながら、一つひとつの作品の印象が強く、けっこうなボリュームを感じさせられる展示だった。

2階の展示室では「激動期の革新芸術〜在日作家を中心に」展が開かれていた。
日帝時代の残滓が残る時代における作家たちの展示だった。韓国でこの時代を語る時、日本に対する批判的な視点で語られることが多いが、この展示では日本人の作家が何人も紹介され、暗い歴史を振り返りながらも日韓両国の明るい未来を模索する意図が見られた。
日本人の版画家の作品を見た韓国人の観覧客が「日本人なのにこんなに韓国の歴史について知っている人がいるんだね」と話している声が聞こえてきた。

また、「作者不詳」としながら、世界的舞踏家で、日韓の難しい時代の中で苦労の人生を歩んだチェ・スンヒさんの写真が展示されており、単なる美術展というよりは、歴史の渦の中で揉まれてきた人たちの姿を美術展という形で表現したものだった。
侵略者と被侵略者という立場について言及しながらも、そういった対立関係ではなく、その狭間で苦労してきた人たちについて描いたものだった。
最近、ニュースなどであからさまに日本を批判する報道がなされている中、一歩引いてものを見ようとする立場が、私にとってはとてもありがたい。
[PR]
by matchino | 2013-05-24 20:27 | 展覧会 | Comments(0)

ソウルの路地は○○○○である

休日出勤の朝、少し時間ができたので、会社の周りを散歩した。ときどき訪問するブログ「韓国古建築散歩」で紹介されていた古い洋館を見にいこうと思ったのだ。社稷洞という所で、社稷檀があることで有名、らしい。

で、地図も載っていたのにもかかわらず、心のおもむくまま、自分の方向感覚だけを信じて歩いた。
e0160774_1122255.jpg

それで結局、その洋館は見つからなかった。それの頭の辺りをちらっと見たような気はするんだけど。
それでもなんとかその辺りを隈なく歩けば見つかると思っていたのだが、見つかるどころか、出てきたのはそれがあると思われていたブロックの大きな道路を挟んだ向かい側だった。まさに狐につままれたみたいな感じだ。

ソウルの路地は、まさに迷路だ。それも平面ではなく、立体なので、さらに複雑だ。私も男として空間把握能力には自信がある方だ。その私をこんなにまで迷わすのだから、そうとうなもんだ。

そんなことを考えていたら、昔欲しかったキュボロっていうおもちゃのことを思い出した。
e0160774_11223672.jpg

木でできた立方体を積み重ねていくのだけど、真ん中に穴が空いていたり、溝ができていたりして、それらをうまく組み合わせて、ビー玉が転がっていく立体の迷路を作るおもちゃだ。
で、ビー玉がこっちに出てきたと思ったら、また入り込んであっちから出てきたという感じで、玉の行方が予想できない。それがまさにソウルの路地のようだな、と。

それで、今日の結論。

ソウルの路地は、キュボロである。



…そのまんま?
だって、4次元とかいったらウソでしょ。
ありがちだけど。
[PR]
by matchino | 2013-05-20 22:29 | 旅行 | Comments(2)

ウォーカーヒルのヒルトップバー

もう先月の話だが、ソウルのウォーカーヒル・ホテルに花見に行ってきた。まだ一度も泊まったことはないけれど、昔はよく遊びに行っていたホテルで、久しぶりの訪問だ。
峨嵯山を縫うように道が作られており、その道に沿ってホテルの建物がある。桜の咲く時期には屋台が立ったりして、宿泊客だけでなく市民も訪れる花見の名所でもある。家族全員で桜を眺めながら山道を巡り歩いた。

で、私にはもう一つの目的があった。「娘と旅立つ建築旅行」の本で紹介されていた、「ヒル・トップ・バー」を見に行くのだ。ダウムの地図ではどこにあるのかはよく分からなかったが、道をたどっていくとあるらしいことが分かった。

Wホテルを過ぎ、本館を過ぎて、さらに登っていくと、韓国動乱の時に韓国を救ったマッカーサー将軍の名をとった「ダグラスハウス」がある。前に見た時は青かったような気がするんだけど、紫に塗り替えられていた。東南アジアに来たような感覚で楽しい。
e0160774_1333982.jpg

後で、ウォーカーヒルが50周年を迎えて、建設当時の写真展などの行事が行われていたということを知った。そのために塗り替えたのかもしれない。

そしてさらに進んでいくと、あったあった!小さな山の上に逆三角形の「ヒル・トップ・バー」が乗っかっている。その下ではワインとビールのバイキングイベントが行われていて、それに後ろ髪を引かれながらさらに坂道を登る。

登りながら子供たちにクイズを出した。「この建物は何を型どったものでしょうか?」。「山!」とか「木」とかいろんな答えがどんどん出てきたが、そのうちに次女がいいことを言い出した。
「ウォーカー!」
「お、なかなかするどい! そう、このホテルはウォーカーという韓国で戦死したアメリカの将軍の名前に因んで付けられました。それではウォーカーの何の形でしょうか?」
「帽子!」
「靴!」
…といろいろな答えが出てきたが、正解は出てこない。それでヒントは文字だというと、妻が「W」と当ててしまった。

という訳で長々と引っ張ってしまったが、Wの字を形どった逆三角形の建物なのだ。タスキをかけたような梁も2本入っていて、本当にWだ。
e0160774_13333374.jpg

設計は、先ほどのダグラスハウスと同じく、韓国を代表する建築家のキム・スグン氏。建設当時、逆三角形の建物を建てた例はなく、斜めの木枠をつくってそこにコンクリートを打ち込んで作ったというが、出来上がってから木枠を外す時、工事夫たちは崩れるのではないかと怖がって作業ができなかった。それで、キム・スグン氏自ら中に入って木枠の撤去作業をさせた。壁は崩れることなく、無事に韓国初の逆三角形の建物が完成した。
e0160774_13335115.jpg

当時はジャズバーだったが、今はピザ・ヒルという名前のビザハウスになっている。この日もたくさんの人が詰めかけて予約待ちが何人もいる状態だった。それでその脇で売っていたアイスクリームを食べた。500mlくらいのカップが1万3千ウォン。たけえ…。

山腹を周りながら、昔、妻と二人で訪ねた寺に行ってみた。永華寺という寺で、釈迦の誕生日に向けて提灯が準備されていた。
で、そこから最寄りの地下鉄の駅まで歩いて…、いやあ疲れた。7ヵ月の娘を抱いて半日歩き回るなんて、もうそれが無謀な歳になってしまった …。
[PR]
by matchino | 2013-05-14 21:51 | 建築 | Comments(0)