<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第7回ソウル国際メディアアートビエンナーレ

世界のメディアアートを紹介する、第7回ソウル国際メディアアートビエンナーレが行われている。今回のテーマは「Spell on You(お前に呪文をかける)」。人間の欲望を超越的な力によって成し遂げるメディアを魔法の呪文に見たてたのだ。しかし、魔法がまやかしであるように、メディアも人間関係に様々な欲望をもたらしてはくれるものの、その逆に様々な問題も与えられている。そのような状況を表現した作品たちだった。
興味深い作品が多かったが、気になった作品を紹介しよう。

まず、Till Nowakの「遠心力体験」というビデオ作品。観覧車のゴンドラが上がっていく。その先は…巨大な輪がさらに天高くつながって、ゴンドラは数百メートルの高さまで登っていく!
e0160774_2216071.jpg

さらに、遊園地のほかのアトラクションが、あり得ないような速度と複雑な動きでグルングルンと回っている!
見ているとCGだということはわかって来るのだけど、あまりの激しさに笑えてくる。
そしてこの動画に出てくるアトラクションの図面まで展示されている。
後で検索してみると、CGでさまざまな映像を制作しているアーティストらしい。最近はCGで何でもできる感があるが、アイデアと造形力が重要になってくると思う。どんなに本物のようにつくられたCGであったとしても、「CGだとなんでもありだよね」と思われて終わってしまうからだ。

もう一つ気になったのが、クワクボリョウタの「10番目の感傷(点・線・面)」という作品。日本でも賞を取った作品らしい。
10m四方ほどの部屋にNゲージの汽車がゆっくりと走っている。そのレールの周りには日常生活で使われている雑貨が置かれているが、汽車に電球が取り付けられていて、レールの周りに置かれた雑貨の影が影絵のように壁に映しだされる。その形の美しいこと! 目の前で走っている汽車に自分が乗って窓の外を眺めているような感覚になってくる。
100均で買ってきたようなものたちだというが、鉛筆や積み木はビルディングに、ゴミ箱は発電所の冷却答に、時計の針はクレーンのようだ。そして最後のクライマックス、ざるの中を通り抜ける時はドーム型の建物を通り抜けていくような情景がドラマチックに展開する。
YouTubeで紹介されているのでぜひ見て欲しいが、その場で見た時の感動は動画では味わえないだろう。


この他にも興味深い作品は多かったが、インタラクティブな作品は故障していたものもいくつかあり、それがけっこう面白そうだったので、少し残念だ。
展示は11月4日まででもう少し時間があるので、仕事の帰りにでも寄ってみるか。
[PR]
by matchino | 2012-10-23 22:17 | 展覧会 | Comments(0)

ついにやって来る! アニッシュ・カプーア

イギリスで活動しているインドの現代彫刻家、アニッシュ・カプーアが韓国にやって来る。
10月25日からリウム美術館で彼の展示が始まるのだ。
アニッシュ・カプーアについて知ったのは、2年前くらいのこと。新聞で紹介されているのを見たのだが、赤い塗料の入った弾を白い壁に大砲で撃つというインスタレーションのことを読んで驚愕した。
一度彼の作品を見てみたいと思っていたが、それがついに実現するのだ、今回はどんな展示が見られるのか楽しみだ。
展示の開始に際して作家が来韓し、作家との対話の時間が持たれるそうだが、既に定員一杯だとのこと。残念。
リウム美術館は今までなぜか行く機会がつくれずに、まだ行ったことがなかったので、いい機会になった。
展示の開始が楽しみだ。
[PR]
by matchino | 2012-10-11 21:34 | 展覧会 | Comments(0)

ダンボールで町作りをするアトラクション

ハイソウルフェスティバル最終日、ダンボール箱で町を創るプログラムに子供たちとその友達を会わせて5人の子供たちを連れて行ってきた。
前回予約しておきながらも行けなかった時と場所が変わり、今回は慶煕宮で行われた。
お昼すぎに着いて、「お母さんブタ」というアトラクションの時間だったので行ってみたが、すでに定員一杯になってしまったという。
これは全長4メートルほどの母ブタの張りぼてが横たわっており、そのお乳の部分に穴が空いている。観客はその穴から首を突っ込んで、ブタのお腹の中で展開されるパフォーマンスを見るというもの。
そんな面白いプログラムなのだったらぜひ見てみたかったなあ…。
ちなみにこのブタ、ときどき鼻をひくひくさせながら、目を開けてキョロキョロとあたりを見回していた。

さて、いよいよ町を造る時間だ。会場にすでに数千個のダンボールが積み上げられていた。
そこに建築現場で働く労働者のかっこうをした5人のスタッフが登場した。コミカルに動きながら注意事項を説明した。
さあ、始まりだ。集まった家族たちがスタッフに引き連れられて入場し、思いのままに箱を積んで建物を作っていく。っていっても隣との場所的関係もあるし、なかなか思ったようには作れない。
それよりは、全体で一つの大きな建物を作っていくというようなプログラムができたらもっとよかったのではないかと思う。もしかしたら他の会ではあったけれども、今回はうまくいかなかったのかもしれない。
e0160774_22214438.jpg

↑子供たちがつくった家の中で。
e0160774_22222639.jpg

↑こうやって高く高く積み上げて…
e0160774_2223611.jpg

↑つけられた名前は「緊張感あふれる家」。
e0160774_2224154.jpg

↑作ったものをいっせいに崩させたり、
e0160774_22244062.jpg

↑会場でかくれんぼをしたり…

子供たちにはこの上ない楽しい2時間だったようだ。

そして、今回は全日程の最後の回だったため、最後の10分は子供たちに「思いっきりダンボール箱をつぶしていいよ」というお許しが出た。子供たちにとってはこの時間が一番楽しかったらしい。みんなけっこうストレスが溜まってるのかなあ…。
2時間たっぷり遊んだ後、最後に「サプライズがあります」といって、集まってくださいという。何かくれるのかな、と思っていると、PSYの「江南スタイル」がかかってスタッフたちが踊り出した。子供たちも一緒に踊り出した。最近、ニュースでよく見た光景が目の前で起きていた。特に驚いたのが、娘や娘の友達は恥ずかしくて踊らなかったけれど、息子が楽しそうに踊っていたこと。
e0160774_22253858.jpg

それにしてもこの歌、何がいいのかよく分からない。ってか、いいから人気があるんじゃなくて、話題性があるから人気なのか?
とにかく、子供たちを楽しませることに徹底していたこのプログラム、オーストラリアの「Polyglot」というチームによるもの。ほかにどんなアトラクションをしているのか気になる。
[PR]
by matchino | 2012-10-08 22:27 | イベント | Comments(4)

Retouramontの「無限なる内面」

ハイソウルフェスティバルが始まった。
のに、子供を連れていくはずが、なぜかすねてしまって行けなくなってしまった。
で、今日は出勤日なのだが、帰りに何か見て行こうと調べてみた。
7時からソウル市立美術館前でフランスのRetouramontというチームによる「無限なる内面」というパフォーマンスが行われるということで、見に行ってきた。

市立美術館のレンガ造りの壁に薄い布の幕が張られており、上から3本の綱が下りていた。
その真ん中の綱に白い服を着た女性がぶら下がってパフォーマンスを始めた。
真ん中の綱は伸縮性があり、女性は上がったり下がったりを繰り返す。
そのうちプロジェクターでその女性がぶら下がる映像がスクリーンと女性の上に投射され始めた。
e0160774_072596.jpg

布のスクリーンだけでなく、女性の身体もスクリーンとなって不思議な映像を作り出す。
真ん中の綱だけでなく、両側の綱をつかみながらだんだんとダイナミックなパフォーマンスとなった。
それ程複雑なパフォーマンスができるわけでもないし、映し出された画像も女性がぶら下がっている動画を初期のビデオアート作品のように加工しただけのものだが、なんともいえずかっこいい。音楽もいいし。
20分ほどの短いパフォーマンスだったが、終わった途端、大きな拍手と歓声が沸き起こった。

このRetouramontというチーム、検索してみると、フランスでは「バーティカルダンス」という分野の先駆けで有名らしい。麗水の博覧会でもパフォーマンスを披露したらしいが、日本での公演歴はないようだ。
見る機会があれば、ぜひ見て欲しいパフォーマンスだ。
[PR]
by matchino | 2012-10-03 00:08 | イベント | Comments(0)