<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コミュニケーションの可能性を探る「疎通の技術」展

国立現代美術館ソウル分館の説明会で、徳寿宮美術館で行われている「疎通の技術」展の招待券をもらった。それでさっそく見に行ってきた。
個人と個人の人間関係においてだけでなく、個人と社会、国家と国家においてもさまざまなコミュニケーションが行われているが、そこに多くの断絶や誤解が起こっている。
そういった、誰もが願いながらも問題の多い「疎通」をテーマにした作品を、国内外の4人の作家が作品を展示した。

e0160774_1875053.jpg一つひとつが興味深い作品だったが、その中で気に入ったのが、アルジェリア出身の作家、フィリップ・パレノの作品。
天井に金色の風船がびっしりと敷き詰められている。ドーセントが「何に見えますか?」と訊くが、楕円形からブーツがはえているように見えた。説明によると、吹き出しなのだという。いろいろな人たちの、言葉にならない考えを吹き出し型の風船で表現する彼の作品だが、ここ、徳寿宮は王が住んでいたところだということで、金色にしたのだという。
また、その部屋の奥にもう一つの部屋があり、10分ほどのショートムービーが上映されている。
タイのチェンマイに建築家フランソワ・ロッシェが建てたビニルハウスのような建物があり、そこに灯りが点る情景を写したものだが、その灯りは牛の力で発電した電気によるものだという。
なんとものんびりとした風景で、建物に灯りが点っていく姿がなんともいえず美しい。皆、床に座って見ていたが、あまりにも気持ちよくて、眠くなってきた。

e0160774_1881875.jpgもう一つ、興味深かったのが、キューバのホルヘ・パルドという作家による「プルコギ」という作品。韓国の文化に大きな関心を持つ作家が韓国的なデザインを考えてアクセサリーや証明器具をつくったという作品だった。題名が「プルコギ」であることからして外国人から見た、ずれた韓国文化だなという感じがするが、作品はさらに感覚がずれまくっている。
ドーセントの説明によると、アメリカに住む韓国人の生活を見て韓国文化を学んだ立場であるため、韓国文化に対する感覚がずれたのだろうということだったが、「アメリカに住む韓国人的なもの」をつくったのだとしたら、けっこう当たっているのではないかと思う。
とにかく、そのような情報や文化の伝達で生じる「疎通」のエラーというのも興味深いものだ。
展示を見終わって展示室を出ると、今回の展示に関するある言葉が書かれていた。「芸術が絶え間なく疎通について言及するのは、この遂行不可能なミッションが持つ無限の可能性のためである」。
確かにそうだ。芸術に限らず、すべてにおいて、疎通を必要とし、疎通の可能性があるからこそ、それを試みる努力が続けられていくのだ。
大きなテーマであり、つかみどころのないようなテーマでもあるけれど、しっかりとした説得力を持って訴える展覧会だった。
[PR]
by matchino | 2011-11-27 18:09 | 展覧会 | Comments(0)

国立現代美術館ソウル分館の壁が…!

景福宮の隣に現在建設中の国立現代美術館ソウル分館の説明会に行って来た。
安国駅から北村地域を通って、旧キムサの方へ行くと、美術館の工事現場が見えてくる。現場の塀には「Naked Musium」とスプレーで落書きがされていた。そして裸になって横たわる巨大なモナリザが描かれている。胸と腰はちょうど植木によって隠れているんだけど。
e0160774_229146.jpg

実は、これはイジェソク広告研究所によるプロジェクト。工事のための塀をうまくアートワークとして使ってほしいとの美術館側からの依頼によるものだ。
この研究所のサイトにある説明によると、このモナリザの胸と腰を隠したのは、政府の女性部や市民団体からの反対を考慮してのことだという。そういうことをサイトに書いてしまうあたりが笑える。

e0160774_2294562.jpg

ダヴィデとか
e0160774_22101548.jpg

ゴッホとか
e0160774_22104436.jpg

美人図の美人とかが塀の向こうで着替え中らしい。

さて、肝心の説明会の内容は、次からぼちぼち書いていこう。
[PR]
by matchino | 2011-11-20 22:11 | 展覧会 | Comments(0)

韓国の「おさつスナック」

カルビーの「おさつスナック」。
韓国でもカルビーのブランドで出ている。
その名も「おさつスナック」。
って、一緒じゃん!
ハングルで「おさつ」ってでっかく書いてあるのだ。
それはいいとして、そのおさつスナックのパッケージを久しぶりに見て、びっくりした。
閉じてあるところが、横だ!
e0160774_1534316.jpg

つまり袋の四辺の短辺側を閉じるのではなく、長辺側を閉じているわけだ。
ほほお、なかなか考えたな!と思った。
スナック菓子の袋を開けるとき、私がいた頃の日本では袋を閉じてある所の両側をつまんで引っ張って開けていた。今はどうしてるのか知らんけど。
でも、韓国では閉じているところを縦に裂いて開けることが多い。上のようなやり方ではなかなか開かないのだ。
でも、この開け方の問題は、開けた口がへろへろして中のスナックがぼろぼろと落ちてしまいやすいこと。開けたその場所にそのまま置いて食べないと不便でしょうがない。
そこで考えたんだろう。閉じ方を変えればいいのだ!
私はものすごく感心したんだけど、本当のところの理由はなんだろう?合ってんのかな?
[PR]
by matchino | 2011-11-19 15:36 | 旅行 | Comments(2)

世界で一番小さいカフェ「KANU」

ちょっと前から気になっていたTVのCM。
UNIQLOの時計みたいにミニチュア風に撮ったCMで、「KANU」と赤い字で書かれた黒い箱を組み立てる。何のCMかは残らなかったけれど、ビジュアルが頭に残っていた。
何かなと思っていたが、新しいコーヒーのCMだった。
最近、韓国にたくさんのコーヒーショップチェーンができて、儲けているので、また新しいチェーンかと思ったら、インスタントコーヒーだ。
おいしいコーヒー店にその地位を追われているインスタントコーヒーだが、これで盛り返そうというところなんだろうか。

さっそく買って飲んでみた。
よくあるインスタントコーヒーのパッケージではない、シンプルなデザイン。
e0160774_1525093.jpg

価格のほうは、10袋入りで砂糖入りが3500ウォン。ブラックが3200ウォン。
今回はブラックを買ってみた。
一般的なインスタントコーヒーの値段ってよく知らないけれど、どこかの記事によれば他のより2〜3倍高いのだそうだ。
で、重要な味の方はといえば…。
まず封を切ると、コーヒーの香ばしい香り…!
これでだいぶん点数が上がる。
そして飲んでみると、うん、なかなかうまい。
苦みと香ばしさは、今までの韓国のインスタントコーヒーと比べものにならない。
高いばっかりでそれほどおいしくはないテイクアウトコーヒーよりはずっといいんじゃないだろうか。
最近、Market Oとか、商品開発まで含めたマーケティングでけっこう成功している韓国のブランドが多くなってきたなあ。
[PR]
by matchino | 2011-11-12 15:03 | デザイン | Comments(3)