<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

生まれ変わったギャラリー「PLATEAU」に行ってみた

PLATEAU、さっそく行ってみた。
12年ぶりに訪ねたが、こんな所にあったとは! まさに灯台もと暗し。
ソウル市庁駅から歩いて2分の所にあった。

今回の展示のタイトルは、「SPACE STUDY」。
14名の韓国の作家たちがこの空間を再構築していた。
入ると、最初の部屋からただならない雰囲気を醸し出していた。



韓国の寺で行事の時などに掲げられる蓮をかたどった灯が天井から円形につるされ、その下にはこのギャラリーの所蔵品である、ロダンの『カレーの市民』と『地獄の門』がたたずんでいる。そして、荘厳な雰囲気の現代音楽が流れている。
後から解説を読んでみると、この音楽はグレゴリオ聖歌とチベット仏教の音楽、イスラム教の聖歌が合成されたものらしい。宗教や政治、文化の葛藤について再考察する瞑想と思索の場としてつくられたという。題名は、『蓮の花:ゼロ地帯』。宗教や政治、文化の対立の象徴となった「グランド・ゼロ」を意識しているのは明白だ。この言葉の語源は諸説あるようだが、この作品における「ゼロ」というのは、様々な対立要因はあるけれど、それを「ゼロ」として、新しく和解のための出発をしようというメッセージとして感じられた。

この他の作品は、このギャラリーをモチーフとしてつくられたものが多かったが、空間の再構築、再解釈するものとして興味深い作品が多かった。
3年ぶりにリニューアルしたこのギャラリー、期待できそうだ。
[PR]
by matchino | 2011-05-28 22:23 | 展覧会 | Comments(0)

ロダンギャラリーがPLATEAUとして新しく開館

最近、仕事のこととかで余裕がなくて、美術館にぜんぜん行けてない。
大林美術館でのJulgen Teller展もまだ行ってないし。
でもなんとなく思い出して、展覧会情報アプリ「Art In Smart」を久しぶりに開いた。
なかなか引かれる展覧会がないなーと思っていたところで、気になったものがあった。
PLATEAUというギャラリー。
「聞いたことないなー。どうせ仁寺洞あたりの小さなギャラリーだろう」と思ったら、サムソン財団の旧ロダンギャラリーがリニューアルしたものらしい。

ロダンギャラリーは1999年にできたというから、私が韓国に来た年だ。
開館したばかりの頃、カレーの市民とか、地獄の門を観に行ったなあ。
あれから一度も行ってないけれど。
開館記念の展示も面白そうだし、久しぶりに行ってみるか。
[PR]
by matchino | 2011-05-27 23:41 | 展覧会 | Comments(2)

パフ!

小学4年生の娘が、夜遅くなったのにリコーダーの練習をしていた。私は寝ていたが、何となく聴いていた。練習不足で何の曲か分からない。でも何度も聴いていると、もしや…という感じになってきた。
『Puff』だ!
何だか嬉しくなって、起き出して娘の練習に加わった。学校で習って、『パフとジャッキー』という韓国語の歌詞があるようだ。
私のこの歌の思い出は、大学生の頃のこと。どこかから転がり込んできたPeter Paul and Maryのテープをウォークマンで聴きながら東京の下町をスケッチして回った。
You Tubeで娘と一緒にPPMの『パフ』を聴いた。


思い出して『500マイル』も聴いていると、妻がやってきて「私の好きな曲だ」という。以外なところで家族が通じ合ったひと時だった。


それにしても、歳を取ったせいか、『500マイル』なんかは心に染みまくる。
[PR]
by matchino | 2011-05-22 22:07 | 音楽 | Comments(2)

Yamandu Costa

Roberta Saを聴きたくてYou Tubeをあさっていたら、Yamandu Costaというギタリストが出てきた。なんかすごい人だ!
彼の弾くCarinhoso、すごい!



ギタリストのすごい人とか、よく分からなかったけど、この人は分かるなあ。
今までこの人を知らなかったことを後悔している。韓国にも来たことがあるっていうし…。不覚。
[PR]
by matchino | 2011-05-18 22:34 | 音楽 | Comments(2)

ラ・フラ・デルス・バウスの「レインボー・ドロップス」

ハイソウル・フェスティバルが始まって、期待していたパフォーマンス、「レインボー・ドロップス」を見てきた。
で、すごい! 言葉を失った!
この公演は、ラ・フラ・デルス・バウスというスペインのグループによるもので、バルセロナオリンピックの開幕式でもパフォーマンスを披露したチームらしい。しかし、実際にやっている人たちはほとんどが韓国人。音楽も韓国の伝統音楽を起用していた。
フェンスに囲まれた広場で、観客たちの間を縫って人と大型のオブジェが走り回り、
e0160774_11433951.jpg

クレーンによってそのオブジェと人が夜空を飛び回る。
e0160774_11441579.jpg

最後には花火を背景に、韓国で募集した40人の芸術家たちが空中でパフォーマンスを繰り広げる。
e0160774_114443100.jpg

数年前に見た、「人間モビール」に似た作品ともいえるが、スケールやエンターテイメント性は桁違いのすごい作品だった。
あまり気乗りせずについてきた妻も、見てからは「見なかったら大変なことになっていた!」と興奮していた。
10日まで行われるので、ソウル首都圏にいる人たちはみんな見るべし! 会場では入場制限をされるので、見るだけならばいいけれど、中で体験したいならば、1時間くらい前に行くことをおすすめする。
[PR]
by matchino | 2011-05-07 11:49 | イベント | Comments(2)

今年もやってきたハイソウル・フェスティバル

今年もハイソウル・フェスティバルが、5月5日から10日まで開かれる。
ということを、今日知った。
あぶないあぶない。見逃すところだった。
でも、不思議なのは、「春はイベントがなんかあるよなー」と思い出したその30分後にそのポスターを発見したということ。私には、イベントを探り当てるアンテナみたいなものがあるのかもしれない。
でも、開催直前なので、予約が必要な公演はみんないっぱいになっていた。アンテナはやっぱりさびてるのかも…。
今回面白そうなのは、レインボー・ドロップスという作品。去年見た花火みたいに、スケールの大きな作品のようだ。楽しみ。
[PR]
by matchino | 2011-05-03 21:56 | イベント | Comments(0)