カテゴリ:建築( 80 )

徽慶洞の日本式家屋(?)

ある日の出勤途中、中央線から地下鉄1号線に乗り換える回基(フェギ)駅に到着する直前、目の端にちらっと古い家屋が見えた。
錯覚かと思ったけれど、次の日の注意して見てみると、確かに古い瓦屋根の家屋があった。
屋根の傾斜からして、日本統治時代に建てられた日本式家屋のようだ。
いつか見に行ってみたいと思っていたが、たまたま時間ができたので行ってみることにした。
e0160774_15162099.jpg
この屋根。

回基駅で降りて、線路沿いに歩いていくと踏切があった。
踏み切りでは、線路の上の施設の写真を撮っている人がいた。ちょっと変わった感じ…。私もそうか?
e0160774_15155146.jpg
踏み切りの前には空き地があって、その空き地に面しているのが目的の家。しかし、路地のほうからは2階建ての建物に隠れていてよく見えない。正面は入口が閉ざされた空き地の方に向いており、道からは直接見ることができなかった。
隣の駐車スペースからのぞいてみると、ガラクタがたくさん。人が住んでいないのかもしれない。
e0160774_15155166.jpg
とりあえず、「見えない」という結論が出たけれど、物足りないので、この徽慶洞(フィギョンドン)の辺りから線路に沿って歩いてみた。
e0160774_15155153.jpg
e0160774_15155156.jpg

再開発地域になっているらしく、布に囲まれた町。路地裏のクリストだ。
e0160774_15155201.jpg
ここもでかいアパートが林立するようになるんだろうな。

住民がまだいるところもあるようだ。
e0160774_15155298.jpg
パワーショベルとダンプカーのおもちゃで遊んでいる子供たちがいて、写真を撮りたかったけれど、おばあちゃんが一緒にいたのでやめた。

中浪川(チュンナンチョン)を渡って中和洞(チュンファドン)へ。
e0160774_15155234.jpg
e0160774_15155248.jpg
線路の脇にある建物。何の会社なんだろうか?
e0160774_15155138.jpg
e0160774_15191621.jpg
線路の下にはタイルで描かれた花。
e0160774_15155210.jpg
このあたりも古い家がちらほらと。
住宅の様式の歴史なんかも勉強してみたいな。
e0160774_15191632.jpg
というわけで、中浪駅で歩きは終了して帰宅。
再開発されてしまう前にこのあたりをもう少し歩いてみよう。

[PR]
by matchino | 2016-01-21 20:42 | 建築 | Comments(2)

雪の降る日は近代建築散歩に ~「ディルクシャ」と「洪蘭坡家屋」~

私の職場は社稷洞にある。朝鮮時代、国の豊作を祈った祭壇である「社稷壇」があるところで、街歩きをするにも持ってこいの場所。それで、集中力がなくなってくるとときどき散歩に出たりする。
散歩のコースとしてよく行くのが、「ディルクシャ」と「洪蘭坡(ホン・ナンパ)家屋」。ある日、雪が降って午前中から積もりだしたので、雪をかぶった「ディルクシャ」と「洪蘭坡家屋」を写真に撮ろうと昼休みに出かけてみた。

e0160774_15000961.jpg
まずはディルクシャへ。ディルクシャは、3・1運動を初めて世界に知らせたアルバート・テイラーというアメリカの事業家兼ジャーナリストが彼の妻と住んでいた家。ディルクシャというのは「喜びの心の宮殿」を意味するヒンディー語で、インドにある「ディルクシャ宮殿」から名前をとったという。
美しいレンガ造りの家だが、主人がこの家を出た後、戦争などで避難してきた人たちが不法占拠したまま放置されている状態だ。ソウル市が文化財に指定しようとしたものの、現在住んでいる人たちの移住問題で霧散している状態だという。

最近、韓国近代史についての本を読んでいるが、どうせならこのディルクシャについての本も読んでみようと思い、テイラー氏の夫人であるメアリー・リンレイ・テイラー女史の自伝「琥珀のネックレス」を読んでみた。(韓国語の翻訳本は「ホバク・モッコリ」なのだが、「ホバクといったらカボチャ? ハロウィンか?」と思ったけど、琥珀だったという…笑)

e0160774_15000909.jpg
テイラー夫人はイギリスの裕福な家で生まれた演劇俳優で、巡回公演先の日本でテイラー氏と出会い、インドで結婚式を挙げ、テイラー氏が金鉱を営んでいた韓国で生活した。日本統治時代の韓国の様子がこの本に描かれているが、韓国でも日本でもない観点からの記述が新鮮だった。また、日本統治時代に韓国で西洋の人たちがどのような生活をしていたのか、当事者が語っているため、とても興味深い。
あまりにも多くの出来事が起こっていて、代表的なエピソードを紹介するのも難しいが、興味があればぜひ読んでみることをお勧めしたい。

次は、ディルクシャから歩いて3分もかからないところにある「洪蘭坡家屋」へ。「故郷の春」、「鳳仙花」などの歌を作曲した作曲家の洪蘭坡氏が晩年まで住んでいた家で、1930年代にドイツ人が建てたドイツ式の煉瓦造りの建物。
e0160774_15000918.jpg
展示館になっているが、今まで何度も訪れていながらも、中に入ったことがなかった。平日の昼しか開いていないので、時間が合わなかったのだ。でも、この日は入り口が開いていて、中からピアノの音が聞こえる。
入り口で入ろうかどうしようかと迷っていると、案内のおじさんがドアを開けて中に入るように言ってくれた。
中は洪蘭坡氏の生涯を紹介する展示館となっていた。洪蘭坡氏の出版した本や楽譜などが展示されていて、パネルで説明している。さきほどのおじさんが「今日、最初のお客様です。説明しましょうか?」といって、洪蘭坡氏の生涯を簡単に説明してくれた。
e0160774_15000993.jpg
e0160774_15000952.jpg
洪蘭坡氏は幼い頃から音楽の才能に恵まれ、父の反対を押し切って、東京へ音楽の勉強に行く。20代で彼の代表作である「鳳仙花」や「故郷の春」を作曲したという。日本でもカルテットを結成したり、教壇に立つなど活発に活動していたが、日本で独立運動をしたということで、日本の警察に捕らえられ、拷問まで受けることになる。拷問の末、洪蘭坡氏は親日的な歌をつくることを強制されてしまう。その後、帰国してこの家に住んでいたが、日本で受けたひどい拷問の後遺症によって43歳の若さでこの世を去る。
「鳳仙花」や「故郷の春」は教科書にも載っていて、韓国人だったら誰でも知っている愛唱歌だが、洪蘭坡氏が親日的な活動をしたということで、現在はそれらの歌が教科書に載っていないのだという。
熱く語るおじさんの説明のBGMのようにして、もう一人の方が洪蘭坡氏の作曲した曲をピアノで弾いてくれていた。この空間で、洪蘭坡氏の生涯の話を聞きながら、洪蘭坡氏の曲に浸る時間。悲しくも美しい時間だった。
おじさんによると、ピアノを弾いてる白髪の女性はなんと洪蘭坡氏のお孫さんなんだという。写真を撮らせていただくと、「光栄です」と謙遜された。
e0160774_15000948.jpg
おじさんはもう少し解説したかったようだったが、昼休みの時間に出てきたので、また来ることを約束して出てきた。
落ち着いたいい空間だったので、また来てみたい。今度もまた、昼休みだな…。

[PR]
by matchino | 2016-01-17 18:04 | 建築 | Comments(0)

美術館となった旧ベルギー領事館

e0160774_21521582.jpg
ソウルにある近代建築は圧倒的に漢江の北にあるものが多い。今でこそ漢江の南は栄えているが、昔のソウルの中心は漢江の北にあったからだ。それで、古い建築がないから、私と江南とはあまり縁がないのだが、江南を訪ねていく理由の一つが、このソウル市立美術館の南ソウル生活美術館があるから。といってもなかなか行く機会に恵まれず、今まで2回しか行ったことがないのだが。

日本人の建築家によって設計された美しいレンガ造りの建物で、元をたどると会賢洞にあった駐韓ベルギー領事館の建物だった。それが領事館の移転によって横浜貿易会社に売却された。解放後も紆余曲折があったが、文化財に指定され、再開発によって移転されながらもその姿を保ってきた。現在はウリ銀行の所有となっており、ソウル市に無償で貸し出している状態だという。

その旧ベルギー領事館の110周年を記念して、まさにこの建物で行われている展示が、「美術館となった旧ベルギー領事館」。この建物の歴史と、それにちなんだ美術作品の展示で、「ソウルの近代建築の生き字引」といわれるアン・チャンモ教授のキュレーションで行われるとのこと。さっそく訪ねてみた。

今回の展示で期待していたことがある。それはこの建築の設計者のこと。どこの本を見ても「コダマ」としか書いていない。それで、もしかしたらこの「コダマ」さんの正体が分かるかもしれないということだった。

さて、旧ベルギー領事館は、地下鉄4号線の舎堂駅で降りてすぐのところにある。普通の韓国的な街の中にとつぜん美しい洋館が現れるので、驚く人も多い。久しぶりに訪れた旧ベルギー領事館は、やはり美しかった。

e0160774_21551412.jpg
e0160774_21551424.jpg
e0160774_21521535.jpg
e0160774_21521601.jpg
重々しい扉を開けると中央に廊下があり、その両側が展示室となっている。
最初の展示室の壁には解体して再建するまでの写真が展示されており、この建物の年表があった。
e0160774_21521640.jpg
e0160774_21521602.jpg
そして、概要を紹介する文章に、設計者の名前があった!
児玉琢。
(D. Godama)とあるのは、ハングルから変換した英文表記であることは間違いない。
名前の読み方は書かれていなかったが、「たく」だろうなあ。

さらに、「日本人・児玉琢が設計したといわれているが、児玉は設計士ではなく建築技師であり、建築様式は当時のベルギー国王であったレオポルド2世が好んだ新古典主義様式で建てられたため、『レオポルド2世様式』とも呼ばれた。正確な様式名は『後期古典主義建築』である」とあった。
実際、児玉氏は技師だったようだ。
でも、これを様式だけで片付けてしまうのはちょっと乱暴じゃないかなあ。
まあ、日本人が設計したものを「美しい」とは評価しにくいため、そのような方便をつかったのではないか、というのが私の推測。まあ、この美しい建物が残ってくれればそれでいいのだけれど。

部屋の真ん中には当時の資料。ほとんどがアン教授個人の所蔵だ。すごい…
e0160774_21521685.jpg
その中で目を引いたのが、ベルギーが朝鮮と修好通商条約を締結して最初に領事館を置いた場所を示す貞洞の地図。
e0160774_21521615.jpg
最近読んだ「ソンタクホテル」、「貞洞の各国公使館」という本に、ベルギー領事館について詳しく出ていたのだが、その本に書かれていたとおり、フランス領事館の向かいに「前比利斬領事館(前ベルギー領事館)」とある。ここは、朝鮮王朝のために多大な貢献をしたフランス産まれのドイツ人、ソンタク(孫澤)婦人のために、当時の国王である高宗が下賜した洋館なのだという。
e0160774_21521676.jpg

1階は、この建物の歴史に関する展示で、2階は旧ベルギー領事館をモチーフにした美術作品を展示していた。
けっこう興味深い作品が多かったが、その中でも一番気に入ったのが、近代建築をモチーフにした作品。
旧ベルギー領事館とか江華島の聖公会温水里聖堂、徳寿宮の静観軒など、私が気に入っているソウルの近代建築ばかりをモチーフをしているのがなんだかうれしかった。
e0160774_21551484.jpg

前回来た時は、それほど建物を見る時間を取れなかったけれど、今回はちょうど連れてきた娘が寝てくれたので、建物の細部を眺めることができた。それにしても、娘が大きくなってきたので、おんぶして写真を撮るのはつらい…。
e0160774_21551406.jpg
e0160774_21551469.jpg
階段も美しい…


展示は2016年2月21日まで。地下鉄4号線舎堂駅6番出口を出てすぐ。

[PR]
by matchino | 2015-12-28 22:01 | 建築 | Comments(0)

金寿根建築ツアーその2 京東教会

イ・ボムジェ教授と巡る「金寿根建築ツアー」その2。京東教会。

私が京東教会を訪ねたのは2回目。本格的にみるのは初めてだ。
「京東教会は少し離れたところから近づきながら見るのがいいんです」ということで、50メートルほど前で車を降りて教会の方へ。
e0160774_22054921.jpg

1980年に建てられた教会。
ある日、金寿根氏 が馬山にいた時にある西洋人の神父が訪ねてきて、「聖堂を建ててください」と依頼したという。その神父は「人のための聖堂を建ててください」と依頼した。それに対し、金寿根氏は「私は信徒ではないのですが」というが、その神父は「信徒でないからお願いするのです」と答えたという。そうして建てられたのが馬山にある陽徳(ヤンドク)聖堂だ。
その陽徳聖堂を見た牧師が、金寿根氏に教会を建ててくださいと依頼したのだという。それがこの京東教会だ。
e0160774_22055031.jpg
教会の壁には一面にツタがはっているが、外装は全てレンガとなっている。李教授によると、この教会の特徴は屋根と壁の境界がないこと。それだけではなく、建物と地面と外の塀との境もない。すべて同じレンガで造られているため、レンガでできたこの教会の世界に入り込んだような感覚になる。
e0160774_22055039.jpg
金寿根氏がこの教会を建てる前から、空間に対して深く考えていたという。そのきっかけになったのが、扶余の国立博物館の事件だった。それまでは建築は、建築主の必要に応じて、「何々式に建ててほしい」という依頼に応じて建てるだけだったが、この事件によって、建築もこのような論争が起こりうるということが分かったのだという。このような悩みの中から生まれたのが、「空間」に対する概念なのだという。

そうしてさまざまな空間に対するスタディを重ねる中で生まれたこの京東教会のコンセプトは、「子宮空間」だ。胎児の状態によってフレキシブルに対応する空間。そして、母親の胎内に入ったような落ち着ける空間を究極の空間として追及した。

京東教会の形について語るとき、「祈る人の手の形を形象化した」とかいわれるが、別にそう考えて設計したわけではなく、金寿根氏の造形的な意識から生まれたものだという。
蚕室のオリンピック主競技場も「高麗白磁の形」といわれたりするが、金寿根氏にそのような考えはなく、記者などテキストで表現しなければならない人が勝手に書いただけなのだそうだ。
それでは金寿根氏の「造形的な意識」とは何だろうか?それがどういうものかはっきりとは分からないが、幼い時に住んでいた北村の街並みにその原点があるのではないかと李教授は話していた。

建物を建物として見るのではなく、大地から生えている自然の一部という概念で建てられた建築。それで外壁にもレンガを使っているが、欠けた感じのレンガを使っている。そして半分に割って荒い断面を見せるレンガも多用している。レンガのデコボコした表面によって、光が当たると多様な表情が演出される。金寿根氏は、欠けても割っても同じ質感が出てくるレンガ、そして人の手のサイズにぴったり合った、ヒューマンスケールを表現できる素材としてレンガを好んで使ったという。
e0160774_22085343.jpg
この教会には正面もないが、礼拝堂に入る入り口は、教会の左側にある細い道を登っていった裏の方にある。その道も直線ではない。複雑な建物の形に沿って曲がりながら登っていく。
e0160774_22055091.jpg
e0160774_22113945.jpg
細い道を登って、一番奥まったところに礼拝堂に入る扉がある。教会の敷地自体は大きな道路に面しているが、この奥まった入り口は外から遮断されている。もし道路側に入り口があったとしたら、俗世から扉を開けてすぐに聖なる領域に入るとことになるが、この教会の場合は、階段を上ってくる間に心の準備ができるようになっている。また、ゴルゴダの丘へ登るイエスの十字型への道を追体験するようになっている。一般の教会のように塔の上に十字架が掲げられたりはしていないが、ここの壁にはかつて十字型がかかっていたという。

そして、ここからさらに建物の上階へと登る階段がある。その階段を上ると扉があって、小さな礼拝堂に入ったが、実はもともとは露天礼拝堂だったという。自然の中で神を礼拝するということがどれほど素晴らしい経験だろうか。それができるように設計したにもかかわらず、屋根をつくってしまったのだ。残念なことだ。
e0160774_22055068.jpg
今回の引率を担当してくれた金寿根文化財団の担当者が礼拝堂の後ろから呼んでいる。普段は入ることができない所に入らせてくれるという。行ってみると、礼拝堂の裏から下に降りる細い階段があった。
明かりもない暗い階段を降りていくと、どこからかパイプオルガンの演奏が聞こえてきた。秘密の洞窟に入っていくような、なんともいえない体験だった!

しばらく降りると窓があって、下の礼拝堂を見下ろせた。ここにも灯りは点いておらず、暗いホールの中にパイプオルガンの音だけが響いている。
e0160774_22055044.jpg
やがて礼拝堂の脇にある信徒席に出た。礼拝堂の内部を眺めながら息を呑んだ。なんと神秘的な光景だろう!
この礼拝堂がまさに、「子宮空間」だった。包まれるような、落ち着く空間がそこにはあった。ある参加者はこの空間に宇宙を感じたという。李教授は「子宮も小宇宙だといえますからね」と。
e0160774_22055010.jpg
e0160774_22085219.jpg
e0160774_22085199.jpg
e0160774_22085129.jpg
礼拝堂の真ん中に下りてみた。パイプオルガンの練習をしているようで、灯りも点いていない荘厳な雰囲気の中でパイプオルガンの音に耳を傾けながら、この空間を堪能した。
e0160774_22085280.jpg
正面には縦に長い十字架がかけられており、上から光が差している。この音と空間と光とで、涙が出てくるような感動を覚えた! 神が降りてくるような感覚ってこんな感じなんだろうか。この教会に通いたくなってきた。
e0160774_22085215.jpg
いつまでもここにいたい思いを断ち切って、外へ。教会の外壁に沿ってさらに回った。
e0160774_22085328.jpg
e0160774_22085322.jpg
裏から表の方へ出てくると、目の前にレンガ造りの煙突が立っている。暖房用に使っていた煙突で、これも空間的な面白みを加えている。
e0160774_22113952.jpg
右端に見える細い棒が煙突。

京東教会の体験は本当に素晴らしかった。
今度は礼拝の時間にでも合わせて行ってみたいな。紅葉の季節にはさらに美しいという。

また車に乗って、大学路のアルコ美術館へ。
次回に続く!

[PR]
by matchino | 2015-10-26 22:18 | 建築 | Comments(0)

金寿根建築ツアーその1 自由センター

ソウル建築文化祭の一環で行われた「建築文化ツアー」に参加した。いくつもの興味深いプログラムがある中で選んだのは、前から気になっていた「金寿根建築ツアー」。担当はイ・ボムジェ教授という方だが、金寿根氏の設計事務所である「空間」社で勤務し、アルコ美術館やアルコ劇場の現場設計をした経歴を持った方で、とても貴重な話が聞けた。教授も熱心に説明してくださり、一緒に参加した人たちもとてもいい感性を持った人たちで、とても幸せな時間だった。

集まったのは南山の斜面に建てられた「自由センター」。ここは今回初めての訪問だ。
李教授は話を初めながら、「今回の日程には入っていませんが、空間社屋を見れば、すべての要素が入っているので、本当は行きたかったのです。金寿根文化財団はアラリオ・ミュージアム側と中に入れるよう交渉したようですが、難しかったようです」と語った。
改装した部分が多いため、見せたくないのではないかという話だ。オーナーと建築家との意見の違いによって、本来の建築家の意図とは変わってしまう部分が多いと話していた。

さて、まずは自由センター。
1963年、朴正煕大統領がアメリカに対して反共主義者としての意志を示すために建てた反共勢力のための建物。
今はウェディングホールになっており、この日も結婚式の祝賀客たちがたくさんいた。今は南山の山側が正面のようになっているが、実は谷側が正面だという。今は駐車場しかなく、完全に裏のような感じだ。自動車劇場の名残りの大きなスクリーンも建物を無視して立っている。
e0160774_21363381.jpg
こちらが正面。天に向かって上昇する軒が、自由世界の発展を象徴する。
列柱の形は鷲の爪を象徴しているというが、北に向かう軍靴のようにも見える。
中央の後ろ姿がイ・ボムジェ教授。


この建物は金寿根氏の初期の作品。正面に列柱を並べ、比例を重視するという近代西洋建築のセオリーに則ったもので、今まで雑誌の中だけで見てきた西洋の建築様式が韓国に現れたということで、当時の韓国の建築界ではセンセーショナルな建物だったという。

建築を見る観点として重要なのは、目に見える「様式」と、身体で感じる「空間」だという。李教授はこの二つの観点をこの日もよく話していた。
この建物の空間的な特徴は、中央にある。普通の建物は真ん中にドアがあってロビーがあるという形になっているが、自由センターの真ん中にあるのは階段だ。正面の地平面から階段が3階まで上っており、裏側の地平面に連結されている。真ん中にはドアもない通路があるだけで、言い換えると何もない、すなわち「空間」があるというわけだ。
e0160774_21363369.jpg

また、列柱もそれまでになかった「空間」を作り出している。普通は柱を立てたらそこに壁をつくるが、ここでは柱と壁面の間に、外でもなく中でもない「空間」がつくられている。このような外と中があいまいなのは韓国の伝統家屋によく使われる手法だ。
列柱と壁との間の屋根には丸い穴が空いていて、光が差し込む。外からの光と、丸いフレームを通した光と、多様な光の効果が表れている。
e0160774_21363327.jpg
この建物が建てられた当時は打ちっ放しコンクリートだったが、今ではミントグリーンに塗られている。裏側は水平線を強調されていたが、後から付けられた窓がそのラインを壊している。そのような建築主による改装を、李教授はとても残念がっていた。
e0160774_21363328.jpg
こちらが本来の裏側。水平ラインが強調されている。

この自由センターで国際会議などが行われた時に来た外国の貴賓のための宿泊施設が建てられたが、それが、今はバンヤンツリーホテルになっているタワーホテルだ。韓国動乱の時の参戦国16カ国と韓国軍を合わせた17にちなんで17階建てになっている。そして、タワーホテルの付属施設が、タワーホテルの手前にあるハッピーホール。両方とも金寿根氏の設計だ。
この二つも最初と比べると大幅な改装がなされている。タワーは各階を拡張したため、当初のスリムなラインが失われ、寸胴に見える。ハッピーホールは十字型の柱が強調されていたが、今では柱の間にカーテンウォールがつくられている。
e0160774_21363390.jpg
タワーホテルとハッピーホール。


自由センターのすぐ下には「サファリ・クラブ」という名のクラブが建てられ、それも金寿根氏の設計だというが、会員制のため、一般の人は中に入れない。今はソウルクラブと名前が変わっている。

今回は説明を聞くのに一生懸命で写真をほとんど撮れなかった。
面白いディテールがたくさんあるので、今度また写真を撮りに行こう。

さあ、次はマイクロバスに乗って京東教会へ。
次回に続く!

[PR]
by matchino | 2015-10-11 21:49 | 建築 | Comments(0)

南山は意外と面白い! 南山科学館、安重根記念館

秋夕。昔は行くところがなくて、毎年のように南山に行っていたけれど、秋夕にしては久しぶりに南山に行ってきた。
まず、南大門市場へ。列に並んで野菜ホットクを食べた後は、南山に登ることにした。
e0160774_22153963.jpg
e0160774_22153920.jpg
市場から道を渡って、路地に入ると日本統治時代のものと思われる古い家が。
e0160774_22170917.jpg
e0160774_22154079.jpg
この辺りは南山にあった朝鮮神宮の参道があったところで、その遺構が残っているという記事が韓国古建築散歩にあったことを後で思い出した。もう少しちゃんと歩いてみないとだな。

南山公園への標識があったので行ってみると、公園の入口に出た。
ここから大通り沿いに行ったら会賢示範アパートがあるらしいので、見に行ってみたかったけれど、家族連れなので公園の方へ行くことに。
e0160774_22154023.jpg
南山タワーを眺めながら気持ちのいい散策路を登っていくと、「白凡広場」が現れる。日本統治時代に朝鮮神宮があった所で、独立運動家であり、大韓民国臨時政府の首席であった白凡・金九(ペッポン・キムグ)の像が立てられている。
e0160774_22154012.jpg
そして、その向こうには、やはり独立運動家の安重根(アン・ジュングン)を記念する「安重根義士記念館」があるという。個人的には独立運動系は苦手なのだが、新しく建てた記念館の建物がかっこよくて、一度行ってみたいと思っていたので、この機会に行ってみることにした。

その前に、南山公園を登る途中で見えてきた建物。もともと南山子供会館として建てられ、今は科学館になっているらしい。
e0160774_22154066.jpg
李光魯(イ・グァンノ)建築家の設計。
調べてみると、南山子供会館は、朴正煕大統領の夫人である陸英修(ユク・ヨンス)女史が設立した「育英財団(ユギョンジェダン)」(ハングルで書くと2文字も一緒!陸を育にしたのはどういう意味だろう?)によって1970年に建てられた。子供会館の目的としては、「科学知識の普及」などもあるが、一番最初に「青少年に対する反共精神の昂揚」とあるのも時代を感じさせる。
斜面に沿って建てられた土台部分の建物と、四角い建物、そしてその上には丸い展望台が載っている。展望台は韓国で初の回転展望台だったらしいが、外から見るところでは使われていなさそうだ。登ってみたいなあ。
道路に面した横並びの窓の形がかっこいいぞ。
e0160774_22185121.jpg
土台の建物の角は円筒型になっていて、ドームが載っている。
e0160774_22154022.jpg
プラネタリウムでもあるんだろうか。
円筒部分に不思議な装飾があるなと思ったら、月の表面を表したレリーフだった。
e0160774_22185175.jpg
e0160774_22185127.jpg
円筒の横にはけっこう長い階段があった。階段の上には科学館の四角い建物がそびえており、階段を登るにつれて迫ってくる感じが映画的なスペクタクルを感じさせる。
e0160774_22185106.jpg
この階段が急で、妻と子供たちはひいひいいっていた。「昔の子供連れはみんなここを意気揚々と登ったんだぞ!」と言ってみるものの、調べてみると、5年後に陵洞に移転することになる原因の一つが階段の不便さにあったという。
ちなみにこの階段、昔の朝鮮神宮時代の階段だという説もあるらしい。真偽の程は分からないけれど。

今まで遠くから見ただけで分からなかったけれど、窓の独特な装飾が美しい。
e0160774_22201287.jpg
特に四隅が鋭角になっていて、角から写真を撮りたくなる。
ディテールがかっこいいから、ズームレンズで撮ってみたいな。
e0160774_22201269.jpg
e0160774_22205472.jpg
e0160774_22205476.jpg

南山科学館の向かいには安重根義士記念館。
磨りガラスの四角いマスが、横に4つ、縦に3つ並んでいるスタイリッシュな建物。
右上のガラスの向こうにうっすらと「安重根」の文字が見える。
e0160774_22201369.jpg
2010年、ソウル市建築賞で最優秀賞を受賞した建築で、設計したイム・ヨンファン氏とキム・ソンヒョン氏夫婦は同年に「若い建築家賞」を受賞した。
夜になると中の照明がすりガラスを通してほのかに光って美しいらしい。
e0160774_22205422.jpg

その隣には南山図書館があるという。
行ってみたかったけれど、日が暮れる前に下山しないと遭難するかも知れないので(ウソ)、明洞へ下りて帰宅。
南山タワーは行き飽きたけれど、南山、面白いところはたくさんあるな。

[PR]
by matchino | 2015-10-07 22:25 | 建築 | Comments(0)

建築家・鄭奇鎔氏の茂朱プロジェクトを訪ねて 予習編!

e0160774_21471815.jpg
全羅北道の茂朱(ムジュ)郡に行くことになった。
韓国観光公社の祭りモニターとして、茂朱蛍祭りに行くことになったのだ。
1泊2日で、祭りを体験し、周辺の観光地を回ってくるというミッションが課せられる。
それで、茂朱郡の観光地について調べてみた。
山と川がきれいで、山葡萄のワインが飲めるいいところらしい。
でも、個人的にはアート&建築系を見てきたい。
いろいろと調べるうちに出てきたのが、鄭奇鎔(チョン・ギヨン)氏という建築家の話だった。
鄭奇鎔氏は、10年にわたって茂朱のさまざまな公共建築を手がける「茂朱プロジェクト」を行ったのだという。

さて、鄭奇鎔氏の名前に触れたのは今回が初めてではない。
国立現代美術館で建築関係の展示がシリーズで行われているが、その最初の展示が鄭奇鎔氏のアーカイブ展示だった。大腸ガンで亡くなった鄭奇鎔氏が、自分のさまざまなスケッチや資料などを国立現代美術館に寄贈したが、そのアーカイブが「絵日記」という題名で展示されていた。
鄭奇鎔氏の代表的なプロジェクトである「奇跡の図書館」や、貧しい人たちのための「土の家」など、人にやさしい建築をつくるその思想にとても感銘を受けた。

そして興味を持ったので、「奇跡の図書館」について書いた本も読んでみた。
「奇跡の図書館」は、「ヌッキムピョ」というテレビ番組で行った、図書館のない田舎の町に子供のための図書館を建てるというプロジェクト。全国各地にいくつもの図書館が建てられたが、その建築家として抜擢されたのが鄭奇鎔氏だった。鄭奇鎔氏のこの図書館の建築に対する思想がとても感動的で、子供の目線に立った図書館設計がとてもすばらしいと思った。
奇跡の図書館をぜひ一つでも見てみたいと思っているが、皆、田舎にあるため訪ねる機会がなかった。

そして思いがけず、鄭奇鎔氏の建築を見に行く機会がやってきたのだ。
ネットで調べてみると、茂朱に「鄭奇鎔建築ツアー」に行っている人が何人もいた。
茂朱プロジェクトについては鄭奇鎔氏が「感応の建築」という本に書いているということなので、茂朱に行く前にその本を読んでいる。
郡庁や面事務所、昆虫博物館、郷土博物館、運動場、バス停など、小さくとも意味深い建築がたくさん建てられたらしい。
プロジェクトから何年も経っているため、今はどのように使われているのか、この目で確かめてみたいと思う。

[PR]
by matchino | 2015-08-23 22:03 | 建築 | Comments(0)

大学路の恵化洞聖堂

e0160774_22081754.jpg
数年前に建築の本を読んで、見に行きたくなったのが、切頭山殉教聖地の教会。
建築家・李喜泰氏の設計で、建築の本を読むとたくさん出てくる名前だった。
そして大学路あたりを歩きながら気になったのが、恵化洞聖堂。設計は李喜泰氏。
いつか行ってみようと思っていたところ、時間ができて行ってみた。

地下鉄4号線の恵化駅から北に数分歩くと、東南アジア系の人たちが歩道にテントを張って食材を売っている。恵化洞聖堂に通うフィリピン人たちなんだそうだ。
そのテントの群れを過ぎると間も無く現れるのが恵化洞聖堂。
坂の上に、更に階段の上に聖堂が建っているため、遠くからでも塔や白い壁のレリーフがよく見える。

花崗岩のレリーフは、金世中が原画を描いて張基殷と共に作成した「最後の審判図」で、イエスを中心に4人の福音書の著者たちの象徴が刻まれているんだという。
でも、イエス以外は、羽が生えた動物で、一人は人間の姿をしている。
e0160774_22081753.jpg
どの動物が誰を示しているのか、ネットではそれ以上の詳しい説明は見つからなかった。で、図像学について調べてみて、やっと誰なのか分かった。左から、マルコ(獅子)、ヨハネ(鷲)、マタイ(人間)、ルカ(牛)なんだそうだ。

その左側には花崗岩の白い壁と対比になっているレンガ造りの四角い塔。そこにもレリーフが飾られている。このレリーフは恵化洞教会の守護聖人である聖ベネディクト。

普通、教会建築は左右対称になっていることが多いが、ここは非対称になっている。
前に読んだ本によると、西洋では秩序を重要視するため対称を多用し、韓国の伝統建築ではなるべく非対称になるようにするんだとか。
この教会も、西洋建築でありながらも韓国の伝統を取り入れようという試みがなされた初期の教会建築なんだという。
e0160774_22081774.jpg
正面に三つのドアが付いていて、ドアには四角いガラスがはめ込んである。中に入ってみると、ステンドグラスだった。
e0160774_22104289.jpg
e0160774_22081745.jpg
人が少ない時間で照明が点いていないためか、玄関ホールは薄暗くなっていて、ステンドグラスがよく見える。
e0160774_22081769.jpg
礼拝堂のドアをそっと開けると、シスターや信徒たちが何人か祈りを捧げている。一緒に来た娘に「静かにするんだよー」と言って中に入った。

右側のドアから入ると目の前に見えたのがいばらの冠を被ったイエスの像。
e0160774_22081767.jpg
そしてその向こうに信徒席があり、祭壇がある。
祭壇はモザイクタイルで何かが描かれている。空なんだろうか、左の方に太陽が描かれているが、抽象的な絵だ。
e0160774_22081781.jpg
礼拝堂の両側には正方形のステンドグラスが3つずつ。
左側は聖書の物語に関する絵なんだろうか。
e0160774_22104266.jpg
そして右側は鳩と十字架と太極。
韓国を代表するイメージが入っているのも興味深い。
e0160774_22104235.jpg

右側のステンドグラスは黒い部分がはっきりしているのに対し、左側のものは黒のキワがぼかしというか、かすれというか、独特な効果を出している。それで、作家が違うのかと思ったが、李南圭という作家が数年かけて29点作ったんだという。
e0160774_22081743.jpg
娘が静かにしていられる限界が来たので、礼拝堂を出た。
祭壇の横のステンドグラスも見たかったけど、残念。後で調べてみると、祭壇の右側には韓国の103人の殉教者たちの姿が描かれた絵がかかっているらしい。これも次に見に行かないとだな。
後で調べてみると、この聖堂はキリスト教美術の宝庫ともいわれるような所で、著名なキリスト教徒の作家たちの作品がたくさんあるんだという。

建物の外を回ってみると、ステンドグラスの脇に薄いコンクリートの板が突出している。なぜこのような構造になっているのか、ちょっと考えてみた。礼拝堂の中に柱がないため、壁で屋根を支えなければならないけれど、ステンドグラスも大きいので、壁にも荷重をかけられる幅をとるのが難しい。それで、壁の一部を外に突出させて面積を稼ぐことにしたんではないだろうか。誰かに聞いてみよう。
e0160774_22104234.jpg
これは祭壇の右にあるステンドグラスの外側。
機能的な構造なんだろうけれど、なんかいい感じ。

e0160774_22104265.jpg
聖堂を後にし、梨花洞を散歩して帰った。
大学路あたりってなかなかいい建築と路地が多い。
また来よう。

[PR]
by matchino | 2015-08-05 22:32 | 建築 | Comments(0)

公州・公山城の「蚕種冷蔵庫」

e0160774_22074843.jpg

百済の遺跡を巡るツアーで出会った近代遺産、もう一つは公州の百済遺跡である公山城の中にあった。
公山城の入り口となっている錦西楼から左の城壁の上を歩き、錦江沿いに城を回っていくと鉄柵に閉じされた地下への入口がある。これが1915年につくられた「蚕種冷蔵庫」。
e0160774_22075568.jpg
忠清南道地域の養蚕農家に供給する蚕種を保管していた冷蔵庫だという。
卵で冬を越す蚕は4月頃に孵化するが、蚕が食べる桑が本格的に芽吹き始めるのは5月だあるため、蚕の孵化を遅らせる必要がある。そのため、錦江の氷と共に蚕の卵を地下室に保管しておいたのが、この蚕種冷蔵庫。
地下1階で長さが11.6m、幅と高さが2mの鉄筋コンクリート造り。
e0160774_22074871.jpg
と、ここまでは分かった。
でもいくつかの疑問が残る。

・なぜ公山城の中につくられたのか?
・日本では、富岡製糸場などで年に2蚕、3蚕を行って生産量を上げるために蚕種冷蔵庫が使われたというが、韓国ではそのようなことはなかったのか?
・この蚕種冷蔵庫は日本統治時代に作られたのだが、それ以前から蚕種冷蔵庫がほかにもあったのだろうか?
・この蚕種冷蔵庫は日本人が使っていたものなのだろうか?あるいは韓国人も使ったのだろうか?

だだの小さな地下室に過ぎないのに、気になりだすといろいろなものが見えてくる。
産業遺産ってけっこう面白い。
で、ちょっと調べてみたら、こんな記事が見つかった。
それでも謎は解けず…。蚕室、行ってみるか…。


ここでツアーのお知らせ。
百済歴史文化地区の世界遺産登録の立役者となった研究者の解説を聞きながら扶余・公州を巡るツアーを企画しています。
百済遺跡だけでなく、扶余・公州の近代建築や路地を巡るツアーも企画中。
関心のある方はコメントください!

[PR]
by matchino | 2015-07-25 22:09 | 建築 | Comments(2)

金寿根氏の問題の建築、旧・国立扶余博物館


e0160774_21044050.jpg

ユネスコ世界遺産に日本の産業遺産が登録される前日、韓国の「百済歴史地区」も世界遺産の登録が決定した。
その遺跡の広報のために、この地域にあたる忠清南道と全羅北道の知事と共に巡る記者団のファムツアーが行われ、参加してきた。
私が忠清南道の公州市と扶余郡の百済に関する遺跡を訪ねるのは実は3回目で、それほど期待していなかったが、解説をしてくれた人たちがその分野の専門家で、素晴らしく興味深いツアーだった。
その内容は別のメディアに書くことにして、ここでは、百済とは違う、近代建築系に出会った話。

まず、扶余郡の扶蘇山城に訪問した時の話。百済時代の遺跡があり、落花岩の逸話で有名な所だが、偶然にもずっと前から見たかった近代建築に出会った。
扶蘇山城の入り口付近にある「扶余客舎」という建物の前で解説を聞いている時、屋根の向こうに不思議な形の突起物が見えた。

あ、あれは旧・国立扶余博物館だ!
韓国現代建築の第一世代にあたる金寿根氏が設計した、独特な形の建物。
でも、この建物はこのフォルムのために大きな非難を受け、金寿根氏の建築家としての人生に大きな打撃を与えた。
e0160774_21044605.jpg
この建物が完成して間もない1967年8月19日、東亜日報の社会面にある記事が載った。内容は、国立扶余博物館の建物が日本の神社に酷似しているというもの。
新聞に掲載された写真は入り口部分を意図的に神社の鳥居に見えるように撮影したもので、明らかな情報操作の意図が含まれていたが、当時の社会は言論のいうことは無条件信じるような状況だったため、世論は完全に金寿根氏に不利な方向に傾いた。
その写真は明らかなでっちあげだが、博物館の屋根の形が日本の神社の屋根に似ているということは、他の建築家たちも認めるものだった。
今でも韓国では旭日旗を思わせるデザインは批判の的になったりするが、神社参拝を強制されていた韓国人にとって神社に似たデザインはあり得ないものだったし、それが百済の歴史を展示する博物館であるならなおさらのことだ。
新聞の記事に対し、金寿根氏は、「百済の遺物からとったデザインだ」と反論したが、金寿根氏と並ぶ韓国現代建築界の双塔である金重業氏が新聞に博物館を非難するコラムを書き、新聞を通した「炎上」騒ぎはさらに大きくなった。
その後も金寿根氏は「これは私のオリジナルのデザインだ」、「日本で建築を学んだ私が日本の影響を受けていることは間違いないが、影響を受けてはならないという法がどこにあるのか」などと反論したが、金重業氏だけでなく、他の建築家たちも金寿根氏を批判した。
そして、国立扶余博物館の「審議委員会」の現場調査の結果、「この建物は直す余地なし。解体すべし」という結論に至った…という新聞記事が出た。
e0160774_21044645.jpg
それでは、博物館は解体されてしまったのかというと、私が今回見てきたように、しっかりと残っている。国立扶余博物館は新しく建てられた建物に移り、この建物は百済工芸文化館として使われている。
それでも、いくつかの修正は加えられたようだ。「鳥居のようだ」といわれた入り口部分はなくなり、屋根には瓦が乗っていて、なんとか「韓国らしさ」を出そうとした痕跡が認められる。もちろん、今となってはそのような上辺だけの「韓国らしさ」は前時代の考え方となっているが、その当時は韓国を代表する建築家さえそのような考えを持っていたのだ。
ある意味においては、この国立扶余博物館に関する論議は、建築における「韓国的なものとはなにか」という疑問を投げかける契機を与えた事件だったといえる。
e0160774_21044090.jpg
後で調べてみると、内部構造などは「神社に似ている」と断罪して壊してしまうには惜しい素晴らしい空間を持っているのだという。今回は外観しか見られなかったので、もう一度訪ねないとだな。
e0160774_21044097.jpg
冒頭にも書いたが、今回のツアーの目玉はなんといっても解説をしてくださった専門家の皆さんだが、そのうちの一人の方がとっておきのコースを案内してくださるという話をいただいてきた。それで、「世界遺産登録の立役者と巡る百済の遺跡ツアー」を企画してみようと思う。
また、扶余・公州は近代の路地が残っている地域でもあるため、そちらのツアーも企画中。関心のある方はコメントをお願いします!

[PR]
by matchino | 2015-07-20 21:09 | 建築 | Comments(0)