<< 新しい感覚の家族写真を撮る「V...

第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレ

久しぶりにソウル市立美術館に行ってきた。
徳寿宮の脇の石塀の道も葉が散り始めていて、なかなかいい雰囲気。
美術館では11/5まで、第5回ソウル国際メディアアート・ビエンナーレの展示がされていた。
e0160774_201785.jpg

今回のテーマは「TURN AND WIDEN(転換と拡張)」。
世界から、なかなかおもしろいメディアート作品がたくさん寄せられていた。

e0160774_202184.jpg

こういうかっこいいオブジェとか。

e0160774_2025388.jpg

こういうインスタレーション。

e0160774_2031398.jpg

これは、カーテンにたくさんの蝶が映されており、赤いボールでカーテンを触ると、それに蝶が寄ってくるというインスタレーション。

e0160774_2033790.jpg

『ネイキッド・ランチ』を思い出させるようなタイプライター。
キーを打つと、文字が虫になって、紙の上を走り回る。

ほかにも気に入った作品、驚いた作品がたくさんあった。
無料なのもあり、インタラクティブなおもしろい作品ということもあってか、たくさんの人が来ていた。

ソウル市立美術館
http://seoulmoa.seoul.go.kr/main.html
[PR]
by matchino | 2008-11-13 20:06 | Comments(6)
Commented by アーヤ at 2008-11-15 22:20 x
ちょうちょのやってみたいなー。
タイプライター、懐かしいですね。あのカチャカチャ、チーン音が好きでした。歳バレバレ;;;
Commented by matchino at 2008-11-17 21:14
この作品のところもそうでしたけど、体験型の作品が多く、けっこう人が並んでました。
このタイプライターも実際に打ってみることができるんですよね。
Commented by アーヤ at 2008-11-17 22:08 x
作品に触れさせてくれるなんて寛大ですね。
そこが現代アートのいいところかも。
Commented by matchino at 2008-11-18 12:32
そうですねえ。インタラクティブなのがウリ(?)の作品ですから。
でも、それよりも驚いたのが、撮影が許可されていること。
撮影できる所はけっこう多いですね。不思議。
Commented by Acqua at 2008-11-18 22:54 x
さっそくご訪問させていただきました~♪
アート情報いっぱいの素敵なブログになりそうですね。(^^)v

私も大好きなソウル市立美術館。
こんな展示会が開催されてたんですね。

>キーを打つと、文字が虫になって、紙の上を走り回る。

わ!面白そう!わたしもこういうタイプライターほしいわ(笑

*Acqua(アクア)・・・誰かわかりますよね(*^_^*)
Commented by matchino at 2008-11-19 09:10
Acquaですかあ。すてきな名前ですねえ。
頑張って更新していきますので、どうぞよろしく!
<< 新しい感覚の家族写真を撮る「V...