<< 韓国建築模型の博物館「奇興聲ミ... 釜山旅行02 168階段 >>

韓国建築模型の博物館「奇興聲ミュージアム」 01

一つのことに興味を持つと、そこからいろいろなものがつながってくる。
今回行ってきた博物館もその一つだった。

ことの始まりは、去年のソウル国際建築映画祭。その映画祭の開幕作品は、「アパート生態系」という作品だった。ソウルの古いアパートを巡りながら、アパートをめぐるソウル市民のさまざまな生き方について描いた作品だった。とても興味深い作品で、たくさんの人に見てもらいたいものだった。
その中で気になったのが、最初から最後まで出てくるソウル市立大学の孫禎睦(ソン・ジョンモク)教授。勉強好きのおじいさんという風貌だったが、後から調べてみると、ソウル市の都市計画において重要な役割を務めてきただけでなく、韓国の多くの自治体の歴史を編纂するなど、近現代の韓国の歴史について多くの研究をされてきた方だということが分かった。

そしてこの方の著書であり、この映画の中でも何度も出てきた本があった。「ソウル都市計画物語」という全6巻にわたる本。図書館で何回か目にしながら気になっていたが、「いつかは読もう」と後回しにしていた本だった。でも、これは読まねばと思わされ、さっそく読み始めた。

で、読んでみると、とても面白い!
え、そんなことがあったのか!というようなエピソードが目白押しで、誰かに話さずにはいられないような話に満ちているのだ。

そして、この本の汝矣島の開発に関する部分を読んでいて、さらに気になったことがあった。
汝矣島の開発をするにおいて模型をつくったというのだが、その作業を行った奇興聲(キ・フンソン)会長という方だった。
韓国の建築模型といったらこの人、という有名な方で、国家的なプロジェクトのための模型作りはほとんどこの方の会社で手がけてきたらしい。最近でいえば、平昌冬季オリンピックのための会場一帯の模型作りも手がけ、オリンピック誘致に貢献した。
そして、奇興聲会長の今まで手がけてきた建築模型を展示する「奇興聲ミュージアム」が楊平郡にオープンしたという。
これは行ってみなければ!

しかし、自家用車がなければ行くのは簡単ではなさそうだ。
楊平駅までは電車があるけれど、そこから30分ほどバスに乗っていかなければならない。そのバスも何時に来るかよく分からない状態。近くにある「Dr. パクギャラリー」は、以前行こうと思いならもバスが来なくて諦めたところだった。
それでも、なんとか博物館まで行くバスの時刻表を探し、行ってみることにした。

京義中央線の楊平駅から近い楊平市場の停留場から4-9番のバスに乗る。14時40分。これを逃したら今度来るのは夕方だ。(実は他のバスもあるので1時間に1本くらいの間隔であることが分かった)
南漢江沿いの道を30分くらい走って、「チョンス2里ソンド病院(전수2리.송도병원)」という停留所で降りると、すぐ前に茶色の外観の建物が見えた。
やった! 着いた!

e0160774_20525674.jpg

前置きが長くなってしまったので、次回につづく!


奇興聲ミュージアム



[PR]
by matchino | 2018-01-10 21:09 | 建築 | Comments(0)
<< 韓国建築模型の博物館「奇興聲ミ... 釜山旅行02 168階段 >>