傷心の奨忠洞 その1 >>

傷心の奨忠洞 その2 105チョコレート+コーヒー

大好きな洋館が消えてしまった傷心を抱えながら京東教会のほうに戻っていく。
教会の裏手には文化住宅がいくつか残っており、その一つがカフェになっているという話を聞いてやってきたのだ。

けっこう経っていそうな石垣に囲まれた家。1956年に建てられたらしい。韓国戦争の終戦間もない頃か。
広い門の上には「105 Chocolate + Coffee」と店の名前が出ている。

e0160774_21584651.jpg

門のすぐ前は駐車場で、すでに2台の車が入っていた。
その左手には広い庭!

e0160774_21574228.jpg

テーブルがたくさん置いてあって、春や秋には外でくつろぐのもいいかもしれない。
そしてその向こうには大きな石造りの家!切妻がいくつか組み合わさった屋根で、お金持ちが住んでいました、という雰囲気。

e0160774_21412165.jpg
e0160774_21412258.jpg

玄関の前の階段も時代を感じさせる。

e0160774_21412187.jpg
e0160774_21412214.jpg

玄関に入るとすぐに注文するコーナー。娘用にはオレンジエード、私には「105コーヒー」3000ウォン。チョコレートの専門店でおいしいらしい。上の子たちを連れてくるほうがよかったな。(ついてこないケド)

さて、コーヒーより重要なのが、2階の部屋。住宅として使っていたものを家具などもそのまま使っているといううわさを聞いていたのだ。
人がいて写真を撮れなかったけれど、階段を上ると大きな円形の窓があって、板張りの部屋。ここが門の正面にくる場所だな。ベランダの手すりが重厚なデザイン。

e0160774_21411909.jpg

その隣には二つの部屋。一つの部屋は古めかしいソファのセット。元から使っていたものをそのまま使っているのだろうか。座り心地は悪そうだけど、レトロ感たっぷりでいい。犬のぬいぐるみも古そう。

e0160774_21412079.jpg

もう一つの部屋には楽な椅子が置いてあり、居心地がよくて眠くなるほど。窓の外には隣の文化住宅が見えていい感じ。

e0160774_21412137.jpg

なんだけど、窓際の席はおばさま三人組が陣取っていて、仕方なく壁側でくつろいだ。

e0160774_21411943.jpg
e0160774_21412051.jpg
ちょっとくつろぎすぎじゃね?


娘が東大門を見にいこうというので、外に出た。さっきは暑かったけれど、夕方になって少し涼しくなっていたので、庭でブランコに乗る。いろんな木が植えられており、リンゴの木もあって、小さな実をつけていた。

e0160774_21412278.jpg

娘の相手をしていてコーヒーもまともに味わえなかったけれど、コーヒーもケーキもおいしいということだったので、今度はゆっくり行ってこよう。一緒に行きたい人、募集!

[PR]
by matchino | 2017-08-14 22:05 | 建築 | Comments(0)
傷心の奨忠洞 その1 >>