<< 〈堤川の建築巡り 3〉清風文化財団地 〈堤川の近代建築巡り 1〉葉煙... >>

〈堤川の近代建築巡り 2〉葉煙草受納取扱所

e0160774_22001540.jpg

葉煙草生産組合旧社屋の裏のほうへ回っていくと、葉煙草受納取扱所の建物がある。

e0160774_22001212.jpg
e0160774_22001301.jpg
e0160774_22001241.jpg
一見、日本統治時代の建物によくある下見張りの壁の倉庫のようだけれど、真ん中で折れてL字型になっている。
連結部も斜めになっていたりとちょっと複雑な構造になっている。

e0160774_22001342.jpg

現在も使われている建物なのだろうかと思ったが、入口が開いている。ガラスのドアには、都市再生事業とかなんとか。
入ってみると、隣の部屋に向かって下りるスロープ。

e0160774_22001491.jpg

ドアの向こうには待合室のような空間があって、両側に長椅子、床には四角い穴が二つ開いていた。

e0160774_22001419.jpg


その部屋の奥には事務所があって、待合室に向かって窓があった。人がいたので、ここが何に使われているのか聞いてみた。すると、「ちょっと待ってください」といって、案内をするためにわざわざ外まで出てきてくれた。

文化財として残しながら都市再生事業に活用


この建物は、もともと葉煙草受納取扱所として使われたもので、1943年に建てられた。
待合室のような部屋は、煙草の葉を販売するために来た農家の人たちが受付を待っている部屋だった。床の四角い穴は「暖炉」だったということだが、いわゆる囲炉裏だったのではないだろうか。

e0160774_22001467.jpg

その隣の部屋は煙草の葉を陳列する場所だったという。煙草の葉は鑑定によって等級が決められるが鑑定を待つ間にここに並べておいたのだ。
今は二つの部屋に分かれており、イベント会場として使われている。一つは新しく壁と天井が作られていたが、もう一つは天井がなく、木造のトラスが見える。新しく設置した壁も、文化財となっている本来の壁は残している。

e0160774_22033360.jpg

扉も当時のものを残しており、なかなかいい雰囲気を醸し出している。
この部屋の外には煙草の苗が何本か植わっていた。花は終わりかけていたけれど、初めて見たぞ。

e0160774_22001576.jpg


取扱所の中心部、鑑定所と保管所


取扱所の中央の連結部分は、解説してくれた職員の言葉を借りれば、この建物の「花」ともいえる鑑定所。
部屋の真ん中には、円形のレールが敷かれており、レールの上には荷台が乗っている。ここでは農民が持ってきた煙草の葉を、二人の鑑定士が鑑定する空間。荷台に煙草の葉を乗せて回しながら鑑定したというわけだろうか。部屋には他の部屋より大きな窓が開いていて、光がよく入ったと解説していることからすると、鑑定に光が重要で、あらゆる方向から光を当ててみて鑑定したのだろう。

e0160774_22033322.jpg
e0160774_22033497.jpg

その隣は煙草の葉の保管所。
ここは取扱所だった当時の様子がほぼそのまま保存(あるいは再現?)されていた。
湿度を調節するために天井はなく、木造のトラスがむき出しになっている。

e0160774_22033506.jpg

そして広い床の中央には、長方形の短辺の方向に長く、深い溝が掘られている。ここに水を溜めて湿度を調節したという。今は一つしか残っていないがもともとは三つあったらしい。

e0160774_22033523.jpg

こうして見ていくと、韓国のもともとのタバコ産業がどうなっていて、なぜ堤川にこの施設があるのか気になる。すぐ近くの清州にも大きな煙草工場があるし。

e0160774_22033691.jpg

堤川の近代建築は、この他にも大韓通運の倉庫が駅の近くにあるらしい。葉煙草受納取扱所の周りも面白そうなのでもう少し周ってみたいな。鑑定所の窓の外に見えたこの家屋も気になったし。

e0160774_22033405.jpg

そうそう、葉煙草生産組合旧社屋の向かいにある「松鶴飯荘(ソンハクパンジャン)」という中華料理店も60年以上の伝統を持つ店なんだとか。次に訪ねる時は、食事前に行かないとだな。

e0160774_22053868.jpg

[PR]
by matchino | 2017-08-06 22:08 | 建築 | Comments(0)
<< 〈堤川の建築巡り 3〉清風文化財団地 〈堤川の近代建築巡り 1〉葉煙... >>