中林洞・ホバクマウル >>

徽慶洞の再開発地域を歩く

e0160774_12034281.jpg

ソウル建物年齢地図というサイトがあることを最近知った。ソウルのすべての建物の使用承認を得た年度を記載したというものすごい地図。それで気になっていた建物の年代を興奮しながら調べまくった。
そして、思いついたのが、古い家屋がある辺りを歩いてみようかと。

徽慶洞の古い家屋について昔書いたことがあったが、その反対側のあたりにも古い家がけっこう残っていることを最近発見して、歩いてみることにした。
地下鉄1号線の回基駅に着く前に電車の窓からだいたいの位置の目星を付ける。
が、解体作業用の幕が張られている!再開発されてしまうのか!

回基駅を出てしばらく歩くと、気になっていた連立住宅があった。年代は1980年。

e0160774_12034256.jpg
e0160774_12034378.jpg

その向こうにも古そうな建物が見える。


そこから少し歩いていくと、空き家が並んでいた。やはり再開発の地域になっており、住民はすでに出ていたのだ。
古い一階建ての家屋がいくつもあった。こういう瓦屋根の家は1960年代のものらしい。

e0160774_12034347.jpg
e0160774_12034465.jpg
e0160774_12072667.jpg

すでに撤去された残骸の向こうに古い家屋が見える。

e0160774_12072544.jpg

その中で見つけたとんがり屋根の家。何の家だろうかと気になって前まで行ってみると、「荷居堂」という文字。巫堂の家なんだろうか。
とんがり屋根の中の窓も面白いが、その脇に書かれた「永存」が何を意味するのかと気になる。

e0160774_12072645.jpg

この屋根に気を取られて気付かなかったけれど、家に入る細い路地の両側の塀には絵が描かれていた。

e0160774_12072729.jpg

e0160774_12072753.jpg
アングルの「泉」とか

e0160774_12072850.jpg
朝鮮戦争のときに空に現れたイエスの姿とか
(その上のはダリの描いたイエス?)

e0160774_12072792.jpg

虎とか。
元の絵が分かるものもあれば、分からないものもあって、不思議な感じだ。
どんな人が、何の目的で描いたんだろうか。まあ、ただの趣味なのかもしれないけれど。

さらに路地を回っていると、古い倉庫のような建物を見つけた。

e0160774_12034352.jpg
e0160774_12034440.jpg

通りの表側に回ってみると、道路から少し奥まったところにこの建物の入口があった。
今も使われているようだ。

e0160774_12072859.jpg

写真を撮っていると、一人のおじさんが現れた。
「何かの工場なんですか?」と訊いてみると、
「そう。11の小さい工場が入ってるんだ」とおじさん。
「ここも再開発の地域なんですか?」
「いや、再開発はこの裏側だよ。この建物の2階が再開発の事務所」といって、隣のビルを指差した。
よかった。とりあえずこの建物は残りそうだ。
今度中を見せてもらおう。

[PR]
by matchino | 2017-06-18 12:19 | 街歩き | Comments(0)
中林洞・ホバクマウル >>