<< 益山・旧益沃水利組合事務所(現... 筆洞のストリートミュージアムが... >>

公州、錦江の鉄橋を渡れ!

e0160774_09523656.jpg
「錦江の鉄橋を渡れ」
なんだか戦争映画のタイトルみたいだが、前回、公州を訪れた時に私に課せられたミッションだった。
しかし、冬で小さい娘を連れてだったので、そのときは果たせなかったミッションなのだ。
今回の取材が公山城だったので、バスターミナルから鉄橋を渡って歩いて行くことに。

この錦江鉄橋がつくられたのは、日本統治時代の1933年。当時、漢江以南では最も長い橋だったという。
1932年に忠清南道庁が公州から大田に移す代わりに架けられ、これによって公州は交通の要地となったわけだ。
ワーレントラス構造の上弦材をアーチ形状にした、当時としては珍しいものだという。

e0160774_09523594.jpg

昔は車道が2車線だったが、その横に大きな橋がつくられ、交通においては重要な橋ではなくなった。

そしてもう一つ、映像展示館の近くをふらついていて見つけたのがこの劇場。
韓国古建築散歩のりうめいさんが見つけていて、湖西劇場と似ているようで違うらしい形なので、どこにあるのかと思っていたところだった。
e0160774_09562792.jpg
e0160774_09562729.jpg
e0160774_09562759.jpg
今回、公山城を案内してくださった文化解説士が、公州の旧都心について詳しい人だったので訊いてみると、公州劇場といって、湖西劇場と共に70〜80年代の公州を代表する劇場(映画館)なんだという。
湖西劇場の脇の絵について訊いてみると、最近行われた撮影イベントのために描いたものだという。「公山城の血闘」という映画は実際にあった映画で、そのポスターを模写したものなんだとか。
で、一つ残念だったのは、草花文学館にまた入れなかったこと。


[PR]
by matchino | 2017-05-07 10:13 | 建築 | Comments(0)
<< 益山・旧益沃水利組合事務所(現... 筆洞のストリートミュージアムが... >>