<< 「トッケビの家」雲峴宮洋館を訪ねる 公州建築巡り 4 ルチアの庭 >>

公州建築巡り 5 トンボが遊んでいった路地と草花文学館

e0160774_21085857.jpg
公州近代建築巡りの続き。ルチアの庭の前の路地は「トンボが遊んでいった路地」と名付けられており、昔の様子がけっこう残っている。
e0160774_21092851.jpg
倉庫のような建物なのに、なぜか旅館の看板。旅館は別のところにあるのかな?
e0160774_21101017.jpg
怪しげな大きな壁!
壁には「公山城の血闘」という映画なのか演劇なのか、広報のための絵が描かれている。
e0160774_21101099.jpg
e0160774_21101158.jpg
建物の表側に回ってみると、角が丸くなった古い劇場っぼい建物だった。
でも看板には「学生百貨店」とある。
そしてその学生百貨店も閉店しているようだった。
後から調べてみると、湖西劇場という劇場だったことが分かった。
e0160774_21102156.jpg

それから、「公山城の血闘」の壁画の向かいにあったゲストハウス、キレイそうだなと思っていたら、1泊3万ウォンだとあるブログで紹介されていた。泊まるとしたらここかな。まあ、日帰りで充分なんだけど…。

その向かいには古い商店。この辺りは昔の繁華街なんだという。もう少し歩いたら昔の痕跡が見つかるかもしれない。
e0160774_21101104.jpg

それから、前回、少し話した「草花文学館」。
旧市街を見下ろす山の麓に建っている日本統治時代の裁判所の官舎を改装したものだった。
e0160774_21101227.jpg
詳しくはこちら

黒く塗り直しているけれど、当時の構造はそのまま残っている。
この日は閉館時間後に訪れたので入れなかった。
e0160774_21101106.jpg
裏の方に回ってみると、外に面した廊下があって、まさに日本家屋。
e0160774_21101219.jpg
窓から中を覗くとアコーディオンが置いてあった。いいなああ。
e0160774_21101241.jpg

公州、そんなに頻繁に訪れることはできないけれど、1年に一度くらいは訪れて歩き回りたいな。
草花文学館も入れなかったし、今回見に行けなかった洋館もあるし、鉄橋を歩いて渡ってみないとだし、やるべきことは多いのだ。




[PR]
by matchino | 2017-01-12 21:15 | 建築 | Comments(0)
<< 「トッケビの家」雲峴宮洋館を訪ねる 公州建築巡り 4 ルチアの庭 >>