<< 公州建築巡り 5 トンボが遊ん... 公州建築巡り 3 旧公州邑事... >>

公州建築巡り 4 ルチアの庭

e0160774_22281211.jpg
公州近代建築巡りの続き。
公州の旧市街には昔の家屋がたくさん残っている。そんな家屋の一つを改造したカフェ、「ルチアの庭」。いろいろな雑誌などで紹介されており、一度行ってみたいと思っていた。

公州の旧市街を流れる済民川に沿って歩くと細い路地の入り口に木でできた小さな案内板があった。素朴な雰囲気を求めて多くの人が訪れるようになったのか、「トンボが遊んでいった路地」という名が付いていた。
e0160774_22280911.jpg
路地に入って曲がり角にある青い門の家、そこが「ルチアの庭」だった。小さな庭には簡単に花が植えられている。
話題になっていたカフェなので、席はないかもしれないと思っていたが、奥の小さなテーブルが一つ空いていて、そこに三人で座った。
入り口で靴を脱いで上がりこむかたちになっていて、私たちが座った部屋と縁側を改造したと思われる板の間、そして厨房の上には屋根裏にあたるタラクパンがあった。
e0160774_22280913.jpg
e0160774_22281180.jpg
もともとは「ステラ」という洗礼名を持ったおばあさんが、旦那さんと二人で建てた韓屋の家だったという。家を建ててから3年後、旦那さんは亡くなって、その後、ステラおばあさんもこの家を去ったけれど、同じ聖堂に通う「ルチア」という洗礼名を持つ今の主人がカフェに改造したということだった。

「お一人様につき一つ注文でお願いします」といって渡されたメニューを見ると、ちょっとしゃれた名前のついたお茶がずらり。よく見てみると、緑茶だったりプーアル茶だったり。それで紅茶を頼むことにしたんだけれど、これもまた種類が多い。お店の人にヘルプを出すと「シャングリラが人気ですよ」ということなので、それを頼んでみた。

まずは妻のが出てきた。お茶は何だったか憶えていないけれど、おいしかった。茶碗も美しい。
e0160774_22281037.jpg
置いてある雑誌などをペラペラとめくりながら待っていると、ほんとうにしばらくして紅茶が出てきた。でも空間に流れる雰囲気がよすぎて、待たされた感じがしない。ゆったりとした時間の中に寄っているような感じだ。
そして、ポットからティーカップに注ぎ(ああ、これを書いている時にも、あのカップに注ぐ音が心地よく聞こえるよう!)、一口。んー、すばらしい香り! おいしく淹れたものを持ってきているし、ポットの中のお茶がなかなか冷めずに何杯も飲めるなんて!
e0160774_22281102.jpg

そしてクリスマスだということで、娘にはチョコレートのサービス。手作りのようで、ちょっとビターだったので、娘は食べられなかったけれど、私が食べるとおいしかった。
e0160774_22281120.jpg
ふと思い出して、近くにある「草花文学館」を見に、妻と娘を置いてしばらく出てきた。文学館は閉まっていてすぐカフェに帰ってきたのだけれど、少し紅茶が残っていたので、飲もうとすると、お店の人が「冷めたでしょう」といって、新しく淹れた紅茶のポットを持ってきてくださった。
え、これサービス⁉︎
e0160774_22281605.jpg
結局、2時間くらい居座っただろうか。居心地がよすぎて家に帰りたくなかった。CDプレーヤーから聞こえるバッハの無伴奏チェロもいつもよりも甘く心に響く。お店の人もとてもいい人たちで、この人たちがこういう雰囲気を創り出していたということもあるかもしれない。

出る時には絵葉書を2枚プレゼントしてくれた。
e0160774_22281665.jpg
雰囲気はいいし、人はいいし、お茶はおいしいし、本当に、ここを訪ねるためだけに公州に行く価値はあると思う。次は夏にでも、タラクパンか、縁側で過ごそうかな。




[PR]
by matchino | 2017-01-11 22:35 | 建築 | Comments(0)
<< 公州建築巡り 5 トンボが遊ん... 公州建築巡り 3 旧公州邑事... >>