<< 公州建築巡り 4 ルチアの庭 公州建築巡り 2 忠清南道歴史博物館 >>

公州建築巡り 3 旧公州邑事務所と公州第一教会

e0160774_22273724.jpg
公州の近代建築巡り、次は「ルチアの庭」に行こうかと思ったけれど、一緒に来た妻と娘がおやつを食べに他の店に入ってしまったので、私は一人で他の近代建築を見に行くことにした。

ここで公州を巡る時のヒントを一つ。ルチアの庭は最後に、そして時間をたっぷりとって行くべし!とても居心地のいい空間なので、他に行きたくなくなるのは必至!

公州映像歴史博物館。
日本統治時代の1920年に金融組合連合会の会館として建てられた、レンガと石造りの建物。1930年から1985年までは公州邑事務所として、1986年に公州邑が市に昇格してからは1989年まで公州市庁として使われたという。現在は公州映像歴史博物館として使われている。
e0160774_22273445.jpg
太い円柱が並んでいて、権威的なイメージ。両脇にある円形の窓にも石の装飾が付けられていてかっこいい。
e0160774_22273472.jpg
中は映像歴史博物館となっており、1階はインタラクティブな公州の観光地の説明パネルが並ぶ。2階は公州の昔の写真が展示されていた。内部がすっかり改装されているのは残念だけれど、階段の構造だけは当時のものだろう。
e0160774_22273615.jpg
側面に回ってみると、こんな可愛い柵が付いた丸窓。
e0160774_22273626.jpg
以前、ここを訪ねたりうめいさんが、この近くで木の電柱を見つけたといっていたのを思い出して探してみると、すぐ前の路地にみつかった。この電柱といい、建物といい、よく残してくれている。保存状態も素晴らしい。
e0160774_22273528.jpg

もう一つ訪ねてみたのが、公州第一教会。1930年に建てられた、この地域で初めてのプロテスタントの教会。
e0160774_22273739.jpg
e0160774_22273807.jpg
e0160774_22273896.jpg
e0160774_22273883.jpg

窓からステンドグラスが見えたので、中に入ってみたかったけれど、すべての扉に鍵がかかっていた。やはりプロテスタントの教会だな…。

さあ、いよいよずっと前から行ってみたかった「ルチアの庭」へ。次回をお楽しみに!




[PR]
by matchino | 2017-01-07 22:34 | 建築 | Comments(0)
<< 公州建築巡り 4 ルチアの庭 公州建築巡り 2 忠清南道歴史博物館 >>