<< 公州建築巡り 3 旧公州邑事... 公州建築巡り 1 中洞聖堂 >>

公州建築巡り 2 忠清南道歴史博物館

e0160774_20584701.jpg
公州の近代建築巡り、中洞聖堂の次は、隣の高台にある忠清南道歴史博物館を訪ねた。
ここは、今は忠清南道歴史博物館として使われているが、もともとは1973年に国立公州博物館として建てられたもの。
e0160774_20584821.jpg
四角い箱の脇に、上が丸くなった台形のような形の白い突起がいくつも並んでいる。突起は上下に分かれていて、よく見ると下は中央が出っ張っていて、上は凹んでいる。上の突起の脇には窓が付いているようで、間接照明として使われていたのかもしれない。
この突起の形、はっきりとは調べていないけれど、公州でみつかった百済時代の古墳である武寧王陵の石室の形をモチーフにしたのだろう。
e0160774_20584847.jpg
上には軒のような形が屋根として乗っている。わずかに四隅が上がっているのは、韓屋の屋根の反りを表現したのだろう。この頃、「韓国的な建築」を模索していて表現した一つの方法論だ。
e0160774_20584866.jpg
もう一つ、ここ頃の建築の流行を示すのがピロティ。ル・コルビジェが提唱した近代建築の5原則の一つだ。

誰が設計したのかが思い出せず、国立博物館をたくさん設計した金寿根氏かなとも思ったけれど、テイストがちょっと違うので、FBに上げてみると、大田の文化財の専門家が、すぐに生没年までつけて答えを上げてくれた。スバラシ!

で、この博物館を設計したのは李喜泰(イ・ヒテ)建築家。1925生、1981没。
切頭山殉教聖地の聖堂や恵化洞聖堂などの聖堂建築のほか、南山にある国立劇場などを手がけている。なんかこの方の建築によく出会う。

博物館の展示はそれほど、興味深いものではなかったけれど、一つだけ気になったのが、雨宮宏輔という日本人のこと。公州で生まれて解放まで公州で住み、その後も公州に住んでいた日本人の会である「公州会」の会長をしているという。雨宮氏はこの博物館に公州の昔の写真や遺物などを寄贈しているということだった。当時の記念ハガキなどは興味深かった。
この博物館に登る階段の前に井戸があって、そこの案内板にも雨宮氏が経営していた氷工場があったと書かれていた。ネットでは、雨宮氏が公州に桜の木を植えたという話も出ていた。
e0160774_20584935.jpg
で、その前にあった噴水(?)。動物の頭は理解できるけど、この子どもたちの頭は…。彫刻家の感覚を疑う…。
e0160774_20584903.jpg
さて、今度は旧公州邑事務所へ。
次回に続く!




[PR]
by matchino | 2017-01-04 23:29 | 建築 | Comments(0)
<< 公州建築巡り 3 旧公州邑事... 公州建築巡り 1 中洞聖堂 >>