<< 公州建築巡り 2 忠清南道歴史博物館 大田の近代建築 梧井洞宣教師村 >>

公州建築巡り 1 中洞聖堂

e0160774_21123092.jpg
クリスマスイブ、クリスマスらしいことをやりたくて、妻に「聖堂を見に行こうか」と提案してみたら、難なく提案が通過!
ただし条件が付いた。「今まで行ったことのない聖堂に行こう」と。望むところだ。いくらでも探してみせよう!

公州に有名な聖堂があったよなあと調べてみると、あったあった。中洞聖堂。そしてその近くの近代建築を調べて計画はばっちり。

イブの朝、東ソウルターミナルから11時10分の公州行きのバスに乗り、2時間で到着。とりあえず中洞聖堂へ。バスでも10分くらいで行けるけれど、タクシーで4000ウォン。途中に錦江に面した公山城も見えた。

錦江を渡ったあたりからすでに丘の上に聖堂の尖塔が見えた。丘のふもとでタクシーを降りて聖堂まで登る。
登る道沿いにはノアの箱船をモチーフにしたモザイク画があった。モザイク画のレベルも高くていい。その上には聖堂の歴史を年度ごとに表した手すりがあった。
e0160774_17311528.jpg
e0160774_17311668.jpg
赤と灰色のレンガ造りの典型的なゴシック聖堂。よく手入れされ、修理も何度かされているようだった。1898年にここで宣教活動を始め、聖堂は1937年に竣工したという。
e0160774_17311877.jpg
e0160774_21123182.jpg

内部はやはり三廊式で、石造りの柱が並んでいる。
e0160774_21103101.jpg
e0160774_21103263.jpg
側面のステンドグラスは単純な四角いものだが、祭壇の後ろのステンドグラスはぶどうや星などをモチーフにしたものがあった。
e0160774_17311952.jpg
e0160774_21103196.jpg
ところで、私の後に一人の男性が入ってきた。彼の頭はフランチェスコのようで、「彼は修道士かな?」と思ったけれど、話しかけてみるとたまたま通りかかっただけの人だという。頭が薄いだけだったのだ。「修道士ですか?」とか余計なこと聞かなくてよかった…。笑

聖堂の隣には、やはりレンガ造りの司祭館。これも1937年に建てられたようだ。
窓の構成がちょっと変わっていて、1階にはアーチの窓が3つ、2階にはアーチの窓が2つ、そしてその両脇にに四角い窓が付いている形。
e0160774_21103243.jpg
クリスマスのために、聖堂の脇にはイエスの誕生の様子のジオラマがつくられており、マリア像には電球が飾られていた。今日の夜にはクリスマスのミサがあるのだろう。キャンプファイヤーのような薪が積まれていた。夜にもう一度来たいな。
e0160774_21103267.jpg
e0160774_21123163.jpg

あちこち回ってみると、ここが市内でも高台にあることが分かった。けっこう遠くまで見渡せ、近くにそれほど高い建物もないため、見晴らしは本当にいい。
そして、聖堂の後ろには今回、行こうと思っていた忠清南道歴史博物館があった。
e0160774_21123104.jpg
さきほど登ってきた車が上がれる道の他に、その裏には階段で登れる道があった。聖堂を眺めながら登れる気持ちの良い入り口だ。その階段を下りて、忠清南道歴史博物館へ。
続きは次回!




[PR]
by matchino | 2016-12-30 20:21 | 建築 | Comments(0)
<< 公州建築巡り 2 忠清南道歴史博物館 大田の近代建築 梧井洞宣教師村 >>