<< 日韓酒文化交流会が発足! キリンクリムの「韓国現代建築の今日」 >>

漢陽都城案内センターとなった日本家屋

e0160774_21051851.jpg

11月、ソウル市長の公館として使われていた日本家屋が漢陽都城案内センターとして生まれ変わった。知り合いが何人か行ってきて、よかった!という話が上がっていたので、行ってみることにした。

4号線の漢城大入口駅で降りて、大学路方面に向かう。恵化門に上がって、都城の上を歩き、途切れたところで降りると、守衛の詰所っぽい建物が見えたので行ってみると、やはりそこが漢陽都城案内センターだった。
庭の階段を上がると、切妻屋根の東西方向に長い家があった。
e0160774_21051724.jpg
昔の日本家屋らしい雰囲気は外からではよく分からない。壁も真っ白にきれいに塗られていた。
入る前に、庭が気になったので、庭を回ってみた。家の脇に芝生が植わった広い庭があって、赤い実を付けた木がある。遠くには北漢山も見えて眺めのよい空間。実はここは都城の上だということが分かった。
e0160774_21051704.jpg
ドアを開けて中に入ると正面に案内デスクがあり、右側には漢陽都城に関する展示があった。
e0160774_21051924.jpg
気になったのは、真ん中にある大きなジオラマ。横のモニターの説明に対応して、ジオラマに説明が投影されるようになっていた。どこかと思ったら、恵化洞の一帯だった。説明の内容は興味深いし、ジオラマに投影される図解は分りやすそうなんだけど、同時に見られないので結局分からない。音声で説明してくれたらいいのに…。
e0160774_21052071.jpg

展示室の横は屋根の下でありながら地面が見えていて、都城がどのように積まれているのか説明してあった。その横には部屋の名残があった。ところどころに説明のパネルがあるため、展示の一部であることが分かる。そして壁の一部は開いたままになっている。その向こうには北漢山。
e0160774_21052081.jpg

スリッパに履き替えて上がる2階には、この家についての展示がなされていた。
e0160774_21071030.jpg
1941年に建てられたこの家は、朝鮮映画製作株式会社の社長である田中三郎氏の私邸だった。この付近は日本人が多く住んでいた地域だという。解放後は韓国人の企業家の私邸として使われた。1959年から79年までは大法院(最高裁判所)の所有になって、裁判官の公館として使われた。その後はソウル市に所有権が移り、2013年までソウル市長の公館として使われた。現市長のパク・ウォンスン氏もここを使用したという。
そして建築家のチェ・ウク氏によって漢陽都城案内センターとしてリノベーションされた。その時の原則は、なるべく最初に建てられた時の姿を残すこと。展示のための壁などは別途につけられたが、柱なども同時のものをそのまま削って使っている。天井は取り払われて、木造のトラスが見える。
e0160774_21070994.jpg
部屋の南側は、ちょっと変わった障子が設えてあった。古いものと新しくつくったものがはっきりと分かりながらも、それらが違和感なく調和している。リノベーションした建築家の実力だな。こういった事例がもっと紹介されて、多くの自治体で適用されて欲しいなと思う。
e0160774_21071126.jpg

2階の大きな展示室の反対側には小さな展示室があって、ここで暮らしたソウル市長たちのゆかりの品々と、ソウル市長たちのこの公館に関するインタビュー映像が流れていた。呉世勲元市長の「スプーンほどの大きなゴキブリが出て、娘たちが騒いだ」という話が印象的だった。

1階には降りてくると、階段の左にある小さなカフェで妻と娘がココアを飲んでいた。私もコーヒーを注文したら、なかなかかわいいマグで出てきた。
e0160774_21071178.jpg
カフェの窓から庭が眺められる。庭が広く、高台にあるため、とても気持ちがいい。「こんな家にいつ住めるようになるかなあ」と妻がため息をついた。
e0160774_21071245.jpg
e0160774_21071236.jpg

展示内容が充実しているので、時間をとって訪ねたい空間。もちろん、軽い気持ちでその空間を満喫していってもいいのでは。
オススメ。

[PR]
by matchino | 2016-12-11 21:11 | 建築 | Comments(0)
<< 日韓酒文化交流会が発足! キリンクリムの「韓国現代建築の今日」 >>