<< 漢陽都城案内センターとなった日本家屋 培花女子高の近代建築 その2 >>

キリンクリムの「韓国現代建築の今日」

e0160774_22070749.jpg

「現代建築の断面」という韓国・国立現代美術館のプログラムがあるらしい。そこで映像制作社「キリンクリム」の「韓国現代建築の今日」という映像が上映されるということでさっそく娘を連れて行ってきた。

「キリンクリム」は、チョン・ダウンさん、キム・ジョンシンさん夫婦の建築映像制作ユニットで、私は彼らが撮った伊丹潤の建築映像に感動して憶えていた。

伊丹潤の映像のトレーラーがYouTubeに公開されていた。


その後、このブログでも何度か紹介したランスキー先生こと金蘭基氏のイベントで偶然にも「キリンクリム」のキム・ジョンシンさんに出会い、その後も何度かお会いしている。
時には私が主催している街歩きイベント「マチノアルキ」の出発の場所にたまたま居合わせて、一緒に歩いたこともあったりと、不思議な縁を感じさせる。

さて、今回上映する映像は、韓国の今を代表する8人の建築家の作品を一つひとつ選んで、建築家自身によるコンセプトの紹介と、評論家による解説がなされる中で、建築の美しい映像が流れるもの。
建築自体の美しさもさることながら、それを切り取る映像が、言葉を失うほどに美しい。一つひとつの建築をぜひ訪問してみたい。

映像の一部がYouTubeにあった。

映像を見終わった後は、「キリンクリム」の二人と建築家たちのトークの時間。
実は一番前の席には、この映像に出てきた建築家と評論家たちが勢ぞろいしていたのだ。私も何度かお会いした劉成龍教授が来ているのは分かったけれど、まさかこの建築家たちがほとんど参加しているとは思ってもみなかったので驚いた。

e0160774_22070195.jpg

トークの最初にチョン・ダウンさんは「勇気の問題だった」と語った。これだけの建築家の映像を撮ることに対して「応じてくれるだろうか」という心配はあったけれど、勇気を持ってお願いしてみると応じてくれたというのだ。もちろん、実力と実績があったから可能だったことは確かだが、「勇気」という言葉にとても感銘を受けた。
チョン監督には2回お会いしたことがあるが、いつも彼女の情熱に感心する。そして建築に対する愛情を感じるひと時だった。
「建築家の方たちが愛情を込めて建てたこの建築をいかに撮るか」という話をしていたが、建築家の愛情と映像作家の愛情が一つになって生まれた作品だと思う。
また、今回の映像を観て、チョン監督の「建築が空間と時間の芸術であるため、それを表現するのには写真より映像がふさわしい」という言葉に強く共感した。私は今までは建築を写真でしか撮ったことがないけれど、今度は動画で撮ってみよう。

現在、キリンクリムは伊丹潤のドキュメンタリーをより長編の作品にする作業をしているという。どこで上映されるようになるかはまだ分からないけれど、より多くの人たちの目に触れるようになればいいと思う。

[PR]
by matchino | 2016-12-08 22:20 | 建築 | Comments(0)
<< 漢陽都城案内センターとなった日本家屋 培花女子高の近代建築 その2 >>