<< ソウル駅春の散策 その2 韓屋の「マル」と「クムマル」のこと >>

ソウル駅春の散策 その1

e0160774_19490262.jpg

ソウル駅の上空をかすめる高架道路が、道路としての役割を終えて歩行者のための公園として生まれ変わる。
2017年にはヴィニー・マースという造園建築家のリニューアル案に従って、樹木公園になるそうだ。
今、その工事中でそれに関連した様々なイベントが行われているが、「ソウル駅春の散策」というイベントが行われるということで参加してきた。

今回のイベントの舞台は、ソウル駅から近い塩川橋(ヨムチョンギョ)という橋のたもとにある手製靴通り(韓国では「手製靴」というが、日本語では何だろう?オーダーメイドの靴屋?普通に靴屋通りといったらいいか?)。

ソウル駅を出て、文化駅ソウル284(旧ソウル駅舎)の前を通ってしばらく行くと、線路の上を渡る橋がある。これが塩川橋。橋を渡りきった辺りには古い建物が並んでいた。これが手製靴通りの建物群だった。
橋の歩道はけっこう広くてイベントをするにはもってこい。テントを張るスペースはなくても机とパラソルを置いて案内所にしていた。
橋を渡ったところには手製靴通り。靴が店頭にずらりと並び、ショーウィンドウがある昔ながらの靴屋が並んでいていい味を出している。
e0160774_19483119.jpg
e0160774_19483701.jpg

申し込んだ街歩きが始まるまでに時間があったので、スタンプラリーに参加してみた。
スタンプラリー、その場所に行きさえすればいいのかと思ったら、各チェックポイントでミッションが与えられた。
まず最初のチェックポイントは手製靴通りの前。与えられたミッションは、どこでもいいので店に入ってサイズを測ってもらうこと。
ここで驚いたのが、店のおじさんが親切に測ってくれたこと。今まで参加した町おこしイベントでは住民がそんなに協力的でなかったりしたけれど、ここはまったく違った。このイベントが町おこしに貢献しているという意識があるんだろう。
実際、今回来ていた人たちは、オーダーメイドで靴を作ることに関心を持っていた。知り合いの一人は靴を作ってきたという。クッションがよくて自分の足に合った靴が6万ウォンだったらいい買い物なんじゃないだろうか。
e0160774_19484666.jpg

さて、次のチェックポイントでは、空き地になっているところの塀にソウル駅周辺の昔の写真が掛けられていた。その写真の感想を書いて壁に貼るのがミッション。軽くクリアw
最後のチェックポイントでのミッションはミニテスト。塩川橋周辺の歴史に関する6問の問題に答えた。私は5問正解!
というわけで、ミッションコンプリート!

ミッション完了の報酬は、「ソウル散策」特製ダイアリー。後からじっくり見てみると、このダイアリー、なかなかいい。シンプルなデザインで、月に一つずつ、ソウルの街歩きによい地域のイラストマップがついている。あんまり実用的な地図ではないけれど、アイデアはいいな、と。
e0160774_19493044.jpg
e0160774_19490888.jpg

今回のイベントのミッション、地域に関連して、参加者に地域のことを覚えさせる面白いミッションが多かったな。

スタンプラリーを大急ぎで終えて、いよいよ街歩きに出発。
長くなったので、続きは次回に!

[PR]
by matchino | 2016-04-30 19:53 | 旅行 | Comments(0)
<< ソウル駅春の散策 その2 韓屋の「マル」と「クムマル」のこと >>