<< 韓屋の「マル」と「クムマル」のこと 駐韓英国大使館を訪ねる その3 >>

駐韓英国大使館を訪ねる その4

英国大使館訪問記、これで最後!

英国大使館に実際に入ってみて、そののどかな雰囲気に満足していたが、一つ気になることがあった。
それは、徳寿宮の北を通る道が英国大使館によってふさがれているが、その道を開放するというニュースについてだ。ソウル市と英国大使館との間に、この道を開放するというMOUが交わされたと報道されていた。
そのニュースを見て私も喜んだし、いつごろ開放されるのかが気になっていた。

今回、徳寿宮の塀の北を通る道を実際に案内してくださった。
徳寿宮の塀と英国大使館側のレンガ造りの塀の間に舗装された道路があった。
e0160774_21085402.jpg
もともとこの道はソウル市の土地で、英国大使館がソウル市から借りていた土地だという。しかし、契約の期間が終了してもソウル市から何も通知がなかったため、そのまま英国大使館が使用していたという。
それに異議を唱えたのは、英国大使館のすぐ裏にある高級料亭。料亭が駐車場を作りたいと思っていたところ、この道に対する資料を探し出して、この土地を占有していることに対する異議を申し立てたしたというわけだ。

しかし、開放にするには解決するべき問題が多い。
まず、塀越しに大使公邸がよく見える。
よく見えるどころかほとんど丸見えだ。
塀が低いため、越えようと思ったらすぐに越えられる高さだ。
さらに塀の途中に大きな木が生えていて、木の両側は大きくスペースが開いている。
e0160774_21090784.jpg
もしこの道を開放するとなると、大使館のセキュリティにとって大きな問題になることは火を見るよりも明らかだ。鉄条網を張るなりして保安を強化しないといけないし、プライバシーの確保のために塀をもっと高くしなければならないだろう。
塀の位置に立っている木も問題だ。もしこの木が倒れた場合、責任の所在はソウル市側に行くのか、大使館側に行くのかが問題になってくる。他の国でも実際にそのような問題が起きているという。
また、英国大使館の建物が道を覆っている部分もあり、その部分を通すとしたらトンネルを掘らなければならなくなる。

このような問題を実際に目にすると、むしろこの道は英国大使館のために残しておいてあげなければならないのではないかという気持ちになってくる。
大使館側の人にとっては不安の材料になるし、こんなにも美しい庭園を持ち、塀の向こうには徳寿宮の木々が眺められるこのすばらしい楽園が壊されてしまうのではないかと思うのだ。ここが高い塀と殺伐とした鉄条網にふさがれたら、どんなに残念だろうか!
別に私が入ってこの景色を楽しめるわけでもないし、外国人の立場でこんなことをいう資格はないのかもしれないけれど、この道は大使館に譲歩してあげてほしいというのが正直な感想だった。
e0160774_21083975.jpg
英国大使館の道路から見た徳寿宮

今回、建築を見学するだけのつもりで大使館を見学したが、いろいろと考えされられた。
貴重な機会を与えてくださった関係者の方々に感謝!

[PR]
by matchino | 2016-04-18 21:13 | 建築 | Comments(0)
<< 韓屋の「マル」と「クムマル」のこと 駐韓英国大使館を訪ねる その3 >>