<< 駐韓英国大使館を訪ねる その3 駐韓英国大使館を訪ねる その1 >>

駐韓英国大使館を訪ねる その2

e0160774_21484366.jpg

前回の続き。
英国大使館にいよいよ入城!

名前とパスポート、それから荷物のチェックをして大使館の敷地内へ。
おお、この門の中に入ってる!っていう感動w
e0160774_21491424.jpg

門を入って目の前にあるのが大使館の建物。これは1992年に建てられた比較的新しいもの。
地下には最初の駐韓総領事であるアストン総領事を記念したアストンホールがある。
e0160774_21495457.jpg

ここはチャールズ皇太子とダイアナ妃が離婚する前に訪れて開館したということで、記念の石碑がある。
e0160774_21495483.jpg

この建物の裏には19世紀に建てられたレンガ造りの1号館と2号館がある。これが見たかったのだ!
でもちょっとじらして、ここで英国大使館の歴史について簡単に説明しておこう。

英国と韓国(朝鮮王朝)との間に修好通商条約が結ばれたのは1883年11月26日。北京駐在のパークス公使が全権大使として訪韓して条約を締結。翌年の1884年4月に批准された。
そして、間もなく公使館が置かれることになるが、イギリスは、駐韓大使館としては唯一、最初から現在まで一度もその場所を変わらずに守っている。
最初は、もともとあった韓屋6棟を使用したが、西洋人にとったは不便であったため、ヒリアー総領事の時代に西洋式の建物を建てた。1888年、上海建設局のマーシャルの設計によって工事の準備が始まり、1891年に1号館が竣工、その1年後に2号館が建てられた。

大使館の建物の左側の通路を抜けると、目の前にレンガ造りの建物があった。1892年に建てられた2号館だ。
e0160774_21522934.jpg
大使館の職員のための住宅として使われている。
2号館の脇に回ってみた。
e0160774_21495427.jpg
e0160774_21495478.jpg
灰色のレンガと赤レンガが装飾的に使用されている。1号館の設計が終わってから資材の調達に時間がかかったといわれているが、レンガが国内では調達できなかった時代、どこから輸入したんだろうか。
玄関の上にある「VR」という文字は、「Victoria Regina」の略で、ヴィクトリア女王の時代に建てられた建物であることを意味するらしい。
e0160774_21535704.jpg

2号館と1号館の間にはプールがある。
季節柄、シートに覆われていたが、青い水をたたえたプールを前景に大使官邸を撮ったらどんなに美しいだろう!
e0160774_21543560.jpg
e0160774_21544190.jpg
この日はあいにくの曇り空で「残念ですねー」と話していたが、イギリスの天気ってこんな感じなのかも、と思った。
イギリスには行ったことがないけれど、イギリス通の木谷さんは、「この景色、ほんとにイギリスに来たみたいですね!」といっていた。
そうか!ここはイギリスなんだ!
日本統治時代にここを訪ねた外国の旅行作家たちは、彼らの著作の中で、英国大使館(当時は領事館)の建つ丘を、慣れない朝鮮の中の安息の地として褒め称えている。
ああ、イギリス、行ってみたいな…。
e0160774_21554665.jpg
さて、またまた長くなってしまったので、次回に続く!

[PR]
by matchino | 2016-04-16 21:59 | 建築 | Comments(0)
<< 駐韓英国大使館を訪ねる その3 駐韓英国大使館を訪ねる その1 >>