<< 駐韓英国大使館を訪ねる その2 浅川巧さんの墓地を訪ねる >>

駐韓英国大使館を訪ねる その1

徳寿宮の北側に、前から行ってみたかった場所がある。それは駐韓英国大使館。普段は関係者以外は入れないし、外からも建物の一部が見えるだけ。昨年、一度だけ開かれた公開イベントでは、80人の定員で、500人以上の応募があった。私にとってはまさに、「シークレット・ガーデン」だったのだ。

e0160774_21560651.jpg
これは2年ほど前に英国大使館の北側のビルの屋上から撮った貞洞の写真。
中央が徳寿宮で、そのすぐ下が英国大使館。左の赤い屋根は聖公会ソウル聖堂。

その英国大使館に、関係者の方の特別な計らいで入れることになった。思いもよらない展開に大興奮だった。

行く前に資料を調べて予習する。でも、情報は極端に少ない。特に建築について調べたいと思ったが、設計者の名前と、基壇部分と屋根の構造にコンクリートを使ったくらいの情報しかない。様式としては、古典主義を植民地に合わせて適用した「コロニアル・スタイル」というものだということが分かった。

大使館に入るので、名前とパスポート番号を事前に登録し、訪問時間や滞在時間なども申請する。否が応でも緊張感は増した。
そして、英国大使館の歴史を調べてみると、韓国との間で摩擦が多かったようだ。徳寿宮の石造殿から大使館の中が見えるので、見えないように木を植えてほしいという要請が大使館側からあったとか、日本統治時代に日本を妨害した英国人の裁判を行ったとか、英国大使館について調べる中で読んだ本の著者の感情が入っているかもしれないけれど、あまりいい情報はない。「開放の時代において、自ら殻に閉じこもっているのではないか」とまでいうのだ。

e0160774_21563608.jpg
今回、調べた本「貞洞と各国公使館」

そしてさらに、昔は徳寿宮の北側には道があって通れたのに、今は英国大使館に塞がれて通れなくなっているという話まである。
どうなってるの、英国大使館!

しかし、実際に訪問してみると、すべての否定的なイメージはガラガラと音を立てて崩れ落ちた。それどころか、英国についてもっと知りたい!という好奇心まで湧いてきた。

イギリス、いいぞ!

導入で長くなってしまったので、本編は次回に!

[PR]
by matchino | 2016-04-15 21:59 | 建築 | Comments(0)
<< 駐韓英国大使館を訪ねる その2 浅川巧さんの墓地を訪ねる >>