<< 駐韓英国大使館を訪ねる その1 毋岳洞「獄バラジ旅館通り」を歩く >>

浅川巧さんの墓地を訪ねる

e0160774_17423236.jpg

次女が「アッパ、峨嵯(アチャ)山に行こう」といいだした。お、来たぞ来たぞ!
実は、峨嵯山からつながる忘憂(マンウ)山に前から見に行きたいところがあったのだ。
それは、日本統治時代に韓国を訪れ、韓国の民芸を愛し、日本に紹介した浅川巧さんの墓地。
それで、忘憂山に行くことに。娘よ、すまない。

私が住んでいる九里市から、ソウルへ抜ける忘憂里峠を越える道があるが、途中で左に入っていくと共同墓地がある。忘憂山から峨嵯山にかけてずっと共同墓地になっているのだ。
韓国のお墓は日本のお墓と違って、公園のようなのどかさがある。墓地の間に作られた散策路には、色とりどりの登山服を着た人たちがたくさん歩きに来ている。春になってサンシュユやレンギョウも咲き始めていた。

位置をネットで調べていこうと思ったが、詳しく出ているものが見つからなかったので、とりあえず行ってみたのだが、お墓の数があまりにも多すぎて、現場で娘に検索させてみた。
すると、あるブログにトンナクチョン薬水場の近くだと書いてあった。でも、ネットの地図には薬水場が出ていない。散策路の入り口にある地図には表示されていたが、どのくらいの距離なのかも見当がつかなかった。
まあ、道は一本なので、たどり着くだろうと歩き始めた。

中1の次女と3歳の末っ子を連れてきたので、末っ子のペースに合わせて歩いていくが、なかなか見えてくる兆しも見えない。たどり着けるのか不安になってきて、下の子をおぶって歩くことにした。
娘が私の背中でうとうとし始めたようだ。次女もペースが遅れだした。
うーん、いつになった着くんだろう…?

家を出てからもう2時間が経とうとしていた。次女も遅れているので、ちょうど道の脇にあったベンチに腰を下ろした。
次女が来るのを待って、「どうする?たいへんだったら帰ろうか?」と訊いてみると、「ここで帰ったら後悔する気がする」と。なかなか根性があっていいぞ。

で、もう一度歩き始めると、なんと50mも行かないところに薬水場があった。
さっきのブログにあった地図を見てみると、まさにここだ!
娘がいなかったら目の前であきらめて帰ってしまっていた!

e0160774_17423233.jpg
暖かい日差しが当たるいい場所に浅川巧さんの墓はあった。
隣の碑には、「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に生きた日本人、ここ韓国の土となる」とあった。
じーんと来るなあ。。。
e0160774_17423326.jpg

碑の裏側には略歴が刻まれていた。
朝鮮総督府の山林課に勤めていたとあった。それで「山と民芸を愛し」なんだな。
そして植木日の行事の準備中に殉職したとある。
40歳。私よりも若い!
そんなに若くして亡くなってしまったんだ。
e0160774_17423259.jpg

以前、韓国の民芸を愛し、日本に紹介した柳宗悦さんの本を読んだことがあるが、浅川さんの本も読んでみないとだな。
私は韓国の土になるのかどうかはまだ分からないけれど、韓国で生きた日本人として、何か残せるだろうか。

e0160774_17423366.jpg

行ってみたいという人たちのために、行き方を書こうと思ったけれど、ソウルナビに紹介されていたので。
それにしても養源駅から歩かせるかー。まあ、へたにバスに乗るよりはいいかも。
だいたいの位置が分かるように、その場で地図を撮っておいた。
青い三角の位置が浅川さんのお墓。
e0160774_17423206.jpg

[PR]
by matchino | 2016-04-04 20:37 | 旅行 | Comments(0)
<< 駐韓英国大使館を訪ねる その1 毋岳洞「獄バラジ旅館通り」を歩く >>