<< 浅川巧さんの墓地を訪ねる 建国大学の気になる建築 >>

毋岳洞「獄バラジ旅館通り」を歩く

e0160774_17562329.jpg
毋岳洞(ムアクドン)「獄(オク)バラジ旅館通り」を歩いてきた。

ここは西大門刑務所に収監されていた独立運動家に面会するために、地方から上京してきた家族が宿泊した旅館が並んでいるところ。獄中にいる人に食べ物や服などを差し入れして世話することを「獄バラジ」というので、その通称がつけられた。独立運動家の金九の母親もここで泊まったという。
しかし、刑務所が義王市に移ってからは、旅館は廃れ、貧しい人たちが住む街となっていた。最近、再開発が決まり、住民の移住と撤去作業が始まっていた。

そんな中、「獄バラジ旅館通り」としての歴史的価値を根拠に、この町を残そうという運動が立ち上がった。そのイベントがあるということで、さっそく訪ねてみた。イベントには路地裏大将のランスキー先生こと金蘭基氏の路地裏ツアーチームも参加して、一緒にこの町を回ることになった。
まず、ビルの一室で、運動の中心となっているらしい住民の一人が涙ながらに保存を訴え、町歩きに出発した。
e0160774_17562244.jpg
e0160774_17562159.jpg
e0160774_17562255.jpg
平地には4階建てくらいのビルが建っているが、斜面を登ると階段式に韓屋が建っている。
再開発の前の撤去作業によって、散らかり放題だが、家屋の基本構造は残っているため、韓屋の勉強ができた。今読んでいる「韓国の住宅、その類型と変遷史」に書いてあった内容を実際に確認する機会ともなった。

この辺りの韓屋は1930年代に建てられた都市型の改良韓屋。宅地開発業者が数十件単位で建てた分譲するという形式だ。そのため、「住む」ための目的だけでなく、「売る」という目的も加わった最初の家屋がこの時代の改良韓屋だ。
e0160774_18003865.jpg
「売る」という目的がよく表れているのが「ソロ」。上の写真にある、小さな四角い部材のこと。これは、「ドリ」または「チャンヨ」と呼ばれる横材を下から受ける形で付いている部材で、本来は高級な家屋に見られるものだという。それで、見た目だけでも高級感を持たせるために「ソロ」の形を貼り付けたもので、「タクチソロ」と呼ばれているということ。写真の家屋では左にもあったであろう「タクチソロ」が落ちてしまっている。
e0160774_18015224.jpg
オンドルの煙突。案内してくださったランスキー先生は「土管の煙突は久しぶりに見たなあ」と。
e0160774_18003863.jpg
ランスキー先生が、「マチノ、ちょっとこっちへ来てごらん」と呼んで説明してくれたのが、このT字型の窓。明り採りの横長の窓の下に、小さな縦長の窓がある。今は塞がれているが、昔は出入り口だったのではないか、とのこと。他ではなかなか見られない形式だという。
e0160774_18003898.jpg
「第一洋服店」の看板。洋服とは韓国では背広のことを指すが、ランスキー先生曰く、「こんなところに背広を仕立てに来る人がいると思いますか?私の推測では、囚人服を作っていたんじゃないかと」。なるほどー。だてに路地裏大将やってないな!
e0160774_17562367.jpg
e0160774_17562326.jpg
e0160774_17562358.jpg

この後、運動をしている人たちに聞きたいことがあって、先ほどの会場に戻ったが、住民とのいざこざがあって、再開発の管理事務所に行ったという。夜にはライブをやるということだったが、とりあえず帰ってきた。

実は最初に説明する時も、建物のオーナーが怒鳴り込んでくるトラブルがあった。いろんな利害関係がからんでくる複雑な問題なのだ。
聞きたかったのは、保存運動をする人たちに代案はあるのかということ。住民のほとんどがここを去り、建物も半壊したような状態で、ここをどのように活用していくというのだろうか?機会があれば聞いてみたい。
e0160774_18003808.jpg

[PR]
by matchino | 2016-02-28 18:05 | 建築 | Comments(0)
<< 浅川巧さんの墓地を訪ねる 建国大学の気になる建築 >>