<< 清州建築旅行 1 忠清北道庁舎 徽慶洞の日本式家屋(?) >>

ソウル市立美術館「ソウルバベル」展

ソウル市立美術館は今、「スタンリー・キューブリック展」が進行中。
若えモンはたくさん来ているみたいだけど、入場料が高いし、キューブリックってあんまり見たことがないのでパス。

それで、1階で展示中の「ソウルバベル」展を見てきた。
この展示は、国内の現代作家を紹介する展示のうち、若手作家を紹介する「SeMA(ソウル市立美術館)ブルー」のプログラム。
e0160774_21162500.jpg
美術館のサイトにある説明によると、

今回のSeMAブルー2016は、「ソウルバベル」というタイトルで、個別作家の作品を深く扱ってきた例年の展示とは違い、現在、ソウル市のあちらこちらで自生的につくられている芸術プラットフォームと彼らの創作活動に注目する。展示は、乙支路、昌信洞、清凉里などソウルの旧都心や旧産業地域、あるいは町外れの隙間で独立的に空間を運営中であったり、ウェブを基盤として一時的共同作業を営んでいるオルタナティブ共同体の活動を一つの現象として照明するために企画した。

とのこと。
「乙支路」とか「昌信洞」という地名に引かれて行ってみることにした。

展示室に入るなり、館内放送。まもなくパフォーマンスが始まるとのこと。
場所についてのアナウンスもなく、なんとなく人が集まっているあたりに行ってみた。

アイフォンを持った女性が登場し、風船の草原(?)に横になった。
ときどきアイフォンに向かってつぶやいている。その声がどこかでマイクで拾われて、増幅されている。
e0160774_21162569.jpg
e0160774_21162471.jpg
やがて女性が起き上がって、風船を摘み始めた。ときどきアイフォンに向かってつぶやきながら。
で、ほとんどを積み終わって、それで終わり。

んー、なんなんだ。
30人くらいの人たちが見ていたけれど、純粋な観客は10人くらいで、あとは内輪みたいだ。

で、他の作品を見て回ったけれど、正直いって何をいいたいのかは不明。
最近のアートの文脈を把握していたら分かるもんなんだろうか?
ちょっと内輪すぎるんじゃないかなあ、というのが私の感想。
e0160774_21162497.jpg
e0160774_21162566.jpg
まあ、その中でも気に入ったのが、下の写真作品。
廃墟のような部屋に、テトラポッドの形の風船が置いてある。
どこにある建物なのか気になる。
e0160774_21162453.jpg

韓国のギャラリーに行ったりすると、部外者が入りにくい壁を感じることが多い。
この日の展示を行っていた人たちの作業する空間に行っても、疎外感を感じて帰ってくるだけなんじゃないだろうかという気がする。まあ、行ってみないと分からないけれど。

それにしても、「バベル」ってなんだ? バベルの塔?
「3つの下僕に命令だ!やー!」ではないだろうし…
人が言葉が通じないようになってしまったというあれか?
私がこの人たちと疎通できないのはこのためか?

展示は4月5日まで。

[PR]
by matchino | 2016-01-28 21:22 | 展覧会 | Comments(0)
<< 清州建築旅行 1 忠清北道庁舎 徽慶洞の日本式家屋(?) >>