<< ご当地シャトルで行く安東旅行 ... 金寿根建築ツアーその1 自由センター >>

金寿根建築ツアーその2 京東教会

イ・ボムジェ教授と巡る「金寿根建築ツアー」その2。京東教会。

私が京東教会を訪ねたのは2回目。本格的にみるのは初めてだ。
「京東教会は少し離れたところから近づきながら見るのがいいんです」ということで、50メートルほど前で車を降りて教会の方へ。
e0160774_22054921.jpg

1980年に建てられた教会。
ある日、金寿根氏 が馬山にいた時にある西洋人の神父が訪ねてきて、「聖堂を建ててください」と依頼したという。その神父は「人のための聖堂を建ててください」と依頼した。それに対し、金寿根氏は「私は信徒ではないのですが」というが、その神父は「信徒でないからお願いするのです」と答えたという。そうして建てられたのが馬山にある陽徳(ヤンドク)聖堂だ。
その陽徳聖堂を見た牧師が、金寿根氏に教会を建ててくださいと依頼したのだという。それがこの京東教会だ。
e0160774_22055031.jpg
教会の壁には一面にツタがはっているが、外装は全てレンガとなっている。李教授によると、この教会の特徴は屋根と壁の境界がないこと。それだけではなく、建物と地面と外の塀との境もない。すべて同じレンガで造られているため、レンガでできたこの教会の世界に入り込んだような感覚になる。
e0160774_22055039.jpg
金寿根氏がこの教会を建てる前から、空間に対して深く考えていたという。そのきっかけになったのが、扶余の国立博物館の事件だった。それまでは建築は、建築主の必要に応じて、「何々式に建ててほしい」という依頼に応じて建てるだけだったが、この事件によって、建築もこのような論争が起こりうるということが分かったのだという。このような悩みの中から生まれたのが、「空間」に対する概念なのだという。

そうしてさまざまな空間に対するスタディを重ねる中で生まれたこの京東教会のコンセプトは、「子宮空間」だ。胎児の状態によってフレキシブルに対応する空間。そして、母親の胎内に入ったような落ち着ける空間を究極の空間として追及した。

京東教会の形について語るとき、「祈る人の手の形を形象化した」とかいわれるが、別にそう考えて設計したわけではなく、金寿根氏の造形的な意識から生まれたものだという。
蚕室のオリンピック主競技場も「高麗白磁の形」といわれたりするが、金寿根氏にそのような考えはなく、記者などテキストで表現しなければならない人が勝手に書いただけなのだそうだ。
それでは金寿根氏の「造形的な意識」とは何だろうか?それがどういうものかはっきりとは分からないが、幼い時に住んでいた北村の街並みにその原点があるのではないかと李教授は話していた。

建物を建物として見るのではなく、大地から生えている自然の一部という概念で建てられた建築。それで外壁にもレンガを使っているが、欠けた感じのレンガを使っている。そして半分に割って荒い断面を見せるレンガも多用している。レンガのデコボコした表面によって、光が当たると多様な表情が演出される。金寿根氏は、欠けても割っても同じ質感が出てくるレンガ、そして人の手のサイズにぴったり合った、ヒューマンスケールを表現できる素材としてレンガを好んで使ったという。
e0160774_22085343.jpg
この教会には正面もないが、礼拝堂に入る入り口は、教会の左側にある細い道を登っていった裏の方にある。その道も直線ではない。複雑な建物の形に沿って曲がりながら登っていく。
e0160774_22055091.jpg
e0160774_22113945.jpg
細い道を登って、一番奥まったところに礼拝堂に入る扉がある。教会の敷地自体は大きな道路に面しているが、この奥まった入り口は外から遮断されている。もし道路側に入り口があったとしたら、俗世から扉を開けてすぐに聖なる領域に入るとことになるが、この教会の場合は、階段を上ってくる間に心の準備ができるようになっている。また、ゴルゴダの丘へ登るイエスの十字型への道を追体験するようになっている。一般の教会のように塔の上に十字架が掲げられたりはしていないが、ここの壁にはかつて十字型がかかっていたという。

そして、ここからさらに建物の上階へと登る階段がある。その階段を上ると扉があって、小さな礼拝堂に入ったが、実はもともとは露天礼拝堂だったという。自然の中で神を礼拝するということがどれほど素晴らしい経験だろうか。それができるように設計したにもかかわらず、屋根をつくってしまったのだ。残念なことだ。
e0160774_22055068.jpg
今回の引率を担当してくれた金寿根文化財団の担当者が礼拝堂の後ろから呼んでいる。普段は入ることができない所に入らせてくれるという。行ってみると、礼拝堂の裏から下に降りる細い階段があった。
明かりもない暗い階段を降りていくと、どこからかパイプオルガンの演奏が聞こえてきた。秘密の洞窟に入っていくような、なんともいえない体験だった!

しばらく降りると窓があって、下の礼拝堂を見下ろせた。ここにも灯りは点いておらず、暗いホールの中にパイプオルガンの音だけが響いている。
e0160774_22055044.jpg
やがて礼拝堂の脇にある信徒席に出た。礼拝堂の内部を眺めながら息を呑んだ。なんと神秘的な光景だろう!
この礼拝堂がまさに、「子宮空間」だった。包まれるような、落ち着く空間がそこにはあった。ある参加者はこの空間に宇宙を感じたという。李教授は「子宮も小宇宙だといえますからね」と。
e0160774_22055010.jpg
e0160774_22085219.jpg
e0160774_22085199.jpg
e0160774_22085129.jpg
礼拝堂の真ん中に下りてみた。パイプオルガンの練習をしているようで、灯りも点いていない荘厳な雰囲気の中でパイプオルガンの音に耳を傾けながら、この空間を堪能した。
e0160774_22085280.jpg
正面には縦に長い十字架がかけられており、上から光が差している。この音と空間と光とで、涙が出てくるような感動を覚えた! 神が降りてくるような感覚ってこんな感じなんだろうか。この教会に通いたくなってきた。
e0160774_22085215.jpg
いつまでもここにいたい思いを断ち切って、外へ。教会の外壁に沿ってさらに回った。
e0160774_22085328.jpg
e0160774_22085322.jpg
裏から表の方へ出てくると、目の前にレンガ造りの煙突が立っている。暖房用に使っていた煙突で、これも空間的な面白みを加えている。
e0160774_22113952.jpg
右端に見える細い棒が煙突。

京東教会の体験は本当に素晴らしかった。
今度は礼拝の時間にでも合わせて行ってみたいな。紅葉の季節にはさらに美しいという。

また車に乗って、大学路のアルコ美術館へ。
次回に続く!

[PR]
by matchino | 2015-10-26 22:18 | 建築 | Comments(0)
<< ご当地シャトルで行く安東旅行 ... 金寿根建築ツアーその1 自由センター >>