<< 金寿根建築ツアーその2 京東教会 南山は意外と面白い! 南山科学... >>

金寿根建築ツアーその1 自由センター

ソウル建築文化祭の一環で行われた「建築文化ツアー」に参加した。いくつもの興味深いプログラムがある中で選んだのは、前から気になっていた「金寿根建築ツアー」。担当はイ・ボムジェ教授という方だが、金寿根氏の設計事務所である「空間」社で勤務し、アルコ美術館やアルコ劇場の現場設計をした経歴を持った方で、とても貴重な話が聞けた。教授も熱心に説明してくださり、一緒に参加した人たちもとてもいい感性を持った人たちで、とても幸せな時間だった。

集まったのは南山の斜面に建てられた「自由センター」。ここは今回初めての訪問だ。
李教授は話を初めながら、「今回の日程には入っていませんが、空間社屋を見れば、すべての要素が入っているので、本当は行きたかったのです。金寿根文化財団はアラリオ・ミュージアム側と中に入れるよう交渉したようですが、難しかったようです」と語った。
改装した部分が多いため、見せたくないのではないかという話だ。オーナーと建築家との意見の違いによって、本来の建築家の意図とは変わってしまう部分が多いと話していた。

さて、まずは自由センター。
1963年、朴正煕大統領がアメリカに対して反共主義者としての意志を示すために建てた反共勢力のための建物。
今はウェディングホールになっており、この日も結婚式の祝賀客たちがたくさんいた。今は南山の山側が正面のようになっているが、実は谷側が正面だという。今は駐車場しかなく、完全に裏のような感じだ。自動車劇場の名残りの大きなスクリーンも建物を無視して立っている。
e0160774_21363381.jpg
こちらが正面。天に向かって上昇する軒が、自由世界の発展を象徴する。
列柱の形は鷲の爪を象徴しているというが、北に向かう軍靴のようにも見える。
中央の後ろ姿がイ・ボムジェ教授。


この建物は金寿根氏の初期の作品。正面に列柱を並べ、比例を重視するという近代西洋建築のセオリーに則ったもので、今まで雑誌の中だけで見てきた西洋の建築様式が韓国に現れたということで、当時の韓国の建築界ではセンセーショナルな建物だったという。

建築を見る観点として重要なのは、目に見える「様式」と、身体で感じる「空間」だという。李教授はこの二つの観点をこの日もよく話していた。
この建物の空間的な特徴は、中央にある。普通の建物は真ん中にドアがあってロビーがあるという形になっているが、自由センターの真ん中にあるのは階段だ。正面の地平面から階段が3階まで上っており、裏側の地平面に連結されている。真ん中にはドアもない通路があるだけで、言い換えると何もない、すなわち「空間」があるというわけだ。
e0160774_21363369.jpg

また、列柱もそれまでになかった「空間」を作り出している。普通は柱を立てたらそこに壁をつくるが、ここでは柱と壁面の間に、外でもなく中でもない「空間」がつくられている。このような外と中があいまいなのは韓国の伝統家屋によく使われる手法だ。
列柱と壁との間の屋根には丸い穴が空いていて、光が差し込む。外からの光と、丸いフレームを通した光と、多様な光の効果が表れている。
e0160774_21363327.jpg
この建物が建てられた当時は打ちっ放しコンクリートだったが、今ではミントグリーンに塗られている。裏側は水平線を強調されていたが、後から付けられた窓がそのラインを壊している。そのような建築主による改装を、李教授はとても残念がっていた。
e0160774_21363328.jpg
こちらが本来の裏側。水平ラインが強調されている。

この自由センターで国際会議などが行われた時に来た外国の貴賓のための宿泊施設が建てられたが、それが、今はバンヤンツリーホテルになっているタワーホテルだ。韓国動乱の時の参戦国16カ国と韓国軍を合わせた17にちなんで17階建てになっている。そして、タワーホテルの付属施設が、タワーホテルの手前にあるハッピーホール。両方とも金寿根氏の設計だ。
この二つも最初と比べると大幅な改装がなされている。タワーは各階を拡張したため、当初のスリムなラインが失われ、寸胴に見える。ハッピーホールは十字型の柱が強調されていたが、今では柱の間にカーテンウォールがつくられている。
e0160774_21363390.jpg
タワーホテルとハッピーホール。


自由センターのすぐ下には「サファリ・クラブ」という名のクラブが建てられ、それも金寿根氏の設計だというが、会員制のため、一般の人は中に入れない。今はソウルクラブと名前が変わっている。

今回は説明を聞くのに一生懸命で写真をほとんど撮れなかった。
面白いディテールがたくさんあるので、今度また写真を撮りに行こう。

さあ、次はマイクロバスに乗って京東教会へ。
次回に続く!

[PR]
by matchino | 2015-10-11 21:49 | 建築 | Comments(0)
<< 金寿根建築ツアーその2 京東教会 南山は意外と面白い! 南山科学... >>