<< 〈江原道〉栗谷李珥が生まれた烏... 〈江原道〉羊と人が大合唱! 大... >>

〈江原道〉青い海と青い空! 鏡浦海水浴場

e0160774_22163143.jpg
江原道オピニオンリーダー取材ツアーはあっという間に最終日。この日に訪ねたのは、海!

江原道に行って海を見ずに帰ってきたら後悔するでしょ!韓国で海水浴に行くとしたら、釜山と江原道なのだ。そして江原道の中でも代表的な海水浴場、鏡浦(キョンポ)海水浴場へ向かった。個人的にはこういうメジャーな海水浴場に行く機会がないので、ちょっと気が引けた。笑

まずは海の目の前にある湖のほとりで朝食。白いスンドゥブの「チョダンスンドゥブ」。
e0160774_22165264.jpg
e0160774_22165123.jpg
食堂の前で。「LAGO」っていう看板がなんか気に入った。

湖。淡水の湖だけれど、海ともつながっていて海水も混じっており、魚がたくさんいるんだとか。
e0160774_22165220.jpg

海はどこだー?と思ったらすぐ前にあった。
e0160774_22165225.jpg
海、うみ、んみーーーーーっ‼︎‼︎‼︎
と叫んでしまいたくなるような青い海!
青い空!白い砂浜!青い海!
という絵に描いたような海を見たのは何年ぶりか…笑
e0160774_22184801.jpg
e0160774_22184865.jpg
砂もキラキラ光ってる!
e0160774_22184979.jpg
海水浴のシーズンはすでに終わっていて、人はそれほど多くなかったが、子供を遊ばせている家族連れがすごく絵になる。
e0160774_22184864.jpg

さっきからボートのおじさんが私たちに「ボートに乗らないか」と話しかけていた。「じゃあ一番短いコースで乗ってみますか?」ということで乗ることになった。こういうリア充系イベントは初めてなのでドキドキだ。

救命胴衣を着てボートに乗り込む。「トルゴレ号の転覆事故もあったし、安全にはより気をつけています」とおじさん。事故のニュースの直後にボートに乗る勇敢な私たち!
「バッグとカメラは置いていったらいいですよ」というが、ブロガーとしてはカメラは置いていけない!海上の灯台を間近で撮るのだ!と、取材目標も決定。

「天国で逢いましょう!」というスタッフのジョークに「行ってきまーす!」と元気に記念撮影をしてボートに乗り込んだ。
e0160774_22184970.jpg
e0160774_22184907.jpg
…が、その数秒後、鏡浦海水浴場に悲鳴が鳴り響いた!

「ばあああああああああああ!」※1
「オンマーーーーーーーーーっ!」※2
「サルリョジョーーーーーーっ!」※3

 ※1:「わー」が振動で「ばー」になってる。
 ※2:「お母さん」。
 ※3:「助けて」。さすがの在韓歴。悲鳴まで韓国語。

すざまじかった。すごいスピードとすごい振動!あれだけのスピードが出ると、海はコンクリートのようになると聞いたことがあるが、まさにそんな感じ。ばたばたと音を立てて船体は波とぶつかり、その振動はお尻に直に伝わる。
これは写真に残さねば!と思ったが、iPhone を構えた途端に海に投げ出されそうで、とうてい写真を撮れる状態ではなかった。
それでも、出発からの数秒をマリちゃんが動画で撮っていたので、その動画を公開!


ボートは海に浮かぶ灯台と岩場を回って、最後は砂浜に突進! いやあ、最後の最後までスリルを楽しませてくれた。

5分にもならなかったかも知れないが、降りる時には皆グッタリ。キンチョーして節々がイタイ…。笑
e0160774_22184959.jpg
まあ、最高に楽しい思い出になるには違いないので、ぜひ経験しておこう。1日でも若いうちに!

海水浴の季節に来てもいいだろうけれど、シーズンをはずして来るのも人が少ないからいいかも知れない。特に私なんかの場合は。

e0160774_22213521.jpg
四通りの江原道物語、他の物語は下のリンクをチェック!

カリスマ・コスメライター、ジャヨンミさんの韓国コスメイヤギ韓式イヤギbyジャヨンミ
marikoevelynさんのブログmarikoevelyn

e0160774_14035947.png

[PR]
by matchino | 2015-09-30 22:36 | 江原道 | Comments(0)
<< 〈江原道〉栗谷李珥が生まれた烏... 〈江原道〉羊と人が大合唱! 大... >>